ジャカルタにて〜アジア大会男子サッカー決勝 U-21日本代表vsU-23韓国代表 レビュー〜

ストックしてたアイスが尽きた瞬間の絶望感

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日2本目のマッチレビューです。

 

アジア大会サッカー男子も遂に決勝。U-21日本代表vsU-23韓国代表の日韓戦です!

 

   

内容は芳しくないものの、ここまでの試合を粘り強く勝ち進んできた東京五輪を目指す森保ジャパン。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901223234j:image

   

2020年東京五輪は開催国である為に予選はありません。それ自体はありがたい事ですが、同時に真剣勝負の場が限られてくるのも事実。

そうなってくると、U-23の範囲内で呼べる人材を全員呼び、プレミアリーグトッテナム・ホットスパーで活躍するソン・フンミンらが兵役免除を賭け、ある意味W杯以上に目を血走らせてガチのガチのガチで臨んでくるこの試合は大きな経験となる事でしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901223725j:image

   

私はガンバファンでもあるので、ファン・ウィジョの事を考えると複雑なところもありますが、形と事情はそれぞれでも、試合前のインタビューで岩崎悠人が言っていたように日本の選手1人1人にとってもサッカー人生を左右する大会の一つ。鬼気迫る勢いで向かってくる韓国相手に怯まず勝利を掴んで欲しいです。

日本代表スタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901223941j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001911j:image

   

出場停止明けの板倉滉を始め、準決勝からスタメンを5人変更して決勝戦に挑みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901224248j:image

   

昨日、なでしこジャパンアジア大会女子サッカーの決勝戦で中国代表にアディショナルタイムの劇的ゴールで勝利して見事優勝。

目指すは男女アベック優勝のみです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901224452j:image

   

ソン・フンミンのみならず、Jリーグでも活躍するファン・ウィジョや海外組且つロシアW杯メンバーでもあるファン・ヒチャンらを擁し、戦力面で上回る韓国に攻め込まれるのは致し方のない展開。それも韓国には兵役免除というこれ以上のないモチベーションと勝たなければならない理由があるので前半から鬼気迫る攻撃を見せてきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902002844j:image

   

それでも、ここまでの6試合で2失点しか許していない日本の守備陣は慌てる事なく落ち着いて対処。攻撃のチャンスこそ作れたとは言い難いものの、同時に失点も許す事なく前半をスコアレスで終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902002835j:image

   

後半戦も終始トップギアで攻め続けたのは韓国。日本ゴールを度々脅かしてくる中、ロシアW杯メンバーの1人でもあるイ・スンウまで投入してさらにギアを踏み入れてきました。

しかし全選手に大きなバックグラウンドを背負う韓国は点が取れないとなってくると生まれてくるのは焦り。時間と共に前がかりになって来ていたので、逆に日本も前半と比べてカウンターで韓国ゴールに迫るシーンが少しずつ増えて行きます。

試合のボルテージはグングン上がり、一進一退の展開のまま90分が終了。試合は延長戦に向かいます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001946j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902094445j:image

   

延長戦、日本はキックオフ早々ボールを失ってピンチを迎える嫌な始まり方。そしてその予感が的中するかのように93分、ソン・フンミンの突破から最後はイ・スンウ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901234642j:image

   

どうしても広告看板に登りたかったようで、なんかごちゃごちゃわちゃわちゃ悪戦苦闘してたイ・スンウ…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901234754j:image

   

90分に渡って韓国の猛攻を粘り強いディフェンスで凌いできた日本もこの辺りで何かが切れてしまったのか、101分にはセットプレーからファン・ヒチャンに決められて2失点目を喫し、2点ビハインドで延長前半が終了。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180901234951j:image

   

守備重視のシステムだった日本は、初瀬亮を投入して攻撃的な4バックにシステム変更。ジリジリと減っていく時間に今度は追い込まれる立場になった日本は、ファン・ウィジョだけを前線に残して守備に達した韓国ゴールに攻め入り始めます。

迎えた115分、右からのコーナーキックから両利きでお馴染み初瀬の絶妙なボールに頭で合わせたのは上田!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902094501j:image

   

1点を返し、反撃に打って出る日本。しかし延長前半で背負ってしまった2点のビハインドは重くのしかかり、延長前半までの105分とは真逆でガチガチにゴール前を固めた韓国の守備を破り切れず試合は1-2で敗北。

惜しくも日本代表は準優勝、銀メダルという結果になりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902094708j:image

   

悔しい結果に終わってしまいましたが、U-23の大会をU-21で挑んだ日本に対し、U-23で呼べるだけの選手を全て呼んでオーバーエイジまで送り込み、ソン・フンミンというワールドクラスの選手やロシアW杯出場メンバーもガッツリ招集してくるなど戦力面で大きく上回っていた韓国を相手によく守ったなと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902002019j:image

   

一つ悔やまれるのは、前田大然がこの決勝戦を負傷で欠場してしまった事でしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902002247j:image

   

今大会を通じては必ずしも好調では無かったとはいえ、韓国が後半に思いっきり前がかりになっていた事を考えると、この試合こそ前田が自分の持ち味を120%活かせる舞台が揃っていたのでは…と思うのが、タラレバとして考えてしまうところです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902002053j:image

   

7試合を通じて粘り強い守備で勝ち上がった日本ですが、その反面攻撃がやや迫力不足の感が否めなかった事が決勝で先制点を奪われた後、攻め手に欠けてしまった一因ではあるかもしれません。

ですが日本は韓国ではないので、この世代の本番はあくまで2年後の東京オリンピックです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001155j:image

   

自国開催のオリンピックという、選手としては間違いなく一生に一度の大舞台で輝けるよう、出来る事は全てやり尽くして2020年を迎えて欲しいです。

そして当面の目標としてはアジアカップ2019も待っています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001826j:image

   

森保一監督がA代表と兼任している以上、この世代からの引き上げも当然あるでしょう。

9月の代表戦のメンバーは発表済みですが、恐らく10月の代表戦も今回同様メンバーを試すと予想されます。

 

 

 

若い世代から誰がアジアカップの切符を手にするのか、そこにも注目していきたいですね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001614j:image

   

なんにせよU-21日本代表の皆さんお疲れ様でした……と言いたいところですが、すぐにJリーグが待っているので、頑張ってください!

岩崎、初瀬、頼むで(╹◡╹)

 

ではでは(´∀`)

 

   

 

P.S.

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180902001712j:image

   

早く帰ってきてくれ!