ラスト2試合!J1第33節&J2第41節で確定する可能性のある天皇杯・ACL出場権、J1昇格&J2優勝の達成条件まとめ〜おまけで残留圏とプレーオフ圏の条件付き〜

さぁ、J1とJ2はいよいよ残り2節。J3に至ってはラスト1試合です。

この段階になってくると「勝ったら○○」「負けたら○○」という辺りがはっきりしてきますよね。

 

ですので、今回は「勝てば優勝決定」「負ければ降格決定」となるシチュエーションをまとめていきます。

……とはいっても、優勝は決まったし降格はありませんからね…。今回はJ1第33節、J2第41節で確定する可能性のある天皇杯ACLの出場権、及び最下位の決定条件、そしてJ2の昇格・最下位決定条件をまとめていきます。

 

 

 

J1第33節

 

明治安田生命J1リーグ第32節終了時順位表

1位 川崎フロンターレ(77)

2位 ガンバ大阪(62)

3位 名古屋グランパス(60)※

4位 セレッソ大阪(59)

5位 鹿島アントラーズ(58)※

6位 FC東京(54)※

7位 柏レイソル(49)

8位 サンフレッチェ広島(48)

9位 横浜F・マリノス(47)※

10位 浦和レッズ(46)

11位 大分トリニータ(39)

12位 ヴィッセル神戸(36)※

13位 北海道コンサドーレ札幌(36)※

14位 サガン鳥栖(32)

15位 横浜FC(30)

16位 湘南ベルマーレ(26)

17位 清水エスパルス(25)

18位 ベガルタ仙台(24)

 

※ 33試合消化しているチーム

 

明治安田生命J1リーグ第33節対戦カード

10月21日

ヴィッセル神戸(12位)1-3鹿島アントラーズ(5位)@ノエビアスタジアム神戸

横浜F・マリノス(9位)2-1名古屋グランパス(3位)@日産スタジアム

11月11日

FC東京(6位)1-1北海道コンサドーレ札幌(13位)@味の素スタジアム

12月16日

19:00 川崎フロンターレ(1位)vs浦和レッズ(10位)@等々力陸上競技場

19:00 横浜FC(15位)vsガンバ大阪(2位)@ニッパツ三ツ沢球技場

19:00 湘南ベルマーレ(16位)vs大分トリニータ(11位)@Shonan BMW スタジアム平塚

19:00 清水エスパルス(17位)vsベガルタ仙台(18位)@IAIスタジアム日本平

19:00 セレッソ大阪(4位)vsサガン鳥栖(14位)@ヤンマースタジアム長居

19:00 サンフレッチェ広島(8位)vs柏レイソル(7位)@エディオンスタジアム広島

 

 

以降はこんな感じで表記していきます↓

○→勝利

△→引き分け

●→敗戦

 

 

 

天皇杯ACL出場圏内争い

(対象チーム:G大阪名古屋C大阪鹿島)

 

優勝が川崎であっさりと決まった事もかえって影響しているのか、天皇杯ACLの出場権争いはかなり激化。第33節は名古屋と鹿島は消化済である事も鍵を握りそう。

 

ガンバ大阪(2位)

vs横浜FC(A)19:00@ニッパツ三ツ沢球技場

 

天皇杯出場権(2位以内)争い

勝利した場合C大阪が△以下で天皇杯出場決定。

引き分け以下の場合天皇杯出場決定は最終節に持ち越し。

 

ACL出場権(3位以内)争い

勝利した場合→来季ACL出場決定

引き分けた場合C大阪が●なら来季ACL出場決定。

敗れた場合→来季ACL出場決定は最終節に持ち越し。

 

名古屋グランパス(3位)

第33節は消化済の為、今週は試合無し。

 

天皇杯出場権(2位以内)争い

G大阪が勝利した場合→名古屋天皇杯出場の可能性が消滅する。

G大阪が引き分け以下の場合名古屋天皇杯出場の可能性は最終節まで残る。

 

ACL出場権(3位以内)争い

今節の結果で名古屋のACL出場が決定する事も可能性が消滅する事もなく、いずれも最終節に持ち越しとなる。

 

セレッソ大阪(4位)

vsサガン鳥栖(H)19:00@ヤンマースタジアム長居

 

