日本代表ロシアW杯最終登録メンバー23人発表

   

 

たった今、ロシアW杯に挑むサッカー日本代表の最終登録メンバー23人が西野朗監督から発表されました!

一応予想してみたメンバー+ガーナ戦の簡単な考察を書いた此方のブログも併せてご覧ください。

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180531154735j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180531155752j:image

   

GK

川島永嗣(FCメス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

DF

長友佑都(ガラタサライSK)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン)

酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

昌子源(鹿島アントラーズ)

遠藤航(浦和レッズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

MF

長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

本田圭佑(CFパチューカ)

乾貴士(エイバルCF)

香川真司(ボルシア・ドルトムント)

山口蛍(セレッソ大阪)

原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

柴崎岳(ヘタフェCF)

大島僚太(川崎フロンターレ)

FW

岡崎慎司(レスター・シティー)

大迫勇也(ブレーメン)

武藤嘉紀(1.FCマインツ)

 

 

   

昨日の予想からは井手口ではなく植田が選ばれた事以外は概ね予想通りでした。

植田を選んだという事は、やはり本戦は3バックで、遠藤は守備的なポジションならどこでもこなせる事を考えるとボランチよりセンターバックの方を多めに呼んでおきたかった、というところでしょうか。

もう1つの気になっていた点としては、結局昨日のガーナ戦には出場しなかった乾貴士のコンディション具合も不安視されていましたが、最終の23人のリストに含まれたという事はメディカルスタッフの方からも、コーチ陣のめからもOKという事になったのでしょう。

賛否両論あるのは当然の事ですが、とにかく23人のメンバーは決定しました。

後は西野監督の決断と選手たちのパフォーマンスを信じるのみです。

 

ではでは(´∀`)