ワールドカップ

色んなチーム、色んな年の試合前スタメン発表メンバー紹介映像を並べてみたVol.3〜阪神タイガース、オリックス・バファローズ、サッカー&野球日本代表、ロシアW杯、その他編〜

へい、今回も日曜月曜企画です。 …プロ野球開幕しましたね! という訳で、先日からやっておりますスタメン発表映像企画、今回は阪神タイガースとオリックス・バファローズ、そしてサッカー日本代表、更には2018 FIFAワールドカップロシア大会での映像を載せ…

サランスクの奇跡から2年…2018ロシアワールドカップが開催された11都市12会場全スタジアム紹介!

ロシアワールドカップ観戦記スピンオフ企画そのうちnoteでやろうかと思ってます。 どーもこんばんは さてさて、本日6月19日……今から2年前ですね。西野朗監督率いる日本代表が南米の強豪コロンビアを2-1で下し、下馬評を覆す大金星を挙げました。 このブログ…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第20話 狂気

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 目を開けると天井が近い。 それもそうだろう、ここはサンクトペテルブルクからモスクワに向かうまでの夜行列車の車内で、自分は2段ベッドの上段にいたからだ。決して広くは無い部屋と日本人で感じるな…

今日は2014年ブラジルワールドカップ開幕から2年という事でブラジルW杯で使用された全開催会場12スタジアムを紹介します。

南アフリカW杯から10年ってさ、そりゃ人間年も取るよな。 どーもこんばんは さてさて、本日6月13日は2014年ブラジルワールドカップの開幕から丁度6年です。 …まぁ、厳密に言えば開幕は6月12日なんですけどね。いかんせん時差が12時間もあるので、日本時間的…

南アフリカワールドカップ開幕から今日で10年…という事で、南アフリカW杯の9都市10会場のスタジアム紹介。

めっちゃ気合入れて書いたブログがあまりアクセス伸びず 逆に割と適当に書いたブログのアクセスむっちゃ伸びた時のなんとも言えなさ。 どーもこんばんは さてさて、本日6月11日は何の日か皆様わかりますでしょうか?そう、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第19話 20180619

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 時刻は23:00を過ぎるかどうか、くらいのところだっただろうか。 ロシアという国はどこに行ってもロケーションが抜群であった。街中、国中のどこを切り取ってもインスタ映えしてしまうほどに。この時期…

2023FIFA女子ワールドカップ日本開催予定会場、全7スタジアム紹介。

それではここで幻になったルヴァンカップ第1戦の幻の雰囲気をお楽しみください。 どーもこんばんは さてさて、緊急事態宣言も解除され、勿論まだまだ油断禁物である事は言うまでもないにせよ、Jリーグなどのスポーツエンターテインメントも再開への方向性が…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第18話 狂想曲

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // スタジアムに爆音でカチューシャが鳴り響くが、まだトイレに迷い込んだ友人を含めた多くのロシア人は一向に帰ってこない。 ロシアのスタジアムの恐ろしトイレ事情は前回に述べた通りだが、あれ?客こ…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第17話 ハーフタイムから帰れない

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // サンクトペテルブルク・スタジアムに入る前の雨混じりな曇天から、気がつけば空には晴れ間が差し込んでいた。 最近はこういうスタジアムも多くなっているが、このスタジアムは閉会式の屋根を持ち合わ…

ブンデスリーガ再開記念!!世界のスタジアムを巡った(気分になろう)企画という事で2006年ドイツW杯で使用された全12会場を紹介します。

近所のカフェのメリット ・行きやすい 近所のカフェのデメリット ・50%を超える確率で知り合いに会う どーもこんばんは さてさて、本日は5月15日……いよいよ明日、新型コロナウィルスの影響で中断していたドイツ・ブンデスリーガが再開します!! // そこでそ…

日本サッカー史の勝因と敗因を解く【第1回〜史上最強だったはずのザックジャパンが嵌まり込んだドツボ(2014年ブラジルW杯)〜】②日本代表史上最強のカラクリ

前回は此方↓ // 2012年の日本代表は疑いなく「日本代表史上最強」と呼ぶに値するチームだった。そのサッカーの完成度がもたらした瞬間最高風速とやらは今までの日本代表が経験したこともない程の追い風で、ブラジルW杯が終わった後に「自分達のサッカー」と…

日本サッカー史の勝因と敗因を解く【第1回〜史上最強だったはずのザックジャパンが嵌まり込んだドツボ(2014年ブラジルW杯)〜】①4-2-3-1と3-4-3

今更言うまでもないが、サッカーにとって、代表チームにとってワールドカップが持つ意味とは非常に大きい。そしてそこで収めた成績は、そのチームが過ごした4年間の意義を確定させてしまうだけの力を持っている。前のワールドカップから次のワールドカップま…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第16話 曇天と晴れ間

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 日本代表がコロンビアに2-1で勝利し、見上げたサンクトペテルブルクの曇天には晴れ間が差し込んだ気がした。……まぁ、天気に関しては曇天どころか普通に雨が降っていたが。ただ、晴れやかに気分になっ…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第15話 JST 22:52

