G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

   

 

YouTubeチャンネル

 

Twitterアカウント

 

 Instagramアカウント

   

 

   

 

Googleアドセンスを始めようと思っている方へ、審査の話や実際に稼げるかどうかなどをよくある質問形式で書きます。【第1回 Google AdSense審査を申し込んでみよう編】

Give me LOVE ultra PHANTOM

 

どーもこんばんは

 

定期的にヘビロテする時期が来るのよね、この曲…。

 

 

 

さてさて皆様、こんなインチキサッカーブログにお越し頂き誠にありがとうございます。

別に今に始まった話ではなく、もう随分前から始まった話ですが……程度の差や形態の違いはあれ、かなり多くの人がブログを開設していますよね。ググればググるほど星の数のように出てきます。勿論、このブログもそのうちの一つです。

 

…そして、ある程度アクセス数が稼げるようになると必然的に下心が生まれます。

 

 

 

「…これ、何とかお金にならないかしら……?」

 

 

 

ハイ、今回は「Google AdSense」の話でございます。

 

 

 

 

多分、今このブログを読んでいる方は普段からこのブログを読んで下さっている方、もしくは血眼でGoogleGoogleアドセンス関連情報を検索した末に辿り着いた方のどちらだと思います。

実際、私自身を含めて私の周りにもGoogleアドセンスを始めようとしている人」「Googleアドセンスを始めている人」は何人かいます。今回は自分自身の経験プラス、知人友人のアドセンス絡みの話を見て感じたアドセンス審査の話や実際にアドセンスで稼げるかどうか?の話を簡単ですが、よくある質問形式で私見でしていきます。

 

 

 

Q.アドセンス審査って難しいの?

A.はい、最近めっちゃ難しくなったらしいです。

 

多分、Google検索で今このページに辿り着いている方はアドセンス審査に通る為にすべき事や、その難易度について調べた結果ここに辿り着いたのだろうと推測します。下でまた述べますが、アドセンス審査に通る為に「絶対に必要な事」はいくつかありますが、同時に「どこまでの何が必要なのか?」が結構あやふやで、Google側も審査の基準を公開していないので過去の経験などを調べて基準を予想するしかありません。

加えて、審査基準はどうやら1年単位で更新されているらしく、それも年々難易度は難しくなっているとの事。ですのでGoogleアドセンスを通したいのなら早めに準備して早めに審査を申し込んだ方がいいのは確かでしょう。今(このブログ書いてる時点)は年末ではないのでそこまで焦る必要は無いかもしれませんが、年を跨げば多分ハードル上がっちゃうので…。「答え」を持っているのがGoogleのみである以上、少なくとも簡単では無いのは確かです。

 

 

 

Q.じゃあ、少なくとも絶対に必要とわかっている事は?

A.独自ドメインの取得。

 

はてなブログなどで申請する場合、独自ドメインが無いと審査で弾かれるのは100%に近いと言えます。ですので、まず確実に絶対しておく必要があるのは独自ドメインを取得すること。はてなブログ独自ドメインを取得する為にはまず有料のはてなブログProに移行する必要があるので、アドセンス審査をする時点で幾ばくかのコストが必要になります。そこは頭に入れておきましょう。

 

何があっても絶対に必要なのは独自ドメインですが、他の事はややこしい事に結構色んな人のブログによって分かれるんですよね、必要なものが。ただ、お問い合わせフォームやプライバシーポリシーのページは作っておいた方がいい…という記述はよくみるので、作っておいて損は無いでしょう。また、Googleアドセンスの審査に於いては「著作権」の定義も結構あやふやですので、審査をする期間中はフリー素材や自分で撮った写真も含めて画像・動画は全部外してから審査した方が賢明かもしれません。

審査に通る為に何が必要か?逆に何をしてはいけないか?はGoogle側の基準もはっきりしておらず、検索して色んなブログを見ても結構意見がまちまちです。ですので、その辺りの取捨選択は当然自分の判断に委ねる事にはなりますが…。

 

 

 

Q.記事数や記事の内容は関係ある?

