アジアカップ的な〜アジアカップ2019グループF第3節 日本代表vsウズベキスタン代表 マッチレビュー〜

今こそ言いたい

 

 

 

クワンカの街を彩るぅ

 

 

 

家々の夜景がぁ

 

 

 

糸ようじ。

 

 

 

                                糸 小

                よ 林

                う 製

                じ 薬

                     の

 

 

 

どーもこんばんは

 

水どうファンです。

 

さてさて、アジアカップグループステージもいよいよ最終日となりました。今日でグループリーグの順位と決勝トーナメントの組み合わせが確定する事になります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117211713j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117211708j:image

 

 

そんな中、我らが日本代表もグループFの最終戦に臨みます。本日のマッチレビューAFCアジアカップ2019グループF第3戦、日本vsウズベキスタンです。

 

 

 

第1戦のトルクメニスタン戦、第2戦のオマーン戦では共にかなりの苦戦を強いられた日本代表。しかし双方の試合で何とか勝ち切って2連勝を飾り、無事決勝トーナメント進出を確定させました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117213948j:image

 

 

そして今日は同じく2連勝で突破を決めたウズベキスタンとの1位抜けか2位抜けかを争う一戦。決勝トーナメントに繋がる、意義ある一戦を見せて欲しいところです。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117213302j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117224743j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117233651j:image

 

 

第1〜2戦からは大きくメンバーを替え、第2戦のオマーン戦からは北川航也を除く10人を入れ替えた森保一監督。加えて今日のメンバーは6名がアジアカップデビューとなるので、かなりフレッシュな構成となりました。

これまでは海外組中心でしたが、公式戦としては珍しい国内組中心のメンバーになりましたね。


f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117214750j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117225132j:image

 

 

本日の会場はアル・アインのハリーファ・ビン・ザイードスタジアムです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117225239j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117225235j:image

 

 

今日のスタメンでアルアインFCに所属する塩谷にとっては、ホームスタジアムではないもののホームタウンでの試合という事になります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117225330j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117225303j:image

 

 

前半は両チーム、チーム事情とレギュレーション事情の都合もあってか慎重な立ち上がりを見せていたように感じます。

その後少しずつ、伊東純也、北川航也、乾貴士といった2列目がキレのある動きを見せ始めて少しずつ攻撃の糸口を掴み始めますが、ウズベキスタンGKネステロフの好守もあってゴールには至りません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117233732j:image

 

 

一方で、今日の守備陣は人と人との間隔がどこか悪い意味で広く、ディフェンスラインに隙が見え隠れしていました。それが失点という形で現れたのが40分、ハムダモフのスルーパスに抜け出したショムドロフが槙野智章三浦弦太を振り切ってシュート。これがネットに突き刺さって嫌な時間帯に先制点を喫します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190117233956j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004622j:image

 

 

しかしその直後の43分、守備よりも攻撃に特長を持つ右サイドバック室屋成が右サイドをぶっち切って絶妙なセンタリング。このボールに予めマークを振り切ってフリーになっていた武藤嘉紀が頭で合わせて日本がすぐさま同点に。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004609j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004605j:image

 

 

前半はそのまま1-1。グループFの首位攻防戦は前半の終わり際に一気に動き、タイスコアで後半を迎えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004807j:image

 

 

前半終了間際に一気に展開が動いた影響もあるのか、後半は立ち上がりから前半よりも攻守が激しく移り変わる展開となり、カウンターの応酬のような形にもなります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004702j:image

 

 

そして迎えた58分、室屋のクロスがDFにクリアされ、そのボールは転々とペナルティーアークの前へ。そこに走り込んだ塩谷司が広島時代から何度も見せた十八番のロングシュートを叩き込んで日本が逆転に成功します!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004720j:image

 

 

当初は消化試合と化す事も予想されたこのゲームですが、時間の経過と共にゲームの激しさは増していきます。終盤に差し掛かるに連れ、1点ビハインドを背負うウズベキスタンは猛攻を仕掛けるように度々日本陣内へ攻め込んできました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004732j:image

 

 

残り時間を耐える事を求められる形になった日本は原口元気遠藤航、冨安健洋と守備に力を発揮する選手を投入。この日スタメンに抜擢されたGKシュミット・ダニエルのファインセーブにも救われた日本は1点リードを何とか死守してタイムアップの時を迎えます。結果、日本が2-1で勝利してグループリーグ全勝で1位通過を決定しました!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004638j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004754j:image

 

 

塩谷然りシュミット然り、ここまで出番のなかった選手が十分に持ち味を発揮した見応えのあるゲームだったのではないでしょうか。

2位通過の方が移動面が圧倒的に有利という背景もあったりして、トーンダウンのような展開になる事も一部で予想されはしましたが、十分熱のこもった良いゲームだったと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004823j:image

 

 

苦しみながらもグループリーグ全勝という結果を残し、更に主力を休ませながら控え選手の奮起も促す事が出来たという点で今日の試合は一つのポジティブな契機ともなっていくのではないでしょうか。決勝トーナメント1回戦、ベスト16の相手はこの後行われるサウジアラビアvsカタールの敗者(引き分けならサウジアラビア)です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004846j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190118004849j:image

 

 

ベスト16は1月21日20:00キックオフだよ!

ではでは(´∀`)