掌の上とまでは言わないけど〜UEFAチャンピオンズリーグ グループC第5節 パリ・サンジェルマンvsリバプール レビュー〜

テキサスバーガーという誘惑。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、昨日に引き続きまして本日のマッチレビューUEFAチャンピオンズリーグでございます。

今回のカードはグループCの第5節、パリ・サンジェルマンvsリバプールです。

 

 

 

残すところ後2節となったCLのグループステージに於いて、一番混戦状態となっているのがこのグループC。リバプール、PSG、ナポリと強豪チームが3つも揃っている為に当初からこの3チームによる混戦は予想されていましたが、前節レッドスター・ベオグラードリバプール相手に大金星。これにより1位リバプールと2位ナポリが勝点6、3位PSGが勝点5、4位レッドスターが勝点4と全く行方が読めなくなってきています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129034826j:image

 

 

PSGはリーグ・アンでは開幕から全勝でぶっちぎりの首位、リバプールも首位こそマンチェスター・シティに譲っているものの、無敗は今尚キープして2位につけています。リーグでは絶好調同士の両チームの対戦ですが、CLに於いてはまさしくサバイバルマッチです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129034833j:image

 

 

リバプールホームで行われた第1戦ではPSGが2点ビハインドを追いつく粘りを見せたものの終了間際のロベルト・フィルミーノのゴールでリバプールが勝利。今日はどちらが歓喜の瞬間を迎えるのでしょうか。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129040122j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129040128j:image

 

 

直近のリーグ戦からはPSGは4名、リバプールは2名スタメンを入れ替えてこのグループC最大の大一番に挑みます。

PSGのトーマス・トゥヘル監督とリバプールユルゲン・クロップ監督は共にドイツ・ブンデスリーガマインツドルトムントを指揮するなどにたようなキャリアを辿り、師弟対決ともなっています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129060003j:image

 

 

本日の会場はフランス、パリに位置するPSGのホームスタジアム、パルク・デ・プランスです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129035040j:image

 

 

元々自転車競技場として建設され、ツール・ド・フランスの会場にもなっていましたが、1938年のフランスW杯、また1960年の欧州選手間(第1回のEURO)などを機にサッカースタジアムとして利用されるようになりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129035054j:image

 

 

ザ・ローリング・ストーンズミック・ジャガー氏が見守る中行われた試合は、高速カウンターと積極的なプレッシングを持ち味とする両チームの特色通り序盤から激しい展開が進んでいきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129063833j:image

 

 

しかしそんな中でも試合の主導権を握ったのはPSG。11分、中央突破からリバプールバイタルエリアを崩すとキリアン・ムバッペがエリア内折り返し、一度はリバプールDFにブロックされるも左SBのファン・ベルナトがカットインいして右足を一閃。PSGが一点を先制します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129061050j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129061054j:image 

 

 

リバプールも速攻を中心に攻撃の糸口を掴もうと試みますが、本来CBながらもこの頃ボランチで起用されているマルキーニョスを中心としたPSGのDF陣がリバプールの最強3トップに自由を与えず。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129061152j:image

 

 

逆に37分、自陣でボールを奪ったPSGはムバッペとネイマールが2人で一気に左サイドを駆け上がる高速カウンターを発動。ムバッペの折り返しに詰めたエディンソン・カバーニのシュートはリバプールGKアリソン・ベッカーに阻まれるも、こぼれ球をネイマールが押し込んでこれでPSGが2点目。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129061230j:image

 

 

前半アディショナルタイムにはアンヘル・ディ・マリアがサディオ・マネを倒して献上したPKをジェイムズ・ミルナーに決められて1点を返されますが、前半は概ねPSGにとっては理想的な展開、2-1でPSG1点リードで終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129060957j:image

 

 

後半、何とか勝点1さえ拾えればだいぶ有利になれるリバプールは同点弾を求めて攻め込みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129063513j:image

 

 

しかし今日のPSGの守りは前述のマルキーニョスボランチを組むマルコ・ヴェラッティ、CBのチアゴ・シウバ、プレスネル・キンペンベらのチャレンジ&カバーの関係がとにかく完成されていて、モハメド・サラー達もどこか窮屈なプレーを余儀なくされてしまいます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129063527j:image

 

 

リバプールはその後もナビ・ケイタ、ダニエル・スタリッジジェルダン・シャキリと立て続けに攻撃的なカードを投入。しかしPSGの守備は崩さないどころか、隙あらばネイマールやムバッペを主体としたカウンター攻撃に曝されて最後まで苦しい展開は続き、試合は2-1でPSGが勝利。この結果によりグループCはPSGとリバプールの順位が逆転しました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129071026j:image

 

 

リバプールからすれば、普段自分達がやれている得意な事をPSGにそのままやってのけられた形と言えるでしょう。結局のところ、枠内シュートはミルナーのPKの1本に止まってしまい、悔しい結果となってしまいました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129071053j:image

 

 

一方逆に、狙いがぴったりハマって理想的なゲームプランを最初から最後まで遂行できたのがPSG。特に2点目のカウンターは圧巻ものでしたし、今日のリバプールの攻めが迫力を欠いたのはPSG守備陣の頑張りは勿論ですが、常にあの光速カウンターの恐怖をリバプールに与え続ける事が出来ていたからだと思います。お見事でした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20181129071012j:image

 

 

これでややこしくなったのがグループステージ最終節を前にしたグループCの順位表です。3位に転落したリバプールは首位ナポリとの最終決戦に挑み、2位PSGはリバプールを下したレッドスターとの一戦。勝点差的にも3チームのうちどこが泣いて、どこが笑ってもおかしくなくなってきました。最終節は必見です。

 

 

 

Bohemian Rhapsodyギターで頑張ってる。ちょうど挫折したとこ。

ではでは(´∀`)