A.はい、内容は関係あります。

 

記事数については多ければ加点にはなるかもしれませんが、少ないからといっても極端に少なくなければ減点になることは無い…とはよく言われますね。ですが内容については大事で、Googleアドセンスの審査を通る上では大きな要素です。

ざっくり言うと「『ブログ』ではなく『記事』である事」が重要なんです。要するに、日記のような形だとどれだけ文章力があったとしてもそれは自分の感想や体験を話しているだけなので審査に於いては評価されません。審査に通るには記事として、体験や感想ではなく情報を発信しているブログである必要があります。このブログならサッカーが該当しますね。そうなると必然的に、べらぼうに長くなる必要は無いですが、最低でも1000〜2000文字の文量は必須になるかと思います。

 

 

 

Q.アクセス数って関係ある?

A.少ないから減点対象、にはならないけれど…

 

ブログのアクセス数が審査にどう影響するか、は当然気になるところだと思います。ただ

色んなGoogleアドセンスについて書かれたサイトを見る限りはブログのアクセス数が少ないから落ちた…という事は無さそうです。勿論、Googleアドセンスに通った先に収益を出せるかどうかはアクセス数が大きく影響してきますが、審査に通るか通らないか…ではアクセス数が少ない事を心配する必要は無いと思います。

ただ、私のブログは見てもご覧の通り、結構機能的にはショボいです。色んな意味で。元々私はアドセンスを取る気はありませんでした。じゃあ何故申請したのかと言うと、ある記事で急にアクセス数が爆増して「あれ?行けるんじゃね?」…という感じになったからです。私はその状況で申請した事で、結果的に機能面はショボくてもアクセス数はある程度確保した上で申請する形になりました。アクセス数が少ないからといって受からない事は無いと思いますが、アクセス数が結構多いならそれは加点として見てもらえる可能性はあります。

 

 

 

Q.審査に落ちた後、準備が出来たらすぐに再申請した方がいい?

A.いいえ、一定期間は空けた方がいいです。

 

Googleアドセンスに落ちた後、すぐに問題点を修正する事は勿論大事な事です。ただ、それとすぐに再申請するべきかどうかは話は別で、色んなブログを見ても1〜2週間は空けた方がいいとはよく言います。

例えば、自分がフォローしたLINEの公式アカウントでもPRが過剰だな…と感じたらブロックしたり通知を切ったりしちゃうじゃないですか。それと似たような現象が審査でも起こり、頻繁に落ちて速攻申請を繰り返すとGoogleが中身を見ずに自動的に弾く可能性があります。1〜2週間ほどは余裕を持って、万全の準備をしてから再申請するべきでしょう。

 

 

 

とりあえず第1回はこんな感じです。次回に続く。

ではでは(´∀`)

 

 

北海道コンサドーレ札幌の給与返上に対して思ふ〜札幌を称賛する、以外のアクションは誰も起こすべきでは無いよね、って話〜

 

 

ツンデレ!?

 

どーもこんばんは

 

去年の長居での大阪ダービーでガンバが負け、その悲しみをしたためたブログを更新してTwitterに上げた時、RTといいねが全部セレサポだったのは感謝と共に小さなトラウマです。

 

 

 

さてさて、昨日こんなニュースが流れ込んで来ました。

 

www3.nhk.or.jp

 

新型コロナウィルスにより、Jリーグの各クラブ…というか、世界的にサッカークラブはかなり危機的な状況に陥っています。そんな中で最近多く見られるようになったのが「選手が給与の一部を返上する」という動きです。近年の欧州サッカー界は特に年俸と移籍金のインフレが深刻化している事もあってビッグクラブなどの間でこの傾向が見られ、シンプルにガチのマジの経営危機に陥っているようなチームも選手側が協力するような形での歩み寄りを見せています。

選手達がこのような動きを見せる、クラブ側が選手に求める大きな要因は「クラブの負担減」というよりは「スタッフの収益確保」の側面が大きいです。勿論、破産寸前のチームであればまた話は変わってきますが、ただでさえ高給だったり、破産してもまだ移籍先を見つけられるかもしれない選手側に対し、そういう訳にはいかないスタッフ側の給与を100%保証出来るように…という意味合いがこの措置を実施したクラブの声明文に盛り込まれている方も多いです。

 

そんな中、Jリーグで初めてのケースとなる選手側の給料カットを選手側から提案したのが北海道コンサドーレ札幌でした。

札幌は元々野々村芳和社長の下で独自路線を歩んでおり、賛否両論はありますが厳重な健康確認をした上で練習公開に踏み切るなど色々と独自の取り組みをしているチームです。4月6日には札幌の宮澤裕樹キャプテンを代表に選手一同の名での声明が公式サイト上にアップされました。

 

www.consadole-sapporo.jp

 

