ラスト1試合!J1第34節&J2第42節&J3第34節で確定する可能性のあるACL出場権、J2優勝、J2昇格の達成条件まとめ〜おまけで残留圏とプレーオフ圏の条件付き〜

色々あった、いや、色々ありすぎた2020明治安田生命Jリーグもいよいよラスト1節、最終節を残すのみとなりました。

長かった、本当に長かった、色々ありすぎた……。

 

で、今回こちらのブログはですね、前回もやりましたけど最終節をより面白くみていただく為に、ACL天皇杯の出場条件、J1昇格やJ2昇格の条件をまとめました。また、今季は特別ルールにより実施されませんが、参考資料として「もし残留争いがあったら」「もしプレーオフ争いがあったら」という部分の残留条件、プレーオフ進出条件もまとめてますので、「もう私の推しチームは消化試合だょ〜」という方も少しばかりの擬似ハラハラを感じていただけると幸いです。

 

 

 

明治安田生命J1リーグ第34節

 

明治安田生命J1リーグ第33節終了時順位表

【】内は可能性がある順位の範囲です。

1位 川崎フロンターレ(80)【1位】

2位 ガンバ大阪(65)【2位】

3位 名古屋グランパス(60)【3〜4位】

4位 セレッソ大阪(59)【3〜5位】

5位 鹿島アントラーズ(58)【3〜5位】

6位 FC東京(54)【6〜7位】

7位 柏レイソル(52)【6〜7位】

8位 サンフレッチェ広島(48)【8〜10位】

9位 横浜F・マリノス(47)【8〜10位】

10位 浦和レッズ(46)【8〜10位】

11位 大分トリニータ(42)【11位】

12位 ヴィッセル神戸(36)【12〜14位】

13位 北海道コンサドーレ札幌(36)【12〜14位】

14位 サガン鳥栖(35)【12〜14位】

15位 横浜FC(30)【15〜16位】

16位 ベガルタ仙台(27)【15〜18位】

17位 湘南ベルマーレ(26)【16〜18位】

18位 清水エスパルス(25)【16〜18位】

 

明治安田生命J1リーグ第34節対戦カード

12月19日、全試合14:00キックオフ

ベガルタ仙台(16位)vs湘南ベルマーレ(17位)@ユアテックスタジアム仙台

鹿島アントラーズ(5位)vsセレッソ大阪(4位)@茨城県立カシマサッカースタジアム

浦和レッズ(10位)vs北海道コンサドーレ札幌(13位)@埼玉スタジアム2002

柏レイソル(7位)vs川崎フロンターレ(1位)@三協フロンテア柏スタジアム

FC東京(6位)vsヴィッセル神戸(12位)@味の素スタジアム

横浜FC(15位)vs横浜F・マリノス(9位)@ニッパツ三ツ沢球技場

名古屋グランパス(3位)vsサンフレッチェ広島(8位)@豊田スタジアム

ガンバ大阪(2位)vs清水エスパルス(18位)@Panasonic Stadium Suita

サガン鳥栖(14位)vs大分トリニータ(11位)@駅前不動産スタジアム

 

 

以降はこんな感じで表記していきます↓

○→勝利

△→引き分け

●→敗戦

 

ACL出場権(3位以内)争い

(対象チーム:名古屋C大阪鹿島)

 

第33節G大阪が勝利。名古屋と鹿島は試合がなく、C大阪は敗れた事により、川崎の1位に続いてG大阪の2位が確定した。これで天皇杯に出場権は川崎とG大阪に渡り、残るはACL枠。ここで4位C大阪と5位鹿島が直接対決になっているのは非常に見ものである。

また、2021年度のACLは3+1枠、即ち3位までのチーム+天皇杯優勝チームが出場する。川崎かG大阪天皇杯で優勝すると4位がプレーオフから参戦出来る事になるので、3位を逃したとしても4位は死守しなくてはならない。尚、川崎とG大阪以外が天皇杯を優勝した場合、3位チームは恐らくプレーオフに回る可能性が高いので厳密にはACL本大会出場という事にはならないが、ここでは便宜上「3位以内=ACL出場」として扱う。

 

名古屋グランパス(3位)

vsサンフレッチェ広島(H)14:00@豊田スタジアム

 

4位C大阪と5位鹿島は直接対決になっている為、名古屋の4位以上は既に確定している。

 

ACL出場権(3位以内)争い

勝利した場合→名古屋の来季ACL出場が確定する。

引き分けた場合→鹿島vsC大阪が△、或いは鹿島が4点差以内の○なら来季ACL出場が確定する。C大阪○、或いは鹿島が5点差以上の○なら4位転落。

敗れた場合→7点差以内の敗戦であれば、鹿島vsC大阪が△であった場合のみ来季ACL出場が確定し、どちらが勝利した場合は4位に転落する。

 

