アジアカップ直前の今だからこそ振り返ろう!過去アジア杯日本代表プレイバック〜2015年オーストラリア大会〜

ぼちぼち年越しだねぇ…。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、遂に此方、過去のアジアカップ日本代表振り返り企画も今日で最終回。というわけで今回は前回大会のアジアカップ2015・オーストラリア大会です!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122143919j:image

 

 

史上最強と謳われて期待されたザックジャパンでしたが、ブラジルW杯では1分2敗と1勝も出来ずに悔しい結果に。そこで2014年8月から就任したハビエル・アギーレ監督は最初は色々な事を試し過ぎて不振に陥りかけたものの、11月のホンジュラス戦、オーストラリア戦では遠藤保仁らを復帰させ、ザックジャパンの戦いをベースにアギーレ色を入れていく形でチームの完成度を急激に高めていきました。

クラブチームではそれぞれ出場機会に苦しんだりなどという選手もいたものの、選手のクオリティーは過去最高とも言える布陣で2連覇を目指す戦いが始まりました。

では振り返っていきましょう。

 

 

 

アジアカップ2015・オーストラリア大会日本代表

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122143940j:image

 

 

監督 ハビエル・アギーレ

コーチ スチュアート・ゲリング

コーチ 手倉森誠

GKコーチ リカルド・ロペス

GKコーチ 浜野征哉

フィジカルコーチ ファン・イリバレン・モラス

コンディショニングコーチ 早川直樹

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122145034j:image

 

 

登録メンバー(23人)

GK1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ)

DF2 内田篤人(シャルケ04)

DF3 太田宏介(FC東京)

FW4 本田圭佑(ACミラン)

DF5 長友佑都(インテル・ミラノ)

DF6 森重真人(FC東京)

MF7 遠藤保仁(ガンバ大阪)

MF8 清武弘嗣(ハノーファー96)

FW9 岡崎慎司(1.FCマインツ)

MF10 香川真司(ボルシア・ドルトムント)

FW11 豊田陽平(サガン鳥栖)

GK12 西川周作(浦和レッズ)

FW13 小林悠(川崎フロンターレ)

FW14 武藤嘉紀(FC東京)

MF15 今野泰幸(ガンバ大阪)

DF16 塩谷司(サンフレッチェ広島)

MF17 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

FW18 乾貴士(アイントラハト・フランクフルト)

DF19 昌子源(鹿島アントラーズ)

MF20 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

DF21 酒井高徳(VfBシュツットガルト)

DF22 吉田麻也(サウサンプトン)

GK23 東口順昭(ガンバ大阪)

 

内田篤人が負傷により離脱した為、DF2 植田直通(鹿島アントラーズ)が追加招集。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181121231056j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122143957j:image

 

 

グループD第1節

日本4-0パレスチナ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144036j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181121231106j:image

 

 

2015年1月12日18:00@ニューカッスル国際スポーツセンター

日本得点者:遠藤保仁(8分)、岡崎慎司(25分)、本田圭佑(44分)、吉田麻也(49分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144053j:image

 

 

グループD第2節

イラク0-1日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144341j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181121231118j:image

 

 

2015年1月16日19:00@ブリスベン・スタジアム

日本得点者:本田圭佑(23分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144355j:image

 

 

グループD第3節

日本2-0ヨルダン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144705j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181121231127j:image

 

 

2015年1月20日20:00@メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム

日本得点者:本田圭佑(24分)、香川真司(82分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144732j:image

 

 

準々決勝

日本1-1(4PK5)UAE

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144754j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181121231138j:image

 

 

2015年1月23日20:30@スタジアム・オーストラリア(シドニー)

日本得点者:柴崎岳(81分)

UAE得点者:マブフート(7分)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144808j:image

 

 

総評

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144831j:image

 

 

いくらUAEウズベキスタンなどが成長してきた近年のアジアサッカー界とはいえ、それでも日本の戦力は実力はアジアの中ではオーストラリア、韓国、イランなどと共に図抜けているのでやはりベスト8という成績は期待ハズレとしか言えないものではありました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144920j:image

 

 

とはいえ、内容的な意味ではこの2015年大会のチームは優勝した2011年大会よりもチームの完成度は高いんじゃないか?と思えるような出来で、このベスト8という成績でアギーレは当然批判されたものの、準々決勝UAE戦の敗因はもはや監督がコントロール出来る部分ではなかったようにも思うし、むしろ個人的には最初は懐疑的だったものの逆にアギーレジャパンに好感を抱くようになりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181122144902j:image

 

 

理由が理由である為、この後諸事情で解任されたのは仕方ないですが、アギーレやハリルホジッチが監督を続けた世界線はどうなっているんだろうというのは少し気になりますよね。良くも悪くも。

これにてアジアカップ振り返り企画終了です!

日本の王座奪還に期待しましょう!

 

 

 

3戦目はターンオーバーしてよ…とはちょっと思ってたけど。

ではでは(´∀`)