日本勢4チームのACL登録メンバー予想〜今年も外国籍枠どうなるのかしら〜

【ブログを読む前に♡】

AFCチャンピオンズリーグ2021は日程変更により6月に開催される事になりました。

その為、冒頭は3月に更新したものをそのまま残していますが、実際のメンバー予想のところに関しては6月18日に書き直しており、6月18日次点でのデータになっています。

 

その為、冒頭の部分に関してはさーっと説明程度で流していってください!

 

 

 

 

 

 

 

なぜクラシカロイドはメインテーマだけサブスク無いのでしょう…。

 

どーもこんばんは

 

 

さてさて、AFCチャンピオンズリーグ2021の日程が発表されましたね。

 

 

 

 

開催地まだ決まってない。

 

 

 

中国2チーム出れない。

 

 

 

いやーん。

 

 

 

カオス。

 

 

 

…まぁ、確かにパンデミックは影響してますよ。でもAFC×COVID-19の組み合わせなんてカオスまっしぐらじゃないですかぁ…。

 

 

冗談はともかく(冗談でもないけど)、日本勢のACL川崎フロンターレ名古屋グランパスが4月21日、ガンバ大阪が4月22日が初戦、プレーオフからの参戦になるセレッソ大阪は4月14日(本戦出場が決定すれば4月22日が初戦)となっています。

そして近年、Jリーグクラブにとって一つの悩みどころとなっているのがACL登録メンバー問題です。

 

 

 

ACLのメンバー登録で主に重要なのは以下の3点。

 

・登録人数は18〜30人

・外国籍選手は3人+AFC加盟国選手(所謂アジア枠)1人の最大4人

・メンバー変更が可能になるのはベスト16終了後(=ベスト8前)

 

このうちJクラブにとって最もややこしくなるのが「外国籍選手は3人+AFC加盟国選手(所謂アジア枠)1人の最大4人」という部分です。

2018年大会まではJリーグACLの外国人選手枠が同じだったので、そこまで大きなポイントとして捉えられる事はありませんでした。しかし2019年からはJリーグに於ける外国籍選手登録人数が無制限となり、J1では出場可能人数も5人に増加。この制度変更はリーグ戦にはメリットをもたらしていますが、ACLとのズレは生じるようになりました。要するに、レギュラー外国籍選手を5人擁するチームであれば必然的に一人は確実にACLに登録出来ず、5人の中にアジアの選手がいなければ3人しか登録出来ないのです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210304070513j:image

 

2020年にACLに出場したFC東京ヴィッセル神戸横浜F・マリノスの3チームはガッツリこの問題に直面しています。まずFC東京は当時外国人選手が5人在籍していたので、レギュラーとは言い切れなかったMFアルトゥール・シルバがメンバー外になりました。

そして特に大きな影響を及ぼしたのが神戸とマリノスの事例。神戸はMFアンドレス・イニエスタ、DFダンクレー、MFセルジ・サンペール、DFトーマス・フェルマーレン、FWドウグラスと5人の外国籍選手がいるのはFC東京と同じですが、神戸の場合は内訳がスペインとブラジルが2、ベルギーが1でアジア人が1人もいませんでした。外国籍枠は3+1なので基本は3人。ダンクレーとサンペールが登録外になっています。

更にややこしかったのがマリノス。元々外国籍選手が7人と大所帯ではあった中で、まず5人いるブラジル人選手からFWジュニオール・サントスとFWエジガル・ジュニオをメンバー外にしました。後の2人はDFティーラトンとGK朴一圭だったのですが、タイ国籍のティーラトンは提携国選手枠としてJリーグでは外国籍選手としてカウントされません。ですがACLでは当然外国人選手枠となるので、ティーラトンor朴という選択で朴が外れ、エジガル・ジュニオと朴は日程的な関係もあってJリーグの他チームにレンタル移籍させています。

 

…といった具合に、JリーグACLのレギュレーションが違うので、Jリーグではレギュラーで出している選手がACLでは使えない…という問題が発生するのです。しかもベスト16までメンバーは変えれないので、この辺りの選考には身長差を要します。

 

そこで今回は、日本からACLに出場する4チームのACL登録メンバーを予想してみました。少し早いけど…外国籍枠の関係の参考としてご覧頂ければ幸いです。

 

 

 

名古屋グランパス

(2020年J1リーグ3位)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210304065338j:image

 

グループG

名古屋グランパス(日本)

ジョホール・ダルル・タクシム(インドネシア)

浦項スティーラーズ(韓国)

ラーチャブリー・ミトポン(タイ)

 

試合日程

6月22日21:00[23:00]第1節 vsジョホール(A)@ラジャマンガラ・スタジアム

6月25日17:00[19:00]第2節 vs浦項(H)@ラジャマンガラ・スタジアム

6月28日17:00[19:00]第3節 vsラーチャブリー(A)@ラジャマンガラ・スタジアム

7月1日21:00[23:00]第4節 vsラーチャブリー(H)@ラジャマンガラ・スタジアム

7月4日21:00[23:00]第5節 vsジョホール(H)@ラジャマンガラ・スタジアム

7月7日19:00[21:00]第6節 vs浦項(A)@タンマサート・スタジアム

 

