開幕直前!J1全18チーム戦力診断PART4〜清水、磐田、名古屋編〜

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205124426j:image

 

観たのはこれではない。

 

どーもこんばんは

 

ゲッワーイエンターイ

 

さてさて、今回も開幕直前、J1戦力診断PART4でございます。

 

 

 

今回は清水、磐田、名古屋の3チームによる東海スペシャです。それでは早速…。

 

 

 

清水エスパルス

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153205j:image

 

 

監督 ヤン・ヨンソン(2年目)

本拠地 IAIスタジアム日本平

J1リーグ 8位

ルヴァン杯 グループステージ敗退

天皇杯 3回戦敗退

主な移籍情報

in

DF エウシーニョ←川崎

MF 中村慶太←長崎

MF ヘナト・アウグスト←SEパルメイラス

out

DF フレイレ→湘南

MF 白崎凌兵→鹿島

MF 村田和哉→柏

 

【予想フォーメーション→4-4-2】

スタメンが予想される11人の完成度、能力は長谷川健太監督退任後の清水では間違いなく歴代最高。だがその分控え選手の層に不安が残る。ヤン・ヨンソン監督は固定タイプの監督の為、怪我人が出た時が正念場と考えると、まず最初の試練はドウグラスの居ない序盤戦か。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190209161735j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153214j:image

 

 

FW★★★☆☆

不整脈により一時帰国を余儀なくされたドウグラスの復帰がいつになるか次第ではかなり苦しくなるかもしれない。いずれかが、ならまだしもクリスランとミッチェル・デューク、長谷川悠の3人が同時に退団した事が少し響く形となってしまった。

 

MF★★★☆☆

長崎から中村慶太、ブラジルからヘナト・アウグストを獲得したものの、清水にとって押しも押されもせぬ存在となった白崎凌兵退団のダメージは相当大きい。六平光成楠神順平といった昨季は不完全燃焼に終わった選手の奮起も鍵を握る。

 

DF★★★★☆

エウシーニョの獲得はこれ以上ないほどの成功と言えるだろう。昨今のJリーグで最も優れた右サイドバックの1人である事は勿論、立田悠悟を本職のセンターバックに移せる事も大きい。立田や松原后、ファン・ソッコといった現有戦力に加え、新外国人のヴァンデルソンが当たればリーグ屈指のDFラインを形成出来るかもしれない。

 

GK★★★★☆

加入以降、清水の守備を劇的に改善してみせた六反勇治が今年もゴールマウスを守る事になるだろう。前述のDF陣に加えて六反を擁する事で清水の守備陣は更に強固になる。控えに実績のある西部洋平を置いている事も心強い。

 

総合★★★☆☆

三つ星としましたが、だいぶ四つ星には近いといった感覚です。とはいえ単純な戦力としても、北川航也を活かすという意味でもドウグラスの復帰がいつになるかという事は今年の清水にとって重大なポイントと言えます。守備は安心して見ていられる布陣になので、攻撃が噛み合えば昨季以上の成績を狙える可能性もあるのでは。

 

 

 

ジュビロ磐田

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153223j:image

 

 

監督 名波浩(6年目)

本拠地 ヤマハスタジアム静岡スタジアムエコパ

J1リーグ 16位

ルヴァン杯 グループステージ敗退

天皇杯 ベスト8 

主な移籍情報

in

MF 森谷賢太郎←川崎

FW 中山仁斗←山形

FW ジェルソン・ロドリゲス←FCシェリフ・ティラスポリ

out

MF 松浦拓弥横浜FC

MF 伊藤洋樹→名古屋(レンタル)

 

【予想フォーメーション→4-2-3-1】

昨季同様、4-2-3-1と3-4-2-1を併用していく事が予想される。昨季はとにかく怪我に泣いたが、怪我さえ無ければ駒は揃っている。ロドリゲスがハマればかなり面白い。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190209162135j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153233j:image

 

 

FW★★★☆☆

昨季はチームの不調と共に前線の停滞感が目立ったが、川又堅碁大久保嘉人を始め、良い人材は揃えている。中野誠也や小川航基の成長が加速し、J1初挑戦となる中山仁斗とルクセンブルク代表のジェルソン・ロドリゲスが上手くハマればかなり強力なスカッドとなるのでは。

