日本vsガーナ プレビュー!〜キリンチャレンジカップという名の最終サバイバルレース〜

やっぱりマクドのポテトってやっぱり正義だよやっぱり

 

どーもこんばんは

 

やっぱりそうなんだよ、やっぱり...。

 

さてさて、明日5/30はキリンチャレンジカップ日本代表vsガーナ戦、並びに日本代表ロシアW杯壮行試合、並びにW杯最終メンバー選考前最後の試合、並びに西野ジャパンの初戦というまぁそれはそれはてんこ盛りのえげつなさ極まりない一戦でございます。

 

www.rrr3k.com

 

www.rrr3k.com

   

日本代表は現在、上のブログで予想したメンバーからは結構外れた下のブログのメンバーで合宿中。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529122303j:image

   

そこで行われてる紅白戦では、主力チームは主に3-4-2-1を採用している模様でして。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529122455j:image

   

ガーナ戦ではテストの意味も込めて3-4-2-1で臨む可能性が高いと思われます。

本戦でも使うとなると、スタメンは恐らく上記のメンバーに原口or酒井宏樹、槙野or昌子源、宇佐美or香川真司(コンディションが戻る事が前提)という布陣になるのではないでしょうか。

特に原口元気酒井宏樹のところについては、攻撃的に行くなら原口、守備的に行くなら酒井宏樹という使い分け方になるのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529123212j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529123226j:image

   

今回のガーナ戦での重要ポイントはここまで述べたように3-4-2-1の機能具合について。

もう1つはやはり誰が生き残るか、というサバイバルレースでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529123617j:image

   

今回ガーナ戦に向けて選ばれた27人から既に負傷で離脱した青山敏弘を除く26人のうち当確と言えるのは川島永嗣遠藤航昌子源本田圭佑長友佑都柴崎岳原口元気大迫勇也香川真司宇佐美貴史東口順昭武藤嘉紀大迫勇也、山口蛍、長谷部誠酒井宏樹槙野智章酒井高徳吉田麻也の19人。

乾貴士中村航輔コンディションに問題さえなければ招集濃厚と思われるので実質あと2つの収集枠を大島僚太植田直通浅野拓磨三竿健斗井手口陽介で争う形になるのかなと。

 

また、先ほど述べた紅白戦の際に3-4-2-1ともう1組の方のチームは従来の4-2-3-1ではなく4-4-2を採用しているので

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529124816j:image

   

このような形で臨む事も予想されるかもしれません。

なんにせよ、この新戦術において鍵を握るのが長谷部である事には間違いないでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180529124921j:image

   

ガーナも実力のあるチームなのですがそれでこそテストのやりがいがあるというもの。

ぜひW杯に向けて、明るい兆しの見えるような試合にしてほしいものです。

 

ではでは(´∀`)