もし日本代表vsU-24日本代表のカードが過去の五輪代表で実現していたらどっちが勝ちそうなのかを考えてみた【今宵、ドリームマッチ!】

TBSめっちゃ喜んでそう

 

どーもこんばんは

 

さてさて、えらい事になってきましたねぇ。

日本代表は6月3日に、U-24日本代表は6月12日にジャマイカ代表と親善試合を行う予定でしたが、ジャマイカ代表の陰性証明書の発行に遅れが生じた事で3日の試合が中止という事態になりました(12日の試合は6月1日時点では開催予定との事)。

その結果、6月3日に札幌ドームで行われる予定だった試合は急遽日本代表vsU-24日本代表という異例中の異例のカードに!!U-24のコンディション面の懸念は少しあるとは言っても、このドリームマッチとも言えようカードにはやはり期待せずにはいられません。最初で最後かもしれないこのゲーム…いやもうとにかく楽しみ!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210603064006j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210603064001j:image

 

 

そこで今回は、1996年以降のオリンピック代表チームと、五輪開催時から最も近い次期に開催された代表戦のメンバーを見比べて「この時にこの試合をやっていたらどうなったのだろうか」を見ていきたいと思います。

今回は多くのメンバーが招集されているので、五輪チームにはバックアップ登録のメンバーも加えてみました。

 

※今回の代表戦ではオーバーエイジ候補として招集されている吉田麻也酒井宏樹遠藤航の3名はU-24側として参加していますし、オーバーエイジも含めてメンバーが重複している場合は五輪代表の方を優先する形でメンバーを出していきます。逆に監督に関しては、U-24を横内昭展コーチが代行で指揮を執るので、重複した場合はU-24を代行監督とします。また、五輪代表の19番以降の背番号はバックアップメンバーです。

 

 

 

加茂ジャパン1996vsアトランタ五輪日本代表

 

アトランタ五輪日本代表メンバー】

GK1 川口能活(横浜マリノス)

DF2 白井博幸(清水エスパルス)

DF3 鈴木秀人(ジュビロ磐田)

MF4 廣長優志(ヴェルディ川崎)

DF5 田中誠(ジュビロ磐田)

MF6 服部年宏(ジュビロ磐田)

MF7 前園真聖(横浜フリューゲルス)

MF8 伊東輝悦(清水エスパルス)

FW9 城彰二(ジェフユナイテッド市原)

MF10 遠藤彰弘(横浜マリノス)

FW11 森岡茂(ガンバ大阪)

DF12 上村健一(サンフレッチェ広島)

DF13 松田直樹(横浜マリノス)

MF14 中田英寿(ベルマーレ平塚)

MF15 秋葉忠宏(ジェフユナイテッド市原)

FW16 松原良香(清水エスパルス)

MF17 路木龍次(サンフレッチェ広島)

GK18 下田崇(サンフレッチェ広島)

GK19 土肥洋一(柏レイソル)

MF20 久藤清一(ジュビロ磐田)

FW21 松波正信(ガンバ大阪)

FW22 安永聡太郎(横浜F・マリノス)

監督 西野朗

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602223622j:image

 

アトランタ五輪から最も近い代表戦(1996年8月23日ウルグアイ戦)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 前川和也(サンフレッチェ広島)

DF2 柳本啓成(サンフレッチェ広島)

DF3 相馬直樹(鹿島アントラーズ)

DF4 井原正巳(横浜マリノス)

DF5 小村徳男(横浜マリノス)

MF6 山口素弘(横浜フリューゲルス)

MF7 本田泰人(鹿島アントラーズ)

FW9 高木琢也(サンフレッチェ広島)

MF10 名波浩(ジュビロ磐田)

FW11 三浦知良(ヴェルディ川崎)

DF12 中村忠(ヴェルディ川崎)

FW14 岡野雅行(浦和レッドダイヤモンズ)

MF15 森島寛晃(セレッソ大阪)

DF16 斉藤俊秀(清水エスパルス)

FW18 黒崎比差支(鹿島アントラーズ)

GK19 下川健一(ジェフユナイテッド市原)

監督 加茂周

 