セレッソ大阪(4位)

vs鹿島アントラーズ(A)14:00@茨城県立カシマサッカースタジアム

 

勝利した場合→名古屋が△以下で来季ACL出場が確定する。

引き分けた場合→名古屋が8点差以上の●だった場合、来季ACL出場が確定する。尚、C大阪は△以上なら4位以上は確定する。

敗れた場合→5位が確定し、来季ACL出場が完全消滅となる。

 

鹿島アントラーズ(5位)

vsセレッソ大阪(H)14:00@茨城県立カシマサッカースタジアム

 

勝利した場合名古屋が●であれば来季ACL出場が確定。名古屋が△だった場合は、5点差以上の○で来季ACL出場が確定する。尚、鹿島は○なら4位以上は確定する。

引き分け以下の場合→5位が確定し、来季ACL出場が完全消滅となる。

 

 ちなみに、今シーズンの順位決定の優先順位は①勝点②得失点差③当該チームの直接対決④総得点という順位になっており、名古屋が△で鹿島が5点差での○だった場合に名古屋鹿島が、名古屋が7点差での●でC大阪が△だった場合に勝点と得失点差で並ぶ計算になる。

そうなると③の当該チームの直接対決に委ねられる事になるが、名古屋C大阪の場合は今季は名古屋が2勝しているので名古屋>C大阪という事になり、名古屋鹿島は③でも同じの為、④の総得点勝負となるが、鹿島が10点名古屋を上回っている為、現実的に鹿島>名古屋になるとして扱っている。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201218053129j:image

 

 

②最下位・降格圏争い

(対象チーム:横浜FC仙台湘南清水)

 

ご存知の通り今季は「降格無し」という特例ルールが発表されているのでJ2降格はない。だが、一つの判断材料として「降格圏」は意味を持ってくると思うので、参考資料として掲載しておく。

入れ替え戦は考慮せず、15位以上と16位以下を基準として扱う。

 

横浜FC(15位)

vs横浜F・マリノス(H)14:00@ニッパツ三ツ沢球技場

 

残留圏(15位以上争い)

引き分け以上の場合→15位が確定する。

敗れた場合→仙台が△以下で15位以上が確定。仙台が○の場合、16位に転落する。

 

最下位争い

既に横浜FCの16位以上は確定している為、最下位の可能性は無い。

 

ベガルタ仙台(16位)

vs湘南ベルマーレ(H)14:00@ユアテックスタジアム仙台

 

残留圏(15位以内)争い

勝利した場合→横浜FCが●で15位が確定。横浜FCが△以上なら16位が確定する。

引き分け以下の場合→16位以下が確定する。

 

最下位争い

引き分け以上→17位湘南との直接対決の為、△以上なら最下位は回避出来る。

敗れた場合→清水が○で最下位となる。

 

湘南ベルマーレ(17位)

vsベガルタ仙台(A)14:00@ユアテックスタジアム仙台

 

残留圏(15位以内)争い

既に湘南の16位以下は確定している。

 

最下位争い

勝利した場合→16位仙台との直接対決の為、16位が確定する。

引き分けた場合清水が○だった場合、最下位に転落する。

敗れた場合→清水が○で最下位に転落。清水が△だった場合、5点差以上の●なら最下位に転落する。

 

清水エスパルス(18位)

vsガンバ大阪(A)14:00@Panasonic Stadium Suita

 

残留圏(15位以内)争い

既に16位以下は確定している。

 

最下位争い

勝利した場合→16位仙台と17位清水は直接対決で、どちらかが少なくとも勝点2は落とす為、最下位回避は確定する。

引き分けた場合→湘南が5点差以上の●だった場合は最下位を回避できる。

敗れた場合→最下位が確定する。

 

尚、湘南が5点差で●、清水が△だった場合は前述のように勝点と得失点差で並ぶが、直接対決では清水の1勝1分である為、清水>湘南となる。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201218053139j:image

 

 

明治安田生命J2リーグ第41節

 

