【日本代表最新序列】森保ジャパン発足から1年、カタールW杯予選も始まったという事で現在の森保ジャパン、メンバー最新序列考えてみた。

ハーイ、オリンピック落ちたぞう(2回目)

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、先日9月10日…敵地でのミャンマー戦にて2022年カタールワールドカップに続く道、2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選がスタートしました。格下との対戦が続くとはいえ公式戦。ここからは予断を許さない戦いが続きます。

そういえば昨年9月11日、大阪府吹田市パナソニックスタジアム吹田でのコスタリカ戦で初陣を迎えた森保ジャパンはちょうど発足から1年が経ちました。まずはここで、森保ジャパンに招集された全選手を振り返ってみましょう(途中離脱した選手も含む)。

 

 

 

GK

川島永嗣(RCストラスブール)

東口順昭(ガンバ大阪)

権田修一(ポルティモネンセSC)

シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV)

中村航輔(柏レイソル)

小島享介(大分トリニータ)

大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF

長友佑都(ガラタサライSK)

槙野智章(浦和レッズ)

西大伍(ヴィッセル神戸)

吉田麻也(サウサンプトン)

塩谷司(アル・アインFC)

佐々木翔(サンフレッチェ広島)

酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)

車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

昌子源(トゥールーズFC)

山中亮輔(浦和レッズ)

室屋成(FC東京)

植田直通(サークル・ブルッヘ)

三浦弦太(ガンバ大阪)

安西幸輝(ポルティモネンセSC)

畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

岩田智輝(大分トリニータ)

立田悠悟(清水エスパルス)

原輝綺(サガン鳥栖)

杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)

冨安健洋(ボローニャ)

MF

青山敏弘(サンフレッチェ広島)

乾貴士(SDエイバル)

香川真司(レアル・サラゴサ)

山口蛍(ヴィッセル神戸)

原口元気(ハノーファー96)

天野純(横浜F・マリノス)

小林祐希(ワースラント・ベフェレン)

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)

大島僚太(川崎フロンターレ)

遠藤航(VfBシュツットガルト)

伊東純也(PRCヘンク)

橋本拳人(FC東京)

中島翔哉(FCポルト)

南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)

守田英正(川崎フロンターレ)

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

板倉滉(FCフローニンゲン)

中山雄太(PECズヴォレ)

三好康児(ロイヤル・アントワープFC)

伊藤達哉(シントトロイデンVV)

堂安律(PSVアイントホーフェン)

松本泰志(サンフレッチェ広島)

渡辺皓太(東京ヴェルディ)

安部裕葵(FCバルセロナ)

久保建英(RCDマジョルカ)

FW

岡崎慎司(SDウエスカ)

小林悠(川崎フロンターレ)

永井謙佑(FC東京)

川又堅碁(ジュビロ磐田)

大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン)

武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)

杉本健勇(浦和レッズ)

鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)

北川航也(ラピッド・ウィーン)

鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)

前田大然(CSマリティモ)

上田綺世(鹿島アントラーズ)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031231j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031234j:image

 

 

…で、今回は発足から1年経った森保ジャパンの最新序列を考えていこうと思います!!

予想や私ならこうする的な感じではなく、あくまで現時点での状況を振り返って…という感じなので、あくまで参考程度にお考え下さい。それではスタート!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031250j:image

 

 

GK

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031300j:image

 

【レギュラー候補】

東口順昭権田修一シュミット・ダニエル

【当落線上】

川島永嗣、大迫敬介

 

森保ジャパン発足当初は東口が、1月のアジアカップでは権田修一が、そして最近ではシュミットと言った具合に正GKはまだあまり固定され切ってはいないものの、最近の起用法などを見るとシュミットがやや一番手に位置していると思われる。一方で、権田は所属クラブで出場機会に恵まれておらず、東口は6月、9月の代表戦に未招集と2人の序列は一時期よりも下がり目か。

また、アジア予選という公式戦の舞台では経験豊富な川島、今後の成長度合いや将来に向けてという意味で大迫らが3人目のGKとして登用されていく可能性も高い。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031310j:image

 

 

センターバック

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031342j:image

 

【不動のレギュラー】

吉田麻也、冨安健洋

【レギュラー候補】

昌子源

【ベンチ】

畠中槙之輔

【当落線上】

槙野智章植田直通三浦弦太

 

アジアカップ以降はキャプテンかつディフェンスリーダーの吉田、そしてイタリアでも既にブレイクの兆しを見せている冨安の2人が鉄板という位置付けで、CBのレギュラー争い、もしくは3バック採用となると、ここに昌子が絡むなど5大リーグに所属しているCBが3人もいるというかつてない状況となっている。