ウルグアイ戦のメンバーにはMF8前園、MF13服部、GK20川口も招集されている。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210603042031j:image

 

いわゆるマイアミの奇跡の時のメンバー。これは結構良い勝負しそうですよね。ただ、当時の実力という面で比較するとメンバー的なバランスで言えば加茂ジャパンの中盤…クリエイティブな山口と名波に、攻撃でよく走る森島と守備でよく走る本田の4枚の安定感で制圧する事は出来るのかも。なんにせよ、中田英寿を筆頭にここが一つの歴史の幕開けだったのは確かです。

 

https://www.rrr3k.com/entry/2021/01/02/100000

 

トルシエジャパン2000vsシドニー五輪日本代表

 

シドニー五輪日本代表メンバー】

GK1 楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF2 中澤佑二(ヴェルディ川崎)

DF3 松田直樹(横浜F・マリノス)

DF4 森岡隆三(清水エスパルス)

DF5 宮本恒靖(ガンバ大阪)

MF6 稲本潤一(ガンバ大阪)

MF7 中田英寿(ASローマ)

MF8 明神智和(柏レイソル)

FW9 平瀬智行(鹿島アントラーズ)

MF10 中村俊輔(横浜F・マリノス)

MF11 三浦淳宏(横浜F・マリノス)

MF12 酒井友之(ジェフユナイテッド市原)

FW13 柳沢敦(鹿島アントラーズ)

MF14 本山雅志(鹿島アントラーズ)

MF15 西紀寛(ジュビロ磐田)

DF16 中田浩二(鹿島アントラーズ)

FW17 高原直泰(ジュビロ磐田)

GK18 都築龍太(ガンバ大阪)

FW19 吉原宏太(ガンバ大阪)

DF20 山口智(ジェフユナイテッド市原)

MF21 遠藤保仁(京都パープルサンガ)

GK22 都築龍太(ガンバ大阪)

監督 山本昌邦(代行)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602223635j:image

 

シドニー五輪から最も近い代表戦(アジアカップ2000)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 川口能活(横浜F・マリノス)

MF6 服部年宏(ジュビロ磐田)

MF8 望月重良(京都パープルサンガ)

FW9 西澤明訓(セレッソ大阪)

MF10 名波浩(ジュビロ磐田)

MF12 森島寛晃(セレッソ大阪)

MF15 奥大介(ジュビロ磐田)

FW19 久保竜彦(サンフレッチェ広島)

GK20 高桑大二朗(鹿島アントラーズ)

GK21 下田崇(サンフレッチェ広島)

DF26 海本慶治(ヴィッセル神戸)

FW27 北嶋秀朗(柏レイソル)

MF30 小野伸二(浦和レッドダイヤモンズ)

DF 上村健一(サンフレッチェ広島)

MF 上野良治(横浜F・マリノス)

MF 伊東輝悦(清水エスパルス)

監督 フィリップ・トルシエ

 

アジアカップ2000にはDF3松田、DF4森岡、MF11三浦、FW13柳沢、MF14中村、MF16稲本、DF22中澤、MF24明神、FW29高原も選ばれている。このメンバーを抜くとフィールドプレーヤーが10人に達しなくなった為、アジアカップメンバー最終候補合宿に参加した選手も3名も追加で加えている。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602223651j:image

 

一応トルシエジャパンA代表と五輪代表を当初は監督こそ同じでしたけど、割と別行動的な感じではあったんですよ。五輪世代は五輪代表優先…みたいな。するとこの世代がまあ日本サッカー史に残る黄金世代だった事とトルシエの方針がバッチリハマったので、A代表は五輪代表みたいな面子だし、五輪代表はA代表みたいな面子になったんですね。だって直近の代表から五輪世代脱いだらフィールドプレーヤー足りなかったんだもん。シドニー五輪の基本布陣を見ればわかりますが、オーバーエイジを含めればほぼほぼこのスタメンで日韓W杯やってますもね……この時にこの対決が実現してたら多分五輪代表の方が勝ったのでは。

 

 

 

ジーコジャパン2004vsアテネ五輪日本代表

 