その後、自身も既に給与削減を実施している野々村社長は取材に応じ、経緯や実際に削減する給与割合の話をした上で「この大変な時期を選手とクラブが一緒になって乗り越えていきましょうってクラブに勇気をくれる提案だったと思う」とコメント。前述のように、Jリーグで初の事例という事で瞬く間にニュースなどでも取り上げられましたね。

 

www.nikkansports.com

 

勿論、札幌の選手達のこの提案は称賛に値するものですし、これは選手達の野々村社長を始めとしたクラブに対する信頼あってのものでしょう。この信頼関係は短期間で成り立つようなものでは無いですし、札幌がクラブとして現場に対し真摯に対応してきた証でもあります。この件に関しては掛け値なしに素晴らしいエピソードと言うべきです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406235920j:image

 

 

…ただし、そもそもコロナ云々以前から渦巻いてはいましたが、この札幌の件が「変な流れ」を生み出す事だけは避けて欲しい…と思い、今現在ブログを書いております。

 

 

 

前述の日刊スポーツの記事の最後にも野々村社長のコメントとして掲載されていますが

 

「これはあくまでもうちの選手たちがクラブへの思い、北海道に対する思いでやっただけで、他の団体や他のクラブが同調しないといけないというのは決してない」

 

今に始まった事ではありませんが、今回の札幌のようなケースが一つでもあると「じゃあこの状況で100%の給与を貰ってる奴等は何なんだ?」という風潮になってしまいがちです。最近はこの風潮が強くなりすぎた反動で、逆にその風潮を咎めるような声も多くなってはいますがそういう批判を未だにする人間がいるのも確かです。

サッカー選手は一見…というか実際に高給取りな方が多いです。ただそれは、多いとは言っても当然一握りであり、実際に全員が高給取りな訳ありません。そもそも、サッカー選手は長く続けられる職業ではなく、殆どの選手が30〜40歳の期間で引退を迫られる職業です。要するに賞味期限が短い以上、稼げる時に稼いでおく必要が他の職業に比べても強いのがサッカーに限らずスポーツ選手が高収入を得られる時に発生するリスクと言えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200407001520j:image

 

そもそも、普段のTwitterしかり、ボランティアしかり、寄付や募金なんかでも思うのですが……最近は余りにも「善意」のハードルが高くなり過ぎている気がします。善意は別に「やらないといけない」ものでは無くて「やってくれたらありがたい」程度のものであり、やってくれた時に感謝が発生するのみで、やらない事はプラスマイナスゼロ、批判する理由は別にないという事をこの札幌の件で改めて意識するべきでしょう。それはサッカーやスポーツに限らず、例えば芸能人などの著名人とか、普通に我々一般人に対してもそうです。

少なくとも、札幌の件を利用した批判と炎上だけはこれから絶対に起こらないようにして欲しい。そうなると批判を受けた側のダメージは勿論、札幌の選手やクラブも複雑な立場に立たされます。札幌と同じような事を他のクラブに対して強いるような事は論外ですし、「札幌はこうしたんだから我々も!」というのを給料を受け取る側が発案するならまだしも、給料を払う側が札幌を持ち出すのは論外ですし、それは札幌を利用していることに他なりません。それは当事者だけで無く、迂闊に適当に批判的な事を言ってしまいがちなTwitterでも札幌を利用した要求や批判だけは絶対にしないで欲しい…札幌の選手達はあくまで「北海道コンサドーレ札幌」というクラブへの姿勢を示しただけであって、日本中にこの風潮を根付かせて同調させたい訳ではありませんから…。

メディアにしても、出来れば札幌の件を報じる時には上にも載せた野々村社長の「これはあくまでもうちの選手たちがクラブへの思い、北海道に対する思いでやっただけで、他の団体や他のクラブが同調しないといけないというのは決してない」というコメントも併記して欲しいとこほです。

 

 

 

このご時世だからこそ我々は善意の意味をもう一度考えるべきで、性善説を振りかざす事の罪と性悪っぷりを再度考え直すべきでは無いでしょうか。

ではでは(´∀`)

 

 

正直リアルタイムで観たかったなーって思うJリーグチーム5選。

さすがにねぇ、1月頃にはこの展開予想してませんでしたよ。

 

どーもこんばんは

 

 

さてさて、先日BS1で1993年のJリーグ開幕戦「ヴェルディ川崎vs横浜F・マリノス」の試合が放送されました。スター軍団同士の開幕戦ですね、華やかですねぇ…。

以前にもブログなりnoteなりでも書きましたが、私がサッカーを観始めたのは2005年。ですので逆を言えば2004年以前はリアルタイムでは観てないんですね。

 

 

という訳で今回は「リアルタイムで観てみたかった2004年以前のJリーグチームトップ5」を独断と偏見で発表します!

