RK-3はきだめスタジオブログ

気ままに白熱、気ままな憂鬱。執筆等のご依頼はTwitter(@blueblack_gblue)のDM、もしくは[gamba_kyoto@yahoo.co.jp]のメールアドレスまでご連絡お願いします。

UEFA EURO 2024 ドイツ大会、開催スタジアム紹介②

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143843j:image

 

ブンデス大躍進で迎えるドイツ開催

 

どーもこんばんは

 

さてさて、いよいよ1ヶ月後の6月14日より欧州選手権UEFA EURO 2024がドイツにて開幕します!

 

 

 

今回の開催国はドイツ。今季はレヴァークーゼンドルトムントといったブンデス勢の躍進もあり、ドイツにとっては国として盛り上がっている状況で迎える2006年ドイツW杯以来のサッカーでのビッグイベントです。サッカー日本代表にも馴染みの深いこの国で行われる世界最高峰のサッカーの祭典にファンの期待も高まっているところでしょう。

という訳で今回は、その真夏の激闘が繰り広げられるブンデスリーガでもお馴染みの10会場をご紹介致します。豆知識として是非お楽しみくださいませ。

 

 

 

昨年夏のマンチェスター・シティ&バイエルン・ミュンヘン観戦日記

 

Jリーグをもっと楽しめる(かもしれない)、2024Jリーグ開幕ガイド作りました!是非お使いくださいませ。

 

オリジナルアルバム出してみました!聴いてみてくださいませ。

 

 

 

デュッセルドルフ・アリーナ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143058j:image

 

その他の名称:メルクール・シュピール=アレーナ

場所:デュッセルドルフ

開場:2005年

収容人数:51500人

主な使用チーム:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143119j:image

 

一部の通りの標識には日本語表記が併記されるほど巨大な日本人コミュニティを持つデュッセルドルフの大型スタジアム。50000人収容のスタジアムはコンクリート部分を膜で覆うような形状が特徴的。ブンデスリーガに多くの日本人選手が在籍している事、デュッセルドルフには前述のように多くの日本人が在住・勤務している事から、JFAは2020年より同地に欧州オフィスを設置。2022年9月の親善試合は2試合ともこのスタジアムを使用して行われた。

1974年W杯や1988年EUROの会場にもなったライン・シュタディオンを2002年に解体した上で同地に2005年に新たに建設したスタジアムではあるが、ボルシア・パルクと同様に基準を満たしながらも2006年W杯会場としては使用されなかった。ただ1月に行われたハンドボール欧州選手権では開幕戦会場に選ばれており、ワールドボウルやレース・オブ・チャンピオンズユーロビジョン・ソング・コンテストといった巨大イベントの開催実績は豊富で、ドイツ代表もアルゼンチンやスペインとの親善試合をこのスタジアムで行うなど扱いは悪くなく、日本で言うところの豊田スタジアム的な立ち位置だろうか。それだけに満を持してのサッカーでのビッグトーナメント開催となる。

 

 

 

ケルン・スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143129j:image

 

その他の名称:ラインエネルギー・シュタディオン

場所:ケルン

開場:1923年

改修:2004年

収容人数:50374人

主な使用チーム:1.FCケルン

UEFA EURO 1988開催会場

FIFAコンフェデレーションズカップ2005開催会場

☆2006FIFAワールドカップ開催会場

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143135j:image

 

ドイツ観光最大の名所とも言える「ケルン大聖堂」が位置する都市、ケルンのスタジアム。元々は1923年に開場した陸上競技場だったが、2006年ドイツW杯開催に向けて旧スタジアムを取り壊してサッカー専用スタジアムとして建て直された。なお建て直しは1974年の西ドイツW杯開催に向けて行われる計画もあったが予算上の理由から断念し、ドルトムントのスタジアムはその代役として建設された経緯がある。外観は長方形のシンプルな形状で造られているが、夜は柱の部分がライトアップされて近未来的な姿を映し出している。また、古くから日本人指導者も留学経験を多く持つケルン体育大学のキャンパスがスタジアムと隣接しており、スタジアム自体は四方がサッカーグラウンドに囲まれているような場所に存在している。

19-20シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは新型コロナウィルスの影響による中断後、ドイツでの中立地開催によるノックアウトトーナメント制でベスト8以降の試合が開催され、準々決勝からの7試合は4会場を使用して行われたが、セビージャとインテル・ミラノが激突した決勝戦無観客試合ながらこのスタジアムで行われた。また、ドイツW杯前年の2005年のコンフェデ杯でも使用されており、同大会では日本がブラジルを相手に2-2のドローに持ち込んでいる。かつての旧スタジアム時代には奥寺康彦がケルンに所属しており、日本人が初めてブンデスリーガのピッチを踏んだ地となった。

 

 

 

フランクフルト・アレーナ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143148j:image

 

その他の名称: ヴァルトシュタディオン、ドイチェ・バンク・パルク

場所:フランクフルト 

開場:1925年

改修:2005年

収容人数:52300人

主な使用チーム:アイントラハト・フランクフルト

☆1974FIFAワールドカップ開催会場

★EURO1988開催会場

FIFAコンフェデレーションズカップ2005開催会場

★2006FIFAワールドカップ開催開場

☆2011FIFA女子ワールドカップ開催会場(決勝戦会場)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143159j:image