アテネ五輪日本代表メンバー】

GK1 曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)

DF2 田中マルクス闘莉王(浦和レッドダイヤモンズ)

DF3 茂庭照幸(FC東京)

DF4 那須大亮(横浜F・マリノス)

MF5 今野泰幸(FC東京)

MF6 阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原)

MF7 森崎浩司(サンフレッチェ広島)

MF8 小野伸二(フェイエノールト)

FW9 高松大輔(大分トリニータ)

MF10 松井大輔(京都パープルサンガ)

FW11 田中達也(浦和レッドダイヤモンズ)

DF12 菊地直哉(ジュビロ磐田)

MF13 駒野友一(サンフレッチェ広島)

MF14 石川直宏(FC東京)

DF15 徳永悠平(早稲田大学)

FW16 大久保嘉人(セレッソ大阪)

FW17 平山相太(筑波大学)

GK18 黒河貴矢(清水エスパルス)

FW19 坂田大輔(横浜F・マリノス)

FW20 前田遼一(ジュビロ磐田)

DF21 北本久仁衛(ヴィッセル神戸)

GK22 林卓人(サンフレッチェ広島)

監督 山本昌邦

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602223703j:image

 

アテネ五輪から最も近い代表戦(2004年8月18日アルゼンチン戦)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

DF3 田中誠(ジュビロ磐田)

MF4 遠藤保仁(ガンバ大阪)

DF5 宮本恒靖(ガンバ大阪)

MF6 中田浩二(鹿島アントラーズ)

MF8 小笠原満男(鹿島アントラーズ)

FW11 鈴木隆行(鹿島アントラーズ)

GK12 土肥洋一(FC東京)

DF14 三都主アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)

MF15 福西崇史(ジュビロ磐田)

MF16 藤田俊哉(ジュビロ磐田)

DF17 三浦淳宏(東京ヴェルディ1969)

DF18 松田直樹(横浜F・マリノス)

FW19 本山雅志(鹿島アントラーズ)

FW20 玉田圭司(柏レイソル)

DF21 加地亮(FC東京)

DF22 中澤佑二(横浜F・マリノス)

DF25 茶野隆行(ジェフユナイテッド市原)

MF26 山田卓也(東京ヴェルディ1969)

監督 ジーコ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602223731j:image

 

2005年の東アジア選手権まで、ジーコジャパンではアテネ五輪世代の選手はほぼ招集されておらず、実際にドイツW杯にアテネ五輪からストレートインしたのは駒野と茂庭の二人、それも茂庭は田中誠の負傷に伴う追加招集なので実質駒野だけだったのがジーコジャパンの選手招集の傾向を示しています。

とはいえ、ドイツW杯は若手主体で挑んだ前回大会の黄金世代の面子が全盛期と呼ばれる年齢で迎える訳で、その流れは自然なものではあったかと。この時のA代表は国内組のみの編成でしたが、まあこれに関してはA代表が勝つでしょうね。

 

https://www.rrr3k.com/entry/2020/03/09/100039

https://www.rrr3k.com/entry/2019/12/10/100025

 

岡田ジャパン2008vs北京五輪日本代表

 

北京五輪日本代表メンバー】

GK1 西川周作(大分トリニータ)

MF2 細貝萌(浦和レッズ)

DF3 吉田麻也(名古屋グランパス)

DF4 水本裕貴(京都サンガFC)

DF5 長友佑都(FC東京)

DF6 森重真人(大分トリニータ)

DF7 内田篤人(鹿島アントラーズ)

MF8 本田圭佑(VVVフェンロ)

FW9 豊田陽平(モンテディオ山形)

MF10 梶山陽平(FC東京)

FW11 岡崎慎司(清水エスパルス)

MF12 谷口博之(川崎フロンターレ)

DF13 安田理大(ガンバ大阪)

MF14 香川真司(セレッソ大阪)

FW15 森本貴幸(カターニャ)

MF16 本田拓也(清水エスパルス)

FW17 李忠成(柏レイソル)

GK18 山本海人(清水エスパルス)

GK 林彰洋(流通経済大学)

DF 青山直晃(清水エスパルス)

