西野ジャパン滑り込み初陣!〜日本vsガーナ レビュー&W杯メンバー23人予想〜

正直ガンバファンとしては宇佐美が西野さんとW杯出るとなると凄く胸熱。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、今日は西野ジャパンの初陣、そしてメンバー発表前、ロシアW杯前国内最後の試合です。

 

日本代表の今日のスタメンはこちら。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180803081927j:image

   

事前の報道通り、日本は長谷部誠リベロの位置に置く3バックシステムを採用。

西野監督は大体23人のメンバーはほぼほぼ決まっているような趣旨の発言もしていたので、この試合はメンバー選考のサバイバルよりは3バックがどこまで機能するかのテスト的要素が強いと言えるでしょう。

 

W杯まで時間のない中での前代未聞の監督交代。

この短期間でチームをどれだけ仕立て上げる事が出来るか、西野監督の手腕と選手の底力が問われます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180530213509j:image

   

前半立ち上がり早々、濡れて滑りやすくなったピッチに足を取られる事が新システムを体現する上で足枷になったのか、なかなかうまく良い展開に持って行けないまま開始早々に直接FKを決められてしまい先制点を許します。

時間が経つにつれて、少しずつ攻めの形は作れ始めるようになりましたが、なんとも言えないというよりはパッとしないまま前半を終えてしまいました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180530213544j:image

   

結論から言うと後半は、確かにそこまで攻撃は悪いわけではなかったと思います。全体的な試合内容としても。

ただこれから迎えるワールドカップという大会は悪くなかったでは済まない戦いですし、「まぁ、3バックを採用してから日も浅いから...」という擁護もあるかもしれませんが、日が浅い事は最初からわかりきっていた中でシステム変更に踏み切ったので言い訳になりません。

 

攻撃については後は制度を高めて...という形でもいいかもしれませんが、それでもまだ到底、W杯で勝てる!と自信ありで言えるようなものではないでしょうし、守備についてはスイス戦、パラグアイ戦を通じて迅速な整備が必要必須と言えるでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180531014451j:image

   

 

さてさて、明日の16時に迎えるメンバー発表の予想もしていきたいと思います。

恐らくですが、この試合の結果云々を問わず西野監督の頭の中で最終メンバーとなる23人は大体決まっていたように感じています。

今日の試合はサバイバルよりも3バックのテストの意味合いが強そうなので、今日の試合に出場したメンバーは大体ほぼほぼ当確なんじゃないかと。

それを踏まえた23人の予想は以下の通りです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180531014501j:image

   

 

GK

川島永嗣(FCメス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

DF

吉田麻也(サウサンプトン)

槙野智章(浦和レッズ)

長友佑都(ガラタサライSK)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

昌子源(鹿島アントラーズ)

酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)

遠藤航(浦和レッズ)

MF

長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

山口蛍(セレッソ大阪)

本田圭佑(パチューカCF)

香川真司(ボルシア・ドルトムント)

井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)

柴崎岳(ヘタフェCF)

大島僚太(川崎フロンターレ)

乾貴士(エイバルCF)

FW

大迫勇也(ブレーメン)

原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

岡崎慎司(レスター・シティ)

武藤嘉紀(1.FCマインツ)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180530220834j:image

   

 

こんな感じではないでしょうか。

後は乾のコンディションがどうなっているか否かで、浅野、或いは久保...といった辺りなんじゃないかと思っています。

   

何にせよ、もう今ポジティブな要素は南アフリカの時もこんなんだったし...」くらいのもの。

なんとか底力と劇的なV字回復を信じて応援するしかないかもしれません。

 

ではでは(´∀`)