本当なら今日……というか本当から今年……とりあえず超私的に東京五輪日本代表メンバー(2020年版)を考えてみた。

 

 

 

 

※今回のブログを読む前に!

 

今回のブログは3月27日に更新するべく3月20日前後には書き終えていましたので、東京五輪延期には触れていない…というか開催される前提で書いちゃってます。その辺りを予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不規則生活の一番怖いところ

 

一周して早寝早起きになる瞬間がある

 

どーもこんばんは

 

さてして、

 

……「さてさて」って打とうとしたらミスったんでもう訂正せずに進めますね、本日3月27日、U-23日本代表vsU-23南アフリカ代表の試合が行われます!

会場は出来たばっかりの京都府亀岡市サンガスタジアム by Kyocera!! くぅー…遂に京都で、京都で代表戦が観れるなんて…!生きているとこういう事もあるものだ…嬉しいです。おっしゃ現地観に行くぞー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……の、予定でした…。

ご存知の通り、新型コロナウィルスの影響によりA代表カタールW杯予選も含めて延期・中止の措置が取られ、東京五輪が迫ってきたU-23日本代表は27日の南アフリカ戦、30日のコートジボワール戦(@福岡、ベスト電器スタジアム)が中止に。サンガスタジアムで行われる南アフリカ戦のチケットを嬉々として購入した私も泣く泣く払い戻しの受付を行いました。生きているとこういう事もあるものだ。

せっかくなんで、サンガスタジアムの当ブログ関連ページも見てみてください。可哀想なんだよ、こけら落としは何とかやったけどまだ1試合も公式戦やってないのよ……大河ドラマ館しかやってないのよ…。

 

 

 

で、今回のブログはどうしましょうと言うと。

……まぁ、せっかくなんで、一応予定としては今日の試合があった訳で。一応現時点でのね、当ブログ的…というか私的に…というか私ならこうする!東京オリンピックメンバー!的な、飲み屋でやると盛り上がるタイプのことをブログ上でやっていきます。

類似企画はもう既に何度かやってますがね……ま、こういうのは日に日に更新されていくものです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200324204304j:image

 

 

まず、森保一監督はU-23代表に関しては一貫して3-4-2-1を採用していますが……やっぱり、選手の顔触れを見ても合うのは間違い無く4-2-3-1の方だと思うんですよ。戦術的な意味でも、3バックがフィットしているとは言えない現状を見ても、単純にタレント豊富な2列目に人を割きたいという意味でも。

ですので、私的オリンピックメンバーはまず4-2-3-1を採用する事を前提に進めてみます!

せっかくなので…オーバーエイジセンターバックボランチセンターフォワードに配置してみますね。背番号は独断と偏見です。

 

 

 

でんっ。

 

GK1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF2 橋岡大樹(浦和レッズ)

MF3 中山雄太(PECズヴォレ)

DF4 板倉滉(FCフローニンゲン)

DF5 吉田麻也(UCサンプドリア)【OA】

DF6 杉岡大暉(鹿島アントラーズ)

MF7 柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)【OA】

MF8 食野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアンFC)

FW9 小川航基(ジュビロ磐田)

MF10 三好康児(ロイヤル・アントワープFC)

MF11 堂安律(PSVアイントホーフェン)

GK12 小島亨介(アルビレックス新潟)

MF13 中村敬斗(FCトゥウェンテ)

MF14 福田湧矢(ガンバ大阪)

FW15 大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン)【OA】

DF16 冨安健洋(ボローニャFC)

MF17 久保建英(RCDマジョルカ)

DF18 菅原由勢(AZアルクマール)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200324204248j:image

 

 

…まぁ、幾ばくかのガンバ 贔屓を感じるラインナップにはなりましたが………真面目な話、複数ポジション出来る事も踏まえて福田呼んでほしい…。あと安部裕葵もなんとか間に合ってくれれば……。

ではでは(´∀`)