そして儚くウル虎ソウル(阪神vsDeNA観戦日記です。)

たけびしスタジアム京都…。

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、突然ですが…皆さんはジンクスというものをどれだけ信じますか?

ジンクスといえば、色々なものがあります。サッカーで言うと「ワールドカップの前年にバロンドールを受賞した選手のいるチームはワールドカップで優勝できない」とかミック・ジャガーに優勝予想されると負ける」とか、一時期話題になった前田遼一にシーズン初ゴールを決められるとJ2に降格する」とか。それ以外にももっとシンプルに「誰々が試合を観に来ると勝てない」なんてローカルなジンクスもあったりしますね。雨男や晴れ男だってその一つの類と言えるでしょう。

とはいえ、ワールドカップ優勝系のジンクスみたいにそもそも優勝の可能性自体が極端に少ないものを除けば、こういうジンクスというものは得てして、ネタにされたりネタにするようになったらジンクスは解かれてしまうものだったりもします。今回はそんな、自らのジンクスを解こうと、己の負け運をネタとして切り売りしまくった悲しい男の物語です。スポーツ観戦日記vol.34、阪神タイガースvs横浜DeNAベイスターズ編、はじまりはじまり。


 

 

6月に阪神vs楽天の試合を観に行った時点で、阪神タイガースを愛する私の甲子園での勝率が1勝1分7敗3雨天中止になってしまいました。挙句、阪神ファンの友人からは「お前はもう京セラだけ行ってろ」とまで言われる始末。

しかしそれもそうです。なぜなら、雨天中止を目の当たりにした3試合を除き、しっかりと試合結果が出た試合はこれまで9試合。次観に行って負けるような事があれば、遂に勝率は10%となってしまいます。阪神ファン歴かれこれ15年、投手風に言うと1勝8敗、打率で言うと.100。…クビです。選手なら間違いなくクビです。打率なんてピッチャーより平気で低いのです。

そんな中、試合の3日前…結構ギリギリのタイミングではありましたが、ちょうど7月25日は私も暇でしたし、友人からのお誘いに乗って甲子園への戦いに向かう事になりました。

対戦相手は横浜DeNAベイスターズシーズン序盤は10連敗を喫するなどして不振が続きましたが、その後は好調を取り戻してこの試合の時点では2位につけていました。そんな好調なチームですが、阪神にとって横浜は「横浜セラピー」とすら言えるほどの相性の良いお得意様チーム。しかもこの日は「ウル虎の夏」と題された阪神夏の恒例行事で、限定ユニフォームまで貰える景気の良い日でもあります。これまでこの話を散々してきた。そろそろネタに出来なくなる=ジンクスが途切れる時が近づいている。そんな確信を胸に、甲子園に向かう時は私の負け運を積極的に弄ってくる1人でもある母親に「期待しといてくれや」と回収される事を切に願うフラグを立て、阪神電車に乗り込みました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731152110j:image

 

 

…実はこの時、私はかなりヘビーな体調不良を抱えていました。頭痛とか鼻炎とか少しの吐き気とか…。しかし、ある意味でこれは勝利に向かう代償のような気もして。

勝利とはそう、時に痛みを伴うものです。思えば、唯一の勝利と唯一の引き分けを経験した時は中止にならない程度の雨が降っていて、屋根のない甲子園ですから、それなりに過酷な観戦環境でもあったと言えるでしょう。だからこの体調不良も一つの糧のように感じられて、きっとこれは勝利への伏線なんだ…そう思う事が出来ました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731152631j:image

 

7月25日時点で派閥的に一番立ち振る舞いに困っていそうなポジションにいらっしゃった遠藤章造さんが本日のゲストでした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731154515j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731154510j:image

 

 

いい感じにイキりながら有頂天。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731154914j:image

 

いい感じの空の色に染まる甲子園。鳥谷敬もスタメンだ!今日こそは勝利しかない。もう勝利以外見えない。だってそれだけの準備を積んできたら。後は9回…いや、10回11回12回だって良い。勝利の瞬間に雄叫びを上げ、ジェット風船を飛ばし、そして…六甲おろしを高らかに歌うのだ…!もう後はそれだけが出来れば良いんだ。さぁ、いよいよ…プレイボール!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731155343j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731155347j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731155354j:image

 

 

 

 

※ここで皆様にお知らせです。この試合、特に面白い事も無く打てず鳥谷のエラー出塁以外では一度も2塁を踏まないまま淡々と点を取られてしれっと負けましたので試合描写を大幅カットさせて頂く代わりに後ろの席におばちゃんの言葉をご紹介致します。「今季一番クソ。」

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190731155614j:image

 

 

GONE WITH THE WIND

ではでは(´∀`)