G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜

気ままに白熱、気ままな憂鬱。執筆等のご依頼はTwitter(@blueblack_gblue)のDM、もしくは[gamba_kyoto@yahoo.co.jp]のメールアドレスまでご連絡お願いします。

【カタールW杯開催スタジアム】2022 FIFAワールドカップカタール大会、試合会場となる5都市8会場の全スタジアム紹介とスタジアム別試合日程

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401234453j:image

 

さて、2022FIFAワールドカップの組み合わせが2022年4月1日に行われ、各チームの試合会場が確定致しました。

今回は2022年11月21日より開幕するカタールW杯にて使用される、5都市8会場の全スタジアムを紹介していきたいと思います!また、スタジアム毎の試合日程も記載していきます。

 

 

手前味噌ではありますが、11月から始まる本大会を観戦する上でも使えるブログになっておりますので、今から大会に思いを馳せて見るもよし、今年は過去のW杯と比較しても現地に行ける人は少ないでしょうから、疑似観戦体験にするもよし……ブックマークなり読者登録なんなりしていただけると幸いです!

 

※キックオフ時間は( )内に記載した時間が日本時間となっております。

 

 

オリジナルアルバム出してみました!聴いてみてくださいませ。

 

 

 

アル・バイト・スタジアム

★開幕戦会場

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401234543j:image

 

場所:アル・ホール

開場:2021年

収容人数:60000人

主な開催イベント:2021FIFAアラブカップ(決勝戦会場)、2030年アジア競技大会サッカー競技(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401234601j:image

 

遊牧民のテントを想起させる「ザ・中東感」が前面に押し出しされた外観が魅力的な大型スタジアム。スタジアムの名前は前述の遊牧民のテントの名前に由来しているが、日本人が「アルバイトスタジアム」と検索すると球場バイトの求人ばかりが引っかかるので、律儀に「・」を挟むか「カタール」を添えて検索するのがおおすめ。ちなみに「バイト」はアラビア語では「家」の意。カタールW杯のプレ大会として行われた2021FIFAアラブカップではアルジェリアvsチュニジアの決勝戦が行われた。

このスタジアムでは記念すべき開幕戦が行われる予定で、夏ならず冬のサッカーの祭典はここから始まる。サステナビリティを重視したスタジアムを目指して設計されており、評価機関からもクラスAの評価を受けた。外観のみならず内装にもユニークな設計が為されており、スタジアム内に96部屋設置された特別観覧ボックスにはベッドが置かれ、試合観戦のみならず客室としてもそのまま使用可能。大会後には上段スタンドを撤去し、ショッピングセンターや多目的ホールなど様々な施設を設置する予定となっている。

今大会は8会場のうち7会場が首都ドーハから近い位置の会場だが、唯一アル・ホールだけ少し離れた位置の都市。ペルシャ湾に面した街は港町として知られており、それに因んだ観光スポットも多い。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月20日19:00(25:00)[A]カタールvsエクアドル

11月23日13:00(19:00)[F]モロッコvsクロアチア

11月25日22:00(28:00)[B]イングランドvsアメリ

11月27日22:00(28:00)[E]スペインvsドイツ

11月29日18:00(24:00)[A]オランダvsカタール

12月1日22:00(28:00)[E]コスタリカvsドイツ

12月4日22:00(28:00)[ベスト16]B1位vsA2位

12月10日22:00(28:00)[準々決勝]B1位orA2位vsD1位orC2位

12月14日22:00(28:00)[準決勝]

 

 

 

ルサイル・アイコニック・スタジアム

★決勝戦会場

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401234820j:image

 

場所:ルサイル

開場:2021年

収容人数:80000人

主な使用チーム:カタール代表

主な開催イベント:FIMロードレース世界選手権カタールGPプレイベント

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401234851j:image

 

12月18日、カタールW杯の決勝戦が行われる会場になる。このスタジアムまで辿り着ける2チームはどこか、そしてこのスタジアムで高々とワールドカップトロフィーを掲げる国はどこになるのか……ロシアW杯でフランスが優勝した日から12月18日に至るまでの旅の答えは、全てこのベニューで決まる事になる。

主役は最後に…という訳ではないが、今大会を開催する8つのスタジアムの中で最後にオープンした。設計事務所であるフォスター・アンド・パートナーズはイングランドウェンブリー・スタジアムも担当しており、黄金に輝く外装は古代アラブの工芸品をモチーフにデザインされた。歩行者用のアトリウムはホテル等の建物から直通出来るような設計が予定されている他、カタールW杯に向けて建設された多くのスタジアムがそうであるように、大会後はスタンドを削って様々な複合施設が設置される。

