13日の大混戦〜J1第26節 清水エスパルスvs名古屋グランパス マッチレビュー〜

ジェイソーン。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J1リーグ第26節、清水エスパルスvs名古屋グランパスの一戦です。

 

 

 

夏も過ぎ、Jリーグも終盤戦に突入しつつありますが、現在9位の名古屋ですら16位鳥栖との勝点差が僅かに4と大混戦のJ1残留争い。そんな中で本日相見えるのは、両者ともに現在守備崩壊状態に瀕する清水と名古屋。残留争いの行く末を占う直接対決です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913215911j:image

 

 

果たして撃ち合いになるのか、それともかえってロースコアになるのか…両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913202836j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913202840j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913220342j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913220345j:image

 

 

本日の会場は静岡市清水区IAIスタジアム日本平です。

本日は金曜日開催という事でフライデーナイトJAPANリーグ対象試合。ハーフタイムにはSEAMOさんのハーフタイムショーが行われ、来場者には清水のベースボールシャツが配られます。そのシャツが完全に巨人とも話題になりましたね…。今日は金Jは金Jでも13日の金Jだよ…!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913215838j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913220310j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913215812j:image

 

 

試合は序盤からスピーディーな展開で、どちらも大きなチャンスにまでは至っていなかったものの好守が激しく移り変わり、どちらペースとも言えない試合展開で幕を開けました。ただその中でも、どちらかと言えば名古屋の方が敵陣でのサッカーを展開出来るようになっていきます。

 

 

 

すると14分、ジョーのパスを受けた吉田豊が切り替えて右足でクロスを上げると、これを清水DF二見宏志のクリアが上手くいかなかったところを前に上がってきた宮原和也が押し込み、名古屋が幸先よく先制点をゲット。

 

 

 

しかし今度は25分、清水がカウンター攻撃の流れから左サイドの西澤健太へとパス。その西澤が持ち込み、そして中に切れ込むとエリア外から強烈なミドルシュートを叩き込んで清水が同点に追いつきます。西澤は前半戦の名古屋戦でも決勝点を取っており、対名古屋戦の相性の良さを見せるゴールに。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190913220327j:image

 

 

1-1になってからの試合展開は名古屋ペース。名古屋が度々シュートチャンスを作り、惜しいと思わせるシーンも作ったものの、GK大久保択生の好セーブもあって清水も点を許さず。前半は1-1で終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914004107j:image

 

 

そして後半始まってすぐの54分、清水はエウシーニョがゆっくり持ち上がると河井陽介に縦パスを送り、その落としをエウシーニョが自らシュート。これが河井に当たってコースが変わると、突然の軌道変化にGKミッチェル・ランゲラックも全く反応できずにゴールに吸い込まれて清水が後半立ち上がりに逆転に成功します。

更に立て続けに59分、CKの流れで前がかりになった名古屋に対して清水は金子翔太がボールを持って一気にカウンター開始。一度は名古屋のチェックにスピードダウンを余儀なくされたものの、なんとか粘って繋いだ先の西澤が再びゴールを決めてリードを2点に広げます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914004131j:image

 

 

1点のみならず2点を追う状態となってしまった名古屋は米本拓司前田直輝長谷川アーリアジャスールを投入。負ければ残留争いに一気に巻き込まれるという状況もあって攻勢を強めていくと、米本のミドルシュートが長谷川に当たってゴールに入り、途中出場の2人がゴールに絡んで75分に1点を返します。

 

 

 

その後は清水も時折カウンターを狙ったものの、名古屋が最後の猛反撃を仕掛けて何度も何度も激しい猛攻を仕掛けていきます。しかし90分のガブリエル・シャビエルのシュートはGK大久保のスーパーセーブに助けられ、その直後の丸山祐市のシュートもDFのブロックに遭い最後の最後まで攻め倒したもののゴールならず。名古屋の猛反撃を耐え切った清水が3-2で打ち合いを制しました。

 

 

 

いやぁ、清水vs名古屋なのでノーガード的な戦いになる事を期待してましたが、実際白熱した面白い試合でしたね。ラスト10分なんかもうぐっちゃぐちゃでしたし、清水はGK大久保を中心によく耐え切ったと思います。一方で、名古屋は最後の最後に繋がる部分だったり、清水は時間稼ぎをしようとしても出来ない部分の雑さが両チームの不調に繋がっているような気もしましたが…。

ただ、ラスト10分のところで立田悠悟をジョーのマンマークという役割で投入した事、フレッシュなカウンター要員としてジュニオールドゥトラを投入した篠田善之監督の交代のマネジメントは地味ながらかなり効いていたように思います。結果的に名古屋はそれによって、終盤の猛攻でジョーがサイドに流れざるを得ない場面が多くなってしまった事は結構大きかったんじゃないでしょうか。何にせよ、これで名古屋も本格的に残留争いに参戦…となってきましたね。

 

 

 

13日の金曜日、特に特筆すべき点ナシ。

ではでは(´∀`)