それはそれは鮮やかに〜J1第28節 サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸 マッチレビュー〜

今宵気になるはCSの行方。

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J1リーグ第28節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸の一戦です。

 

 

 

優勝はさすがに厳しい状況ではあるものの、なんとかACL圏内には食い込んでシーズンを締めたい広島。一方の神戸は神戸で、一時はガッツリのめり込んだ残留争いも夏以降の好調で危機を脱し始めて来ています。神戸は少しでも早く楽な状況になる為、広島はまだ楽な状況に終わらない為に勝ちたい一戦です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006163908j:image

 

 

両チーム共、シーズンが進むにつれてチームとしての「形」を構築した者同士。見応えのあるゲームが期待できます。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005153914j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005153912j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183136j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183139j:image

 

 

本日の会場は広島県広島市エディオンスタジアム広島です。

広島が優勝を決めた2015年のチャンピオンシップ決勝第2戦以降で3万人を超えた試合は一度も無かった広島ですが、今日はアンドレス・イニエスタダビド・ビジャ効果も超満員の中の試合となります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006163854j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005205842j:image

 

 

立ち上がり、良い入りを見せたのは広島の方でした。最初のワンプレーで左サイドを森島司がえぐると、折り返しに川辺駿がダイレクトでシュート。この決定機は決め切れなかったものの、その直後の5分に再び左サイドを突破した森島の折り返しを飛び出して来た稲垣祥がゴールに叩き込んで広島が先制点を奪います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183323j:image

 

 

広島のスタイル的に、ここからの試合はやや静かなものになると思いましたが、意外にも試合は更にここからオープンな展開に。広島も神戸もチャンスを作った中、それをゴールに結びつけたのは1点を追う神戸の方でした。19分、ビジャがミドルゾーンから絶妙なフィードを放ち、完璧なタイミングで抜け出した古橋享梧が冷静にゴールに流し込んで神戸が同点に追い付きます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006163940j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006163943j:image

 

 

しかし前半はまだまだ動きます。右サイド流れるように攻撃を繋いだ広島は、最後はドウグラスヴィエイラの折り返しに再び稲垣が飛び出して合わせて2-1。やや神戸のムードに傾きかけた試合でしたが、広島が神戸の3バックの隙を突く形で勝ち越しに成功。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183335j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006164026j:image

 

 

更にその直後、神戸はGK飯倉大樹のミスキックを拾った青山敏弘ミドルシュート。これをブロックしたDFトーマス・フェルメーレンがハンドを取られてPKの判定。しかしD・ヴィエイラのキックはGK飯倉が自らのミスを取り消すビッグセーブを見せて3点目は回避します。前半から見応えのある攻防戦が繰り広げられたゲームは2-1、広島の1点リードで前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183401j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183404j:image

 

 

後半立ち上がりは1点を追う神戸が圧倒的な個の力を有している事もあって、同点に追い付くべく西大伍酒井高徳らも高い位置を取っての攻撃参加をしながら攻め込んでいきます。しかしそこは広島の持ち前の堅守でブロックを敷き、神戸は押しはしながらも決定的なチャンスまでは作りきれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006164043j:image

 

 

そしてこの試合の流れが決定的なものになったのが65分でした。神戸が前がかりになってきたところを狙い、自陣でボールを受けた森島が絶妙なカウンターパスを供給。抜け出したD・ヴィエイラが上手くDF大崎玲央の背後に抜け出すと、大崎がたまらず後ろからD・ヴィエイラを倒してしまって一発退場処分に。そしてこのフリーキックを森島が鮮やかに決めて貴重な追加点を奪います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006164131j:image

 

 

2点ビハインドという状況もあって、神戸は大崎が退場したもののCBを補充はせず、代わりに右サイドバックの藤谷壮とFWの田中順也を投入。77分にはイニエスタのパスを受けた途中出場の田中が決めて1点差に迫ったものの、堅い守備からのカウンターを得意とする広島にカウンターから大ピンチを与えるシーンは多くなり、そして84分にはルーズボールをハイネルがマイボールにすると、その落としを拾った森島のパスに川辺駿が反応して決定的な4点目。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006164149j:image

 

 

こうなるともう神戸は崩壊状態に。90分にはエリア内での観戦から、途中出場清水航平のシュートをフェルメーレンがブロックしたこぼれ球をD・ヴィエイラに押し込まれて5-2。更に92分にはGK飯倉がボールを失うと、森島が無人のゴールにシュートを流し込んでいよいよ6得点。広島が鮮やかゴールショーで6-2で勝利し、上位追撃に大きな勝点3を手にしました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006163335j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191005183447j:image

 

 

5点目と6点目に関しては神戸が完全に崩壊していたので別としても、今日の広島の、特に前半の攻撃は3バックの相手に対する攻撃として非常に機能していました。2シャドーである川辺や森島は中央よりもサイドアタッカー的な動きを見せた事で、神戸の3バックの感覚をズレさせ、更に川辺と森島のスライドで空いた中央のスペースをD・ヴィエイラ、そして稲垣がボランチから飛び込む事で完璧な攻撃の「型」が出来ていましたね。前半の2得点は本当に鮮やかなものでした。広島の元々の持ち味は守備ブロックですから、3-1にしてしまった時点で後はやりたい放題…みたいな感じでした。

個人で言えば、森島のパフォーマンスは今日はちょっと圧倒的でしたね…U-22のブラジル戦、頑張って欲しいです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191006164212j:image

 

 

阪神最高やぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

ではでは(´∀`)