ルサイルはカタールの計画都市であり、2005年に大規模都市計画を発表してからW杯に向けて急ピッチで開発を進め、現在ではインフラの80%が完成。逆に言えばまだ未完成の都市であり、ルサイルがW杯開催都市に選ばれた時点では「存在しない都市」であった。アイランドリゾートやショッピングセンターなどの娯楽施設や学校を多く建設する中で、同地域には2015年のハンドボール世界選手権決勝や有名アーティストのコンサート会場にもなるルサイル・スポーツ・アリーナがあり、F1カタールグランプリ等が行われるロサイル・インターナショナル・サーキットもルサイルに隣接している。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月22日13:00(19:00)[C]アルゼンチンvsサウジアラビア

11月24日22:00(28:00)[G]ブラジルvsセルビア

11月26日22:00(28:00)[C]アルゼンチンvsメキシコ

11月28日22:00(28:00)[H]ポルトガルvsウルグアイ

11月30日22:00(28:00)[C]サウジアラビアvsメキシコ

12月2日22:00(28:00)[G]カメルーンvsブラジル

12月6日22:00(28:00)[ベスト16]H1位vsG2位

12月9日22:00(28:00)[準々決勝]A1位orB2位vsC1位orD2位

12月13日22:00(28:00)[準決勝]

12月18日18:00(24:00)[決勝]

 

 

 

アフメド・ビン=アリー・スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235031j:image

 

場所:ライヤーン

開場:2020年

収容人数:40740人

主な使用チーム:アル・ラーヤンSC、アル・スィーリーヤSC

主な開催イベント:FIFAクラブワールドカップ2020、2021FIFAアラブカップ、2030年アジア競技大会サッカー競技(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235050j:image

 

コロンビア代表のハメス・ロドリゲスが所属するアル・ラーヤンSCの本拠地としても知られるスタジアム。こけら落としとなったアミールカップ決勝はコロナ禍のカタールで行われた最初の大規模イベントでもあった。

今回のW杯会場はハリーファ国際スタジアム以外は全て新設スタジアムとなるが、このスタジアムは2015年まで存在していたスタジアムを取り壊した上で新たに建設した。なお、旧スタジアムはアジアカップ2011の会場にも選ばれており、日本代表もグループ第3戦のサウジアラビア戦を戦っている。スタジアムの外壁のファザード部分は「メディア・ファザード」として運用される予定で、試合のスコアやニュース、広告などが投影される予定。

ライヤーンはカタールで2番目の規模を持つ大都市として知られている一方、1893年カタール軍がオスマントルコ軍を破った舞台となった要塞を始めとした、アラビア感漂うカタールの歴史を感じさせる観光スポットも多い。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月21日22:00(28:00)[B]アメリカvsウェールズ

11月23日22:00(28:00)[F]ベルギーvsカナダ

11月25日13:00(19:00)[B]ウェールズvsイラン

11月27日13:00(19:00)[E]日本vsコスタリカ

11月29日22:00(28:00)[B]ウェールズvsイングランド

12月1日18:00(24:00)[F]クロアチアvsベルギー

12月3日22:00(28:00)[ベスト16]C1位vsD2位

 

 

 

エデュケーション・シティ・スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063757j:image

 

場所:ライヤーン

開場:2020年

収容人数:45350人

主な開催イベント:AFCチャンピオンズリーグ2020、FIFAクラブワールドカップ2020(決勝戦会場)、2021FIFAアラブカップ、2030年アジア競技大会サッカー競技(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063725j:image

 

グローバル・サスティナビリティ・アセスメント・システムの評価では5つ星を獲得し、冷暖房施設を完備するなど最新要素をふんだんに詰め込んだ現代型スタジアム。2021年2月に行われたクラブW杯では決勝戦の舞台にもなっており、2020年にカタールでの集中開催で行われたACLではFC東京がベスト16までの全試合をこのスタジアムで戦った。

アラビア要素を全面に出したような特徴的な外観が目立つ今大会の新設スタジアムの中では「砂漠のダイヤモンド」と称される外観は比較的モダン。だが、外観の色は太陽の動きによって変化していくという造りになっており、やはり今大会は独特な外観を持つスタジアムが多い事を実感する。このスタジアムはド直球みたいな名前のインパクトも強いが、これはカタール財団が1997年に設立した「エデュケーション・シティ」という教育機関エリアの中に建設された事が由来。このエデュケーション・シティには大学や図書館などの教育施設は勿論の事、ゴルフコースやショッピングモールも内包されている。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月22日16:00(22:00)[D]デンマークvsチュニジア

