鹿島vsレアル、リターンマッチ直前企画!クラブW杯過去のJリーグ勢vs欧州・南米王者戦プレイバック!

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217124149j:image

 

いつかのメリークリスマス」が響く時期やね…

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、12月20日の1:30(19日深夜)からはFIFAクラブワールドカップ2018準決勝、鹿島アントラーズvsレアル・マドリードとの一戦が行われます!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153756p:image

 

 

準々決勝でメキシコの強豪、グアダラハラに逆転勝ちを収めたアジア王者の鹿島は、遂に欧州王者・UEFAチャンピオンズリーグ3連覇中の世界屈指の名門、レアル・マドリードとの試合を迎えます。

 

 

 

鹿島vsレアルというと、やはり真っ先に思い出されるのは2016年大会の決勝戦です。

準決勝で南米王者のナシオナルを下してアジア勢初の決勝進出を果たした鹿島は決勝でレアルと対戦。レアルの余裕勝ちとの予想が大半を占めた試合でしたが、試合は延長にまでもつれ込む大激戦となりました。

延長戦ではレアルに力を見せつけられて2-4と敗れはしたものの、世界に爪痕を残してみせた鹿島。そして2016年は開催国王者としての出場でしたが、今回はアジア王者として、満を持してレアルとの再戦に挑みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153831j:image

 

 

というわけで今回のブログは、これまでにJリーグ勢が欧州・南米王者に挑んだ過去のクラブW杯6試合をプレイバック!是非振り返り、懐かしみながらお楽しみ下さい。それでは行ってみましょう♪

 

 

 

2007年大会準決勝

浦和レッズ0-1ACミラン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160105j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153350j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153355j:image

 

 

2007年12月13日@横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

ACミラン得点者:セードルフ(68分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160141j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160146j:image

 

 

浦和登録メンバー

GK1 山岸範宏

DF2 坪井慶介

MF3 細貝萌

DF4 田中マルクス闘莉王

DF5 ネネ

MF6 山田暢久

MF8 小野伸二

FW9 永井雄一郎

FW11 田中達也

DF12 堤俊輔

MF13 鈴木啓太

MF14 平川忠弘

MF16 相馬崇人

MF17 長谷部誠

FW18 小池純輝

DF19 内舘秀樹

DF20 堀之内望

FW21 ワシントン

MF22 阿部勇樹

GK23 都築龍太

MF27 西澤代志也

GK28 加藤順大

FW30 岡野雅行

監督 ホルガー・オジェック

 

ACミラン登録メンバー

GK1 ジダ

DF2 カフー

DF3 パオロ・マルディーニ

DF4 カハ・カラーゼ

MF5 エメルソン

MF8 ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ

FW9 フィリッポ・インザーギ

MF10 クラレンス・セードルフ

FW11 アルベルト・ジラルディーノ

DF13 アレッサンドロ・ネスタ

GK16 ジェリコ・カラッチ

DF17 ダリオ・シミッチ

DF18 マレク・ヤンクロフスキ

DF19 ジュゼッペ・ファバッリ

MF20 ヨアン・グルキュフ

MF21 アンドレア・ピルロ

MF22 カカ

MF23 マッシモ・アンブロジーニ

DF25 ダニエレ・ボネーラ

DF27 セルジーニョ

GK29 ヴァレリオ・フィオーリ

MF32 クリスティアン・ブロッキ

監督 カルロ・アンチェロッティ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160255j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160251j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160246j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160242j:image

 

 

2008年大会準決勝

ガンバ大阪3-5マンチェスター・ユナイテッド

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160317j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153411j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153415j:image

 

 

2008年12月18日19:30@横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

G大阪得点者:山崎雅人(74分)、遠藤保仁(85分)、橋本英郎(90+1分)

マンU得点者:ヴィディッチ(28分)、C・ロナウド(45+1分)、ルーニー(75分、79分)、フレッチャー(78分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160441j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160536j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160559j:image

 

 

G大阪登録メンバー

GK1 松代直樹

DF2 中澤聡太

DF5 山口智

DF6 福元洋平

MF7 遠藤保仁

MF8 寺田紳一

FW9 ルーカス

MF10 二川孝広

FW11 播戸竜二

MF13 安田理大

FW14 平井将生

MF16 佐々木勇人

MF17 明神智和

FW18 ロニー

DF19 下平匠

MF20 倉田秋

DF21 加地亮

GK22 藤ヶ谷陽介

MF23 武井択也

FW24 星原健太

MF27 橋本英郎

GK29 木村敦志

FW30 山崎雅人

監督 西野朗

 

