3点目の行方〜明治安田生命J1リーグ第24節前倒し分 ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ マッチレビュー〜

えぇ、もう月見バーガーさんの季節なんすか…?

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J1リーグ第24節前倒し分、ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレの一戦です。

 

新型コロナウィルスにより中断・延期されたAFCアジアチャンピオンズリーグは10月に集中開催される運びとなった為、当該期間中に開催されるFC東京横浜F・マリノスヴィッセル神戸の3チームの試合は前倒しで行われる事になりました。「第○節延期分」とはよく聞くけどこういう場合って「第○節前倒し分」って表現で合ってんの……?その為、本日はJ1の3試合…FC東京vs鹿島アントラーズ(第26節)と横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌(第29節)が組み込まれています。

 

 

 

ターンオーバーを敢行した前節、接戦を制して浦和を撃破した神戸はここから波に乗って行きたいところですが、その前に立ちはだかるのは現在首位独走中の川崎。前節は名古屋に今季初黒星を喫して連勝が10で止まり、嫌な流れを引きずらない為にも今日の試合は重要ポイントとして認識しているはずです。勝ちの流れか負けの流れか……両者にとってキーとなる一線になりました。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826190408j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826190405j:image

 

前述のように前節は主力を多く休ませた神戸、シーズンを通じてターンオーバーを敷いている川崎共にスタメンを5人変更。神戸のアンドレス・イニエスタは第11節柏戦で負った負傷の影響でトーマス・フェルマーレンと共に欠場です。システムは両チームとも同じ4-1-2-3の形になりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222258j:image

 

本日の会場は兵庫県神戸市、ノエビアスタジアム神戸です。

変則日程により、本来10月24日に開催予定だった第24節を前倒しして開催しているこの試合ですが、9月2日には同じくノエスタルヴァン杯の準々決勝が、9月9日にはJ1第15節として等々力陸上競技場での川崎戦が予定されているので2週間の間に3回神戸と川崎は戦う事に。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222344j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826211403j:image

 

 

基本的にはポゼッションをベースとする両チームの戦いとなりましたが、前半は比較的ボール支配的には神戸が主導権を持ちつつもあまりリスクは冒さない戦い方で展開していきます。しかし、立ち上がりのドウグラスのシュート以降は静かに試合が進んでいましたが、23分に山根視来のパスを受けた大島僚太がエリア外から撃ち抜くようなシュートを決めて劣勢気味だった川崎が先制。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826211451j:image

 

しかし先制点を奪われた辺りから神戸のボール支配も徐々にチャンスに直結するようになります。30分、ゆっくりとパスを回しながら酒井高徳からの横パスを受けた山口蛍のロブパスにここしかないというタイミングで抜け出した西大伍がワンタッチで決めて同点。更に42分にはボールを持ち運んだダンクレーのクロスにドウグラスが頭で合わせて神戸が鮮やかに逆転を決めて前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222404j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826211550j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222417j:image

 

 

川崎は後半から三笘薫を投入。47分には三笘が早速登里享平スローインを受けて左サイドを抉って小林悠の決定機を演出しますが、小林のシュートは酒井のブロックとクロスバーに阻まれてゴールならず。そして試合はここから早いリズムとダイレクトプレーが抜群に光った神戸ペースで試合が進みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222434j:image

 

神戸は高い位置でボールを奪うとドウグラスや古橋享梧らを中心に小気味のいいパスワークで何度も裏に抜けて川崎守備陣を切り裂く攻撃でチャンスを作っていきます。後半ド頭の決定機を川崎が逃して以降、試合は完全に神戸ペースでした。しかし66分にドウグラスが負傷退場を余儀なくされ、川崎はレアンドロ・ダミアンを投入してFWの枚数を増やしてくると試合の風向きは再び変わり始めます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222451j:image

 

75分、登里のクロスのこぼれ球を三笘が繋ぎ、浮き球のボールを旗手怜央が胸トラップからシュート。この旗手のJリーグ初ゴールとなるゴールが決まって川崎が同点!

その後はダンクレーのシュートがポストに当たったり川崎も川崎で決勝点のチャンスが度々訪れましたが両チームとも3点目を奪う事は出来ず。試合は2-2の引き分けに終わり、神戸は今季初の連勝を逃し、川崎は今季初の連敗を回避するなど引き分けとは言えども多少明暗の別れるドローゲームとなりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222506j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222509j:image

 

 

後半開始から2〜30分くらいは完全に神戸のゲームで、むしろどちらかと言えば「川崎どうした?」と思えるくらい何度も良い形で裏に抜け出す事が神戸は出来ていました。しかしそこで追加点を取れない間に攻め疲れにも似た現象が起き始めて、それはドウグラスが負傷退場してしまったあの瞬間に一気に噴出した…みたいなところでしたね。どちらも勝つチャンスはありましたが、この引き分けにより痛みを感じるのは神戸の方でしょう。あの時間帯に3点目を取れなかったのが全てだった感はあります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222529j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20200826222526j:image

 

 

あっ、そうだ、じゃあメッシ獲ればいいんだ。

ではでは(´∀`)