 

名古屋グランパスACL2021予想メンバー

GK1 ランゲラック

MF2 米本拓司

DF3 丸山祐市

DF4 中谷進之介

MF5 長澤和輝

DF6 宮原和也

MF7 阿部浩之

FW8 柿谷曜一朗

FW9 山﨑凌吾

MF10 ガブリエル・シャビエル

FW11 相馬勇紀

DF13 藤井陽也

DF14 木本恭生

MF15 稲垣祥

MF16 マテウス

DF17 森下龍矢

GK18 渋谷飛翔

FW19 齋藤学

GK21 武田洋平

GK22 三井大毅

DF23 吉田豊

MF24 石田凌太郎

FW25 前田直輝

DF26 成瀬竣平

MF27 児玉駿斗

MF30 甲田英將

MF31 吉田温紀

DF28 吉田晃

FW44 金崎夢生

監督 マッシモ・フィッカデンティ

 

外国籍選手枠

→GK1 ランゲラック(アジア枠)、MF10 ガブリエル・シャビエル、FM16 マテウス

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210618193758j:image

 

現時点で名古屋の外国籍選手は3人だけですので、そもそもチームの登録人数が29人なので30人という全体の人数枠を含めても特に何か考慮するべき事項は特にありません。ですので、今季絶望の負傷を負った丸山祐市に関してもとりあえず登録しておく…という可能性は無くは無いのかも。或いはそこはユース選手を登録してかもしれませんが。

 

 

 

ガンバ大阪

(2020年J1リーグ2位)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210304065035j:image

 

グループH

全北現代モータース(韓国)

ガンバ大阪(日本)

タンピネス・ローバーズ(シンガポール)

チェンライ・ユナイテッド(タイ)

 

試合日程

6月25日19:00[23:00]第1節 vsタンピネス(A)@ブニョドコル・スタジアム

6月28日21:00[25:00]第2節 vs全北現代(H)@ロコモティフ・スタジアム

7月1日21:00[25:00]第3節 vsチェンライ・U(A)@ブニョドコル・スタジアム

7月4日21:00[25:00]第4節 vsチェンライ・U(H)@ロコモティフ・スタジアム

7月7日19:00[23:00]第5節 vsタンピネス(H)@ブニョドコル・スタジアム

7月10日19:00[23:00]第6節 vs全北現代(A)@ブニョドコル・スタジアム

 

 

ガンバ大阪ACL2021予想メンバー

GK1 東口順昭

DF3 昌子源

DF4 藤春廣輝

DF5 三浦弦太

MF6 チュ・セジョン

MF8 小野瀬康介

FW9 レアンドロペレイラ

MF10 倉田秋

FW11 小野裕二

DF13 菅沼駿哉

MF14 福田湧矢

MF15 井手口陽介

DF16 佐藤瑶大

MF17 奥野耕平

FW18 パトリック

DF19 キム・ヨングォン

FW20 一美和成

MF21 矢島慎也

GK22 一森純

GK23 林瑞輝

DF24 黒川圭介

GK25 石川慧

DF27 髙尾瑠

MF29 山本悠樹

FW30 塚元大

GK31 加藤大

FW33 白井陽斗

FW34 川﨑修平

FW39 宇佐美貴史

監督 松波正信

 

外国籍選手枠

→MF6 チュ・セジョン(アジア枠)、FW9 レアンドロペレイラ、FW18 パトリック、DF19 キム・ヨングォン(アジア枠)

選外になる可能性の高い主なメンバー

→FW28 ウェリントン・シウバ、FW32 チアゴ・アウベス、DF40 シン・ウォノ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210618194249j:image

 

今季のガンバの外国籍選手枠は7人。単純計算で3人は落選する事になります。まず確定なのはレアンドロペレイラ、パトリック、キム・ヨングォンの3人で、逆に落選が濃厚なのはチアゴ・アウベスとシン・ウォノ。そうなると必然的にチュ・セジョンかウェリントン・シウバの二択になってきます。アジア枠に関してはキム・ヨングォンがいるので、どちらを選んだ場合でも障壁はありません。

小野裕二が復帰した事を考えると、ACLでの経験も豊富なチュ・セジョンのほうが有利でしょうか。そもそもチュ・セジョンはウェリントン以上にACL用の補強…みたいなところありますし。また、一森純が負傷して加藤大智を獲得しているのでGKは5人の大所帯。その為、一旦一森を外してユースから一人連れて行く可能性もあります。

 

 

 

川崎フロンターレ

(2020年J1リーグ優勝)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210304070846j:image

 

グループI

川崎フロンターレ(日本)

北京FC(中国)

ユナイテッド・シティFC(フィリピン)

大邱FC(韓国)

 

