【シドニー世代】レジェンド引退…2000年シドニー五輪、日本代表プレイバック!

あっ、ドメイン更新しなきゃ…。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、1月に入ってから、中澤佑二楢崎正剛という日本代表とJリーグを長らく引っ張り続けてきたレジェンド2人が引退を表明しました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190114220455j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190114220414j:image

 

 

共に様々な大会に於いて、成長していく日本サッカーの中で核として生き続け、日本代表のキャプテンマークも巻いた2人の引退…川口や小笠原など、2018年シーズン終了後はレジェンドが多く引退となりましたが、やはりサッカーを見始めた頃から代表の主軸だった選手の引退は寂しくあると共に、時の流れを感じます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190114220508j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190114220513j:image

 

 

そこで今回は、中澤と楢崎が共に出場した2000年、シドニー五輪サッカー日本代表をプレイバックしていきたいと思います!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014818j:image

 

 

自国開催となる2002年日韓W杯に向けた日本代表はフィリップ・トルシエ監督を招聘し、オリンピックに挑むU-23の日本代表監督も兼業させる事でアンダー世代からの一貫した強化を図りました。

2000年のアジアカップレバノン大会の直前に行われた今大会では中田英寿中村俊輔らを擁する1997年のワールドユース組、そして黄金世代と称された1999年のワールドユース組が融合し、まさしく「最強世代」とも呼ばれた世代で、今大会に出場した選手の多くが2年後の日韓W杯のピッチを踏む事になります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014832j:image

 

 

この大会はA代表と同じ監督が務めた事もあって、オーバーエイジ枠の活用が一番上手くいった大会とも言われています。2020年の東京オリンピックは森保監督がA代表と兼業する事が決まっているので、今振り返るべき大会の一つでもあるのではないでしょうか。

それでは早速行ってみましょう。

 

 

 

2000年シドニーオリンピックU-23サッカー日本代表

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109013455j:image

 

 

監督 フィリップ・トルシエ

コーチ 山本昌邦

コーチ サミア

GKコーチ 望月一頼

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109013516j:image

 

 

登録メンバー(18人)

GK1 楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF2 中澤佑二(ヴェルディ川崎)

DF3 松田直樹(横浜F・マリノス)

DF4 森岡隆三(清水エスパルス)

DF5 宮本恒靖(ガンバ大阪)

MF6 稲本潤一(ガンバ大阪)

MF7 中田英寿(ASローマ)

MF8 明神智和(柏レイソル)

FW9 平瀬智行(鹿島アントラーズ)

MF10 中村俊輔(横浜F・マリノス)

MF11 三浦淳宏(横浜F・マリノス)

MF12 酒井友之(ジェフユナイテッド市原)

FW13 柳沢敦(鹿島アントラーズ)

MF14 本山雅志(鹿島アントラーズ)

MF15 西紀寛(ジュビロ磐田)

DF16 中田浩二(鹿島アントラーズ)

FW17 高原直泰(ジュビロ磐田)

GK18 都築龍太(ガンバ大阪)

 

バックアップメンバー(4人)

FW19 吉原宏太(ガンバ大阪)

DF20 山口智(ジェフユナイテッド市原)

MF21 遠藤保仁(京都パープルサンガ)

GK22 曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109002319j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109230116j:image

 

 

グループD第1節

南アフリカ1-2日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014322j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109001723j:image

 

 

2000年9月14日20:00@ブルース・スタジアム(キャンベラ)

南アフリカ得点者:ノンヴェテ(31分)

日本得点者:高原直泰(46分、78分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014351j:image

 

 

グループD第2節

スロバキア1-2日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014417j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109001733j:image

 

 

2000年9月17日20:00@ブルース・スタジアム(キャンベラ)

スロバキア得点者:ポラジク(83分)

日本得点者:中田英寿(67分)、稲本潤一(74分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014432j:image

 

 

グループD第3節

ブラジル1-0日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014543j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109001847j:image

 

 

2000年9月20日19:00@ブリスベンクリケットグラウンド

ブラジル得点者:アレックス(5分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014601j:image

 

 

準々決勝

アメリ2-2(5PK4)日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014716j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109002139j:image

 

 

2000年9月23日18:30@ハインド・マーシュ・スタジアム(アデレード)

アメリカ得点者:ウォルフ(68分)、ヴァゲナス(90分)

日本得点者:柳沢敦(30分)、高原直泰(72分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014730j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014744j:image

 

 

総評

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014902j:image

 

 

1968年のメキシコシティー五輪で釜本邦茂らを擁して銅メダルに輝いて以来28年ぶりの出場となったのが1996年のアトランタ五輪でした。そこではブラジルを撃破する「マイアミの奇跡」を演じてみせたものの、勝点6を獲得しながらグループリーグ敗退の憂き目に。そんな中でこの大会では32年ぶりの決勝トーナメント進出となる快挙を成し遂げた訳ですから、この頃の日本代表が一つずつ、そして確実にステップアップしていった事が伺えます。

A代表U-23代表を同じ監督が務める事はメリットとデメリットが存在しますが、この大会ではオーバーエイジの運用も含めて兼業のメリットが多く現れた大会となり、18人中10人が2年後の日韓W杯のピッチを踏んだ事も、その証明と言えるでしょう。

このシドニー五輪から20年後、同じような体勢で迎える東京五輪は、開催国としてどのような未来を描く事が出来るのでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190109014947j:image

 

 

バックアップメンバーのガンバ率の高さよ。

ではでは(´∀`)