ずっと鳴ってたカラカラカラってやつはなに…?〜明治安田生命J2リーグ第32節 東京ヴェルディvs徳島ヴォルティス マッチレビュー〜

しっかしアメリカ大統領選って集計長ぇなぁ……。

 

どーもこんばんは

 

(基本的にマッチレビュー書く時は試合パートより前はスタメンの部分以外試合前に書いちゃってるのでこれを書いてる今はバイデン氏が王手かけてる状態です。いざ更新した時には結果出てるはず!)

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J2リーグ第32節、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスの一戦です。

 

 

 

J2昇格争いもいよいよ終盤戦に突入。一時は12連勝をマークした福岡の勢いに押される形で首位を明け渡したものの、福岡が連勝して長崎と北九州のペースが落ち始める中でも着実に勝点を積み重ねた徳島は再び首位を取り返し、昇格に向けて邁進しています。特にここ2試合は群馬戦での大逆転勝利や好調に転じつつあった磐田に完勝するなど状態の良さが目立っていますね。今日の相手のヴェルディは昇格戦線からは脱落していますが曲者感はあるチーム。引き分け先行ですが6戦無敗です。徳島にとっては勝って明日が試合の福岡や長崎にプレッシャーをかけたいところ。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201107173101j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201107173057j:image

 

徳島はスタメンを3人、ヴェルディはGKにマテウスを復帰させた1人のみ前節から変更しています。ヴェルディも徳島もフォーメーションに拘るというよりは状況に応じて変動していくスタイル。徳島のGK上福元直人は昨季までホームとしていた味スタでの試合になりました。

 

 

本日の会場は東京都調布市味の素スタジアムです。

一つのスタジアムを2チームが共同で本拠地にしているのは日本では唯一となるこのスタジアム(一応三ツ沢もそうだけどマリノス日産がメインだし唯一って言っていいはず)今日の試合は「ニチガスDAY」として行われ、先着でクリアファイルやキャップ(子供限定)が配られるとの事。凄く個人の趣味に乗じた情報を一つ挙げると、ここで最初に音楽ライブを開催したのはGLAYです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003729j:image

 

 

立ち上がり、試合を優勢に進めたのはヴェルディの方でした。高い位置でボールを持って前線にダイレクトパスを積極的に入れながら攻撃を組み立てていき、試合の入りとしては悪くなかったものの……、18分、ヴェルディのパスをカットしたところから攻撃を組み立てた徳島は福村貴幸のクリアミスが右サイドの藤田譲瑠チマに渡り、そのクロスに垣田裕暉がニアで競って最後はフリーの清武功暉。徳島が1点先制。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201107182155j:image

 

その後もヴェルディはピンチを招くパスミスがあったり、徳島のプレスと奪った後の攻めに苦しんで落ち着かない展開が続き劣勢を強いられます。ですが42分、自陣で藤田がボールを奪うとそのまま持ち運んで端戸仁へパス。端戸が中央でドリブルしながら時間を作り、再び藤田はスルーパスを送るとこれを冷静に決めてヴェルディが同点。前半は1-1で終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003753j:image

 

 

後半、ヴェルディは福村を下げて奈良輪雄太、徳島は清武を下げて渡井理己を投入。それぞれ動きを見せて後半に挑みます。前半終了間際に点が取れた良い流れもあるのか、後半はヴェルディのパスがテンポ良くスムーズに回り立て続けにチャンスを創出。徳島も集中して守って失点こそ許さなかったものの、試合の流れは確実にヴェルディに向いていました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003852j:image

 

62分に徳島は河田篤秀、63分にヴェルディは山下諒也と流れを変えられるジョーカーをそれぞれ投入して勝負に出ます。その後もヴェルディペースの時間が続きはしたものの、先に勝ち越しに成功したのは徳島でした。86分、西谷和希が浮かせたボールが高橋祥平のハンドを誘発し、それで獲得したPKを岩尾憲が決め切って2-1!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003909j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003913j:image

 

アディショナルタイムヴェルディは得たFKから佐藤優平が上げたクロスが徳島DF福岡将太の頭に当たってゴールイン。しかしボールには触れていないものの端戸がプレーに関与していたとしてオフサイド判定となってゴールは認められず。共にポゼッションスタイルを軸とするチーム同士の一戦は徳島が勝利し、J1復帰とJ2優勝に大きな勝利を手にしました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003929j:image

 

 

見応えのある試合だったと思います。前半のヴェルディは結構バタバタしていて、その象徴がミスから始まった徳島の先制点にもなった訳ですが、逆に前半終了間際に藤田が決めてからはヴェルディが持ち味を強く押し出す事が出来ていました。ただ、徳島も内容の良さだけでなくしぶとさも身につけていますし、首位に立てている要因のようなものが攻守両面であったのかと…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201108003950j:image

 

 

まだ集計中かい!!!!

ではでは(´∀`)