GLAYおすすめ曲ランキング2018年6月版〜UNITY ROOTS & FAMILY AWAY編〜

あかん、今月は出費がえぐいぞ

 

どーもこんばんは

 

さてさて、今回はGLAY企画です。

......ロシア旅行期間用に、これでストック貯めてるのは秘密...。

 

今回のアルバムはUNITY ROOTS & FAMILY AWAYです!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180609042120j:image

   

収録曲(全編曲 GLAY佐久間正英)

1 WE ALL FEEL HIS STRENGTH OF TENDER(作詞作曲 TAKURO)

2 またここであいましょう(作詞作曲 TAKURO)

3 girlish MOON(作詞作曲 TAKURO)

4 Way of Difference(作詞作曲 TAKURO)

5 航海(作詞作曲 TAKURO)

6 ゆるぎない者達(作詞作曲 TAKURO)

7 夏の彼方へ(Johnny the unity mix)(作詞作曲 TAKURO)

8 neverland(作詞 TAKURO 作曲 JIRO)

9 彼らのHOLY X'MAS(作詞作曲 TAKURO)

10 Father & Son(作詞作曲 TAKURO)

11 卒業まで、あと少し(作詞作曲 TAKURO)

12 Friend of mine(作詞作曲 TAKURO)

13 ALL STANDARD IS YOU〜END ROLL〜(作詞作曲 TAKURO)

 

www.youtube.com

   

 

TAKUROさんの著書「胸壊」によれば、このアルバムはTAKUROさんが自分の思い通りのアルバムを作らせて欲しい、とメンバーに語ったところから製作が始まったアルバムで、JIROさんがGLAYとしてのバンド・マジックというよりTAKUROくんの頭の中にある世界観をどう音として表現するか考えて作った」というコメントをしているようにGLAYというよりもTAKUROさんの音楽性や嗜好が随所に現れたアルバムとなっています。ですのでGLAYファンの中でも好みの分かれるアルバムではあるかもしれませんね。

それでは行ってみましょう!

 

   

 

第3位 Father & Son

 

メロディーや歌詞とともにセンチメンタルな雰囲気の漂う1曲です。

私にとって、この歌が本当に沁みるのはおそらくもう少し先なのかもしれませんが、このアルバムは全体的にそういう曲が多いのもの特徴の1つ。

GLAYではTAKUROさんとHISASHIさんは父親を早くに亡くしている...という背景を頭に入れると、より歌詞が深く入ってきます。特にラストのところとか...

 

   

 

第2位 航海

 

このアルバムのリードトラックと言える楽曲。

これもまた、聴けば聴くほどに味わい深くなっていく名曲ですね。

Bメロのところのメロディーの流れが美しく、ここだけで何回もはぁ……って気持ちのいいため息をついてしまうところ。

幼稚園の帰りにやたら聴いていた思い出...

 

   

 

第1位 卒業まで、あと少し

 

25thシングル「Way of Difference」カップリング

 

これはもう......ヤヴァイです。ぐうの音も出ない神曲です。

何が素敵かつ味を感じるって、この曲は卒業ソングではあるんですけど、いわゆる卒業する瞬間ではなく卒業してからしばらくした後が舞台なんですよね。

それでいてタイトルは「卒業まで、あと少し」…。

私も曲とか作ったりしていますが、こんな歌詞書いてみたいわ...。

 

   

 

というわけで、GLAYの中ではやや特殊な位置付けをされる事もある今作ですが、この他にも「またここであいましょう」も大好きですし

 

www.youtube.com

   

 

「ゆるぎない者達」なども人気の高い名曲です。

どっちかといえばスルメアルバムみたいなかんじですね!

 

ではでは(´∀`)