ロシアW杯直前の今だからこそ振り返ろう!第2回 過去W杯日本代表プレイバック〜2010南アフリカ大会〜

......暑っ!

 

どーもこんばんは

 

京都盆地は過酷だぜ。

 

さてさて、日本代表過去W杯プレイバック企画もいよいよ後半戦に突入。

 

今回は2010年南アフリカW杯です!

 

   

 

ドイツW杯での惨敗後、ジェフユナイテッド千葉を強豪に押し上げ、尚且つそのサッカーは日本に合致するとの声が絶えなかったイビチャ・オシムを監督に据えて再起を図りましたが、オシム氏が病に倒れて監督業を続行できない事態に。

そこで緊急登板する事になったのは、フランス大会以来となる監督就任となった岡田武史

アジア最終予選は難なく突破するもオーストラリアを上回れず2位で、W杯イヤーに入ってからは東アジア選手権、実質Bチームだったセルビア代表、そして韓国にそれぞれホームで完敗を喫するなど、あの時の絶望感はハリルジャパン以上だったことは間違いないです。

それでも(あれはあれで釈然としない説明だったとはいえ)田嶋会長の言うコミュニケーションという面や、選手への求心力はまだしっかり持ち合わせていた岡田監督はチームにキャプテン変更、正GK変更、大幅な戦術変更、そして不動のエース中村俊輔のスタメン外しといった劇薬を加えます......そんな南アフリカ大会を振り返ってみましょう。

 

   

 

2010年南アフリカW杯日本代表

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095008j:image

   

監督 岡田武史

コーチ 大木武

コーチ 大熊清

コーチ 加藤好男

GKコーチ 小倉勉

 

登録メンバー(23人)

 

GK

1 楢崎正剛(名古屋グランパス)

21 川島永嗣(川崎フロンターレ)

23 川口能活(ジュビロ磐田)

DF

3 駒野友一(ジュビロ磐田)

4 田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)

5 長友佑都(FC東京)

6 内田篤人(鹿島アントラーズ)

13 岩政大樹(鹿島アントラーズ)

15 今野泰幸(FC東京)

22 中澤佑二(横浜F・マリノス)

MF

2 阿部勇樹(浦和レッズ)

7 遠藤保仁(ガンバ大阪)

8 松井大輔(グルノーブル・フット38)

10 中村俊輔(横浜F・マリノス)

14 中村憲剛(川崎フロンターレ)

17 長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)

18 本田圭佑(CSKAモスクワ)

20 稲本潤一(川崎フロンターレ)

FW

9 岡崎慎司(清水エスパルス)

11 玉田圭司(名古屋グランパス)

16 大久保嘉人(ヴィッセル神戸)

19 森本貴幸(カターニャ)

 

予備登録メンバー(7人)

DF徳永悠平(FC東京)

DF槙野智章(サンフレッチェ広島)

MF石川直宏(FC東京)

MF小笠原満男(鹿島アントラーズ)

MF香川真司(セレッソ大阪)

FW前田遼一(ジュビロ磐田)

FW田中達也(浦和レッズ)

サポートメンバー(4人)

DF山村和也(流通経済大学)

DF酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF香川真司(セレッソ大阪)

FW永井謙佑(福岡大学)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180803084732j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095125j:image

 

   

 

グループE 第1節

日本1-0カメルーン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095139j:image

 

2010年6月14日16:00@フリー・ステイト・スタジアム(ブルームフォンテーン)

日本得点者:本田圭佑(39分)

 

   

 

グループE 第2節

オランダ1-0日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095150j:image

 

2010年6月19日13:30@モーゼス・マヒダ・スタジアム(ダーバン)

オランダ得点者:スナイデル(53分)

 

   

 

グループE 第3節

デンマーク1-3日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095206j:image

 

2010年6月24日20:30@ロイヤル・バフォケン・スタジアム(ルステンブルク)

デンマーク得点者:トマソン(81分)

日本得点者:本田圭佑(17分)、遠藤保仁(31分)、岡崎慎司(87分)

 

   

 

ベスト16

パラグアイ0-0日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524095218j:image

 

2010年6月29日16:00@ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム(プレトリア)

 

   

 

総評

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180524094958j:image

   

まさしく崖っぷちという言葉が相応しいかったのが大会直前の岡田ジャパンでしたが、今流行りの言葉にあやかると「まだ崖の下に落ちたわけではなかった」のも事実でした。

そこから一世一代のギャンブルに打って出た岡田監督も、そしてそれを見事ピッチの上で体現し、決勝トーナメント進出を決めた選手達も素晴らしいです。

そもそも最近では、海外組の選手が増えた事もあって「ベスト16には行かないといけない」という風潮が出来ているようにも感じますが、そもそも32チーム中の16チームという事は、世界の強者の集まるW杯で半分より上に行かなくてはならない...これがどれほど難しいか、という事ですよね。

 

ガンバファン兼サンガファンとしてもたまらない大会でした。

 

ではでは(´∀`)