UEFAチャンピオンズリーグ18-19、グループリーグ大予想!グループA〜D編

いつも行くカフェやたら混んでてすげぇ隅っこの席に追いやられてる。

 

どーもこんばんは

 

階段の真下だから立ったら頭打ちそうな状況で執筆中でございます。

 

さてさて、欧州各国リーグ戦も開幕を迎えました。

 

   

 

となると、次に開幕を待たれる舞台は勿論あの大会になります。

 

UEFAチャンピオンズリーグです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910173117j:image

   

その競技レベルはW杯をも上回るとも言われている、サッカーファンにはもはや説明不要と言ってもいいヨーロッパNo.1クラブを決める世界最高峰の大会です。

昨シーズンはレアル・マドリードが決勝戦リバプールを3-1で下して優勝し、15-16シーズンから3連覇を達成。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910173856j:image

   

レアルは13-14シーズンも優勝を飾っており、その翌年の14-15シーズンはFCバルセロナが優勝するなどここ5シーズンは全てスペイン勢がチャンピオンズリーグを制覇。その間にアトレティコ・マドリードも2度決勝に進出している事からスペイン勢が覇権を握り続けていると言ってもいいでしょう。

果たしてレアルが4連覇を成し遂げるのか、バルサアトレティコのスペイン勢がリベンジを果たすのか、そしてスペインの覇権を別の国のチームが奪い返すのか…今からワクワクは止まりません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910174055j:image

   

というわけで今回のブログは、先日グループリーグの組み合わせ抽選会が行われましたので、グループリーグ突破予想を行いたいと思います!

 

   

それでは早速始めてみましょう。

順位の横に記載している記号は

◎→突破濃厚

◯→突破の可能性高め

△→微妙

▲→厳しい

という意味合いです。

あくまで個人的な予想なので、話半分くらいの感覚でお楽しみください!

 

   

グループA

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910212622j:image

   

◎1位 アトレティコ・マドリード(スペイン)

◯2位 ボルシア・ドルトムント(ドイツ)

◯3位 ASモナコ(フランス)

▲4位 クラブ・ブルージュ(ベルギー)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910212753j:image

   

1位通過はアトレティコで盤石でしょう。チェルシー、ローマと同居してしまった昨シーズンはグループリーグ敗退の憂き目に遭いましたが、今年は突破は順当にいけると考えていいグループだと思います。

2位通過はなかなかに悩ましいところで、ドルトムントにしてもモナコにしても決め手に欠けるところです。そう考えるとモナコはリーグでも少し開幕で躓いた事が示すようにファビーニョやルマルといった主力退団の穴埋め作業が先決となる為、序盤戦のコンディションも鍵を握るCLでは苦汁を舐める事になるのでは、と思います。

 

   

グループB

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910212818j:image

   

◎1位 FCバルセロナ(スペイン)

◯2位 トッテナム・ホットスパー(イングランド)

△3位 インテル・ミラノ(イタリア)

△4位 PSVアイントホーフェン(オランダ)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910213446j:image

   

今シーズンのCLで最も過酷なグループと目されているグループB。とはいえ、やはりこの中でも戦力やチームとしての総合値を見るとダントツでバルサ、次にトッテナムという構図はハッキリしているんじゃないかな、というのが個人的な感想です。

ただそれでも、今シーズンもスタートダッシュを見事に決めたPSVや久々にCLに帰ってきたインテルも、バルサは厳しくてもトッテナムは出し抜ける可能性はあると思うので、いずれにせよバルサ戦の戦績がモノを言うグループになるのではないでしょうか。

 

   

グループC

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910213514j:image

   

○1位 リバプール(イングランド)

○2位 SSCナポリ(イタリア)

○3位 パリ・サンジェルマン(フランス)

▲4位 FKレッドスター(セルビア)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910213537j:image

   

グループ全4チームの力の拮抗具合はB組の方が小さいですが、予想についてはこのグループの方が難しかったです。

その中でこの予想になった理由としては、今シーズンからパリの監督に就任したトゥヘルがどこまでパリを自分のチームにできるかが未知数というところ。トゥヘルは癖のある監督ですから、それでも戦力的にリーグアンでは無双出来てもCLでは1年目は少し苦しむのでは…というのが私の予想です。

一方のナポリも新監督が就任しましたが、新監督のアンチェロッティはCLを戦わせたら屈指とも言える監督です。ナポリにとっては何より心強い存在と言えるでしょう。アンチェロッティは前監督のスタイルの良い部分も上手く取り入れてチーム作りを行う事も出来る監督ですから、グループリーグの一つのサプライズはナポリのパリ喰いになるのでは、と思っています。

 

   

グループD

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910213611j:image

   

◯1位 ガラタサライAS(トルコ)

◯2位 FCポルト(ポルトガル)

◯3位 FCシャルケ04(ドイツ)

▲4位 ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180910213619j:image

   

第1パッドにロコモティフ・モスクワが入った事で本命無き、此方も予想困難となったグループ。恐らくロコモティフを除く3チームは一様にラッキーと思った事でしょうが、この3チームの実力差もまた拮抗していると思うので難しくなってきます。

その点では、チームとしての安定感ではガラタサライポルトがやや有利かなと。ブンデスリーガでまさかの連敗スタートとなったシャルケはまずはその建て直しが先決。シャルケもCL経験が豊富なチームですから、巻き返せる可能性は十分にあると思います。

 

    

とりあえず今回はここまで!

グループE〜H編も開幕までに更新します!

ではでは(´∀`)