元旦スペシャル!もう去年になっちゃったけどガンバ大阪部門別ベストゴール大賞2018〜平成最後のベストゴール決定戦〜

みなさま

 

 

 

……。

 

 

 

……………。

 

 

 

どーもこんばんは

 

 

 

「どーもこんばんは」

「あけましておめでとうございます」

どちらから先に言うべきか葛藤してしまいました。

というわけであけましておめでとうございます。

 

 

 

2019年も頑張ってあの手この手を使って毎日ペースで更新できるように頑張っていきたいなと思います。今年もよろしくお願いします。

 

 

 

さてさて、せっかく正月なので縁起の良い企画を、という事で2019年初日にして2018年の良い事を振り返るという元旦に相応しいんだか相応しくないんだかわからない企画を決行します。

先日、と言っても去年、ガンバTV〜青と黒〜でガンバ大阪2018ベストゴール賞なるものがありました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226234827j:image

 

 

とはいえ、一概にベストゴールとは言えども選ぶ基準はスーパーゴールだとかそのゴールの劇的度だとか……色々ある訳ですよ。

そこで今回は2018を行います!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226234902j:image

 

 

サブタイトルは完全にイキリました。

ルールというか、進め方はタイトルの通りです。これからガンバ大阪が2018年にJ1リーグで挙げた41ゴールを6部門毎にベスト3を決めさせて頂きます!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226234916j:image

 

 

6部門は以下の通りです。

 

【ロングシュート部門】

・豪快な長距離シュートでのゴール

【技あり部門】

・「おぉ…」となるような、技術の光るゴール

【アシスト部門】

・素晴らしいアシストのパスから生まれたゴール

【流れ部門】

・ゴールまでの流れが美しかったゴール

【ウィジョゾーン部門】

・チーム得点王、Jリーグベストイレブンにも輝いたファン・ウィジョの得意な左斜めからのゴール

【劇的部門】

・スタジアムが湧き上がるような劇的なゴール

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226234944j:image

 

 

以上の6部門になります。

それでは早速ロングシュート部門から行ってみましょう!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235011j:image

 

 

ロングシュート部門

 

大賞 小野瀬康介

第31節 浦和0-1G大阪(43分)

 

 

 

ロングシュート部門の大賞は11月の埼玉スタジアムでのナショナルダービー、浦和戦で生まれた小野瀬の豪快なロングシュートです!やや劣勢でもあった前半でしたが、この一発で一気に流れが変わりました。小野瀬の獲得とすぐにフィットした事は残留のとても大きな力になりましたね。

横浜FM戦の藤本のシュート、鳥栖戦でのマテウス、倉田のシュートも気持ちよかったです。

 

第2位 藤本淳吾 第14節 横浜FM0-1G大阪(52分)

第3位 マテウス 第11節 G大阪3-0鳥栖(90+2分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235515j:image

 

 

技あり部門

 

大賞 アデミウソン

第29節 C大阪0-1G大阪(45分)

 

 

 

5連勝を懸けた大阪ダービーの前半終了間際に生まれたアデミウソンの見事な見事なループシュートが大賞です。あの位置から相手GKの位置も見て、見事に浮かしたシュートでネットを揺らす瞬間はスタジアムで観ていても恍惚な一発でした。

ベスト3には開幕戦で生まれた遠藤のまさしく「ゴールにパスする」シュート、柏戦のウィジョの振り向きざまのシュートがノミネートです。

 

第2位 遠藤保仁 第1節 G大阪1-0名古屋(13分)

第3位 ファン・ウィジョ 第4節 G大阪1-2(21分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235609j:image

 

 

アシスト部門

( )内は該当ゴールの得点者です。

 

大賞 小野瀬康介(ファン・ウィジョ)

第27節 清水0-2G大阪(26分)

 

 

 

ガンバが良い流れに確かに乗ったこの試合の決勝点となったウィジョのゴールが大賞です。まず倉田が思いっきり左サイドを抉ったプレー、そして見事にウィジョに落とす形になった小野瀬のプレーをアシスト部門の大賞としました。

ベスト3にはアウェイ初勝利となった神戸戦でウィジョのゴールを演出した倉田のパス、渡邊の移籍後初ゴールを導いた高のスルーパスがノミネートです。

 

第2位 倉田秋(ファン・ウィジョ) 第26節 神戸1-2G大阪(68分)

第3位 高宇洋(渡邉千真) 第23節 仙台0-1G大阪(27分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235721j:image

 

 

流れ部門

 

大賞 ファン・ウィジョ

第32節 G大阪1-0湘南(60分)

 

 

 

自陣からワンタッチ、ツータッチと少ないタッチでのパス交換から一気にスピードアップ。最後は今野のスルーパスに抜け出した米倉のセンタリングをウィジョが頭で合わせました。

緩急をつけたパスの流れ…見ててとにかく気持ちが良かったです。2位にノミネートした浦和戦の3点目にも言えますが、黄金期のガンバをも想起するような美しい流れには感慨深さすら覚えました。

横浜FM戦で小野瀬にセンタリングを上げた藤春に出したアデミウソンのワンタッチパスもたまらなかったです。

 

第2位 アデミウソン 第31節 浦和1-3G大阪(69分)

第3位 小野瀬康介 第30節 G大阪2-1横浜FM(86分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235732j:image

 

 

ウィジョゾーン部門

 

大賞 浦和戦での長距離ドリブルからのゴール

第31節 浦和1-2G大阪(62分)

 

 

 

スーパーゴールの宝庫とも言えたナショナルダービーでの勝ち越し点となったゴールが、今シーズンガンバを救ったウィジョゾーンからのゴールでも最高でしょう。長距離のドリブルから右足を振り抜いてゴールに叩き込んだあの一撃は何度見ても気持ちが良かったです。

来シーズンもウィジョゾーンからのゴール量産に期待したいですね♪

 

第2位 第7節 G大阪2-0磐田(86分)

第3節 第11節 G大阪2-0鳥栖(82分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235823j:image

 

 

劇的部門

 

大賞 アデミウソン

第21節 G大阪2-1FC東京(90+5分)

 

 

 

劇的度合いで言えば当然このゴールがぶっちぎりのぶっちぎりでしょう。スタジアムで観ていましたが、ヤヴァイの一言では済まない瞬間でした。シチュエーションやらなんやら、全てを考えた時にあれを超える瞬間というものは中々訪れないのではないでしょうか。

あの日あの時あの場所に出くわした事、それそのものに感謝の気持ちでいっぱいです。感動的な瞬間でした…サッカーを観て涙すら出そうになったのは久々でした…。

 

第2位 ファン・ウィジョ 第7節 G大阪2-0磐田(86分)

第3位 ファン・ウィジョ 第28節 G大阪1-0広島(84分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235850j:image

 

 

…さぁ、というわけで。2019年開幕早々2018年の事を振り返ってしまうのもアレではありますが、それでも縁起と景気は良い企画を元旦に出来たのではないかと。

今シーズンこそ、再び上位を目指せる位置に辿り着いて欲しいところです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181226235926j:image

 

 

というわけで、今年もよろしくお願いします♪

あと今日の正午にちょっとした動画をYouTubeにアップする予定ですので、是非♪

ではでは(´∀`)