11月24日16:00(22:00)[H]ウルグアイvs韓国

11月26日16:00(22:00)[C]ポーランドvsサウジアラビア

11月28日16:00(22:00)[H]韓国vsガーナ

11月30日18:00(24:00)[D]オーストラリアvsデンマーク

12月2日18:00(24:00)[H]韓国vsポルトガル

12月6日18:00(24:00)[ベスト16]F1位vsE2位

12月9日18:00(24:00)[準々決勝]E1位orF2位vsG1位orH2位

 

 

 

リーファ国際スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063711j:image

 

場所:ドーハ

開場:1976年

改修:2017年

収容人数:45416人

主な使用チーム:カタール代表

主な開催イベント:2006年アジア競技大会メイン会場、AFCアジアカップ2011(決勝戦会場)、世界陸上2019、FIFAクラブワールドカップ2019(決勝戦会場)、AFCチャンピオンズリーグ2020、2030年アジア競技大会陸上競技・開閉会式会場(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063704j:image

 

多くのスタジアムがW杯に向けて新設される中で、改修は行ったが唯一の既存スタジアムとなっているのがこのスタジアム。W杯に向けて多くのスタジアムがオープンした今後は変化があるかもしれないが、今日に至るまでカタールでの国際大会の会場と言えばこのスタジアムだった。2006年のアジア競技大会や2019年の世界陸上を始め、2011年に行われたアジアカップ決勝李忠成が伝説のボレーを決めた場所は他でもない、このスタジアムである。なお、カタールW杯アジア予選では検疫の関係で自国でのホームゲームを行えないチームの試合が5試合ここで行われており、日本もアウェイでの中国戦がこの会場だった。今大会では3位決定戦が行われる。

アジアカップ2019や東京五輪カタール人アスリートの躍進がピックアップされた際に「アスパイア・アカデミー」という国営のアスリート育成機関が注目されたが、各種スポーツ会場やトレーニング施設を備えた「アスパイア・ゾーン」の中にこのスタジアムは存在しており、要はまさしくカタールのスポーツの本拠地とも呼べる場所と言える。スタジアムの近くに位置する「ヴィラッジオ」というショッピングモールはイタリアのヴェネツィアをイメージして造られており、ヴェネツィアを思わせる河や店舗もヴェネツィアの街並みのように並ぶなど、屋内テーマパークのような趣を感じさせる。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月21日16:00(22:00)[B]イングランドvsイラン

11月23日16:00(22:00)[E]ドイツvs日本

11月25日19:00(25:00)[A]オランダvsエクアドル

11月27日19:00(25:00)[F]クロアチアvsカナダ

11月29日18:00(24:00)[A]エクアドルvsサウジアラビア

12月1日22:00(28:00)[E]日本vsスペイン

12月3日18:00(24:00)[ベスト16]A1位vsB2位

12月17日18:00(24:00)[3位決定戦]

 

 

スタジアム974

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063735j:image

 

場所:ドーハ

開場:2021年

収容人数:40000人

主な開催イベント:2021FIFAアラブカップ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220402063648j:image

 

今大会のみならず、世界でも特殊かつ珍しいスタジアム。スタジアムの躯体は再生鋼材と輸送用コンテナを積み上げる形でブロック状に組み立てられている事から「レゴブロックで造られたスタジアム」とも称された。部材に使用されたコンテナの数は974個。この974という数字はカタールの国番号でもある事から、完成と同時に正式なスタジアム名として「974」を冠している。会場は海沿いにある事からドーハ港やハマド国際空港からも近く、アクセス面も優れている。

W杯期間中のみ仮設スタンドを設け、大会後に仮設スタンドを撤去するスタジアムは珍しくなく、今大会の多くの会場や日韓W杯での神戸ウイングスタジアム(ノエビアスタジアム神戸)など、各大会で何箇所かはそういうスタジアムがある。だがこのスタジアムが特殊とされているのはスタジアム自体が仮設スタジアムであり、大会終了後には完全に解体し、資材は今後スタジアム建設を行うアラブ諸国に提供されるそうで、そのような狙いがあるからこそコンテナなどの再利用可能な素材を使っている。W杯や五輪では大会の為に建設した施設のその後がよく問題になるが、ある意味では逆転の発想とも言えるコンセプトだろうか。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月22日19:00(25:00)[C]メキシコvsポーランド

11月24日19:00(25:00)[H]ポルトガルvsガーナ

11月26日19:00(25:00)[D]フランスvsデンマーク

11月28日19:00(25:00)[G]ブラジルvsスイス

11月30日22:00(28:00)[C]ポーランドvsアルゼンチン

12月2日22:00(28:00)[G]セルビアvsスイス

12月5日22:00(28:00)[ベスト16]G1位vsH2位

 