明治安田生命J2リーグ第41節終了時順位表

【】内は可能性がある順位の範囲です。

1位 徳島ヴォルティス(84)【1〜2位】

2位 アビスパ福岡(81)【1〜2位】

3位 V・ファーレン長崎(77)【3位】

4位 ヴァンフォーレ甲府(65)【4〜5位】

5位 ギラヴァンツ北九州(65)【4〜5位】

6位 ジュビロ磐田(60)【6〜10位】

7位 モンテディオ山形(59)【6〜10位】

8位 京都サンガFC(59)【6〜10位】

9位 栃木SC(58)【6〜11位】

10位 アルビレックス新潟(57)【7〜11位】

11位 水戸ホーリーホック(55)【9〜12位】

12位 東京ヴェルディ(54)【10〜13位】

13位 松本山雅FC(51)【12〜17位】

14位 FC琉球(50)【13〜18位】

15位 ジェフユナイテッド千葉(50)【13〜18位】

16位 大宮アルディージャ(50)【13〜18位】

17位 ツエーゲン金沢(49)【13〜20位】

18位 ファジアーノ岡山(47)【14〜20位】

19位 FC町田ゼルビア(46)【17〜20位】

20位 ザスパクサツ群馬(46)【17〜20位】

21位 愛媛FC(34)【21〜22位】

22位 レノファ山口FC(33)【21〜22位】

 

明治安田生命J2リーグ第42節対戦カード

12月20日、全試合14:00キックオフ

栃木SC(9位)vsジュビロ磐田(6位)@カンセキスタジアムとちぎ

大宮アルディージャ(16位)vsアルビレックス新潟(10位)@NACK5スタジアム

ジェフユナイテッド千葉(15位)vsギラヴァンツ北九州(5位)@フクダ電子アリーナ

東京ヴェルディ(12位)vs水戸ホーリーホック(11位)@味の素スタジアム

ヴァンフォーレ甲府(4位)vsファジアーノ岡山(18位)@山梨中銀スタジアム

松本山雅FC(13位)vs愛媛FC(21位)@サンプロアルウィン

京都サンガFC(8位)vsザスパクサツ群馬(20位)@サンガスタジアム by Kyocera

レノファ山口FC(22位)vsモンテディオ山形(7位)@維新みらいふスタジアム

アビスパ福岡(2位)vs徳島ヴォルティス(1位)@ベスト電器スタジアム

V・ファーレン長崎(3位)vsツエーゲン金沢(17位)@トランスコスモススタジアム

FC琉球(14位)vsFC町田ゼルビア(19位)@タピック県総ひやごんスタジアム

 

 

③J2優勝争い

(対象チーム:徳島福岡)

 

前節の結果により、J1昇格は徳島福岡で確定した。残るはJ2優勝争いで、最終節は福岡vs徳島の直接対決が組まれている。

だが、状況としては徳島は△以上で優勝。●でも6点差以内であれば徳島の優勝が決まるという極めて有利な状況。7点差で福岡が○であれば勝点と得失点差で並ぶが、この場合は第6節で福岡徳島に勝利しているので福岡の優勝となる。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201218053208j:image

 

 

プレーオフ圏内(3〜6位)争い

(対象チーム:磐田山形京都栃木)

 

周知の通り、今季はプレーオフが開催されないので実際には6位以上になったところで関係はないが、前述の残留争い同様に参考資料として掲載する。

3位は既に長崎で確定しており、甲府北九州は共に4位か5位が決まっている。また、勝点差だけ見れば6位磐田と10位新潟の勝点差は3だが、6位磐田と9位栃木が直接対決なので新潟の7位以下は確定している。

 

ジュビロ磐田(6位)

vs栃木SC(A)14:00@カンセキスタジアムとちぎ

 

プレーオフ圏内(6位以内争い)

勝利した場合→6位が確定する。

引き分けた場合→山形京都が共に△以下で6位が確定する。

敗れた場合→9位栃木の直接対決となる為、7位以下が確定する。

 

モンテディオ山形(7位)

vsレノファ山口FC(A)14:00@維新みらいふスタジアム

 

プレーオフ圏内(6位以内争い)

勝利した場合→磐田が△以下で6位が確定。京都が○の場合は京都と勝点が並ぶが、得失点差で山形が12点上回っているので現実的に磐田△の場合は山形が6位と考えられる。

引き分け以下の場合→6位磐田と9位栃木が直接対決となっている事から、山形が○でない限りどちらかは確実に山形の勝点を上回る為、7位以下が確定する。

 

京都サンガFC(8位)

vsザスパクサツ群馬(H)14:00@サンガスタジアム by Kyocera

 

プレーオフ圏内(6位以内争い)

勝利した場合→磐田山形が共に△以下で6位が確定。山形が○の場合は勝点が並ぶが、得失点差で12点山形が上回っているので山形が○であれば7位以下と考えた方が現実的。

引き分け以下の場合→6位磐田と9位栃木が直接対決となっている事から、京都が○でない限りどちらかは確実に京都の勝点を上回る為、7位以下が確定する。

 

