ガンバ大阪2018...

誰だよ近所で大音量で花唄流してるやつ。

 

どーもこんばんは

 

しかもフルコーラスしっかり。

   

さてさて、世間のサッカーはもうワールドカップ一色。

そんな中先日、ルヴァンカッププレーオフステージを、天皇杯Jリーグクラブも登場する2回戦を終えました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180610061109j:image

   

我らがガンバ大阪はと言うと、ルヴァンカッププレーオフステージではファン・ウィジョが2試合で4得点を叩き出すなどしてジュビロ磐田を見事撃破。ベスト8に駒を進めました。

 

一方、天皇杯は......

 

 

 

………。

 

 

 

リアクション不能

 

結局今年のガンバの問題点は何なのか。

 

   

 

①あまりにも試合内容に波があり過ぎる。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180610061101j:image

   

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

 

上にマッチレビューを挙げたように、サガン鳥栖戦はまぁとにかく完璧と言っていい内容でした。

それに対して鹿島戦、札幌戦はほとんど相手に何もさせて貰えなかったような試合で、長崎戦に至ってはもはや何のこっちゃと言いたくなるような試合展開だったと言えるでしょう。

とにかく試合内容が試合によって安定したいのが今年のガンバの難点の1つである事は確実でしょう。

 

   

 

②守備が脆い

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180610061041j:image

 

まずガンバにとって1つ計算外だったのは今野泰幸の負傷離脱。

しかし今野の重要性以前の問題として、今野以外に守備的なボランチをチームに置いていなかったのはクラブの補強戦略ミスでしょう。

マテウスは攻撃面などでは光るプレーを見せているのでマテウス獲得自体は当たっていますが、守備ではまだ軽いですし。

 

そして守備に難がありまくるボランチに対し、今年はファビオや藤春が裏を取られるというシーンが多発して、守備はほとんど戦術東口状態になってしまっているのは、東口は素晴らしくともチームとしては大問題です。

 

   

 

③攻撃に厚みがない

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180610060914j:image

 

今年のガンバの主な攻撃の主力であるファン・ウィジョ、長沢駿倉田秋、中村敬斗といった面々は、やはりある程度の自由のあるスペースを与えないと活きないという側面が見受けられます。

たとえば今年好調のウィジョも、良い日は前線のスペースを上手く使えている日で、前述の鹿島戦や札幌戦に長崎戦、また一方的に攻められた横浜戦もほとんどスペースがなく、今年のガンバの無得点試合はシュートをことごとく防がれたなどではなく、そもそも攻撃が手詰まりになってしまっています。

ただ逆に言えば、鳥栖戦のようにスペースをきっちりと使える試合であれば完璧な試合を展開する事が出来る、というのは希望の1つではあるかもしれません。

 

   

 

柿谷曜一朗だの何だの、色々補強の話はあります。

どこまでが現実化されるかはわかりませんが、フロントにはここ最近のチーム、そしてフロントそのものへの不振と不信を払拭してくれるような動きを期待したいです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180610061138j:image

   

ではでは(´∀`)