マンU登録メンバー

GK1 エドウィン・ファン・デル・サール

DF2 ギャリー・ネヴィル

DF3 パトリス・エヴラ

DF5 リオ・ファーディナンド

MF7 クリスティアーノ・ロナウド

MF8 アンデルソン

FW9 ディミタール・ベルバトフ

FW10 ウェイン・ルーニー

MF11 ライアン・ギグス

MF13 パク・チソン

DF15 ネマニャ・ヴィディッチ

MF16 マイケル・キャリック

MF17 ナニ

MF18 ポール・スコールズ

FW19 ダニー・ウェルベック

DF21 ラファエル

DF22 ジョン・オシェイ

MF24 ダレン・フレッチャー

MF28 ダロン・ギブソン

GK29 トマシュ・クシュチャク

FW32 カルロス・テベス

GK40 ベン・エイモス

監督 アレックス・ファーガソン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160724j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160717j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160712j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160720j:image

 

 

2007〜2008年に掛けて浦和とG大阪ACLで日本勢として2連覇を達成。これまではプレシーズンでの親善試合でしか戦う事のなかったヨーロッパのビッグクラブと公式戦で戦うという事は当時の日本サッカーにとって事件とも言える話でした。当時はミランマンUも黄金期真っ只中でしたし、メンバー表を見るだけでもヤヴァイです。

ガンバファンとしては、やはりガンバvsマンUは今でも心に残っています。西野朗監督の下で遠藤保仁明神智和橋本英郎二川孝広から成る黄金の中盤を中心に築いた攻撃サッカーはマンUを下すには至らなかったものの、確かな爪痕を黄金期のマンUに残しました。実際、このシーズンのマンUが3失点以上を喫したのは全ての公式戦でこの試合とプレミアリーグリバプール戦の2試合のみだったとか。試合を通じてもガンバペースの時間が長く、遠藤のPKや橋本のゴールの時にGKファン・デル・サールがポストを蹴ったシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。

この8年後の鹿島vsレアルが日本サッカーと世界の距離が縮まった事を示す試合だとすれば、浦和とガンバの挑戦は日本サッカー進化の序章とも言える試合でした。当時と今の日本サッカーのレベルを考えると、試合の遺した意味に於いてこの2試合に勝る試合は中々ないんじゃないか、と思います。

余談ですが、本来は開催国枠としてJリーグ王者に出場枠がもたらされる予定だったこの2大会ですが双方ともに開催国の日本のチームがACL王者に輝いた為、ACL準優勝チーム(07年はセパハン、08年はアデレード・ユナイテッド)が出場。ちょうど2007〜2008年のJリーグを連覇していた鹿島は2大会連続で出場を逃してしまったというエピソードもありました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160812j:image

 

 

2011年大会準決勝

柏レイソル1-3サントスFC

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160841j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153433j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153439j:image

 

 

2011年12月14日19:30@豊田スタジアム

柏得点者:酒井宏樹(54分)

サントス得点者:ネイマール(19分)、ボルジェス(24分)、ダニーロ(63分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160856j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160900j:image

 

 

柏登録メンバー

GK1 切畑和繁

DF2 中島崇典

DF3 近藤直也

DF4 酒井宏樹

DF5 増嶋竜也

DF6 パク・ドンヒョク

MF7 大谷秀和

MF8 澤昌克

FW9 北嶋秀朗

MF10 レアンドロ・ドミンゲス

FW11 林陵平

MF13 兵働昭弘

MF15 ジョルジ・ワグネル

GK16 稲田康志

MF17 安英学

FW18 田中順也

FW19 工藤壮人

MF20 茨田陽生

GK21 菅野孝憲

DF22 橋本和

MF28 栗澤僚一

MF29 水野晃樹

DF32 山中亮輔

監督 ネルシーニョ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160941j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160938j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160945j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217160934j:image

 

 

2015年大会準決勝

サンフレッチェ広島0-1リーベル・プレート

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161000j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153500j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153456j:image

 

 

2015年12月16日19:30@大阪長居スタジアム

リーベル得点者:アラリオ(72分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161019j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161012j:image

 

 

広島登録メンバー

GK1 林卓人

DF4 水本裕貴

DF5 千葉和彦

MF6 青山敏弘

MF8 森崎和幸

FW9 ドウグラス

FW11 佐藤寿人

GK13 増田卓也

MF14 ミキッチ

MF16 山岸智

MF18 柏好文

DF19 佐々木翔

GK21 廣永遼太郎

FW22 皆川祐介

MF24 野津田岳人

MF25 茶島雄介

MF27 清水航平

MF28 丸谷拓也

FW29 浅野拓磨

MF30 柴崎晃誠

DF33 塩谷司

DF34 高橋壮也

MF37 宮原和也

監督 森保一

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161123j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161127j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161135j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161153j:image

