J3順位予想〜Jリーグ2018戦力診断EXTRA3〜

友人「3月中にボウリング行かへん?」

 

私「えーよ、行こーぜ。3月のどの辺りで行く?」

 

 

 

友人「3月の前半か後半で。」

 

 

 

他に何があるんじゃい。

   

どーもこんばんは。

   

近況のプチエピソードでした。

 

開幕戦も無事終わりましたね!

 

ガンバも負け、サンガも負け...

 

開幕前プレビューも、初日は悪くなかったと思うのですが2日目予想は結構ボロボロ...

 

...てへっ。

 

さてさて、今回ですが...

   

あの終わったはずの企画が

 

終わったはず、どころか「やらない」とすら言っていた企画を

 

結局やることにしてしまいました。

 

J3順位予想!!

   

以前のJ2の順位を予想した記事の中で、「J3はそこまで把握できないから」と言ってやらない事を表明しましたが

   

一応がっつり語れるほど把握してないというだけである程度は把握していますし

 

なによりなんだかんだでやりたくなるもん。

 

というわけで、J1編・J2編ほどがっつりした考察はかけませんが、一応やってみます!

   

1位 ギラヴァンツ北九州

2位 AC長野パルセイロ

3位 鹿児島ユナイテッドFC

4位 カターレ富山

5位 ザスパクサツ群馬

6位 ブラウブリッツ秋田

7位 藤枝MYFC

8位 ガイナーレ鳥取

9位 福島ユナイテッドFC

10位 アスルクラロ沼津

11位 FC琉球

12位 ガンバ大阪U-23

13位 SC相模原

14位 FC東京U-23

15位 セレッソ大阪U-23

16位 グルージャ盛岡

17位 Y.S.C.C.横浜

 

   

 

ざっとこんな感じと見ています。

優勝は北九州で、長野を2位通過にしました。

北九州と長野の方が戦力的にもチームの体力的にも安定していると思う点と、J3はJ1・J2よりも浮き沈みというか、勢いに委ねられるとのろが大きいリーグだと思っているので、昨シーズンの王者である秋田や3位の沼津は少し今年はトーンダウンしてしまうのかなーと思っています。逆に鹿児島や藤枝辺りは、1つ勢いに乗ることが出来れば一気にダークホースの位置にも近づいていけるかもしれません。

   

ガンバU-23は今年は昨シーズン実行したトップ・U-23チームの完全分離性を撤廃し、2016シーズンと同じ形に戻したため昨シーズンよりは良い成績を期待できるし、宮本恒靖監督もやりやすい事でしょう。

ツネ様頼んだで。

 

総じていうと、U-23チーム以外は若手よりもベテランの落ち着き・もしくは去年の秋田のような戦術のハマった勢いというものがJ3で好成績を残すために必要なんじゃないかと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180221115113j:image

   

今日はここまで、予想シリーズこれにて終了です。

締め方が思いつかなかったのでユニバーサルスタジオジャパンハリーポッターの画像でお別れしたいと思います。

   

ではでは、またよろしくね(´∀`)