デジャヴ〜明治安田生命J2リーグ第34節 水戸ホーリーホックvs京都サンガFC マッチレビュー〜

昨日のことを思うとお腹が痛い。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J2リーグ第34節、水戸ホーリーホックvs京都サンガFCの一戦です!

 

 

 

前々節栃木戦、前節東京V戦で連敗を喫したサンガ。今季はプレーオフが無い以上、さすがにもうJ1昇格はしんどいでしょう。ただ、じゃあだからもう後はフォロースルーみたいな感じでいいのかとなれば話は別。来季に繋げる為と言えば手前味噌ですが、これから先「あーあ!あの年プレーオフあったらなー!」と嘆く資格を持つのは6位以内に入った者のみです。まずはせめて、そこはクリアしていきましょう。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115151546j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115151549j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214213j:image

 

前節からメンバーを4人変えてきたサンガですが、システムは前節東京V戦で今季初めてスタートから4-4-2を採用。今日はボランチを川崎颯太と福岡慎平の若い2人で組んできました。また、ベンチに入った石櫃洋祐は第20節甲府戦以来のメンバー入りです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115163445j:image

 

本日の会場は茨城県水戸市ケーズデンキスタジアム水戸です。

陸上競技場ではありますが、正式名称は「水戸市立競技場」であって「水戸市陸上競技場」ではないというのが一つ間違えやすいポイント。新スタジアム建設計画が固まりつつある事から水戸にJ1ライセンスは一応降りましたが、元々J2ライセンス級のスタジアム&陸上連盟も第1種ではなく2種公認扱いというスタジアムなので、長きに渡って改修計画が度々議論されています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115163510j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115163507j:image

 

 

試合は割と早い段階でサンガが先制します。12分、ヨルディ・バイスの縦パスが入ったところから攻撃のリズムが生まれると、ピーター・ウタカ宮吉拓実を介したボールを受けた仙頭啓矢が左から右にカットインして最後はミドルシュート。機能的な攻撃から仙頭の見事なシュートで幸先の良いスタートを切ります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214136j:image

 

前半のその後は水戸のペースで試合が進み、水戸はボールを回しつつサイドを中心に攻撃を仕掛けます。が、サンガは前節から4バックにシステムを変更した事もあってサイド攻撃への対応はわりかしスムーズに出来ており、一本GK清水圭介の好セーブもありながら高い集中力とリードを維持して前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214153j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214201j:image

 

 

しかし後半開始早々、黒木恭平の背後をを奥田晃也に一気に突かれるとそのまま右サイドを抜け出されて折り返されてしまい、そのボールにGK清水と深堀隼平が交錯する形になりましたがそのボールは無情にもゴールへ……後半開始からいきなり同点弾。

さらに58分にも水戸は右サイドから仕掛けていき、山口一真のパスを受けた奥田が再びドリブルでボールを運べば中に入れた絶妙なスルーパスに再び深堀。立て続けに奥田→深堀という形でサンガは一気に逆転を許します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214121j:image

 

ゴリゴリ劣勢と化した後半、實好礼忠監督は62分に一気に4枚替え。黒木、曽根田、川崎、宮吉を下げて本多勇喜、谷内田哲平、庄司悦大、荒木大吾を一気に投入。システムを3バックに変更して反撃を試みます。81分には野田隆之介も投入してパワープレー気味な構成を仕掛けますが……水戸もウタカに対して人数をかけて徹底的に対応。サンガも良い形でのシュートさえままならないまま試合は終わり、3連敗を喫しました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214106j:image

 

 

まぁ……試合の流れとしては琉球戦に似たようなものがあったというか、前半の内容や失点パターンも顧みれば琉球戦より良くなかったというか……前半は悪くない形で守れていたのが余計に、後半はサイドに出てきた岡田や山口にギタギタにされる羽目になってしまったというか……少しちょっと脱力感のある負け方でしたね……。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201115214235j:image

 

 

【うれしはずかしじゅんいひょうのコーナー】

 

明治安田生命J2リーグ第34節

ファジアーノ岡山1-1ジュビロ磐田

愛媛FC(中止)ヴァンフォーレ甲府

モンテディオ山形0-1徳島ヴォルティス

水戸ホーリーホック2-1京都サンガFC

大宮アルディージャ1-0ツエーゲン金沢

FC町田ゼルビア1-2松本山雅FC

アルビレックス新潟0-2ジェフユナイテッド千葉

レノファ山口FC0-1アビスパ福岡

V・ファーレン長崎0-1FC琉球

ギラヴァンツ北九州1-0栃木SC

ザスパクサツ群馬0-3東京ヴェルディ

 

1位 徳島ヴォルティス(71)

2位 アビスパ福岡(68)

3位 V・ファーレン長崎(63)

4位 ギラヴァンツ北九州(56)

5位 ヴァンフォーレ甲府(55)※1

6位 アルビレックス新潟(53)

7位 モンテディオ山形(48)

8位 東京ヴェルディ(48)

9位 ジュビロ磐田(47)

10位 京都サンガFC(47)

11位 栃木SC(46)

12位 水戸ホーリーホック(45)

13位 ファジアーノ岡山(44)

14位 ツエーゲン金沢(43)

15位 ジェフユナイテッド千葉(42)

16位 大宮アルディージャ(42)

17位 FC町田ゼルビア(39)

18位 FC琉球(39)

19位 松本山雅FC(39)

20位 ザスパクサツ群馬(30)

21位 愛媛FC(27)※1

22位 レノファ山口FC(27)

 

※1 甲府と愛媛は1試合少ない状態。

 

山形との上位対決を制した徳島が勝点を70点台に乗せ、福岡も山口に順当に勝利。しかしその一方で3位長崎が18位の琉球に敗れたので2位福岡との勝点差は5に開きました。中位グループは勝点が詰まっており、順位も日替わり状態です。

尚、今日開催予定だった愛媛vs甲府の試合は愛媛に新型コロナウィルスの陽性判定を下された選手が出た影響もあって延期されています。

 

 

お昼寝しよ。

ではでは(´∀`)