ポジティブ〜明治安田生命J3リーグ第2節 ガンバ大阪U-23vsセレッソ大阪U-23 マッチレビュー〜

ヤットさんグッズ何か買おうかしら。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビュー2020明治安田生命J3リーグ第2節、ガンバ大阪U-23vsセレッソ大阪U-23の一戦です!

 

 

 

何気にU-23をこのマッチレビューで取り上げるの初めてかもですね。

先週から開幕したJ3リーグですが、文字通り23歳以下の若手(+オーバーエイジ)で構成されるガンバ大阪U-23カマタマーレ讃岐との開幕戦を敵地で3-2で勝利しました。今日はホームパナスタでのセレッソ大阪U-23との試合…言ってしまえば、大阪ダービー第2ラウンドです。

昨日、トップチームはセレッソに1-2で敗れる悔しい結果に終わりました…。

 

 

トップの仇を取り、そしてトップにプレッシャーを与えるような試合に期待したいところです。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705191313j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705185535j:image

 

システムはトップチーム同様に3-1-4-2。GKにはガンバユースの吉川直輝が入り、前節讃岐戦ではメンバー外となっていた黒川圭介、松田陸もスタメンに名を連ねました。


f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705185532j:image

 

本日の会場は大阪府吹田市パナソニックスタジアム吹田です。

昨日の大阪ダービーで使用された応援ボードをそのまま使用し、今日もスタンドは青と黒のガンバカラーで染まり上がっています。J3のクオリティではないロケーションですね……。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705185754j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705185750j:image

 

 

前半からガンバはアンカーに入った市丸瑞希を中心に上手くボールを繋ぎ、全体的に両WBやツートップも機能的に動いて良い形、チャンスになりそうなシーンは何度か作りました。

ただ、最後の決定機に持っていく場面にはなかなか持ち込めなかったのに対し、チャンスの数に関しては逆にセレッソの方が多く、前半20分台にはポストにも当たるシュートシーンが連発。展開としてはそこまでどちらの方が押してる…という程ではなく、昨日のスローペースな大阪ダービーに対してなかなかスリリングな展開で前半を0-0で終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705212820j:image

 

ガンバは後半から白井陽斗、黒川圭介を下げて福田湧矢、伊勢航を同時に投入。前半はセレッソのサイド攻撃に苦しめられた部分もあった為か4バックにシフトして後半を迎えます。

後半は前半以上にガンバが押し気味に試合を進めていき、前線にボールが入って惜しいシーンも何度か生まれましたが、セレッソも最後の最後で固いブロックを組んでシュートシーンまでなかなか持っていけません。終盤には福田のクロスのこぼれ球を市丸が、市丸の折り返しから途中出場の塚元大が惜しいシュートを放ちましたが最後までゴールネットは揺れず。U-23大阪ダービーは0-0のスコアレスドローに終わりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705212820j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200705212836j:image

 

 

見応えのある攻防戦でしたね。全体的にガンバも市丸を中心に内容としては非常に意義ある良い試合、良いパフォーマンスを出せていたと思います。トップで試しても面白いんじゃないか、と思える選手もいましたし、最後の最後でシュートまで持っていければ…というのは少し悔やまれるところですが、ポジティブな気持ちでDAZNを閉じれる試合でした。

 

 

 

【2020明治安田生命J3リーグ第2節結果一覧】

ブラウブリッツ秋田2-0福島ユナイテッドFC

FC今治0-1ロアッソ熊本

藤枝MYFC2-3SC相模原

ヴァンラーレ八戸2-0いわてグルージャ盛岡

YSCC横浜3-4カターレ富山

AC長野パルセイロ3-1アスルクラロ沼津

ガンバ大阪U-23 0-0 セレッソ大阪U-23

ガイナーレ鳥取2-3FC岐阜

鹿児島ユナイテッドFC1-0カマタマーレ讃岐

 

 

もやしが歯に詰まった…。

ではでは(´∀`)