そろそろマネ、サラー、フィルミーノの3人にMSNとかBBC的な名前付きそう〜プレミアリーグ第5節 リバプールvsサウサンプトン レビュー〜

何年か振りくらいにテンプルランやったらそこそこ面白かった。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、日付も変わりまして、またまたマッチレビュー更新です。本日のカードはプレミアリーグリバプールvsサウサンプトンです。

 

www.rrr3k.com

   

開幕5連勝を飾り、同じく開幕5連勝のチェルシーに得失点差で下回って2位ではあるものの、これ以上のないスタートを切る事が出来たリバプール先日のチャンピオンズリーグでもパリ・サンジェルマン相手に見事なゲームで勝利を収め今まさに絶好調。開幕6連勝にも期待がかかります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233130j:image

www.rrr3k.com

   

一方のサウサンプトンは1勝2分2敗となんとも言えない立ち上がりで現在13位。今年こそはヨーロッパリーグ出場圏内に入る為にも、リバプールの連勝を止める事で勢い付きたいところ。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923001156j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922232031j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233028j:image

   

リバプールは先日のチャンピオンズリーグからスタメンを2人変更。また前線の配置を少し弄ってきましたね。

サウサンプトンはチーム得点王のダニー・イングスが今日は欠場の為、シェーン・ロングがセンターフォワードの位置に入ります。開幕から未だリーグ戦での出番の無い吉田麻也はベンチスタートです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233014j:image

   

立ち上がりから戦前の予想通りリバプールが攻め込む展開。サウサンプトンもそこまではプラン通りで、時折隙をついて鋭いアタックを仕掛けようと試みるもののやはり先制点はリバプール10分にシャキリのシュートがサウサンプトンDFに当たって軌道が変わったボールが更にサウサンプトンDFのフートに当たってゴールイン。オウンゴールで試合が動きます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233144j:image

   

サウサンプトンも何とかして攻めようと前への推進力を強めて行き、実際にチャンスは何度か訪れましたが試合の主導権を握るまでには至らず。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923190412j:image

   

逆に21分にはCKからジョエル・マティプに頭で合わせられてリバプールが追加点。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922235545j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233350j:image

   

シャキリマティプ今シーズン初スタメンを飾った2人がユルゲン・クロップ監督の期待にそれぞれ応えてリードを2点に広げます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922234033j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011130j:image

   

さらに前半アディショナルタイムにはシャキリのFKのこぼれ球をモハメド・サラーが詰めて押し込み、3-0とリバプールからすれば完璧な試合運びで前半終了。強ぇなぁ…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922235524j:image

   

後半に入ってもファン・ダイクの負傷退場というアクシデントこそあったものの優勢に試合を運んだのはリバプール3点リードしている余裕もあってか前半ほどガンガン攻めという訳ではありませんでしたが、しっかり主導権をキープし、サウサンプトンに攻め入る隙を与えません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923010943j:image

   

終盤には連続波状攻撃から最後はサラーがゴールネットを揺らします。結局これはオフサイドでノーゴールとなり、後半は追加点は奪えませんでしたがリバプールが3-0と危なげなく快勝を収めました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011009j:image

   

90分を通して今のリバプールの状態の良さ、強さをまざまざ見せつけられた試合となりましたね。リバプールは一度カウンター攻撃が始まれば、サラー然りサネ然りフィルミーノ然り、確実にフィニッシュで終わらせる事の出来る人材が揃っています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011043j:image

   

まさしく波状攻撃という言葉のよく似合うチームで、今日の幻の4点目はその象徴とも言えるシーンだったのではないでしょうか。 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011114j:image

   

リバプールもそうですしチェルシーも絶好調ですから、マンチェスター・シティ独走で進む事も予想されたプレミアリーグにも、面白い展開が待っているかもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011100j:image

   

ではでは(´∀`)