UEFAチャンピオンズリーグ19-20開幕!という事でグループステージ順位予想、勝ち抜け予想してみた。

日に日にプロスピのくじ運悪くなってる気がする。

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、いよいよサッカー界でも最高峰の戦いと言われているUEFAチャンピオンズリーグ19-20が開幕します!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212252j:image

 

 

さぁ、今年もいよいよですね。ヨーロッパクラブチーム王者を決める=実質的に世界最強クラブを決めるとも言える長きに渡る戦いがスタートします。

というわけで今回は、そのグループステージの勝ち抜け予想をしていきます!

今年の決勝の舞台であるトルコ、イスタンブールアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥまで進出するのはどのチームでしょうか。それでは特に説明もいらないので早速スタート。

 

 

 

グループA

 

1位 パリ・サンジェルマン

2位 レアル・マドリード

3位 ガラタサライSK

4位 クラブ・ブルッヘ

 

パリもレアルもそれぞれの悩みを抱えてのシーズンインとなりましたが、その実力差を考えると順当にグループステージは突破してくるでしょう。やっぱり敗退という予想はしにくいです。ただ、2チームともどこか不安定さも抱えているので、ガラタサライは上手くそこを突けるかどうかですね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212306j:image

 

 

グループB

 

1位 バイエルン・ミュンヘン

2位 トッテナム・ホットスパー

3位 オリンピアコス

4位 ツルヴェナ・ズヴェズダ

 

バイエルントッテナムの2チームとそれ以下でかなり実力差が開いてしまっている印象です。ツルヴェナ・ズヴェズダは昨年、リバプールに土を付けるなど健闘はしましたが、さすがに今年もそれ以上の奇跡を起こす事は難しいでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212319j:image

 

 

グループC

 

1位 マンチェスター・シティ

2位 シャフタール・ドネツク

3位 アタランタ

4位 ディナモ・ザグレブ

 

シティの1位抜けはほぼ確実としても、残る2位の枠を巡る争いが激化しそうなのがこのグループC。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下での昨季の躍進が印象深いアタランタではありますが、ことCLという舞台においてはシャフタールの方が一枚上手かもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212328j:image

 

 

グループD

 

1位 ユベントス

2位 アトレティコ・マドリード

3位 レヴァークーゼン

4位 ロコモティフ・モスクワ

 

本来、レヴァークーゼンはCLのベスト16に値するチームという見方は大いに出来るでしょう。しかしユーベとアトレティコの牙城を崩せるほど、とは考えにくく、順当にこの2チームのワンツーフィニッシュが予想されます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212336j:image

 

 

グループE

 

1位 リバプール

2位 ナポリ

3位 レッドブル・ザルツブルク

4位 KRCヘンク

 

昨年の王者であるリバプールとそのリバプールをギリギリまで追い詰めたナポリ。「またお前らか」と思っているとは思いますが、昨年のパリのような存在はいないので順当にワンツーフィニッシュを決めると思います。ザルツブルク南野拓実、ヘンクの伊東純也と日本人対決がCLの舞台で実現するのは見ものですが、予想に関しては3位ザルツブルク、4位ヘンクも堅いのかなと。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212350j:image

 

 

グループF

 

1位 FCバルセロナ

2位 インテル・ミラノ

3位 ボルシア・ドルトムント

4位 スラヴィア・プラハ

 

この組み合わせが決まった時のスラヴィア・プラハの方のリアクションがネットでバズっていましたが、「またこんなドローかよ…」と心底思っているのは恐らくインテルの方かと。昨季はトッテナム、今年はドルトムントと、バルサの次の枠を巡ってまた厄介や争いを強いられる事になりますが、今年は昨年よりもブラッシュアップされたチームで久し振りの決勝トーナメントも目指せるのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212358j:image

 

 

グループG

 

1位 RBライプツィヒ

2位 ゼニト・サンクトペテルブルク

3位 SLベンフィカ

4位 オリンピック・リヨン

 

本命と呼べるチームがおらず、それと同時に4チームともベスト16に進みうる実力を持っている4チームですから、間違いなく数十人くらいで集まって予想大会なんかをやっても答えは結構はバラバラになるグループなんじゃないかと思います。このブログではライプツィヒとゼニトを突破予想にしましたが、正直どこが突破しても不思議というか、驚きではないかなと。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212407j:image

 

 

グループH

 

1位 アヤックス

2位 チェルシー

3位 リール

4位 バレンシア

 

グループG程では無くとも、ここも第1ポッドのチェルシーが不安定な戦いを続けている事もあって本命なきグループと言えそうです。とはいえ、それでも突破2チームはチェルシーアヤックスで落ち着きそうですが、予想されていたよりも主力の退団が少なく済んだアヤックスチェルシーを上回って首位で通過する可能性も高いのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212416j:image

 

 

…さぁ、皆さんはどんな感じの予想になったでしょうか。いよいよ今年もCLスタートです!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190912212425j:image

 

 

ルーレットヒッター嫌いじゃない。

ではでは(´∀`)