軸〜明治安田生命J2リーグ第28節 京都サンガFCvsギラヴァンツ北九州 マッチレビュー〜

実際DAZNからCL無くなったのキツい。

 

どーもこんばんは

 

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J2リーグ第28節、京都サンガFCvsギラヴァンツ北九州の一戦です。

 

 

 

9月は好調だったサンガも9月末、そこまでホームでは無敗だったにも関わらず大宮に2-4で敗れてからまた不調に足を突っ込んでしまい、大宮戦以降の戦績は1勝1分4敗。特にあれだけ強かったホームで大宮、新潟、山口のオレンジ色の皆さんに3連敗を喫し、リーグ戦で見ても磐田戦で劇的勝利を飾ったかと思いきや新潟、町田、山口に3連敗を喫してしまいました。プレーオフがない以上、さすがに現実的に厳しくなったと言わざるを得ないJ1昇格。残された可能性は奇跡を手に出来るかどうかくらいです。その為にはまず連敗を止める事、そして今年のJ2のメインキャストである北九州から叩く事……新スタ元年の最終章をどのように彩れるか、終盤戦が始まります。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022021919j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022021923j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022135622j:image

 

サンガは今日は3-1-4-2ではなくピーター・ウタカを最前線に置いた3-4-2-1システムを採用。前節同様GKは若原智哉ではなく清水圭介が務め、庄司悦大に代わりボランチに入った川崎颯太は第13節新潟戦以来、黒木恭平に代わり左サイドの冨田康平は今季初のスタメンに抜擢されています。

 

 

本日の会場は京都府亀岡市、サンガスタジアム by Kyoceraです。

前述のように、一時は長くホーム無敗で要塞かとも思われた新スタもここに来てまさかの3連敗。とはいえ、まだ良い勝率はキープしてるでしょうから、ここから新たな記録を紡いでいきたいところ。ちなみに、前節の山口戦からはアウェイサポーターの入場も解禁されています。アウェイサポの皆さんがキャッキャ言ってくれる日々が始まりましたね…!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022022239j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022022236j:image

 

本日は現地観戦!スポーツ観戦日記はまた後日更新しますね〜。

 

 

 

前半開始早々の3分、サンガにいきなり上夷克典が負傷退場というアクシデントが発生し、6分の段階で安藤淳との交代を余儀なくされます。常に高い位置でラインをキープしたところから攻め込んでくる北九州は、今年のブレイクスターであるディサロ燦シルヴァーノらがサンガDFの錯乱を狙ってきますが、そこはヨルディ・バイスを中心として守備陣がしっかりと対処していきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022140039j:image

 

この日のサンガはウタカと誰かのツートップではなく、ウタカを頂点に置いて仙頭啓矢と曽根田穣の2シャドーの形を取りましたが、ハイライン&ハイプレスでくる北九州に対し、ウタカが決めにいくよりはウタカを起点とした攻撃が目立ちました。21分、自陣でのボール奪取からウタカにボールが渡ると中央で前を向いてボールキープ。そこから裏に絶妙なスルーパスを倒すと、ウタカを追い越して駆け上がった仙頭がGKとの1対1を冷静に制してサンガが先制!仙頭復帰後初ゴール!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022135651j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022135647j:image

 

しかしこのゴールに至る一連の流れで今度は守備の要であるバイスが負傷。前半はそれでもピッチに立ち続けてエネルギッシュなプレーを見せますが、サンガは北九州の高い攻撃力の前に。リードしながらも一抹の不満を抱えたまま前半を終えます。

 

 

 

前述のように、この日のサンガはウタカを頂点に置いたことで仙頭や曽根田の1.5列目からの飛び出し・仕掛けが高い位置からプレスにくる北九州相手に非常に効き、この3人はDFラインの背後に抜け出して度々大きなシュートチャンスを作ります。80分に仙頭のダイレクトパスに抜け出したウタカのチャンスはDF岡村和哉のナイスカバーによってシュートまで持ち込めませんでしたが、追加点の匂いは勿論、北九州の反撃の牽制は終始出来ていました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022140059j:image

 

前半に負傷したバイスも57分にはプレー続行不可能となり途中交代。入った上月壮一郎が右に入り、飯田貴敬が3バックの位置に降りた慣れない布陣となったサンガは直後にディサロに裏抜けされるピンチを作られますが、これをGK清水が落ち着いて対処するとその後はDF陣も安定を見せてきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022140131j:image

 

北九州にボールを持たれる時間こそ長かったものの、決定的な機会は最後までそんなに与えず、むしろロングカウンターで北九州に猛攻をさせ切らなかったサンガ。最近は不調気味だったものの、今日に関しては非常に合理的な戦いぶりで上位チームに勝利!連敗とホームでの連敗を共に3でストップさせました!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022140147j:image

 

 

川崎や冨田など出場機会の少なかった選手も良いアピールを見せていましたし、最初こそバタついたもののバイスがいなくなってからも一定の安定感は保ち続けることが出来ていました。北九州にボールを持たれる時間は長かったですが、試合のペースとしては別に北九州が主導権を握っていたわけでも無かったですし。攻撃には結局、出し手としてもウタカの重要性が改めて強調される結果になったのでウタカ依存解消はまだ当分先になりそうですし、J1昇格は相当厳しくなった現状ではありますが、確実に価値のある勝点3ではあったと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201022140156j:image

 

 

【うれしはずかしじゅんいひょうのコーナー】

 

明治安田生命J2リーグ第28節

京都サンガFC1-0ギラヴァンツ北九州

水戸ホーリーホック1-1モンテディオ山形

ザスパクサツ群馬1-0ヴァンフォーレ甲府

ジェフユナイテッド千葉2-0ツエーゲン金沢

東京ヴェルディ0-0ジュビロ磐田

松本山雅FC1-1大宮アルディージャ

アルビレックス新潟1-1ファジアーノ岡山

レノファ山口FC0-3徳島ヴォルティス

愛媛FC1-4V・ファーレン長崎

栃木SC4-1FC琉球

 

1位 アビスパ福岡(56)

2位 徳島ヴォルティス(55)

3位 V・ファーレン長崎(50)

4位 ギラヴァンツ北九州(47)

5位 アルビレックス新潟(44)

6位 ヴァンフォーレ甲府(42)

7位 京都サンガFC(41)

8位 東京ヴェルディ(40)

9位 モンテディオ山形(39)

10位 ジュビロ磐田(38)

11位 栃木SC(38)

12位 ツエーゲン金沢(38)

13位 水戸ホーリーホック(36)

14位 FC町田ゼルビア(36)

15位 ファジアーノ岡山(36)

16位 ジェフユナイテッド千葉(35)

17位 大宮アルディージャ(35)

18位 ザスパクサツ群馬(29)

19位 FC琉球(27)

20位 松本山雅FC(26)

21位 レノファ山口FC(26)

22位 愛媛FC(22)

 

11連勝中だった福岡の連勝が遂にストップ。止めたのは町田でしたが、引き分けに終わったので連続無敗試合は14試合に伸ばしています。徳島と長崎が勝利した一方で甲府が下位の群馬に敗戦。新潟、東京V、山形も引き分けで足踏みした事でサンガは7位に浮上しています。また、今節で下位の松本に勝ちきれずドローに終わった大宮は遂に17位まで落ちてしまいました。

 

 

現地観戦3連勝ォ!

ではでは(´∀`)