試合日程

6月26日21:00[25:00]第1節 vs大邱(H)@ロコモティフ・スタジアム

6月29日21:00[25:00]第2節 vs北京(A)@ロコモティフ・スタジアム

7月2日19:00[23:00]第3節 vsユナイテッド・C(H)@ロコモティフ・スタジアム

7月5日19:00[23:00]第4節 vsユナイテッド・C(A)@ロコモティフ・スタジアム

7月8日21:00[25:00]第5節 vs大邱(A)@ブニョドコル・スタジアム

7月11日17:00[21:00]第6節 vs北京(H)@ロコモティフ・スタジアム

 

 

川崎フロンターレACL2021予想メンバー

GK1 チョン・ソンリョン

DF2 登里享平

MF3 塚川考輝

DF4 ジェジエウ

DF5 谷口彰悟

MF6 ジョアン・シミッチ

DF7 車屋紳太郎

MF8 脇坂泰斗

FW9 レアンドロ・ダミアン

MF10 大島僚太

FW11 小林悠

DF13 山根視来

DF15 イサカ・ゼイン

FW16 長谷川竜

MF17 小塚和季

MF18 三笘薫

FW19 遠野大弥

FW20 知念慶

GK21 安藤駿介

MF22 橘田健人

FW24 宮城天

MF25 田中碧

DF26 神谷凱士

GK27 丹野研太

MF28 山村和也

DF30 田邊秀斗

MF31 松井蓮之

MF41 家長昭博

FW47 旗手怜央

監督 鬼木達

 

外国籍選手枠

→GK1 チョン・ソンリョン(アジア枠)、DF4 ジェジエウ、MF6 ジョアン・シミッチ、FW9 レアンドロ・ダミアン

選外になる可能性の高い主なメンバー

→GK40 イ・キョン

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210618194608j:image

 

元々登録人数が30人に満たされていないので、来季からの入団が内定している松井を含めて29人。GKは岡山からレンタル移籍で獲得しているイ・キョンテが外国籍選手枠により外れる可能性が高く、あと1人登録枠に余裕があるので…特別指定選手枠か、或いはユース選手からGKを1人登録する可能性はあるかもしれません。

 

 

 

セレッソ大阪(※4)

(2020年J1リーグ4位)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210304070908j:image

 

グループJ

広州FC(中国)(※5)

傑志(香港)

ポートFC(タイ)

セレッソ大阪(日本)

 

試合日程

6月26日21:00[25:00]第1節 vs大邱(H)@ロコモティフ・スタジアム

6月29日21:00[25:00]第2節 vs北京(A)@ロコモティフ・スタジアム

7月2日19:00[23:00]第3節 vsユナイテッド・C(H)@ロコモティフ・スタジアム

7月5日19:00[23:00]第4節 vsユナイテッド・C(A)@ロコモティフ・スタジアム

7月8日21:00[25:00]第5節 vs大邱(A)@ブニョドコル・スタジアム

7月11日17:00[21:00]第6節 vs北京(H)@ロコモティフ・スタジアム

 

 

セレッソ大阪ACL2021予想メンバー

DF2 松田陸

DF3 進藤亮佑

MF4 原川力

MF5 藤田直之

DF6 チアゴ

FW9 アダム・タガート

MF10 清武弘嗣

FW13 高木俊幸

DF14 丸橋祐介

DF15 瀬古歩夢

DF16 新井直人

MF17 坂元達裕

MF18 西川潤

MF19 為田大貴

FW20 大久保嘉人

GK21 キム・ジンヒョン

FW22 松田力

DF24 鳥海晃司

MF25 奥埜博亮

DF26 小池裕太

FW28 中島元彦

FW29 加藤陸次樹

FW31 藤尾翔太

FW32 豊川雄太

DF33 西尾隆矢

FW34 山田寛人

MF40 松本泰志

DF43 ダンクレー

GK48 春名竜聖

GK50 松井謙弥

監督 レヴィー・クルピ

 

外国籍選手枠

→DF6 チアゴ、FW9 アダム・タガート(アジア枠)、GK21 キム・ジンヒョン(アジア枠)、DF43 ダンクレー

選外になる可能性の高い主なメンバー

→GK1 ダン・バン・ラム、MF30 喜田陽、FW36 澤上竜二

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210618194741j:image

 

一時は契約破棄すら噂されたチアゴも無事に合流。現在はJ1でもその実力を発揮しています。神戸時代は外国人枠で弾かれる形になったダンクレーも念願のACL参戦と言えるでしょう。タガートとキム・ジンヒョンはアジア枠にも該当します。

一方、GKダン・バン・ラムはベトナム国籍の選手なので、上に書いたティーラトンと同様にJリーグ提携国枠としてJリーグでは日本人選手と同じ扱いで登録できますが、ACLではそれが適用されないので、他の外国人選手が長期離脱…みたいな事にならない限り厳しいかと。

 

 

 

いつもに増してややこしいぞACL!!

ではでは(´∀`)