MF 上田康太(ジュビロ磐田)

MF 梅崎司(浦和レッズ)

監督 反町康治

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602224533j:image

 

北京五輪から最も近い代表戦(2008年8月20日ウルグアイ戦)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 川口能活(ジュビロ磐田)

DF2 高木和道(清水エスパルス)

DF3 駒野友一(ジュビロ磐田)

DF4 田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)

MF5 今野泰幸(FC東京)

MF6 阿部勇樹(浦和レッズ)

MF7 青木剛(鹿島アントラーズ)

MF8 小野伸二(VfLボーフム)

FW9 佐藤寿人(サンフレッチェ広島)

MF10 山瀬功治(横浜F・マリノス)

FW11 玉田圭司(名古屋グランパス)

FW12 大黒将志(東京ヴェルディ)

MF13 鈴木啓太(浦和レッズ)

MF14 中村憲剛(川崎フロンターレ)

FW16 大久保嘉人(ヴィッセル神戸)

MF17 長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)

GK18 楢崎正剛(名古屋グランパス)

FW19 田中達也(浦和レッズ)

DF22 中澤佑二(横浜F・マリノス)

監督 岡田武史

 

ウルグアイ戦のメンバーにはDF15長友も招集されている。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602225320j:image

 

今、2021年に振り返った時、おそらく最もタレントが揃っている世代を挙げろと言われれば多くの人がシドニー世代か北京世代を挙げる事でしょう。香川は厳密にはロンドン世代ですが、五輪代表活動は北京世代でしかしていませんしね。岡崎や吉田は当時は世代のレギュラーでは無かったとは言っても、招集メンバー全員が一定以上のキャリアを積んでるのは見事。錚々たる面子です。

逆にこの直近の日本代表は五輪と近すぎた日程的な問題+中村俊輔遠藤保仁のように怪我や病気で出られない選手も多かったので若干本来のメンバーからは遠ざかっていましたが、この対決もこうやって見たら五輪世代勝つんじゃなかろうか…。

 

 

 

ザックジャパン2012vsロンドン五輪日本代表

 

ロンドン五輪日本代表メンバー】

GK1 権田修一(FC東京)

DF2 徳永悠平(FC東京)

MF3 扇原貴宏(セレッソ大阪)

DF4 酒井宏樹(ハノーファー96)

DF5 吉田麻也(VVVフェンロ)

MF6 村松大輔(清水エスパルス)

FW7 大津祐樹(ボルシア・メンヒェングラードバッハ)

DF8 山村和也(鹿島アントラーズ)

FW9 杉本健勇(東京ヴェルディ)

MF10 東慶悟(大宮アルディージャ)

FW11 永井謙佑(名古屋グランパス)

DF12 酒井高徳(VfBシュトゥットガルト)

DF13 鈴木大輔(アルビレックス新潟)

MF14 宇佐美貴史(1899ホッフェンハイム)

FW15 齋藤学(横浜F・マリノス)

MF16 山口螢(セレッソ大阪)

MF17 清武弘嗣(セレッソ大阪)

GK18 安藤駿介(川崎フロンターレ)

FW19 山崎亮平(ジュビロ磐田)

MF20 米本拓司(FC東京)

DF21 大岩一貴(ジェフユナイテッド千葉)

GK22 林彰洋(清水エスパルス)

監督 関塚隆

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602224347j:image

 

ロンドン五輪から最も近い代表戦(2012年8月15日ベネズエラ戦)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ)

DF2 伊野波雅彦(ヴィッセル神戸)

DF3 駒野友一(ジュビロ磐田)

MF4 本田圭佑(CSKAモスクワ)

DF5 長友佑都(インテル・ミラノ)

MF7 遠藤保仁(ガンバ大阪)

FW9 岡崎慎司(VfBシュトゥットガルト)

FW10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)

FW11 ハーフナー・マイク(SBVフィテッセ)

GK12 西川周作(サンフレッチェ広島)

MF13 細貝萌(バイヤー・レヴァークーゼン)

MF14 中村憲剛(川崎フロンターレ)

DF15 水本裕貴(サンフレッチェ広島)

