Get Wild Football 〜京都サンガFCホーム開幕2連戦観戦日記 前編・J2第2節 京都サンガFCvs松本山雅FC〜

どうです?

 

 

 

今回のタイトル。

 

 

 

もうこのフレーズぶっこむだけで皆さんの脳裏には響いてきたでしょう。

 

 

 

 

テンテンテン

 

 

 

テテンテンテテン

 

 

 

テテテンテンテテンテテテテンテンテテン

 

 

 

日本人のDNAに深く刻まれたイントロ。

 

 

 

バナナマン日村さんがピアノの前に立つと鳴る音。

 

 

 

「テ」ってこんなに並べるとすごい「『テ』ってこんな字だったっけ感強くなりますね。

 

 

 

本日のスポーツ観戦日記明治安田生命J2リーグ第2節、京都サンガFCvs松本山雅FCの一戦です。

 

 

どうです?

 

もう繋げ方に無理があるでしょ。

 

自分でも思ってますよーだ。

 

さて、そんな訳でサンガスタジアム by Kyoceraへ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325160642j:image

 

サンガスタジアムってスマホで打つ時、たまに予想変更で珊瑚スタジアムにされかけるんだよね……沖縄やんけ…。

何はともあれ、この日が私の2021年サッカー観戦始めでした。

 

 

 

これまでは主に西京極万博記念競技場でばかり試合を観ていたわたし。西京極ゴール裏のピクニックゾーン状態のあそこを除いては土日のゲームは厄介な自由席争奪ゲームを戦い続けていました。眼の奥を光らせ、鋭く牙を剥き、猛然と座席の確保へ邁進していました。

しかし時は2016年、パナソニックスタジアム吹田で指定席を経験してしまい、その楽さと余裕を体験してからはすっかり眼は落ち着き、牙は折れ、席を目掛けた戦闘本能はすっかり萎み。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325161550j:image

 

もう俺はこの自由席列で闘えない……。

まぁ、一応指定席の旨味は味わおうと少しまったり。そういえば入った事なかった足湯に行きました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162134j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162126j:image

 

私の脚が写り込んでいますが、顔は山崎賢人なり横浜流星なり適当に想像で組み合わせておいてください。

 

夢と妄想は自由と権利です。

 

足湯気持ちよかったです。さすが湯の花温泉

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162310j:image

 

覗き込んでくるタイプの蹴鞠像。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162342j:image

 

という訳で着席。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162925j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325162917j:image

 

すごくいい天気、青空の下のサンガスタジアムって私初めてなんですよ。こけら落としの時は晴れ渡る時間もあったけど雪というか吹雪でそれどころじゃなかったし、その他は全部ナイトゲームだったし。いやぁ、いいですねやっぱり。山まで見えらぁ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325163248j:image

 

スタグルで買ってきたステーキ丼を食べながらキックオフを待っております。

ステーキが好きなのは言わずもがなとして、醤油っぽい感じのステーキソースめちゃくちゃ好きなんですよね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325163751j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325163756j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210325163745j:image

 

今年のスタメン発表映像。

BGMは10 FEETさんだそうで。

 

 

 

選手入場。

今日はホーム開幕戦なだけあって京都府知事、京都市長亀岡市長勢揃いでした。亀岡市長の名が桂川さんっていうちょっとした奇跡。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328030754j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328030759j:image

例のアレ。

さぁ、いよいよホーム開幕戦キックオフです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031102j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031107j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031057j:image

 

いつも言ってますが、スポーツ的なあれこれに関しましてはマッチレビューの方をご覧下され。

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031718j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031729j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328031724j:image

 

さて、ハーフタイム。

京都府のサッカー小学生にはお馴染みの大会、サンガカップの表彰式が行われました。

 

このサンガカップというのはですね、京都の小学6年生を対象にした大会でして、一般的には京都の小学生にとっては最後の公式戦という位置付け。過去には松井大輔とか家長昭博とか宇佐美貴史といった選手も出場していて、大した結果出してないけど私も…(小声)。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328032014j:image

 

そこで優勝した「葵々というチームのキャプテンの子がね…まぁすごく立派な挨拶だった訳ですけども、途中でこう言う訳です。

 

「僕達『葵R』は2回戦で『葵V』と当たってしまい、絶対に『葵V』の分まで優勝するんだと…」

 

隣の席の大学生くらいのグループが「……ドウイウコト?」状態になってましたが、確かにこのシステムは小学校サッカー通ってなかったらわかりにくいよな……。

 

 

 

後半開始。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328032750j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328032804j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328032759j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328032755j:image

 

後半は相当オープンなサッカーになったんですよ。次から次へと人が飛び出していって。開幕の相模原戦はなんやかんやでサンガが地力でどうにかできる相手だったからそこまで顕著ではなかったんですけど、松本の守備網を前に今季サンガの目指すスタンスはより色濃く見えていました。

 

 

なんというか…良くも悪くも野性味があるんですよ。今年のサンガ。でも振り返れば確かにJ2降格以降のサンガに足りない要素でもあったのかなと。これを表すのに相応しい言葉ってないものだろうか。

 

 

 

ゲッワイエンタフ

 

 

 

ゲッワイエンタフ

 

 

 

ゲッワイエンタフ

 

 

 

Get wild and tough

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034220p:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034225p:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034208p:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034231p:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034214p:image

 

 

スコアこそ0-0ではありましたが、試合の濃さにはそれ以上のものを感じたゲーム。勝ち切れなかったのは悔しいながらも、この時期に一番大事なのはスタンスを明確にする事ですからね…その意味では非常に満足できるゲームでした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034437j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034427j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034432j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328034421j:image

 

選手周回。やっぱり専スタの距離は近い。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035000j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035012j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035022j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035006j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035017j:image

 

 

試合後には安藤淳氏と石櫃洋祐氏の引退セレモニーが行われました。

引退セレモニーというとシーズン最終戦のイメージですけど…今回は発表自体がシーズン閉幕後だったので、ホーム開幕戦での実施。安藤さんなんかは特に対戦相手の松本でも活躍しましたからね。

 

 

石櫃さんの後に手紙を持参してスピーチに挑んだ安藤さん。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035214j:image

 

安藤さんピンショットで抜いたりーや……安藤から石櫃へ贈る言葉みたいやん…。

 

安藤さんの挨拶中にはシュールな事件も起こりましたので、その辺は動画見て頂ければ。

 

 

安藤さんのデビュー戦…あれは西京極で行われた2007年の開幕戦(vs札幌)なんですけど、実は観に行ってたんですよね。有名選手や思い入れのある選手の引退は毎年避けては通れない事なんですけど、安藤さんはそのデビュー戦を現地で見てる訳です。デビュー戦を見た選手が引退というのも、割と自分も長くサッカー観てきたんだな…と。

 

お二人ともお疲れ様でした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035543j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035548j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210328035553j:image

 

 

次回、京都サンガFCvsジュビロ磐田、ドキッ!元ガンバだらけの白熱馬鹿試合〜雨降ったってここには屋根があるんだぜ編〜、近日更新。

 

 

ふざけた始まり、ふざけた締め。

ではでは(´∀`)