ロシアW杯直前の今だからこそ振り返ろう!第2回 過去W杯日本代表プレイバック〜2006ドイツ大会編〜

iPhoneの充電器潰れた疑惑

 

どーもこんばんは

 

完全に逝ったわけじゃないけどバイブ止まんねぇ

 

さてさて、今回もまた過去のW杯を振り返ろう企画、今回は2006ドイツW杯編です!

 

   

前回日韓W杯での躍進、さらには1999年のワールドユースナイジェリア大会で準優勝を果たした事から黄金世代など戦力が揃い、史上最強とも謳われたジーコジャパンです。

私がリアルタイムでW杯を観るようになったのはこの大会からですね。決勝のジダンの頭突きも生中継で観ましたし。

ではいってみましょう。

 

   

2006年ドイツW杯日本代表

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523145826j:image

   

2006 FIFAワールドカップ日本代表 - Wikipedia

監督 ジーコ

テクニカルアドバイザー エドゥー

フィジカルコーチ 里内猛

GKコーチ カンタレリ

 

 

 

登録メンバー(23人)

 

GK

1 楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)

12 土肥洋一(FC東京)

23 川口能活(ジュビロ磐田)

DF

2 茂庭照幸(FC東京)

3 駒野友一(サンフレッチェ広島)

5 宮本恒靖(ガンバ大阪)

6 中田浩二(FCバーゼル)

19 坪井慶介(浦和レッズ)

21 加地亮(ガンバ大阪)

22 中澤佑二(横浜F・マリノス)

MF

4 遠藤保仁(ガンバ大阪)

7 中田英寿(ボルトン・ワンダラーズ)

8 小笠原満男(鹿島アントラーズ)

10 中村俊輔(セルティック)

14 三都主アレサンドロ(浦和レッズ)

15 福西崇史(ジュビロ磐田)

17 稲本潤一(ウェストブロムウィッチアルビオン)

18 小野伸二(浦和レッズ)

FW

9 高原直泰(ハンブルガーSV)

11 巻誠一郎(ジェフユナイテッド千葉)

13 柳沢敦(鹿島アントラーズ)

16 大黒将志(グルノーブル・フット38)

20 玉田圭司(名古屋グランパスエイト)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180803084756j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523145917j:image

   

グループF第1節

オーストラリア3-1日本

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523145945j:image

 

2006年6月12日15:00@フリッツ・ヴァルター・シュタディオン(カイザースラウテルン)

オーストラリア得点者:ケーヒル(84分、89分)、アロイージ(90+2分)

日本得点者:中村俊輔(26分)

 

   

グループF第2節

日本0-0クロアチア

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523150003j:image

 

2006年6月18日15:00@フランケン・シュタディオン(ニュルンベルク)

 

   

グループF第3節

日本1-4ブラジル

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523150148j:image

 

2006年6月22日21:00@FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムント(ドルトムント)

日本得点者:玉田圭司(34分)

ブラジル得点者:ロナウド(45+1分、81分)、ジュニーニョ(53分)、ジウベルト(59分)

 

   

総評

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180523150158j:image

   

3バックか4バックかという問題であったり、様々な点から不安要素も多くあったジーコジャパンですが、前述のように史上最強とも言われていた戦力に加え、直前の親善試合ではドイツ相手に2-2と熱戦を繰り広げるなど、期待はかなり高まっていました。

私が生まれて初めて生中継で見たW杯の試合はこのオーストラリア戦。当時まだオセアニアの登録だったオーストラリアとのライバル関係はここから始まる訳ですが、ドーハの悲劇をリアルタイムで観ていない自分にとっては結構なトラウマ試合です。

また、元々柳沢のファンでもあったので全体的にこの大会はやっぱりトラウマでしたよね......加地がクロアチア戦で大車輪の働きだった事は嬉しかったですが...。

ジーコ采配、選手のコンディション、試合時間の問題、あるとかないとか言われている内紛......様々な問題点が噴出し、後味の悪い大会ではありました。

 

ではでは(´∀`)