G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

   

 

YouTubeチャンネル

 

Twitterアカウント

 

 Instagramアカウント

   

 

   

 

名古屋は続くのだろうか〜トレーニングマッチ 名古屋グランパスvs横浜FC マッチレビュー〜

静岡ダービー見逃した…。

 

どーもこんばんは

 

ただの寝坊です…。

 

さてさて、本日のマッチレビューは練習試合、名古屋グランパスvs横浜FCの一戦です。

 

 

 

昨季途中から就任したマッシモ・フィッカデンティ監督は今季から4-2-3-1を導入し、阿部浩之稲垣祥、山﨑凌吾といった新戦力に加えて相馬勇紀やマテウスが復帰するなど豪華なメンツを揃え、先日は金崎夢生の復帰も発表されました。多くの新戦力と戦術の融合を中断期間の間で果たせたのかが問われます。

一方、横浜FCは今季の降格がなくなったことで一番救われたチームとも言えるでしょう。降格枠が増える来年も残留を果たす為、今季を使ってチームを組み立てていく必要があります。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200328155838j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200328155842j:image

 

本日の会場は愛知県豊田市豊田スタジアムです。

昨年はラグビーワールドカップの会場にもなり、本来なら2日前の3月26日には日本代表戦(ミャンマー戦)を開催予定だったスタジアムも今日は無観客。純粋に一回豊スタは行ってみたい。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200328160533j:image

 

 

試合は開始早々、いきなり動きます。右サイドを抜け出した成瀬竣平の折り返しはうまくいきませんでしたが、そこから始まった横浜FCのパス回しを成瀬がカットするとジョアン・シミッチに続いて最後は阿部。名古屋が鮮やかなパスカットからの流れで先制点を獲得します。

名古屋はポゼッションが上手く機能してその後も試合を優勢に進め、追加点や決定的なシーンまでは至らなかったものの安定した試合運びを見せて前半を1-0のまま終えます。

 

 

 

後半は先週の鹿島vs札幌と同様、公式戦さながらに比較的選手交代も少なく後半へと向かっていきます。トレーニングマッチながら両者しっかりブロックを組んで締まったゲームを見せ、やや名古屋ペースの展開ではありましたが後半は特に大きな動きはなく1-0で試合終了。試合開始早々の阿部のゴールを守り切った名古屋が勝利を収めました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200328160545j:image

 

 

名古屋は試合全体的に結構仕上がっている感じが出来ていたのではないでしょうか。安定したブロックの構築はフィッカデンティ監督感もありましたし、特に開始10分くらいまでの攻撃の作り方は素晴らしかったと思います。名古屋に関しては去年一昨年のことがあるので、今のいい感じをどこまで信じていいのかはわかりませんが…。

横浜FCに関しては、戦力差的に致し方ない部分はあるとしても攻撃の厚みをどこまで増やせるかは重要でしょう。守備はよくやっていたと思います。

 

 

 

清水8点取ったの…?

ではでは(´∀`)

 

 

本当なら今日……というか本当から今年……とりあえず超私的に東京五輪日本代表メンバー(2020年版)を考えてみた。

 

 

 

 

※今回のブログを読む前に!

 

今回のブログは3月27日に更新するべく3月20日前後には書き終えていましたので、東京五輪延期には触れていない…というか開催される前提で書いちゃってます。その辺りを予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不規則生活の一番怖いところ

 

一周して早寝早起きになる瞬間がある

 

どーもこんばんは

 

さてして、

 

……「さてさて」って打とうとしたらミスったんでもう訂正せずに進めますね、本日3月27日、U-23日本代表vsU-23南アフリカ代表の試合が行われます!

