RK-3はきだめスタジオブログ

気ままに白熱、気ままな憂鬱。執筆等のご依頼はTwitter(@blueblack_gblue)のDM、もしくは[gamba_kyoto@yahoo.co.jp]のメールアドレスまでご連絡お願いします。

2023.10.28 大阪ダービー・関西対決日本シリーズ 同時開催記念!過去の関西球団の日本シリーズ開催日に行われたガンバ大阪とセレッソ大阪の試合を振り返ってみた①

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20231027192702j:image

 

 

まぁ、わたくし、ガンバファンゆえにセレッソアンチなのであんまりセレッソサイドの文言をここで使うのもなんですが……彼らがダービーの販促として用いたフレーズがこれでした。

 

 

 

 

「2023.10.28 大阪が日本で一番熱くなる日」

 

言い当て妙というか、まさしく現実はキャッチフレーズの色さえ追い越していくかのように推移しました。

ガンバ大阪vsセレッソ大阪大阪ダービーは今や、この国で静岡ダービーと共にJリーグダービーマッチとして、1年に2度しかないお祭りとしての存在価値を高めてきました。おそらくガンバやセレッソのファンにとって、それぞれのホームで行われるダービーの日程はスケジュールが発表されて真っ先に確認するポイントと言えるでしょう。

 

 

 

 

そしてなんと、同じ日に初戦が入ってきたのがプロ野球日本シリーズでした。

そして奇しくも、その日本シリーズの対戦カードは阪神タイガースvsオリックス・バファローズという事に。日本シリーズが関西対決となるのは1964年の阪神タイガースvs南海ホークス以来実に59年ぶりで、ただでさえ阪神が18年ぶりのセリーグ優勝で関西自体が狂乱と化す中でバフがかかったような今年の日本シリーズは近年のプロ野球史の中でも重要な意味合いを持つ事でしょう。

そして京セラドーム大阪で行われる初戦が組まれた日付は10月28日……そう、2023年10月28日には昼に大阪ダービー、夜に日本シリーズ関西対決という前代未聞の事態が発生しました!

 

 

14:00より大阪ダービーが行われるヨドコウ桜スタジアムから18:30に日本シリーズが行われる京セラドーム大阪まで電車で30分前後!おそらくサッカーを見てから野球見る人もいるでしょう。ええ、私もそれをやろうとしましたよ。チケット当たんなかったのよ。おーん。

ましてや近年はクラブとしてガンバ×阪神セレッソ×オリックスが組んでいるような部分もあるので代理戦争的な側面もありますし、当然近場ですからオリックスファンのガンバサポ、阪神ファンセレッソサポも多いでしょう。つまるところ、大阪ダービーを終えて御堂筋線から地上に出るまでの間にさっきまで歪みあっていたガンバサポとセレッソサポが同じユニフォームを着込んで熱狂する可能性もあれば、まるで小学校休み時間のドッジボールのチーム替えみたいにがらっと応援するチームが変わる瞬間も考えられます。なんにせよ、私自身もそうですが…ガンバファンかセレッソファンで野球も好きな人間にとっての10月28日は、至高のダービーデーというよりも極上の一日と表現する方が近い感覚かもしれません。

 

 

 

という訳で今回は、Jリーグも30周年ですし…1993年以降、阪神オリックス日本シリーズに出場し、それと同日開催となったガンバとセレッソの試合を振り返っていきます。「おお、あの試合そうだったのか」でも、単純に「このシーズンのメンバー懐かしいな〜」みたいな感覚でも、過去の阪神オリックス日本シリーズを振り返る意味でもお楽しみくださいませ。

 

 

 

2023明治安田生命J1リーグ第31節

セレッソ大阪vs

2023年10月28日14:00@ヨドコウ桜スタジアム

 

SMBC日本シリーズ2023第1戦

オリックス・バファローズvs

2023年10月28日18:30@京セラドーム大阪

予告先発投手:オリックス→山本由伸,阪神→村上頌樹

 

 

Jリーグ30周年記念特集こちらから!

 

オリジナルアルバム出してみました!聴いてみてくださいませ。

 

 

 

【1995年】

 

1995JリーグNICOSシリーズ第18節

浦和レッドダイヤモンズ0-1ガンバ大阪

1995年10月21日15:01@浦和市駒場スタジアム

G大阪得点者:礒貝洋光(63分)

 

1995JリーグNICOSシリーズ第18節

セレッソ大阪3-0ジュビロ磐田

1995年10月21日15:01@京都市西京極総合運動公園陸上競技場

C大阪得点者:深川友貴(13分),マルキーニョス(82分,83分)

 

日本シリーズ1995第1戦

オリックス・ブルーウェーブ2-5ヤクルトスワローズ

1995年10月21日18:10@グリーンスタジアム神戸

勝ち投手:ブロス,セーブ:高津臣吾,負け投手:佐藤義則

本塁打:ヤクルト→大野雄次(8回2ラン)

 

阪神淡路大震災を経たオリックスが「がんばろうKOBE」の合言葉と共に躍進を遂げた1995シーズン。対してサッカーではJ参入1年目のセレッソは年間順位で8位に食い込む健闘を見せたが、ガンバは年間最下位という屈辱を味わった。

日本シリーズ初戦が行われた10月21日はガンバ・セレッソは共に完封勝利。セレッソは大阪ではなく京都で主催試合を開催している。一方、「野村ID野球vs仰木マジック」としても注目された日本シリーズ第1戦はヤクルトが常に先行する展開で逃げ切って勝利。このシリーズでは古田敦也vsイチローの対決にも注目が集まったが、ヤクルトが4勝1敗で優勝している。

