サウダージ〜AFCチャンピオンズリーグ2021グループH第4節 ガンバ大阪vsチェンライ・ユナイテッド マッチレビュー〜

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032213j:image

 

EUROもACLもF1もJリーグも被らないタイムスケジュール優秀すぎる

 

どーもこんばんは

 

 

さてさて、本日のマッチレビューAFCチャンピオンズリーグ2021、ガンバ大阪vsチェンライ・ユナイテッドの一戦です。

 

 

 

中国勢のメンバー構成を踏まえるとおそらく日本勢の中では最も面倒くさいグループになってしまったガンバ。そんなガンバにとって今日はグループステージ突破への正念場となる一戦です。

 

 

初戦に勝利し、最大の敵であった全北戦もドロー。ここまでは理想ではなくても計算通りの流れを辿っていました。しかしそれが大きくズレてしまったのが第3節チェンライ戦。ターンオーバー気味のメンバーを採用しながらも、佐藤瑶太のクロスにレアンドロペレイラが合わせて先制したガンバはチェンライの猛攻を受け、ラストワンプレーでまさかの失点……2位でも敗退の可能性がある今年のレギュレーションを踏まえるとかなり痛い勝点1になってしまいました。

今日は同じ相手との再戦です。前節を休んだメンバーもリフレッシュは出来ている事でしょう。今季は色々なことがあり過ぎて、来年以上に精神的にも疲れるシーズンになってしまっていますが、そんなガンバにとって己の勝負強さがいかほどか…それを問われる試合になります。決勝トーナメント進出の為には勝点3獲得以外の道はありません。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705010559j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705010604j:image

 

第3節ではターンオーバーを敢行したガンバですが、今日は第2戦の形に近いメンバーを11人セレクトしてきました。ただ藤春廣輝が欠場した影響もあり、左WBには川﨑修平が起用。チェンライ戦から連続でスタメン出場となったのは菅沼駿哉レアンドロペレイラの2人のみです。

 

 

本日の会場はウズベキスタンタシュケントのロコモティフ・スタジアムです。

前節はブニョドコル・スタジアムでの試合でしたが、第1節と第2節はこのロコモティフ・スタジアムでのゲームでした。第5節以降の2試合はブニョドコル・スタジアムでの試合になるので、ロコモティフ・スタジアムでの試合は今日が最後になります。ちなみに、ロコモティフ・スタジアムといえばロシア・モスクワのスタジアムを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょうが、モスクワとタシュケントのみならずブルガリアのソフィアにもロコモティフ・スタジアムはあります。

ところで、ロコモティフ・スタジアムの四隅にあるプチ近未来ゾーンみたいなアレはなんなのでしょうか…?いわゆるVIPルーム的なのが内蔵されているのか、コンコース機能が集中しているのか……結局今日までその謎は解けず…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032238j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032235j:image

 

 

何度か序盤から攻撃の形を作ったガンバでしたが、またしても罠は開始早々に潜んでいました。中央でチェンライにパスを回されると、6分にピティワットのループパスに抜け出したフェリペがGK東口順昭との1対1を制してチェンライに先制ゴールをいきなり許してしまいます…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032257j:image

 

失点直後からガンバは左サイドからの攻撃を中心に押し込みはするものの、最前線のペレイラにもなかなかボールが収まらずに攻撃も単調気味。するとむしろ、前半の半分以降は効率よくカウンターを仕掛けてきたチェンライに度々チャンスを作られてしまい、試合内容としても劣勢の展開を強いられてしまいます。36度の暑さの中で非常に難しい試合にしてしまったガンバはビハインドで前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032440j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032436j:image

 

 

さすがに試合内容も非常に低調だった前半だったので、松波正信監督は後半開始からペレイラ、川﨑を下げてパトリックと黒川圭介を投入。後半も苦しい時間は続き、タイに押し込まれたり迂闊なボールロストもあったりしたものの、今度は逆に矢島慎也が相手のボールロストを突いてから上げたボールが相手DFに当たってリフレクションしてゴールへ!54分になんとか同点に追い付きます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032448j:image

 

当然ながら、他グループの状況を見てもこの試合の引き分けは致命傷です。同点弾を挙げた矢島の負傷退場は予想外だったものの、63分の倉田秋の投入に始まり72分には山本悠樹、そして83分には菅沼駿哉を下げて一美和成をピッチに送り込みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210705032500j:image

 

しかし終始攻撃は単調な形になるしかなく、終了間際の宇佐美貴史のFKも僅かに枠外。アディショナルタイムには三浦弦太を前線に上げたパワープレーに出ますが、井手口陽介のシュートも三浦のヘッドも相手GKのファインセーブに阻まれて1-1……ガンバにとって、致命傷に等しいドローとなってしまいました。

 

 

 

……前回のチェンライ戦同様に、もうあまり多くを語りたくないみたいな気持ちはあるんですよね。ちょっと考える気力が薄れてるというか。うーん………とりあえず2連勝すれば奇跡が起きると信じて、応援するだけです。ちょっともう今日は気力がない。もう寝たい。ACLに関しては、全部終わってから総括として1本書こうかなと…。

 

 

 

ではでは