散り際〜J1第7節 セレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌 マッチレビュー〜

スパムからしかインスタとTwitterのフォロー来ない。

 

どーもこんばんは

 

あっ、これは地元用アカウントの話です。当ブログ用は此方↓

 

 

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J1リーグ第7節、セレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌の一戦です。

 

 

 

開幕戦、満員のヤンマースタジアム長居ヴィッセル神戸に見事な勝利を収め、そのまま流れに乗るかと思われたセレッソ第2節の浦和レッズ戦、第3節の清水エスパルス戦で結果、内容ともに完璧な試合を見せてこのまま流れに乗るかと思われた札幌。しかし両チームともその後は思ったように勝点を伸ばせず、伸び悩んでる感が否めません。

下位争いに本格的に巻き込まれる前に、ここらで一つケリを付けて抜け出したいところでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413162658j:image

 

 

しかし3連敗を喫した後は1勝1分と少し持ち直しているセレッソに対し、札幌は今日敗れれば4連敗。両者の春先の流れを決定付けかねない一戦となります。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413161531j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413161535j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413162706j:image

 

 

すっかり3-4-2-1がお馴染みとなった札幌に対して、同じく開幕から3-4-2-1を採用していたセレッソは今日は4バックに変更。この辺りの変化がどう影響するでしょうか。

第7節は多くの試合が明日、日曜日に開催されるという事で、土曜日はナイトゲーム横浜F・マリノスvs名古屋グランパスとこのカードのみ。ヤンマースタジアム長居でキックオフです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413162739j:image

 

 

ポゼッションを軸にしながらも、攻撃に重点を置くか守備に重点を置くかがスタイルとして異なる両チームの対戦は、前半からその構図がハッキリと浮かび上がる形で進んでいきます。基本的に押し込んでチャンスの場面を創出する札幌に対し、セレッソは素早い攻守の切り替えで札幌の隙を伺うように。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180346j:image

 

 

前半から両チーム、それぞれの色を出しながら集中力高く進めていった試合はなかなか締まった展開になり、どちらに転ぶとも言えない展開の試合の前半は0-0で終え、スコアの動かないまま後半に進みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180406j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180410j:image

 

 

後半も札幌が変わらぬ連動性のある攻撃でチャンスを作っているのに対して、セレッソは4バックに変えた事でカウンターがスムーズに進む効果が後半はより発揮されていきます。後半途中からは清武弘嗣を下げて高木俊幸を投入しますが、柿谷曜一朗らのスピードを活かして惜しいシーンを作っていきました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180321j:image

 

 

しかし試合のペースはどちらかと言えば札幌のまま。79分にはアンデルソン・ロペスの決定的なシュートがGKキム・ジンヒョンに阻まれたものの、そのシュートで得たコーナーキック福森晃斗ファーサイドに蹴り込むと、これを進藤亮佑が合わせ、ラスト10分というタイミングで札幌が先制。膠着状態がようやく崩れます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180211j:image

 

 

1点を追いかける形になったセレッソは17歳西川潤を投入。アディショナルタイムにはGKキム・ジンヒョンも上がっての攻撃を見せましたが札幌も譲らず、試合はそのまま1-0で札幌が完封勝利を収めて連敗を3で止めると共に、第3節以来の勝利となりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413191518j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180248j:image

 

 

両チーム非常に組織的で、よく締まった好ゲームだったのではないでしょうか。札幌からすれば粘り強く勝ち切ったという意味が最も大きいでしょう。下位脱出へ、大きな勝利だったと思います。

一方のセレッソからすれば、悪い試合ではなかったもののシュートまでの形に持って行きにくい今季の習性が出てしまっていたように感じます。精度とはまた違う問題が発生していたようにも思いますね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190413180308j:image

 

 

たまーにちゃんとした友人からフォロー来ると間違えてスルーしかける

ではでは(´∀`)