天皇杯出場権(2位以内)争い

勝利した場合天皇杯出場の可能性は最終節まで残る。

引き分けた場合G大阪が△以下なら天皇杯出場の可能性は最終節まで残る。

敗れた場合G大阪が●なら天皇杯出場の可能性は最終節まで残る。

 

ACL出場権(3位以内)争い

3位名古屋の今週の勝点上積は無い為、今節でC大阪ACL出場の可能性が消滅する事は無い。

 

鹿島アントラーズ(5位)

第33節は消化済の為、今週は試合無し。

 

天皇杯出場(2位以内)争い

鹿島は残り試合が1試合しかなく、2位G大阪とは勝点差が5点あるので既に天皇杯出場は消滅している。

 

ACL出場権(3位以内)争い

C大阪が勝利した場合→鹿島の来季ACL出場の可能性が消滅する。

C大阪が引き分け以下の場合→鹿島の来季ACL出場の可能性は最終節まで残る。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201215035615j:image

 

 

②最下位・降格圏争い

(対象チーム:鳥栖横浜FC湘南清水仙台)

 

ご存知の通り今季は「降格無し」という特例ルールが発表されているのでJ2降格はない。だが、一つの判断材料として「降格圏」は意味を持ってくると思うので、参考資料として掲載しておく。

入れ替え戦は考慮せず、15位以上と16位以下を基準として扱う。

 

サガン鳥栖(14位)

vsセレッソ大阪(A)19:00@ヤンマースタジアム長居

 

残留圏(15位以上)争い

引き分け以上の場合→15位以上が確定する。

敗れた場合湘南が△以下で15位以上が確定する。

 

最下位争い

既に17位以下になる可能性は消滅している。

 

横浜FC(15位)

vsガンバ大阪(H)19:00@ニッパツ三ツ沢球技場

 

残留圏(15位以上)争い

勝利した場合→15位以上が確定する。

引き分けた場合湘南清水が△以下で15位以上が確定する。

敗れた場合湘南が●かつ清水が△以下で15位以上が確定する。

 

最下位争い

横浜FCが最下位に落ちる為には湘南の1勝1分以上、清水仙台が2連勝する3要件が必要となるが、湘南清水仙台との直接対決を残していている時点でこの条件を達成する事は不可能な為、既に横浜FCが最下位になる可能性は消滅している。

 

湘南ベルマーレ(16位)

vs大分トリニータ(H)19:00@Shonan BMW スタジアム平塚

 

残留圏(15位以内)争い

勝利した場合鳥栖が△以上かつ横浜FCが○で湘南の16位以下が確定。

引き分けた場合横浜FCが△以上で湘南の16位以下が確定。

敗れた場合→16位以下が確定。

 

最下位争い

勝利した場合→今節は17位清水と18位仙台の直接対決が組まれており、最低でもどちらかは勝点2を落とすので、湘南の最下位回避は確定する。

引き分け以下の場合→最終節に最下位転落の可能性を残す。

 

清水エスパルス(17位)

vsベガルタ仙台(H)19:00@IAIスタジアム日本平

 

残留圏(15位以上)争い

勝利した場合横浜FCが○で清水の16位以下が確定する。

引き分け以下の場合→16位以下が確定する。尚、15位以下は既に確定している。

 

最下位争い

勝利した場合→18位仙台との直接対決の為、最下位回避が確定する。

引き分け以下の場合→最終節に最下位の可能性を残す。

 

ベガルタ仙台(18位)

vs清水エスパルス(A)19:00@IAIスタジアム日本平

 

残留圏(15位以内)争い

勝利した場合→横浜FCが△以上で仙台の16位以下が確定する。

引き分け以下の場合→16位以下が確定する。尚、15位以下は既に確定している。

 

最下位争い

引き分け以上の場合→17位清水と直接対決の為、今節での最下位決定は回避出来る。

敗れた場合→湘南が○で最下位決定。湘南が△の場合、数字上の可能性は残るが得失点差に大きな開きが生じる為、実質湘南が△以上で最下位決定と考えた方が現実的。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201215035848j:image

 

 

J2第41節

 

