名古屋グランパスFW金崎夢生選手の新型コロナウィルス感染確認が、Jリーグの再延期・再開に影響を及ぼすかどうかについて。

※今回のブログはあくまで推測です。おそらく今回の名古屋グランパスの発表を受けて、近いうちにJリーグ側が会見を行うと思われますので、必ず其方を確認するようにしてください。

 

 

 

名古屋グランパスは6月2日、FW金崎夢生PCR検査を受け、新型コロナウィルスの陽性判定を受けた事を発表しました。

 

 

 

先日、J1リーグは7月4日(J2・J3は6月27日)からの再開を発表したばかりなので、Twitter上では今回の金崎選手の感染確認で「リーグ再開が再延期になるんじゃないか?」とも言われていますが、あくまで個人的見解ではありますが……影響がない事は無くても、恐らく再延期という事にはならないんじゃないか…と思います。

 

 

私の見解の結論から言うと、リーグが再延期になる可能性は低いと思っています。

 

というのも、それには2020年限定ルールである「降格なし」を決定した際の根拠とも言える部分が影響しているとも言えます。

降格無しという措置は、これから代表招集ぇあったり、それこそ選手が感染者及び濃厚接触者となれば欠場を余儀なくされる訳です。ただ、既に半年ほど遅れが出てしまったJリーグではシーズンを完結させる為には、感染者や濃厚接触者が出る度にリーグを中断させる訳には行かなくなった…という現状があります。

実際、プロ野球と合同で発表した提言の中でも、感染者が出た=リーグ中断(再延期)とはならない事を示唆するような文言も組み込まれています。

 

www.jleague.jp

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200602235403p:image

 

また、村井満チェアマンは3月19日時点ではありますが、リーグを再開するにあたってこのようなコメントもしていました。

 

www.jleague.jp

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200602235238j:image

 

そもそも、Jリーグが今年度に採用した降格無しというルールに関しても、もうこのような状態になってしまった以上、全チームが公平な条件でリーグを戦える事そのものが厳しくなってしまっているので、どこかで泣きを見るようなチームが出てくる可能性もある事を前提とした判断・措置だと考えています。それを踏まえると、これから2度目の感染爆発や緊急事態宣言が発令されるような事態にならない限り、今回の名古屋が不公平性を被ったとしてもスケジュールは予定通りに消化していくのではないでしょうか。

同時に、このブログを読んでいる方は「◯◯が好き!」と贔屓のチームを持つ方も多いでしょう。私自身、ガンバ大阪京都サンガのファンな訳です。もし、ガンバやサンガで感染者が出たとしても、生じる不公平は今季に関してはある程度受け入れなければならないんじゃないか…とも思っていますし、それはどこか応援しているチームのあるファン・サポーター全員がリーグを再開するにあたって覚悟しなければならない事なのでは無いでしょうか。今季に関しては、リーグを再開する為にはある種の不公平さが生じる可能性を既に孕みながら進めなければならない事だけは間違いありません。もし平等性を最重視するというのなら、解決策はシーズン中止しかない訳で。先日の全クラブが参加し、同意したという理事会では、その部分への覚悟も含めた同意だったのではと考えることも出来ます。

ただし、勿論リーグを止めない事による感染拡大の可能性はある訳で、そこは多分濃厚接触者+欠場対象・自宅待機の対象とする選手を基準よりも広めに見積もる形になるのかな…と。

 

無論、実際に再開した訳ではありませんから、再延期の可能性も無くは無いと思いますが…。

 

 

 

 

どういう結果になろうと、まずは金崎夢生選手にはお大事に、という言葉を…。