 

ドイツのみならずヨーロッパを代表する国際都市、フランクフルトに建つスタジアム。元々は陸上競技場として1974年のW杯や1988年のEUROも開催しているが、2006年W杯の開催会場に選ばれた事に伴う改修で球技専用スタジアムへと変貌を遂げている。2005年の大改修の際には開閉式の屋根が取り付けられた他、場内ビジョンがゴール裏やコーナーエリアに設置されるのではなくなくピッチ中央部分に吊るされる形で設けられた独特の形状も当時は話題になった。

フランクフルトという場所に立っている事もあってかドイツ国内に於ける国際大会ではベルリンやミュンヘンに次ぐ扱いを受けており、この両会場が使用されなかった2005年コンフェデ杯、ベルリンが開幕戦1試合のみの使用となった2011年女子W杯では決勝戦の会場に選ばれた他、アメリカンフットボールでもビッグマッチが組まれることが多い。本拠地として使用するアイントラハト・フランクフルトでは長年に渡って長谷部誠がプレーしてレジェンドとなり、長谷部以外にも複数の日本人選手がプレーするなど日本にも馴染み深いスタジアムだが、日本にとってこの場所での最大のハイライトはなんといっても2011年女子W杯決勝。なでしこジャパンはこの場所で行われた決勝戦にてアメリカ代表と2-2、そしてPK戦の末にアメリカを下し、W杯女王の座に辿り着いた。

 

 

 

シュトゥットガルト・アレーナ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143207j:image

 

その他の名称:MHPアリーナ

場所:シュトゥットガルト

開場:1933年

改修:2024年

収容人数:50998人

主な使用チーム:VfBシュトゥットガルト

☆1974FIFAワールドカップ開催会場

★EURO1988開催会場

☆2006FIFAワールドカップ開催会場

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143857j:image

 

ドイツW杯ではオリバー・カーンの代表ラストマッチとなった3位決定戦のドイツvsポルトガルが行われるなど5試合が開催され、グループステージのクロアチアvsオーストラリアでは同一選手にイエローカードが3枚提示されるという事件も起こったスタジアム。1950年に同会場で行われた西ドイツvsスイスの試合は第二次世界大戦後のドイツにとって初の国際試合となった。今大会ではドイツ代表の試合が組まれている。かつてはシュトゥットガルトに本社を置く自動車会社、ダイムラー社の創始者の名を冠した「ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン」として稼働していた。

2006年ドイツW杯の時点では陸上トラックを有したスタジアムだったが、その後は何度か段階的な改修を行っており2011年の時点で陸上トラックを撤去している。今回のEURO開催に向けても2022年から改修工事が行われ、施設内のインフラ強化やバリアフリー施設の充実化が実施された。なお、1974年と2006年のW杯、1988年と今大会のEUROの4大会の全てで会場となったのはこのスタジアムとフランクフルト、ハンブルクのみとなっている。ローリング・ストーンズボン・ジョヴィなど、各国のアーティストのライブ会場に使用される事も多い。

 

 

 

ミュンヘンフットボール・アレーナ

★開幕戦会場

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143825j:image

 

その他の名称:フースバル・アレーナ・ミュンヘンアリアンツ・アレナ

場所:ミュンヘン

開場:2005年

収容人数:70000人

主な使用チーム:バイエルン・ミュンヘン

☆2006FIFAワールドカップ開催会場

★11-12UEFAチャンピオンズリーグ決勝会場

UEFA EURO 2020開催会場

★24-25UEFAチャンピオンズリーグ決勝会場(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240516143802j:image

 

バイエルン・ミュンヘンの本拠地にして、今や世界で最も有名なサッカースタジアムの一つと言っても過言ではないかもしれないスタジアム。スタジアムの外観はAGC製の特殊フィルムで覆われており、その外観はアウトバーンを運転しながらも見られる事からスタジアムの外観に気を取られて事故を起こすドライバーも多いというのはよく知られた逸話である。ちなみにこけら落とし試合は2019年までスタジアムを使用していた1890ミュンヘンが行っている。夜間には外観がドイツ代表戦では白、バイエルンは赤、1890ミュンヘンは青に光る他、LGBT支援のレインボーカラーやウクライナ国旗を模したライトアップなど用途やメッセージ性に応じたライトアップも可能となっている。正式名よりネーミングライツの方が浸透したスタジアムの著名例の一つ。

11-12シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ勝戦が行われ、地元での優勝に燃えるバイエルンも決勝まで辿り着いたが、PK戦の末にチェルシーに敗れている。なお、新フォーマットで行われる来シーズンの決勝戦会場にも選ばれた。ドイツW杯では開幕セレモニー及びドイツvsコスタリカの開幕戦を開催しており、今大会でもドイツvsスコットランドと開幕戦から準決勝までが開催。ドイツでのEURO開催は1988年大会以来36年ぶりだが、11ヶ国開催という異例の方式で行われた前回大会でもこのスタジアムは開催会場に選ばれていた為、2大会連続でEUROを開催する史上初のスタジアムとなった。

 

 

 

Part1に戻る。

 

 

ではでは(´∀`)