勝点1同士のコントラスト〜J1第3節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ マッチレビュー〜

ガンバファン兼サンガファンだけど、正直N-BOXジュビロはリアルタイムで観てみたかったと思う。

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、本日のマッチレビューJリーグから。磐田と同系統の色で、あの時の磐田同様「面白いサッカー」で黄金期を築き上げたい前年度王者の試合です。今回は神奈川ダービー横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ

 

 

 

史上2チーム目となる3連覇を目指す川崎ですが、ゼロックス杯で勝利して以降「内容は悪くないけど勝てない」試合が続いてリーグで2引き分け、ACLでは黒星スタートと公式戦3戦未勝利。どこかモヤモヤを抱えながらの今日の一戦となります。

一方のマリノスは今季公式戦ここまで無敗をキープ。リーグに至っては開幕2連勝中で、昨日の試合名古屋グランパスが開幕3連勝を決めた事も、マリノスには是が非でも勝ちたい一つのモチベーションでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310135301j:image

 

 

攻撃サッカー、ポゼッションサッカーを掲げる2チームによって行われる神奈川ダービー勝利を収めるのは好調マリノスか、それとも王者川崎か。熱い戦いが始まります。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310145321j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310145325j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310135240j:image

 

 

マリノスは今日は、開幕2試合で攻撃の核を担った三好康児が契約上の理由(川崎からの期限付き移籍中の為)により出場出来ず、代わりにルヴァン杯でゴールを決めた大津祐樹がスタメンに入ります。

一方の川崎は、中村憲剛小林悠がベンチスタートと、若干メンバーとシステムをいじってきました。

3月もそろそろ中旬。日産スタジアムにてキックオフです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310152511j:image

 

 

前半からペースを掴んだのは川崎。GK飯倉大樹のパスを奪った田中碧のスルーパスに抜け出したレアンドロ・ダミアンが落ち着いてループシュートを放って川崎が開始4分で先制。アシストした田中は、ウォーミングアップ中の大島僚太の体調不良でスクランブル的なスタメン起用でしたが、見事に結果を残してみせました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310161446j:image

 

 

試合はその後も川崎がボールを保持し、優勢に試合を進めていきました。21分には知念慶、L・ダミアンと繋いだボールに抜け出した家長昭博が決定機を迎えます。しかしこれがGK飯倉のファインセーブに阻まれると、その3分後の24分、右サイド深くまで抉った仲川輝人の折り返しにマルコス・ジュニオールが合わせてマリノスが反撃の同点弾を獲得します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020616j:image

 

 

その後は両チーム、攻撃を売りにしているだけあって拮抗した攻防戦を見せましたが、前半は1-1で終了。

試合は振り出しに戻った状態で後半を迎えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310161500j:image

 

 

後半からは両チームともに持ち味を見せ、一進一退の攻防が続いていきます。ただ両チームともに、決定的な攻撃にはなかなか繋げられない中、川崎は小林悠中村憲剛といった温存していた選手を、マリノス扇原貴宏、遠藤渓太とポステコグルーサッカーに慣れている選手を投入し、それぞれ勝負に出て終盤戦へ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190310161513j:image

 

 

後半、時間が経つに連れて試合はサイドのスペースを有効に使ったマリノスの時間が続きます。しかし川崎を押し込み、チャンスこそ作るものの仕留め切れないマリノスに対して川崎は88分、中村のパスを受けた途中出場の長谷川竜也がクロス。これを小林が頭で折り返したところに詰めたのはこの日2点目となるL・ダミアンでした。川崎が途中出場3人を経由した流れから、最後はL・ダミアンが押し込んで欲しかった欲しかった勝ち越し点をようやく奪います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020654j:image

 

 

後が無くなったマリノス李忠成を投入して最後の猛攻に出ます。そして最後の最後、GK飯倉も参加しての全員攻撃となったコーナーキックにて、天野純の上げたボールに頭で合わせたのは扇原!最後の最後で意地を見せ、ラストワンプレーでのゴールで勝点1をもぎ取ったマリノス。同点弾が決まると同時に試合は終了し、試合は2-2の引き分けで終わりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020718j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020723j:image

 

 

マリノスはやはり攻撃サッカーで好調を維持しているだけあって、まさに川崎相手にも正面からぶつかっていったような試合でした。近年、力関係が逆転しつつある神奈川ダービーにて、最後の最後で名門の意地を見せつけましたね。

開幕3連勝とはなりませんでしたが、これでルヴァン杯も含めて今シーズン公式戦無敗は継続中。状態の良さと良いスタートダッシュを切れている事を証明するような一戦だったかとしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020739j:image

 

 

一方の川崎も、決して悪い試合をしていた訳ではありませんでした。急遽出場となった田中も素晴らしい出来でしたし、新加入FWのL・ダミアンが2ゴールを奪ったりなど、ポジティブな要素はとても多かったです。

…が、しかし。開幕戦のFC東京戦や第2節の鹿島戦でのドローまでなら素直にポジティブに捉えられたのかもしれませんが、今日の試合はさすがに精神ダメージが強すぎるのでは。「内容は悪くないけど引き分け」は1試合ならネガティブになる必要は全くありませんが、さすがにそれが3試合も続くとなると話はまた別で…。

ゼロックス杯以降、公式戦の勝利がない川崎。内容は悪くないだけに、その事が逆にタチの悪いスパイラルを巻き起こしてしまっているのかもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190311020805j:image

 

 

何にせよ、見応えのある良い試合でした。面白い神奈川ダービーでしたね。

ではでは(´∀`)