怪我さえなければこの3人は確実とすると、残りの争いは3月の初招集以降森保監督の信頼を勝ち取った感のある畠中が序列は優位。植田と三浦は巻き返すには、個人のパフォーマンスのみならずクラブの成績の向上も目指す必要がありそう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031403j:image

 

 

サイドバック

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031436j:image

 

【不動のレギュラー】

長友佑都酒井宏樹

【レギュラー候補】

冨安健洋

【ベンチ】

室屋成、安西幸輝

【当落線上】

佐々木翔山中亮輔

 

中島、南野などのリオ五輪世代、堂安、冨安といった東京五輪世代が代表レギュラーに食い込み始めているが、サイドバックに関してはロシアW杯予選頃から長友&酒井で固定されており、特に左サイドはここ10年近く長友の独壇場となっている。それは森保ジャパンになっても変わらず、今もこの2人は頭一つ抜けていると言えるだろう。

その一方で、CBのレギュラーである冨安は所属クラブのボローニャでは右SBとしてプレーし絶好調。パラグアイ戦でも右SBでテストされていた為、長友、酒井、冨安以外の選手には超えるべきハードルがかなり高いと言わざるを得ない。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031417j:image

 

 

ボランチ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031450j:image

 

【不動のレギュラー】

柴崎岳

【レギュラー候補】

遠藤航橋本拳人

【当落線上】

山口蛍、小林祐希、守田英正、三竿健斗、板倉滉

 

森保ジャパンというよりも、ロシアW杯以降は一人は柴崎が不動の地位を築いている。その柴崎の相方として、一時期は遠藤が不動の地位を築きかけたが、アジアカップ以降は遠藤のコンディションが中々整わない事もあって色々な組み合わせを試しているが、9月のパラグアイ戦、ミャンマー戦でスタメンフル出場を果たして好印象を残した橋本がここに来て森保監督の評価を高めている。

だが、守備的ボランチという意味では森保ジャパン常連と言える守田や、コパ・アメリカで評価を高めた板倉も控えている為、現時点でポジション争いが定まっていない数少ないポジションと言えるだろう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031509j:image

 

 

2列目

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031523j:image

 

【不動のレギュラー】

中島翔哉南野拓実、堂安律

【準レギュラー】

原口元気

【ベンチ】

伊東純也、久保建英

【当落線上】

乾貴士香川真司

 

森保監督の初陣となったコスタリカ戦以降ずっと、左から中島、南野、堂安を並べた所謂「NMD」とされる2列目はすっかり不動の存在となっており、3-4-2-1システムの時に南野が外れる事があるだけで、少なくとも今のシステムなら当分この組み合わせが揺らぐ事は無さそうで、森保ジャパン初期からずっと選ばれている伊東はこの牙城を崩すには至らず、中島の怪我によりアジアカップではレギュラーだった原口も準レギュラーの域を脱せてはいない。

そうなるとやはり注目したいのは久保。とはいえ、将来的には間違いなくエースとなりうる人材ではあるが、現段階での森保監督の頭の中では原口、伊東の方が序列としては上か。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031537j:image

 

 

FW

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031548j:image

 

【不動のレギュラー】

大迫勇也

【ベンチ】

永井謙佑鈴木武蔵

【当落線上】

北川航也、鎌田大地

 

大迫は絶対的な存在であると同時に、近年では「大迫依存症」問題が叫ばれ、特にアジアカップはその影響を大きく感じさせた。大迫の凄味は今の日本の強力な2列目をフルに活かせる事であり、パラグアイ戦、ミャンマー戦は改めてそれを感じさせる内容…大迫の替えの利かなさを感じる試合だったようにも思う。

…となると、2番手争いは現段階では決め手に欠けている印象。最近では永井、鈴木辺りが呼ばれているが、鈴木が2列目を活かす術を身につける事が出来たら序列は一気に上がるかもしれない。また、永井に関しては森保監督が3-4-2-1を導入するとすれば、そのワントップの適性だけならば大迫以上に秘めている可能性もある。鎌田はブンデスでどれだけやれるか次第、北川はオーストリアからステップアップが叶えば、代表復帰もあり得るか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031601j:image

 

 

…とまぁ、見ての通り、GKと柴崎の相方となるボランチ以外は基本的に人選が固定されている森保ジャパンではありますが、メンバー固定する事自体に反対ではありませんが、選手層のブラッシュアップなどは予選や強化試合を通じてやっていかねばならない事です。

1年後、そしてカタールW杯を迎える頃にはどんな布陣になっているのか、予想も大いなる酒の肴となりますね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031618j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912031622j:image

 

 

オリンピック…。

ではでは(´∀`)