会場は出来たばっかりの京都府亀岡市サンガスタジアム by Kyocera!! くぅー…遂に京都で、京都で代表戦が観れるなんて…!生きているとこういう事もあるものだ…嬉しいです。おっしゃ現地観に行くぞー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……の、予定でした…。

ご存知の通り、新型コロナウィルスの影響によりA代表カタールW杯予選も含めて延期・中止の措置が取られ、東京五輪が迫ってきたU-23日本代表は27日の南アフリカ戦、30日のコートジボワール戦(@福岡、ベスト電器スタジアム)が中止に。サンガスタジアムで行われる南アフリカ戦のチケットを嬉々として購入した私も泣く泣く払い戻しの受付を行いました。生きているとこういう事もあるものだ。

せっかくなんで、サンガスタジアムの当ブログ関連ページも見てみてください。可哀想なんだよ、こけら落としは何とかやったけどまだ1試合も公式戦やってないのよ……大河ドラマ館しかやってないのよ…。

 

 

 

で、今回のブログはどうしましょうと言うと。

……まぁ、せっかくなんで、一応予定としては今日の試合があった訳で。一応現時点でのね、当ブログ的…というか私的に…というか私ならこうする!東京オリンピックメンバー!的な、飲み屋でやると盛り上がるタイプのことをブログ上でやっていきます。

類似企画はもう既に何度かやってますがね……ま、こういうのは日に日に更新されていくものです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200324204304j:image

 

 

まず、森保一監督はU-23代表に関しては一貫して3-4-2-1を採用していますが……やっぱり、選手の顔触れを見ても合うのは間違い無く4-2-3-1の方だと思うんですよ。戦術的な意味でも、3バックがフィットしているとは言えない現状を見ても、単純にタレント豊富な2列目に人を割きたいという意味でも。

ですので、私的オリンピックメンバーはまず4-2-3-1を採用する事を前提に進めてみます!

せっかくなので…オーバーエイジセンターバックボランチセンターフォワードに配置してみますね。背番号は独断と偏見です。

 

 

 

でんっ。

 

GK1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF2 橋岡大樹(浦和レッズ)

MF3 中山雄太(PECズヴォレ)

DF4 板倉滉(FCフローニンゲン)

DF5 吉田麻也(UCサンプドリア)【OA】

DF6 杉岡大暉(鹿島アントラーズ)

MF7 柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)【OA】

MF8 食野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアンFC)

FW9 小川航基(ジュビロ磐田)

MF10 三好康児(ロイヤル・アントワープFC)

MF11 堂安律(PSVアイントホーフェン)

GK12 小島亨介(アルビレックス新潟)

MF13 中村敬斗(FCトゥウェンテ)

MF14 福田湧矢(ガンバ大阪)

FW15 大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン)【OA】

DF16 冨安健洋(ボローニャFC)

MF17 久保建英(RCDマジョルカ)

DF18 菅原由勢(AZアルクマール)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200324204248j:image

 

 

…まぁ、幾ばくかのガンバ 贔屓を感じるラインナップにはなりましたが………真面目な話、複数ポジション出来る事も踏まえて福田呼んでほしい…。あと安部裕葵もなんとか間に合ってくれれば……。

ではでは(´∀`)

 

 

Jリーグ延期!再開は5月9日!延期された試合はどこに移動するのかとか東京オリンピック延期がどう影響するかなどをまとめてみました。

大葉ラブ。納豆アンチ。

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、先日3月25日、Jリーグは新型コロナウィルスの影響で中断しているリーグ戦に関して当初予定していた4月3日の再開を断念すると同時に、新たな再開時期の目安としてJ3を4月25日、J2を5月2日、J1を5月9日とする事でJリーグクラブと合意した事を村井満チェアマンが明かしました。これにより、J1とJ2は既に延期された試合も含めれば第2〜12節までの(ルヴァン杯除く)11試合、J3は開幕からの6試合が延期となり、これは2011年の東日本大震災発生に伴う中断期間を大きく上回ることになります。

今回の形式で行くと再開初戦(予定)となるのは以下のカードです。

 

明治安田生命J1リーグ第13節

5月9日(土)

14:00 北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス@札幌厚別公園競技場

5月10日(日)

