RK-3はきだめスタジオブログ

気ままに白熱、気ままな憂鬱。執筆等のご依頼はTwitter(@blueblack_gblue)のDM、もしくは[gamba_kyoto@yahoo.co.jp]のメールアドレスまでご連絡お願いします。

J1リーグ2024、前半戦ベストイレブン♡

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240625172451j:image

 

 

 

サザンアルバム!

 

どーもこんばんは

 

 

さてさて、2024明治安田J1リーグは第19節が終了。そうです、前半戦が終了致しました。

つきましては、すごくサクッとJ1前半戦のベストイレブンを考えてみようと思います。というか考えました。みなさまもあーだこーだと言い合いながらぜひご一緒に。

 

 

 

RK-3 UEFA EURO 2024観戦ガイドはこちらから!

 

オリジナルアルバム出してみました!聴いてみてくださいませ。

 

 

 

では前半戦ベストイレブンこんな感じです。ドン。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240625162526j:image

 

 

こんな感じですかね。首位町田と3位ガンバから3人ずつで最多。やっぱり、チームとしての「昨季からの伸び」みたいなところで考えると、必然的に町田とガンバの選手が特筆すべき存在になってくるようにも思います。

特にガンバの場合は、新加入の中谷進之介と鈴木徳真、そして復活の宇佐美貴史が文字通りチーム引っ張り上げた象徴のような感覚があるので、インパクトは大きいのかなと。

 

 

私はガンバファンなんで贔屓目もなんぼか入っている事は否定しませんが…上で挙げた3人+一森純の4人は、誰がやってもこの中から少なくとも2人は入れてくれるんじゃないでしょうか。ただ、前半戦のMVPは贔屓目100%という事でやっぱり宇佐美貴史と叫びたい。叫ばせてくれ。

 

 

 

その中でも1人特筆すべき選手を挙げるとすれば知念慶でしょうか。川崎時代からフィジカルに優れて守備でも貢献できるタイプのFWではありましたし、ボランチで起用が全くハマらない事は無いだろう…という想像はありましたが、あくまでそれはオプションであり、レギュラー起用に踏み切ったポポヴィッチ監督のコンバートとそれに応えた知念はお見事でしたね。

後は中野就斗。今回は他の選手との兼ね合いもあって上のスタメン表では右WB扱いにしていますが、今季はこれまでの広島で絶対的な立場だった荒木隼人が欠場する試合も多かった中、荒木がいる時の右WBでもいない時の3バックの中央でも素晴らしいプレーを見せた。4バックの右も対応できるでしょうし、3バックを模索している森保ジャパンも結構見えてきた存在なのかなと。

監督に関しては、賛否や好き嫌いはあれど……昇格1年目でこの成績を出されれば黒田剛監督になるのが自然だろうなと。町田の場合、ダークホース的な立場のチームが開幕からの1〜2ヶ月を猛スピードで走る事はこれまでもいくつかあったと思いますが、それを前半戦やり切ったところは見事としか。後は後半戦に対戦相手の対策を含めてどこまで持つかというところでしょうね。

 

 

 

ちなみにBチームと言っては失礼ですが、その他のベストイレブン候補で11人を組むとこういう形になりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20240625170308j:image

 

今回は特にDFに候補が沢山いて迷いましたね。

 

 

水曜日はサンガスタジアム行くわよ。

ではでは(´∀`)