RK-3はきだめスタジオブログ

気ままに白熱、気ままな憂鬱。執筆等のご依頼はTwitter(@blueblack_gblue)のDM、もしくは[gamba_kyoto@yahoo.co.jp]のメールアドレスまでご連絡お願いします。

【J3順位予想】2022明治安田生命J3リーグ順位予想!〜4チームも落っこちてきやがった編〜

お待たせしました

 

 

 

J3開幕です。

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220304210433j:image

 

いよいよ3月12日から始まる2022明治安田生命J3リーグ。今年は18クラブ34試合制で行われるので、リーグの試合数としてはJ1と同じですね。昨年まではチーム数が奇数の状態が続いていたのが今年は偶数に戻った為、「今節おやすみ(試合なし)」のチームが無くなったのは観る側としてはわかりやすくなったのでは。

 

 

 

さぁ、という訳で今回もJ3順位予想やっていきますよ!

 

 

まぁ、J3はJ1とJ2以上にワケわかんないというか…。特に今年はJ2から4チームも落ちてきて、ワケわからなさと激戦度合いが過去一で熾烈になりそうなJ3。1位から18位までピタリ賞出した人には賞金出ても良いレベルの難易度。当たればみんな万馬券

 

…アホな事言ってないで、とりあえず予想していきますね。

 

オリジナルアルバムの配信も開始したのでそちらも観てね

 

 

 

【2022明治安田生命J3リーグ順位予想】

1位 FC岐阜

2位 SC相模原

3位 松本山雅FC

4位 カターレ富山

5位 愛媛FC

6位 ギラヴァンツ北九州

7位 鹿児島ユナイテッドFC

8位 AC長野パルセイロ

9位 藤枝MYFC

10位 福島ユナイテッドFC

11位 テゲバジャーロ宮崎

12位 アスルクラロ沼津

13位 ガイナーレ鳥取

14位 カマタマーレ讃岐

15位 いわきFC

16位 YSCC横浜

17位 FC今治

18位 ヴァンラーレ八戸

 

 

 

…まぁわかんない。わかんないですよ。今年のJ2昇格予想。

J2順位予想でも同じようなことを述べたんですけど…

 

 

要は今年って、上位カテゴリーから4チームも落ちてきた訳ですよ。4チームも落ちてきたのに昇格枠は2つしかない訳で、降格組がそのまま復帰する事も出来ないし、当然ながら昨季昇格しそびれたチームもその2枠を争う事になるので、予想は尚更わけわかんなくなっちゃうと。

 

 

 

しかも落ちてきた4チームって、松本はJ2でもそれなりのレベルだったスカッドをほぼ維持してJ3に乗り込んできていますし、相模原と愛媛はJ3のレベルじゃない積極補強を敢行。北九州にしても彼らは元々ベースはしっかり構築していたので、右肩下がりと目されるチームはこの中にはいないと思っています。残留組にしても積極的な補強を行ったチームも多いですし。

ただもう、そうなってくるとなんというか……どこが行きそうかなって考えれば考えるほど、岐阜に対して「優勝しそう」「昇格しそう」というより「さすがにいい加減上がれよ…?」という気持ちが強くなってきたというか。J3であれだけの戦力を揃えれば少なくとも昇格はマストですし、よくよく考えてみれば去年も一昨年も同じこと言ってた気もするし。そういう意味も込めて岐阜を優勝予想に置きました。

 

 

それ以外もなかなか難しいんですよね。愛媛も松本も相模原も結構な補強に踏み切って。ただそういう意味では、昨季終盤の流れを汲んだ上での上積みになったのは相模原なのかなーと。高木琢也監督がついているのも強みですね。愛媛は補強はかなり出来た反面、退団した選手も多かったので、前半戦の取りこぼしをどこまで抑えられるか、いかに早くブーストに乗れるかが勝負。近年の石丸清隆監督は以前に愛媛を率いていた時、或いは京都をプレーオフに導いた時とは少しスタンスが違うと思うので、如何に早くベースを構築できるかはキーになってきます。

個人的に注目したいのは富山ですね。石崎信弘監督体制2年目となり、昨季は4位まで持っていきました。その中でJ3得点王である川西翔太とJ1でプレーしていたアルトゥール・シルバを持ってこれたのは大きいです。J3離れした補強を行ったチームも少なくない中、富山はなかなかキープレイヤー的存在になるのでは。

 

 

 

長良河系軍団

ではでは(´∀`)