 

 

2008年のガンバのACL優勝以降、次なる日本勢の王者は2017年の浦和まで待つ事になった為、UAEで開催された2009〜2010年大会は日本勢のクラブW杯参戦は叶いませんでした。ですが開催国が日本に戻った2011〜2012年大会には開催国王者として柏と広島が参戦。

2011年のJリーグでJ1昇格即優勝を成し遂げた柏は、この頃から次世代スーパースター候補として欧州ビッグクラブへの移籍が噂されていたネイマール擁するサントスと対戦。2012年大会では準々決勝でアル・アハリに敗れて南米王者コリンチャンスとの対戦を逃した広島も、2013〜2014年のモロッコ開催を経て再び日本開催に戻った2015年大会ではアルゼンチンの名門、リーベル・プレートと接戦を演じて見せました。

余談ですが2015年大会の準々決勝、広島vsマゼンベ戦は観戦してました。大阪だったしね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153627j:image

 

 

2016年大会準決勝

鹿島アントラーズ3-0アトレティコ・ナシオナル

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161228j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153652j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153646j:image

 

 

2016年12月14日19:30@市立吹田サッカースタジアム

鹿島得点者:土居聖真(33分)、遠藤康(83分)、鈴木優磨(85分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161305j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161310j:image

 

 

鹿島登録メンバー

GK1 櫛引政敏

DF3 昌子源

MF6 永木亮太

MF8 土居聖真

MF10 柴崎岳

MF11 ファブリシオ

MF13 中村充孝

DF14 ファン・ソッコ

DF16 山本脩斗

DF17 ブエノ

FW18 赤崎秀平

MF20 三竿健斗

GK21 曽ヶ端準

DF22 西大伍

DF23 植田直通

DF24 伊東幸敏

MF25 遠藤康

GK29 川俣慎一郎

MF32 杉本太郎

FW33 金崎夢生

FW34 鈴木優磨

MF35 平戸大貴

MF40 小笠原満男

監督 石井正忠

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161345j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161400j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161353j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161349j:image

 

 

2016年大会決勝

鹿島アントラーズ2-4レアル・マドリード

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161442j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153728j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217153722j:image

 

 

2016年12月18日19:30@横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

鹿島得点者:柴崎岳(44分、52分)

レアル得点者:ベンゼマ(9分)、C・ロナウド(60分、98分、104分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161532p:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161541j:image

 

 

レアル登録メンバー

GK1 ケイラー・ナバス

DF2 ダニエル・カルバハル

DF3 ぺぺ

DF4 セルヒオ・ラモス

DF5 ラファエル・ヴァラン

DF6 ナチョ・フェルナンデス

FW7 クリスティアーノ・ロナウド

MF8 トニ・クロース

FW9 カリム・ベンゼマ

MF10 ハメス・ロドリゲス

DF12 マルセロ

GK13 キコ・カシージャ

MF14 カゼミーロ

DF15 ファビオ・コエントラン

MF16 マテオ・コヴァチッチ

MF17 ルーカス・バスケス

FW18 マリアーノ

MF19 ルカ・モドリッチ

MF20 マルコ・アセンシオ

FW21 アルバロ・モラタ

MF22 イスコ

DF23 ダニーロ

GK25 ルベン・ジャニェス

監督 ジネディーヌ・ジダン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161627j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161638j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161634j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161630j:image

 

 

鹿島vsレアルは間違いなくクラブW杯の中でもぶっちぎりで1番ドラマチックな試合でした。

戦前の予想通り、レアルがベンゼマのゴールで先制しましたがその後は一進一退の展開。柴崎の2ゴールで鹿島が逆転した時は「えっ、鹿島勝つん?これマジで勝ってまうやつ?」という表現し難い感情にもなりましたね。

その後同点に追いつかれたもののGK曽ヶ端のファインセーブ連発で延長にもつれ込んだ試合ですが、そこではレアルの強さを見せつけられて2-4で敗戦。しかし鹿島の健闘と激闘のインパクトは世界に轟きました。

…タラレバは言いたくなりますよねぇ。アディショナルタイムの遠藤のシュートがミートしてれば、とか、ちゃんとセルヒオ・ラモスにレッドカードが出てたら、とか。多分この2つのシーンは観戦していた人全員心臓止まったんじゃないかと。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161719j:image

 

 

…さぁ、こんな感じです。

果たして鹿島はレアルにリベンジを果たす事が出来るのでしょうか。2年越しの雪辱を果たしに行く時が訪れます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181217161751j:image

 

 

暇ならクリックしてね…↓

ではでは(´∀`)