 

 

アル・トゥマーマ・スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235325j:image

 

場所:ドーハ

開場:2021年

収容人数:40000人

主な開催イベント:2021FIFAアラブカップ、2030年アジア競技大会サッカー競技(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235342j:image

 

カタール航空ハブ空港となっており、海外からの旅行客にとっては起点となるハマド国際空港からも近いところに建設されたスタジアム。こけら落としの対戦カードはアミール・カップアル・サッドvsアル・ラーヤンの試合だったが、この試合はシャビ・エルナンデスローラン・ブランの監督対決にも注目が集まった。

スタジアムの建設はカタール人のイブラヒム・M・ジェイダ氏が手掛けており、アラブ感漂う特徴的な外観は「ガーフィヤ」というアラブ地域の伝統的な帽子をイメージしたデザインになっており、「アル・トゥマーマ」という名前はアラブ地域で見られる木の名前からとられている。W杯後はスタンドを撤去して収容人数を減らしつつ、空いたスペースには高級ホテルが建設予定。完成後はホテルからもピッチを眺めることが出来る造りになるそう。また、トラックの設置やアリーナ競技場も建設される予定になっている。

余談だが、今大会はアル・ホール以外はカタールの首都であるドーハに近い都市で開催される為、旅行者の宿泊地がドーハに集中する事が予想され、それに伴い宿泊施設が不足する恐れが懸念されている。その対策として、カタール政府は大会期間中に大型クルーズをドーハに停泊させる事で、クルーズの客室を臨時ホテルとして使用するユニークな対策を試みている。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月21日19:00(25:00)[A]セネガルvsオランダ

11月23日19:00(25:00)[E]スペインvsコスタリカ

11月25日16:00(22:00)[A]カタールvsセネガル

11月27日16:00(22:00)[F]ベルギーvsモロッコ

11月29日22:00(28:00)[B]イランvsアメリ

12月1日18:00(24:00)[F]カナダvsモロッコ

12月4日18:00(24:00)[ベスト16]D1位vsC2位

12月10日18:00(24:00)[準々決勝]F1位orE2位vsH1位orG2位

 

 

 

アル・ジャヌーブ・スタジアム

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235219j:image

 

場所:アル・ワクラ

開場:2019年

収容人数:40000人

主な使用チーム:アル・ワクラSC

主な開催イベント:AFCチャンピオンズリーグ2020(決勝戦会場)、2021FIFAアラブカップ、2030年アジア競技大会サッカー競技(予定)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20220401235237j:image

 

カタールW杯に向けて新しく建設されたスタジアムの中では最も早くに完成。2020年のACLでは横浜F・マリノスが4試合を戦い、ヴィッセル神戸はベスト4進出を決めた水原三星との準々決勝を同地で戦った。同年のACL決勝(ペルセポリスvs蔚山現代)の会場でもある。こけら落としはアミール・カップのアル・ドゥハイルvsアル・サッドの試合だったが、この試合にはシャビ・エルナンデス中島翔哉も出場した。

このスタジアムのデザインを手掛けたのは、新国立競技場の最初の案の設計者としても知られるザハ・ハディド氏(故人)。このスタジアムのデザインはカタールの伝統的な漁船である「ダウ船」をイメージして設計されたデザインだが、そのデザインの"見え方"を巡って議論が巻き起こったのも記憶に新しい。収容人数が40000人なのはW杯開催時までであり、W杯後は上段スタンドは取り外す一方、大会後はサイクリングや陸上トラック等を設置した大型スポーツコンプレックスとしつつ、学校などの公共施設も建設していく計画となっている。

前述のダウ船の話にも繋がってくるが、元々は漁業と真珠採取が盛んな村として知られていたアル・ワクラだが、2008年の大規模開発計画などもあり、現在はカタールで2番目に大きい都市にまで成長している。

 

【当スタジアムでの開催試合】

11月22日22:00(28:00)[D]フランスvsオーストラリア

11月24日13:00(19:00)[G]スイスvsカメルーン

11月26日13:00(19:00)[D]チュニジアvsオーストラリア

11月28日13:00(19:00)[G]カメルーンvsセルビア

11月30日18:00(24:00)[D]チュニジアvsフランス

12月2日18:00(24:00)[H]ガーナvsウルグアイ

12月5日18:00(24:00)[ベスト16]E1位vsF2位

 

 

 

前回大会の時からはありとあらゆる社会情勢が変わった中で行われるサッカーの祭典ですが、そこにある熱量は変わらないはずです。

4年に一度、狂気の祭典に酔いましょう!

 

 

懐かしのロシアW杯…

ではでは(´∀`)