hideおすすめ曲ランキング2018年12月版

ロストフの14秒からSONGSでhideって贅沢な流れ…。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、最近はJリーグ閉幕関連の企画ばっかりやってる(というかこれからも当分そうなる)ので、今回は気分を変えて音楽ランキング企画です。R的SONGS(適当)第9回のアーティストはhideです!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181208235832j:image

 

 

1987年に伝説的バンド、X JAPANのギタリストとしてメジャーデビュー。高い音楽性とビジュアル系バンドの元祖とも言われる奇抜なビジュアルで人気を博すバンドの中でも、ドラマーでメインコンポーザーであるYOSHIKI以上とも言える圧倒的なカリスマ性と人気を博して当時の若者に大き過ぎる影響を与えました。

そのカリスマ性と世間や構成に与えた影響度は日本のロック史上でも屈指と言えるでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181208235842j:image

 

 

X JAPANの自社レーベルではインディーズバンドのスカウトマンとしての側面もあってLUNA SEAGLAYといった後にスーパースターとなるバンドを発掘。更には最先端のファッションや、当時まだ大きく普及していなかったインターネットの活用にもいち早く乗り出すなど先見の明もあったhideですが1998年5月2日に33歳で急死し、余りに濃く短かった人生は唐突に幕を閉じます。

築地本願寺で行われた葬儀に集まった人数は史上最多だったとも言われており、死後20年となった今年はロックフェスの開催やドキュメンタリー映画の公開など様々な企画が行われました。映画は私も行きました!

 

 

 

今回はそんなhideのソロ曲でベスト10を作っていきたいと思います。SONGSをキッカケに…という方も是非!それでは行ってみましょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181208235854p:image

 

 

第10位 Beauty & Stupid

 

6thシングル

収録アルバム「PSYENCE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

第9位 Hi-Ho

 

7thシングル

収録アルバム「PSYENCE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」

 

 

 

第8位 ever free

 

10thシングル

収録アルバム「Ja,Zoo」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

第7位 HURRY GO ROUND

 

11thシングル

収録アルバム「Ja,Zoo」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

第6位 DRINK OR DIE

 

収録アルバム「HIDE YOUR FACE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」

 

 

 

第5位 DICE

 

3rdシングル

「HIDE YOUR FACE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

第4位 TELL ME

 

4thシングル

収録アルバム「HIDE YOUR FACE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

…さぁ!以上が4〜10位になります。

それではベスト3です!

 

 

 

第3位 ピンクスパイダー

 

9thシングル

収録アルバム「Ja,Zoo」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

hideの突然の死の2週間後に発売されたシングルで、今なお多くのアーティストにカバーされている名曲です。

特徴的なリフから始まり、そして歌詞にも深い面白みのある1曲で、まさしくhideの独特な世界観を代表する曲と言えるでしょう。

 

 

 

第2位 MISERY

 

5thシングル

収録アルバム「PSYENCE」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

hideの人柄を表すエピソードとして度々取り上げられる難病を患った少女との交流から生まれた曲です。

元々はX JAPAN用の曲として作曲されたらしく、仮歌のデモテープはX JAPANのボーカル、TOSHIが歌っているとか。

hideに才能を見出された事がデビューのきっかけとなったGLAYは大型ライブイベント「GLAY EXPO」では必ず毎回演奏するなど多大な支持を受けるポップな楽曲です。

 

 

 

第1位 ROCKET DIVE

 

8thシングル

「Ja,Zoo」「hide BEST〜PSYCHOMMUNITY〜」「hide SINGLES〜Junk Story〜」「KING OF PSYBORG ROCK STAR」「We Love Hide〜The Best in The World〜」

 

 

 

X JAPAN解散後初のシングルとなると同時に、hideの生前最後になってしまった楽曲です。X JAPANが解散した事もあり、この曲からhideのサポートメンバーを正式メンバーとした形で「hide with Spread Beaver」名義となりました。恐らくhideのソロ曲としては一番有名で、聴いた事ある方は多いのでは。

どちらかと言えば暗めの曲の多いX JAPANと比較して突き抜けてポップな一曲で、この曲のギターソロはありとあらゆる曲の中でも個人的に屈指のレベル大好きです。テレビ朝日のロシアW杯中継で流れてた時はテンション上がりましたねぇ…。

hideの死後に発売されたトリビュートアルバムでは、hide本人がファンであった布袋寅泰がカバー。間奏とアウトロで挿入された本来の歌詞にはないメッセージはまさに感涙モノです。

 

 

 

さて、こんな感じになりました。

恐らくこれから何年、何十年先もその伝説は語り継がれていく事になるでしょう。それだけの影響と功績を残したアーティストでした。リアルタイムで見てみたかった…。

ではでは(´∀`)