DF16 岩政大樹(鹿島アントラーズ)

MF17 長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)

FW18 前田遼一(ジュビロ磐田)

FW19 宮市亮(ウィガン・アスレティック)

MF20 高橋秀人(FC東京)

DF21 槙野智章(浦和レッズ)

監督 アルベルト・ザッケローニ

 

ベネズエラ戦のメンバーにはDF6酒井高徳、MF8清武、DF22吉田、GK23権田も招集されている。

 

ロンドン五輪と良いメンバーはいるんですけどね。ちなみに大迫勇也原口元気柴崎岳辺りが落選した事は多少予想はしていてもそこそこ驚きでした。大迫に関しては全く予想してなかったけど。ロンドン五輪も良いメンバーなんですけど、ただこの時はA代表の方が強すぎた……。この企画の対象となっているベネズエラ戦はちょっと微妙だったとはいえ、くくりで言えば日本代表黄金期の中ですから。これはさすがにA代表勝つでしょう。

ちなみにA代表はこの時はアジア最終予選の最中で、今野泰幸内田篤人は次節出場停止が決まっていたのでこの時点でリストからは外されていました。

 

 

ハリルジャパン2016vsリオデジャネイロ五輪日本代表

 

リオデジャネイロ五輪日本代表メンバー】

GK1 櫛引政敏(鹿島アントラーズ)

DF2 室屋成(FC東京)

MF3 遠藤航(浦和レッズ)

DF4 藤春廣輝(ガンバ大阪)

DF5 植田直通(鹿島アントラーズ)

DF6 塩谷司(サンフレッチェ広島)

MF7 原川力(川崎フロンターレ)

MF8 大島僚太(川崎フロンターレ)

MF9 矢島慎也(ファジアーノ岡山)

MF10 中島翔哉(FC東京)

FW11 鈴木武蔵(アルビレックス新潟)

GK12 中村航輔(柏レイソル)

FW13 興梠慎三(浦和レッズ)

MF14 井手口陽介(ガンバ大阪)

DF15 亀川諒史(アビスパ福岡)

FW16 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

DF17 岩波拓也(ヴィッセル神戸)

MF18 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)

FW19 オナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)

DF20 中谷進之介(柏レイソル)

MF21 野津田岳人(サンフレッチェ広島)

GK22 杉本大地(徳島ヴォルティス)

監督 手倉森誠

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210602224305j:image

 

リオデジャネイロ五輪から最も近い代表戦(2016年9月1日UAE戦)から五輪代表組を除いたメンバー】

GK1 林彰洋(サガン鳥栖)

DF3 太田宏介(FSVフィテッセ)

MF4 本田圭佑(ACミラン)

DF5 長友佑都(インテル・ミラノ)

DF6 森重真人(FC東京)

FW8 原口元気(ヘルタ・ベルリン)

FW9 岡崎慎司(レスター・シティ)

MF10 香川真司(ボルシア・ドルトムント)

FW11 宇佐美貴史(FCアウグスブルク)

GK12 西川周作(浦和レッズ)

MF13 清武弘嗣(セビージャ)

FW14 小林悠(川崎フロンターレ)

MF16 山口蛍(セレッソ大阪)

MF17 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

DF19 酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)

FW20 武藤嘉紀(1.FCマインツ)

DF21 酒井高徳(ハンブルガーSV)

DF22 吉田麻也(サウサンプトン)

GK23 東口順昭(ガンバ大阪)

監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ

 

UAE戦のメンバーにはDF2植田、MF7大島、MF15遠藤、FW18浅野も招集されている。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210603062104j:image

 

この2チームを戦わせたらさすがにA代表が勝ってるとは思います。肝心のUAE戦が微妙ではありましたが……。

とはいえ、今こうやって見たらリオ五輪メンバーも良い選手揃えてますよね。実際にハリルジャパンでデビューを飾った選手も多かったですし。この時はバックアップメンバーだったオナイウと中谷もここ数年で一気に覚醒した感がありますし。そうなればそうなる程、中島の今後が不安にはなってきますが……。

 

 

 

いやー!楽しみ!

ではでは(´∀`)