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 初めてしっかりとワールドカップをテレビで観たのは2006年のドイツW杯だった。 ドーハの悲劇の時はまだ産まれていなかったこの世代にとって「初めて観た悲劇的な試合」と言えば私が初めて生中継で観た…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第14話 翔べばサンクトペテルブルク

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // さて、旅の舞台は最終目的地とも言えるサンクトペテルブルクに移った。 簡単に説明すると、かつてこの地は1917年まで存在したロシア帝国の首都であり、ソビエト連邦の時代はウラジーミル・レーニンの…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第13話 シベリアどうでしょう

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // カザンの空港でまさかまさかの日本代表との遭遇を果たした後、世界遺産にもなっているカザン・クレムリンに赴く。ロシア全体に言える事ではあったが、カザンはその中でも特に日差しが強かった。気温と…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第12話 煌びやかな紫外線

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 「これ、ワンチャン日本代表の出発見れるじゃない?」 …そう下心を馳せた多くの日本人がカザンの空港にわらわらと集まり始めた。空港ロビーのカフェには自分も含めて青いユニフォームに身を包んだ人間…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第11話 偶然が重なる予感

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 「偶然が産んだ奇跡」と呼べるほど下心が無かった訳ではない。確かに若干「その事」は頭に過ぎった事もあった。 だが最初は「その事」は頭に無かったし、考慮するようになったのは観戦する試合が決ま…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第10話 人生の目標

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 カザンは抜群の好天気に包まれていた。雲ひとつないというよりも、雲は空を飾る程度にしてか浮かんでおらず、そしてロシアらしくさほど暑くない…サッカーを観るのにこれ以上ないロケーションが広がってい…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第9話 モスクワの休日

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 無事にチケットセンターを抜け出した我々はいよいよモスクワ見物に出かける。中国では殆ど何もしないまま出国したし、前夜の赤の広場は観光とはどこか意味合いが違ったような気もするから、この旅行で…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第8話 4年に一度ではなく…

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 飛行機に乗って関空→深圳で約5時間、深圳→モスクワで約11時間、トランジットで中国に滞在していた時間を含めれば30時間近い時間をかけて、ようやく旅の目的地であるモスクワに到達した。 前々から言っ…

オールOKでは無くとも〜2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF第4節 タジキスタン代表vs日本代表 マッチレビュー〜

競馬行ってスった話はまた今度書くね。 どーもこんばんは Facebookもよかったら見てね // さてさて、本日のマッチレビューは2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF、タジキスタン代表vs日本代表の一戦です。 // 初戦のミャンマー戦を敵…

確実に〜2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF第3節 日本代表vsモンゴル代表 マッチレビュー〜

ふと目を離した隙に阪神のビハインドが広がっていた時のきもち。 どーもこんばんは // さてさて、本日のマッチレビューは2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF第3節、日本代表vsモンゴル代表の一戦です。 // 9月に開幕したカタールW杯…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第7話 Your name

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // ホテルへ向かう道とは異なり、ホテルから空港に向かう道のりは随分スムーズなものであった。やはり人間とは学習の生き物である。とはいえ、いくら道を覚えても地下鉄の所要時間が1時間ほどある事に変…

ミッション〜2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF第1節 ミャンマー代表vs日本代表 マッチレビュー〜

昨日マクドで隣の席の女子グループが「あなたの番です」の考察と感想を大声でしていらっしゃった件。 どーもこんばんは 危ねぇ録画見た後でよかった… さてさて、本日のマッチレビューは2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選グループF第1節、ミャ…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第6話 Wi-Fiの失せた男の哀歌

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 出張でも旅行でも、海外に行く時に重要になってから一つの問題は電波問題である。 時代は21世紀…今や世界は携帯電話無しでは成立しない世の中となっているからだ。海外に行く際の電波確保としては、空…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第5話 超ドキュメンタル

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 西野朗監督率いる日本代表が本大会前最後の試合となるパラグアイ戦を終え、ブラジルW杯でドイツが王者に輝いたあの瞬間から始まったロシアW杯へのカウントダウンが、少しずつリアリティを帯び始める。…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第4話 海を越える時

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // 遂にロシアへのW杯観戦旅行の大まかなスケジュールが完成してきた。まずはモスクワにてロシア入国を果たし、モスクワで1泊しつつ観光を楽しむ。その夜にカザンに向かってフランスvsオーストラリアを観…

【もしワル】もし2022年のワールドカップ開催地が突然の日本開催に変更になったら〜要するに、もし仮に今日本でワールドカップを開催するとしたらどこのスタジアムが使われるのか、という希望的ブログ〜

俺得セブンイレブン。 どーもこんばんは @万博記念公園駅前 // さてさて、先日、サッカー界に大きなニュースが飛び込んできました。元フランス代表のスーパースターで、元UEFA会長であるミシェル・プラティニ氏がフランス捜査当局により身柄を拘束されたとの…

ロシアW杯観戦記〜あれから1年…《海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜》2019年再編集版〜第3話 精神崩壊チケット戦争

【ロシアW杯観戦記再編集版、第1話、前話はこちら↓】 // ワールドカップに出場するという事は途轍も無く狭き門である。 幼い頃から「天才」なんて呼ばれた連中が集う場所で居場所を勝ち得た数少ない者達が次のステップに進み、更に天才の集った場所で勝ち抜…