EAFF E-1選手権(東アジア選手権)も近付いて来たから、国内組だけで日本代表考えてみたブログ〜まさか11月の代表戦メンバーがああいう形になると思ってなかったもんだから10月末にブログ書いて放ったらかしにしてた結果もっと早く更新しとけばと若干後悔していますの柳沢玉田巻〜

ハロウィンなんてとっくの昔に過ぎた事を今ふと思った。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、Jリーグも益々盛り上がりを見せる今日この頃ですが、Jリーグが閉幕すれば興味深い大会が待っています。EAFF E-1サッカー選手権です。

…2015年大会までの名称である東アジア選手権という呼び名の方が馴染みがありますかね。2003年に第1回大会を開催した本大会は、その名の通り東アジアのナショナルチームが総当たり方式のリーグ戦で戦い、東アジア王者を決める大会となっています。出場チームは日本、韓国、中国に加えて予戦を勝ち抜いた1チームが出場。今年は日中韓+香港が出場し、12月10日より韓国で開催されます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191107223004p:image

 

 

…で、この大会には通常の代表戦と大きく異なる点が一つあり、それが特に今の日本代表にとっては大きな意味を持つというか、重要なポイントになってきます。

この大会は国際Aマッチではありますが、国際Aマッチデーではないスケジュールで開催される本大会には海外組が呼べません。要するにJリーグ組だけでチームを構成する事になるんです。これは海外組がそこまで多くなかった2010年大会以前はせいぜい数名の主力が欠けるだけなのでフューチャーされてきませんでしたが、海外組が急増した2013年大会以降は「国内組のテストの場」という側面が強くなり、国内組の選手にとっては大きなアピールの場です。特に、10月の日本代表戦のメンバーで国内組は橋本拳人永井謙佑(ともにFC東京)、畠中槙之輔(横浜FM)と僅か3名のみ。という事は、単純計算で20名は最低でもメンバーが入れ替わる事になる訳です。

という訳で今回のブログでは、独断と偏見でEAFF E-1選手権に挑む日本代表メンバーを考えてみます。

 

 

 

GK

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF

谷口彰悟(川崎フロンターレ)

福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)

室屋成(FC東京)

三浦弦太(ガンバ大阪)

畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

渡辺剛(FC東京)

杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

橋岡大樹(浦和レッズ)

MF

倉田秋(ガンバ大阪)

清武弘嗣(セレッソ大阪)

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

仲川輝人(横浜F・マリノス)

大島僚太(川崎フロンターレ)

小野瀬康介(ガンバ大阪)

橋本拳人(FC東京)

古橋享梧(ヴィッセル神戸)

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

井手口陽介(ガンバ大阪)

FW

興梠慎三(浦和レッズ)

鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191105171021j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191107223038j:image

 

 

…また、今回のE-1選手権では東京五輪世代がどこまでやれるのか」もポイントとして挙げられている一方、1月からAFC U-23選手権が始まる事を考慮し、疲労面から東京五輪世代は招集しないのでは…?とも一部で噂されています。加えて、上記に挙げた倉田と清武はそもそも負傷離脱中ですので、次は負傷組と東京五輪世代を省いて予想してみます。

 

 

GK

東口順昭(ガンバ大阪)

高木駿(大分トリニータ)

中村航輔(柏レイソル)

DF

西大伍(ヴィッセル神戸)

谷口彰悟(川崎フロンターレ)

福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)

室屋成(FC東京)

三浦弦太(ガンバ大阪)

畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

荒木隼人(サンフレッチェ広島)

小池裕太(鹿島アントラーズ)

MF

阿部浩之(川崎フロンターレ)

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

仲川輝人(横浜F・マリノス)

大島僚太(川崎フロンターレ)

小野瀬康介(ガンバ大阪)

橋本拳人(FC東京)

古橋享梧(ヴィッセル神戸)

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

井手口陽介(ガンバ大阪)

FW

興梠慎三(浦和レッズ)

小林悠(川崎フロンターレ)

鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191105171013j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20191107223115j:image

 

 

最近の代表組は海外紙が多くなった事で、E-1選手権には意味合いの違う楽しみ方が生まれるようになりました。過酷な環境、過密な日程が予想されますが、代表入りに向けて猛アピールして貰いたいですね。

 

 

 

トリックオアトリート(in November)

ではでは(´∀`)