軌跡の果て〜ロシアW杯ベスト16 ベルギー代表vs日本代表 レビュー〜

さぁ、戦いの刻だぜ!

 

どーもこんばんは

 

さてさて、遂にこの日がやって参りました。

2018FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦日本vsベルギー!!

 

www.rrr3k.com

   

 

大会前は絶望的とすら言われたグループリーグを1勝1分1敗で見事2位通過を果たした日本代表。

3回目の決勝トーナメント進出で、何としても史上初のベスト8進出を果たして歴史を塗り替えて欲しいところ。

対戦相手はFIFAランク3位、グループリーグは全勝で突破してきたスター集団ベルギーとの一戦です。難敵を攻略する事は出来るのか、日本の真価が問われる一戦となります。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703024808j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703024823j:image

   

日本は第1戦、第2戦と同じ顔ぶれ。

一方のベルギーは負傷もあったコンパニの復帰もあり、今大会初めてフルメンバーと言えるメンバーが揃ったのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703035521j:image

   

本日の会場はロストフのロストフアリーナです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703025104j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703031708j:image

   

立ち上がり、香川のミドルシュートでファーストシュートこそ日本が記録しましたが、その後は完全にベルギーペース。序盤という事もあり、そこまで本格的なギアはかかっていなくともピッチをワイドに使い、ヒヤリとするシーンは何度か演出してきました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703040330j:image

   

完ッ全にベルギーペース。日本の皆さん、何度も心臓が締められまくった事でしょう。

ですがなんとか、なんとか前半を無失点で耐え抜いた日本。決して理想的ではなくともプラン通り、十分に想定内と言える展開で前半をなんとか0-0で折り返します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703040358j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703040405j:image

   

後半戦、先に仕掛けたのは日本。

前半とは違い、立ち上がりから一気にギアをかけた日本がベルギーゴールに襲いかかります。

48分、試合前から弱点と言われていたベルギーの3バックの脇を見事な展開から貫き

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703050229j:image

 

   

 

原口元気!!

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703050358j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703050417j:image

   

 

見事な崩しで先手を取った日本は立て続けに攻め立てます。

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703050341j:image

 

 

 

乾ーーー!!!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051959j:image

   

優勝候補の一つ、ベルギーを絶体絶命の状態まで追い詰めます。

このまま今大会屈指のジャイアントキリングを……しかし相手はベルギーです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703050647j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051216j:image

   

立て続けにベルギーに失点を許してしまい、試合は再び振り出しに。

しかしここからガガガっ、と崩れてしまいそうなところ、日本は何とか耐えつつ、時折しっかりと攻めにも転じていきます。

日本の何かが折れたような感覚は微塵も感じませんでした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051403j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051413j:image

   

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051532j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051542j:image

   

そして迎えた後半アディショナルタイム

本田圭佑の左足から放たれた見事なFKは世界最高峰との呼び声高いティボー・クルトワがファインセーブ。

そのFKから得る事になる、日本にとってラストチャンスだと思っていたCKを歓喜に繋げたのはベルギーの方でした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051830j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703051840j:image

 

 

2-3。

スコアボードに示す数字の全てがこの試合が決まった事を示していました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703052123j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703061115j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703061109j:image

 

www.youtube.com

   

今大会の日本を振り返って…みたいな事は今後どこかで書こうと思いますが、月並みな感想ですが大会2ヶ月前というとんでもないタイミングで就任し、日本をここまで建て直した西野朗監督は凄いです。貴方は一生ガンバの誇りです。

この試合の後、ただのいちギャラリーである私ですが、抱いた感情は8年前の決勝トーナメント、パラグアイ戦の時ともまた少し違った悔しさでした。

 

www.rrr3k.com

 

セネガル戦の時にも言いましたが、日本代表は南アフリカ大会以降、結果は残念だったとは言えブラジルW杯の時を含めて確実に世界に近づいていきました。

その事を満足に示すまでには至らなかったブラジル大会…しかしこの大会は、その事を十分に世界に知らしめ、優勝候補をギリギリまで追い詰めた、でも試合には勝てなかった…。

 

確かな進歩と同時に、それでも優勝候補と呼ばれるだけの理由を見せつけられた試合でしたが、優勝候補と呼ばれるチームはそういう経験を通じて作られていくものだと思うし、優勝候補として培った経験を持ってようやく優勝できるのがワールドカップという大会なんだと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703052853j:image

   

日本代表は決して最強のチームではありませんでした。

ですがこれだけはハッキリ言えます。

西野ジャパンは最高のチームでした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180703052956j:image

   

ではでは(´∀`*)