14:00 FC東京vsサガン鳥栖@味の素スタジアム

14:00 横浜F・マリノスvs横浜FC@日産スタジアム

14:00 サンフレッチェ広島vs名古屋グランパス@エディオンスタジアム広島

15:00 柏レイソルvs大分トリニータ@三協フロンテア柏スタジアム

15:00 湘南ベルマーレvs川崎フロンターレ@Shonan BMWスタジアム平塚

15:00 セレッソ大阪vsベガルタ仙台@ヤンマースタジアム長居

15:00 ヴィッセル神戸vs浦和レッズ@ノエビアスタジアム神戸

19:00 ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ@Panasonic Stadium Suita

 

明治安田生命J2リーグ第13節

5月2日(土)

14:00 大宮アルディージャvsアルビレックス新潟@NACK5スタジアム

14:00 ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形@山梨中銀スタジアム

14:00 京都サンガFCvs松本山雅FC@サンガスタジアム by Kyocera

14:00 レノファ山口vs徳島ヴォルティス@維新みらいふスタジアム

15:00 ザスパクサツ群馬vs栃木SC@正田醤油スタジアム群馬

15:00 ジェフユナイテッド千葉vs水戸ホーリーホック@フクダ電子アリーナ

5月3日(日)

14:00 東京ヴェルディvs愛媛FC@味の素スタジアム

14:00 ツエーゲン金沢vsギラヴァンツ北九州@西部緑地公園陸上競技場

14:00 アビスパ福岡vsFC琉球@ベスト電器スタジアム

15:00 FC町田ゼルビアvsジュビロ磐田@町田GIONスタジアム

19:00 ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎@シティライトスタジアム

 

明治安田生命J3リーグ第7節

4月25日(土)

13:00 藤枝MYFCvsFC岐阜@藤枝サッカー場

4月26日(日)

13:00 いわてグルージャ盛岡vs鹿児島ユナイテッドFC@いわぎんスタジアム

13:00 福島ユナイテッドFCvsヴァンラーレ八戸@とうほう・みんなのスタジアム

13:00 YSCC横浜vsAC長野パルセイロ@ニッパツ三ツ沢球技場

13:00 SC相模原vsFC今治@相模原ギオンスタジアム

13:00 アスルクラロ沼津vsガンバ大阪U-23@愛鷹広域公園多目的競技場

13:00 カマタマーレ讃岐vsブラウブリッツ秋田@Pikaraスタジアム

14:00 カターレ富山vsロアッソ熊本@富山県総合運動公園陸上競技場

14:00 FC東京U-23vsセレッソ大阪U-23@味の素フィールド西が丘

 

 

 

その他にもJリーグは各クラブとアウェイサポーターなど遠距離からの観戦の自粛、観客同士の密接を避ける為に前後左右の席を空ける事、政府や自治体の要請があれば開催を取りやめる事など中断、再開時期と併せて5つの項目で合意しました。

先日、今年の7月24日開幕予定だった東京オリンピックもとうとう延期が発表されてしまいましたし、JFA田嶋幸三会長が新型コロナウィルス陽性と診断されたり、そもそもウィルス対策をしつつJリーグを開催する為には1日2日でどうにかなるような次元ではない準備が必要になってくるので、4月3日の再開が厳しいのは大体の人が察していたとは思います。

ただ、今年のJリーグの延期について結構大きな論点の遠因になっていた東京五輪は延期になったので7〜8月に中断する理由は無くなった訳ですし、会場確保さえスムーズに進めばこの期間に試合を開催する事で過密日程を和らげるのは可能になったのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200325223125j:image

 

 

東京五輪に伴う中断期間は7月6日〜8月13日まで。この期間に延期された試合を埋めるとすると、単純計算すれば5試合はこの期間に試合を入れる事が出来ます。元々東京五輪前提のスケジュールを組んでいるので平日開催が多くなっているのは少し今となっては考えものですが、Jリーグ的には東京五輪が無くなった事は朗報ではないのは確かですが、日程再構築の面ではゆとりと余裕は少し出たのではないでしょうか。ただいずれにしても、ルヴァン杯に関しては日程や大会方式の再考は迫られるかもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200325223102j:image

 

 

3ヶ月前にはこんな展開予想だにしてなかったなー…。

ではでは(´∀`)