明治安田生命J2リーグ第40節終了時順位表

1位 徳島ヴォルティス(81)

2位 アビスパ福岡(78)

3位 V・ファーレン長崎(76)

4位 ヴァンフォーレ甲府(64)

5位 ギラヴァンツ北九州(62)

6位 モンテディオ山形(59)

7位 京都サンガFC(58)

8位 ジュビロ磐田(57)

9位 アルビレックス新潟(57)

10位 水戸ホーリーホック(55)

11位 栃木SC(55)

12位 東京ヴェルディ(53)

13位 ジェフユナイテッド千葉(50)

14位 大宮アルディージャ(50)

14位 松本山雅FC(50)

16位 ツエーゲン金沢(48)

17位 FC琉球(47)

18位 ファジアーノ岡山(47)

19位 FC町田ゼルビア(46)

20位 ザスパクサツ群馬(43)

21位 愛媛FC(34)

22位 レノファ山口FC(30)

 

明治安田生命J2リーグ第41節対戦カード

12月16日全試合19:00キックオフ

水戸ホーリーホック(10位)vsFC琉球(17位)@ケーズデンキスタジアム水戸

栃木SC(11位)vsジェフユナイテッド千葉(13位)@カンセキスタジアムとちぎ

ザスパクサツ群馬(20位)vsファジアーノ岡山(18位)@正田醤油スタジアム群馬

松本山雅FC(14位)vs東京ヴェルディ(12位)@サンプロアルウィン

ジュビロ磐田(8位)vsFC町田ゼルビア(19位)@静岡スタジアムエコパ

京都サンガFC(7位)vsツエーゲン金沢(16位)@サンガスタジアム by Kyocera

レノファ山口FC(22位)vsアルビレックス新潟(9位)@維新みらいふスタジアム

徳島ヴォルティス(1位)vs大宮アルディージャ(14位)@鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

愛媛FC(21位)vsアビスパ福岡(2位)@ニンジニアスタジアム

ギラヴァンツ北九州(5位)vsモンテディオ山形(6位)@ミクニワールドスタジアム北九州

V・ファーレン長崎(3位)vsヴァンフォーレ甲府(4位)@トランスコスモススタジアム

 

 

③J2優勝・昇格争い

(対象チーム:徳島福岡長崎)

 

昇格争いの行方は既に3チームに絞られた。その中でも徳島は第39節の時点で昇格に王手をかけていたが、水戸に敗れて前節では千葉とスコアレスドローと足踏みが続いている。福岡vs徳島という直接対決が組まれた最終節に持ち込む事だけは徳島からすれば避けたいだろうが、果たして…。

 

徳島ヴォルティス(1位)

vs大宮アルディージャ(H)19:00@鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

 

J2優勝争い

勝利した場合→福岡が△以下でJ2優勝決定。

引き分けた場合→福岡が●かつ長崎が△以下でJ2優勝決定。

敗れた場合→今節での優勝決定は無い。

 

J1昇格(2位以内)争い

勝利した場合→J1昇格が決定する。

引き分け以下の場合→長崎が△以下でJ1昇格が決定する。

 

アビスパ福岡(2位)

vs愛媛FC(A)19:00@ニンジニアスタジアム

 

J2優勝争い

勝利した場合→徳島が△以下で優勝の可能性を残す。徳島が○でも数字上の可能性は残るが、得失点差で大差がついているので徳島が○の場合は可能性が消滅すると考えた方が現実的。

引き分けた場合→徳島が●で優勝の可能性を残す。徳島が△以上でも数字上の可能性は残るが、得失点差で大差がついているので徳島が△以上の場合は可能性が消滅すると考えた方が現実的。

敗れた場合→徳島が●なら数字上の可能性は残るが、得失点差で大差がついているので●なら優勝の可能性は消滅すると考えた方が現実的。

 

J1昇格(2位以内)争い

勝利した場合→長崎が△以下でJ1昇格が決定する。

引き分け以下の場合→昇格決定は最終節に持ち越しとなる。

 

V・ファーレン長崎(3位)

vsヴァンフォーレ甲府(H)19:00@トランスコスモススタジアム

 