 

MF★★★★☆

松浦拓弥というジョーカーを失った事は痛いものの、負傷したとはいえども川崎から森谷賢太郎を獲得した為、プラスマイナス的にはゼロか。昨季はアダイウトンやムサエフがシーズンの大半を負傷で棒に振っていた為、彼らの復帰も加味すればそれなりに層は厚くなる。

 

DF★★★☆☆

特に選手の退団は無く、かつ金沢で試合経験を積んだ石田稜真が復帰した事から戦力値的にはプラスか。3バックと4バックを併用する傾向の名波浩監督の下、どのような構成をメインとするかも注目となる。

 

GK★★★★☆

日本で早5シーズン目となるカミンスキーは今年も健在。Jリーグにもすっかり馴染み、その存在感は更に増す。昨季少しずつ出場機会を掴んだ三浦龍輝や志村滉といった選手の突き上げにも期待したい。

 

総合★★★☆☆

戦力値的には昨季から殆ど変更はなく、昨季は誰かしらが複数名負傷離脱していた事も考えると、怪我さえなければむしろ戦力値はプラスという考え方も出来ると思います。とはいえ、昨季はそれに耐え切る選手層を保てていなかった事もまた事実。守備面はある程度整備出来ているので、攻撃面を活性化させたいところと言えるでしょう。

 

 

 

名古屋グランパス

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153245j:image

 

 

監督 風間八宏(3年目)

本拠地 豊田スタジアムパロマ瑞穂スタジアム

J1リーグ 15位

ルヴァン杯 グループステージ敗退

天皇杯 3回戦敗退

主な移籍情報

in

DF 千葉和彦←広島

MF 米本拓司FC東京

MF マテウス←大宮

out

GK 楢崎正剛→引退

FW 玉田圭司→長崎

FW 佐藤寿人→千葉

 

【予想フォーメーション→4-2-3-1】

システムは4-2-3-1と予想したが、シャビエルがツートップの一角となる4-4-2、もしくは両サイドがウインガーとなる4-2-1-3の形も予想される。万一ジョーが封じられても得点力のあるアタッカーが2列目に居るのは心強い。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190209162353j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190205153255j:image

 

 

FW★★★★★

昨季得点王の元ブラジル代表ジョーを擁するだけでも五つ星と言えるが、そこに大宮からマテウスも獲得し、特別指定選手ながら主力に定着した相馬勇紀も正式入団。そこにガブリエル・シャビエルや前田直輝も擁したFW陣は今季も更なる破壊力が期待出来る。

 

MF★★★☆☆

米本拓司ジョアン・シミッチも獲得。磐田からレンタルで獲得した伊藤洋樹もポテンシャルある選手として既に話題だ。だが風間サッカーの中では様々な要素が求められる為、良くも悪くも選手の能力より適性の方が大事になるかもしれない。

 

DF★★★☆☆

昨季途中に補強した丸山祐市中谷進之介に加えて、今オフでは千葉和彦吉田豊を獲得。特に千葉は広島で長らくポゼッションスタイルのチームのディフェンスリーダーを担っていた為、風間サッカーには理想的なDFだろう。的確な補強が出来たと思う。

 

GK★★★★★

昨季、特に丸山、中谷獲得前の名古屋DFは完全にランゲラック頼みになっていた。それだけにランゲラックの力は大きく、今やJリーグNo.1GKと言っても過言ではない。控えGKの2人はランゲラックと比較すると心許ないが、最低限の実績は有する2人なので極度に気にする程ではないか。

 

総合★★★★☆

ジョーやランゲラックを補強した昨オフや丸山や前田、中谷らを補強した昨夏程のインパクトは無くとも、持ち前の資金力を活かして的確な補強を実現させました。特に前線の個の力はJでも間違いなく屈指でしょう。後はこの強力な戦力を、特殊な組織性を求める風間八宏監督がどう纏め上げるか…それ次第で上にも下にも大きく変わる、そんな感じでしょうか。

 

 

 

さて、こんな感じになります。

次回はPART5。いよいよ我らがガンバ大阪!ピンク色のC大阪!チートのヴィッセル神戸の関西スペシャルです!

 

 

 

冒頭のくだり、PART6までやるから…。

ではでは(´∀`)