栃木SC(9位)

vsジュビロ磐田(H)14:00@カンセキスタジアムとちぎ

 

プレーオフ圏内(6位以内争い)

勝利した場合→山形京都が共に△以下で6位が確定する。

引き分け以下の場合→7位以下が確定する。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201218053405j:image

 

 

明治安田生命J3リーグ第34節

 

明治安田生命J3リーグ第33節終了時順位表

【】内は可能性がある順位の範囲です。

1位 ブラウブリッツ秋田(73)【1位】

2位 AC長野パルセイロ(59)【2〜4位】

3位 SC相模原(58)【2〜6位】

4位 FC岐阜(56)【2〜7位】

5位 FC今治(55)【3〜8位】

6位 鹿児島ユナイテッドFC(55)【3〜8位】

7位 ロアッソ熊本(54)【4〜8位】

8位 ガイナーレ鳥取(54)【4〜8位】

9位 カターレ富山(50)【9〜10位】

10位 藤枝MYFC(49)【9〜10位】

11位 福島ユナイテッドFC(39)【11〜13位】

12位 いわてグルージャ盛岡(39)【11〜13位】

13位 アスルクラロ沼津(38)【11〜13位】

14位 ガンバ大阪U-23(32)【14〜15位】

15位 ヴァンラーレ八戸(30)【14〜16位】

16位 カマタマーレ讃岐(28)【15〜17位】

17位 セレッソ大阪U-23(25)【16〜18位】

18位 YSCC横浜(24)【17〜18位】

 

明治安田生命J3リーグ第34節対戦カード

12月20日、全試合13:00キックオフ

YSCC横浜(18位)vs藤枝MYFC(10位)@ニッパツ三ツ沢球技場

AC長野パルセイロ(2位)vsいわてグルージャ盛岡(12位)@長野Uスタジアム

アスルクラロ沼津(13位)vsカターレ富山(9位)@愛鷹広域公園多目的競技場

ガンバ大阪U-23(14位)vsFC岐阜(4位)@Panasonic Stadium Suita

セレッソ大阪U-23(17位)vsヴァンラーレ八戸(15位)@ヤンマースタジアム長居

ガイナーレ鳥取(8位)vsロアッソ熊本(7位)@Axisバードスタジアム

カマタマーレ讃岐(16位)vs福島ユナイテッドFC(11位)@Pikaraスタジアム

FC今治(5位)vsSC相模原(3位)@ありがとうサービス.夢スタジアム

鹿児島ユナイテッドFC(6位)vsブラウブリッツ秋田(1位)@白波スタジアム

 

 

⑤J2昇格(2位以内)争い

(対象チーム:長野相模原岐阜)

 

既に秋田のJ2昇格とJ3優勝は確定しているので、残る枠は1つ。長野相模原なら初のJ2昇格、岐阜ならJ3降格から1年での復帰となる。

また、長野相模原長野岐阜は勝点と得失点差で並ぶ可能性があるが、その場合は当該チームの直接対決により相模原>長野長野>岐阜となる。

 

AC長野パルセイロ(2位)

vsいわてグルージャ盛岡(H)13:00@長野Uスタジアム

 

J2昇格争い

勝利した場合→J2昇格が確定する。

引き分けた場合→相模原が△以下でJ2昇格が確定する。

敗れた場合→相模原岐阜が△以下でJ2昇格が確定する。相模原が△だった場合は長野が14点差以上で敗れなければ逆転されないので現実的では無い。岐阜が○だった場合は長野が9点リードしている得失点差を上回らない限りは長野がJ2昇格となる(例えば長野が5点差で●だった場合、岐阜は5点差以上の○で逆転できる)

 

SC相模原(3位)

vsFC今治(A)13:00@ありがとうサービス.夢スタジアム

 

J2昇格争い

勝利した場合→長野が△以下でJ2昇格が確定する。

引き分け以下の場合→●なら昇格は消滅する。△の場合は長野岐阜と勝点が並ぶ可能性があるが、長野とは得失点差が14点開いており、岐阜にも劣っている為、△以下なら昇格は消滅と考えるのが現実的。

 

FC岐阜(4位)

vsガンバ大阪U-23(A)13:00@Panasonic Stadium Suita

 

J2昇格争い

勝利した場合→相模原が引き分け以下で、かつ長野との得失点差9を逆転する事が出来たらJ2に昇格できる。

引き分け以下の場合→J2昇格は消滅する。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201218053529j:image

 

 

ではでは(´∀`)