J2優勝争い

勝利した場合→徳島福岡が共に引き分け以下でJ2優勝の可能性を最終節に残す。

引き分け以下の場合→J2優勝の可能性が消滅する。

 

J1昇格(2位以内)争い

勝利した場合→J1昇格の可能性を最終節まで残す事が出来る。

引き分け以下の場合→福岡が○の場合、J1昇格が消滅する。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20201215040251j:image

 

 

プレーオフ圏内(3〜6位)争い

(対象チーム:甲府北九州山形京都磐田新潟水戸栃木東京V)

 

周知の通り、今季はプレーオフが開催されないので実際には6位以上になったところで関係はないが、前述の残留争い同様に参考資料として掲載する。尚、3位までは既に3位長崎以上のチームで確定している。

 

ヴァンフォーレ甲府(4位)

vsV・ファーレン長崎(A)19:00@トランスコスモススタジアム

 

引き分け以上の場合→6位以上が確定する。

敗れた場合→京都が△以下で6位以上が確定する。尚、既に甲府の7位以上は確定している。

 

ギラヴァンツ北九州(5位)

vsモンテディオ山形(H)19:00@ミクニワールドスタジアム北九州

 

勝利した場合→6位以上が確定する。

引き分けた場合→京都磐田新潟の3チームが△以下なら6位以上が確定する。

敗れた場合→京都が●かつ磐田新潟が△以下なら6位以上が確定する。尚、既に北九州の9位以上は確定している。

 

モンテディオ山形(6位)

vsギラヴァンツ北九州(A)19:00@ミクニワールドスタジアム北九州

 

勝利した場合→京都が●かつ磐田新潟が△以下なら6位以上が確定する。

引き分け以下の場合→今節で6位以上が確定する事はない。尚、既に山形の11位以上は確定している。

 

京都サンガFC(7位)

vsツエーゲン金沢(H)19:00@サンガスタジアム by Kyocera

 

引き分け以上の場合→6位以上の可能性を最終節まで残す。

敗れた場合→山形が○で7位以下が確定。尚、既に12位以上は確定している。

 

ジュビロ磐田(8位)

vsFC町田ゼルビア(H)19:00@静岡スタジアムエコパ

アルビレックス新潟(9位)

vsレノファ山口FC(A)19:00@維新みらいふスタジアム

 

勝利した場合→6位以上の可能性を最終節に残す。

引き分け以下の場合→山形が○で7位以下が確定。尚、2チームとも既に12位以上は確定している。

 

水戸ホーリーホック(10位)

vsFC琉球(H)19:00@ケーズデンキスタジアム水戸

栃木SC(11位)

vsジェフユナイテッド千葉(H)19:00@カンセキスタジアムとちぎ

 

勝利した場合→山形が△以下で6位以上の可能性を残す。

引き分けた場合→山形が△以上、京都磐田新潟の○のうちどれか一つが満たされれば7位以下が確定する。

敗れた場合→7位以下が確定する。尚、2チームとも既に6位以下は確定している。

 

東京ヴェルディ(12位)

vs松本山雅FC(A)19:00@サンプロアルウィン

 

勝利した場合→山形が△以上、京都磐田新潟の○のうちどれか一つが満たされれば7位以下が確定する。

引き分け以下の場合→8位以下が確定。尚、既に6位以下は確定している。

 

③最下位争い

(対象チーム:愛媛山口)

 

今季は「降格無し」という特例ルールが発表されているのでJ3降格はない。だが、一つの判断材料として「降格圏」は意味を持ってくると思うので、参考資料として掲載しておく。ただし、20位群馬と21位愛媛の勝点差は既に9点ある為、既に愛媛と山口の降格圏は確定している。

 

愛媛FC(21位)

vsアビスパ福岡(H)19:00@ニンジニアスタジアム

 

最下位争い

勝利した場合→最下位回避が確定。

引き分けた場合→山口が△以下で最下位回避が確定。

敗れた場合→山口が●で最下位回避が確定。

 

レノファ山口FC(22位)

vsアルビレックス新潟(H)19:00@維新みらいふスタジアム

 

勝利した場合→愛媛が○で最下位が確定。

引き分けた場合→愛媛△以上で最下位が確定。

敗れた場合→最下位確定。

 

 

 

ではでは(´∀`)