 

 

 

【1996年】

 

1996Jリーグ第25節

セレッソ大阪5-1柏レイソル

1996年10月19日15:03@長居スタジアム

C大阪得点者:米倉誠(36分),古賀一成(41分),横山貴之(58分,64分),ナルシーゾ(72分)

柏得点者:加藤望(71分)

 

1996Jリーグ第25節

サンフレッチェ広島2-0ガンバ大阪

1996年10月19日18:34@愛媛県総合運動公園陸上競技場

広島得点者:盧廷潤(51分),ハウストラ(56分)

 

日本シリーズ1996第1戦

読売ジャイアンツ3-4オリックス・ブルーウェーブ

1996年10月19日18:04@東京ドーム

勝ち投手:鈴木平,セーブ:平井正史,負け投手:河野博文

本塁打:オリックスイチロー(10回ソロ),巨人大森剛(9回2ラン)

 

オリックスパリーグ2連覇を達成。Jリーグはこの年から京都が参入し、関西は3チーム体制となった(神戸の参入は1997年)。

ガンバとセレッソはこの時も既に優勝戦線からは外れており、当時は降格制度もなかったのでほぼ消化試合と化しているような状況ではあった。ガンバが広島に負けた一方、セレッソは上位につけていた柏に圧勝している。日本シリーズ初戦を迎えたオリックスは巨人と一進一退の攻防を繰り広げる中で3-1で迎えた9回裏に同点に追いつかれるも、直後の10回表にイチローがソロホームランを放って劇的勝利を収めた。この勢いのまま3連勝を遂げ、第4戦こそ敗れたが2敗目を喫する事なく神戸の地で優勝を決めている。

 

 

 

【2001年】

 

2001Jリーグディビジョン1 2ndステージ第10節

ガンバ大阪1-1浦和レッドダイヤモンズ

2001年10月20日16:01@万博記念競技場

G大阪得点者:吉原宏太(29分)

浦和得点者:山田暢久(52分)

 

2001Jリーグディビジョン1 2ndステージ第10節

横浜F・マリノス2-3セレッソ大阪

2001年10月20日16:04@横浜国際総合競技場

横浜FM得点者:ブリット(82分,88分)

C大阪得点者:森島寛晃(58分),オウンゴール(60分),真中靖夫(111分)

 

日本シリーズ2001第1戦

近鉄バファロー0-7ヤクルトスワローズ

2001年10月20日18:10@大阪ドーム

勝ち投手:石井一久,負け投手:パウエル

本塁打:ヤクルト→ラミレス(6回3ラン),古田敦也(8回ソロ)

 

ファン心理は色々あるにしても、登録上は現在のオリックスバファローズの前身球団として扱われている近鉄が1989年以来の日本シリーズ進出を果たした。サッカーでは残念にセレッソが1stステージ、ガンバが2ndステージの優勝にあと一歩まで迫ったが優勝には至らず、この年はガンバが常に中位。そしてセレッソは残留争いを強いられている。

早野宏史監督を解任して竹本一彦監督体制を発足させて成績を持ち直してガンバはホームで浦和に対して1-1のドロー。ただ、試合開始時間的にこの日、万博から大阪ドームへのハシゴはほぼ不可能だったと推測される。一方のセレッソは既に降格寸前の状況でマリノスと、昨季は優勝をギリギリまで争ったマリノスと残留争い直接対決という皮肉な状況になったが延長Vゴール勝ちでどうにか踏み止まった(ちなみに海外移籍が決まっていたマリノス川口能活ラストゲームでもあった)。ヤクルトと対峙した近鉄だったが、ヤクルト先発の石井一久を前にローズや礒部公一といった猛牛打線が沈黙。大敗を喫している。

 

 

 

【2003年】

 

2003Jリーグディビジョン1 2ndステージ第10節

セレッソ大阪0-2ガンバ大阪

2003年10月19日15:03@長居スタジアム

G大阪得点者:マグロン(54分),二川孝広(81分)

 

日本シリーズ2003第2戦

福岡ダイエーホークス13-0阪神タイガース

2003年10月19日18:15@福岡ドーム

勝ち投手:杉内俊哉,負け投手:伊良部秀輝

本塁打:ダイエー城島健司(3回ソロ),ズレータ(7回3ラン),バルデス(8回3ラン)

 

2022年以前では唯一、関西球団の日本シリーズとサッカーの大阪ダービーが重なったのが2003年だった。ただし、この時の阪神の相手は福岡ダイエー(ソフトバンクの前身)で、しかもビジターゲームだったので試合会場は福岡となっている。

リーグ自体が大混戦かつ当時は2ステージ制だった為、上位ではないにも関わらずステージ優勝の可能性を残していたガンバは、前半戦ではホームで敗れたセレッソとの対戦で序盤から主導権を握り試合を圧倒。後半に入ってマグロンと二川のゴールで2-0の完勝を遂げた。阪神星野監督体制で遂げた18年ぶりの優勝に大フィーバー状態だったが、そこに立ちはだかった当時のダイエープロ野球史に残る最強チームとも評されており、まさかの13-0という大敗を喫する。しかしシリーズはここから阪神が甲子園で3連勝した事で大いなる盛り上がりを見せた。

 

 

 

2005201420212023後編で!→後編

 

 

チケット取れんかった

 

 

ではでは(´∀`)