 

 

 

第5位

ガンバ大阪2001

 

年間順位:7位(1st5位/2nd11位)

ナビスコ杯:2回戦敗退

天皇杯:ベスト8

監督:早野宏史(3年目)→竹本一彦(2nd第9節〜)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042109j:image

 

2000年の2ndステージでは優勝争いに絡んだ事を踏まえると成績的にはパッとはしてませんし、実際に3年目を迎えていた早野監督はシーズン途中で成績不振により解任を余儀なくされています。ただ、この時の面子が結構面白いというか、今見ればかなり豪華というか。稲本潤一宮本恒靖など既にフィリップ・トルシエ監督率いる日本代表に選ばれていた選手を筆頭に二川孝弘、橋本英郎新井場徹などのガンバユースの有望株、ここにこの年から遠藤保仁山口智が加わりました。稲本はシーズン途中で海外移籍により退団してしまいましたが、翌年からスタートした西野朗監督体制で迎える黄金期の礎を築いた年とも言えるでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042047j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042058j:image

 

 

第4位

京都パープルサンガ2002

 

年間順位:5位(1st7位/2nd6位)

ナビスコ杯:予選リーグ敗退

天皇杯:優勝

監督:ゲルト・エンゲルス(3年目)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406010705j:image

 

最近からサッカーとJリーグを見始めた方は信じられないかもしれませんが……関西で最初にタイトルをとったのはガンバでもセレッソでも神戸でもなくサンガです!ゲルト・エンゲルス監督の下、2001年のJ2でパク・チソン松井大輔黒部光昭の3トップを中心に若手が大きく飛躍。天皇杯優勝だけでなく、J1でも5位に入るなどサンガは間違いなく2002年のJ1にとって台風の目だったと言えるでしょう。まさか次の年に落ちるとは…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042119j:image

 

 

第3位

ヴェルディ川崎1993

 

年間順位:優勝(1st2位/2nd優勝)

ナビスコ杯:優勝

天皇杯:ベスト8

ACC:4位

監督:松木安太郎(1年目)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406011317j:image

 

ザ・スター集団。Jリーグは拡大戦略の影響もありますが、良くも悪くもバブル!って感じの

チームってJリーグの長い歴史を見ても初期のヴェルディ以外あんまりないんですよね。リアルタイムで観てたらどんな感じだったのかしらとも思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042131j:image

 

 

第2位

名古屋グランパスエイト1995

 

年間順位:3位(1st4位/2nd2位)

天皇杯:優勝

監督:アーセン・ベンゲル(1年目)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406011547j:image

 

低迷していた名古屋を変えたのは後にイングランドで一時代を築く事になるフランス人監督、アーセン・ベンゲルでした。ピクシーことドラガン・ストイコビッチや当時レフティモンスターと恐れられた小倉隆史など個性派を揃えて天皇杯優勝、リーグも2年連続でブービーだったチームを3位まで押し上げています。リアタイでその衝撃を見てみたかったですね…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042301j:image

 

 

第1位

ジュビロ磐田2001

 

年間順位:2位(1st優勝/2nd2位)

ナビスコ杯:準優勝

天皇杯:ベスト8

ACC:準優勝

監督:鈴木政一(2年目)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406012331j:image

 

言わずと知れたN-BOX最後は当時のチャンピオンシップ制により鹿島に次ぐ2位でフィニッシュしましたが、リーグ戦の成績は30試合で26勝1分3敗という圧倒的過ぎる数字。2ndステージで優勝を逃した為、シーズン僅か3敗ながらホーム最終戦でブーイングを喰らったという逸話は当時の磐田が如何に高いハードルを超えることを求められていたかが如実に現れています。

N-BOXに関しては名波浩の負傷離脱もあって10試合も採用されずに終わってしまった事、そもそもシステム立案のきっかけでもあった世界クラブ選手権レアル・マドリード戦が中止になった事などから未だにJリーグ界の大きなタラレバになっています。ロマン…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042316j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200406042322j:image

 

 

N-BOXは本当に観てみたかったねぇリアタイで…。

ではでは(´∀`)