G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com


   

 

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

 

Twitterアカウント

twitter.com

 

 Instagramアカウント

www.instagram.com

   

 

   

 

ようこそ、サバイバルゲームへ…〜J1第27節 浦和レッズvsヴィッセル神戸 レビュー〜

じゃがビーのバター醤油好き

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日も2本目となりますマッチレビュー、今回のカードは浦和レッズvsヴィッセル神戸のゲームです。

 

www.rrr3k.com

   

現在3連敗中の神戸は先日、吉田孝行監督の退任とファン・マヌエル・リージョ監督の就任を発表。今日の試合は就労ビザの関係で暫定で林健太郎コーチが指揮を執りますが、ここで一つ仕切り直しという位置付けのゲームになります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923184057j:image

www.rrr3k.com

   

対する浦和は前節、前々節はベンチ入り停止処分を科せられていたオズワルド・オリヴェイラ監督が復帰。前節の接戦をモノにした横浜戦の良い流れを維持していきたいところ。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923184025j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923184023j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201552j:image

   

肝心のイニエスタについては今日は欠場となりましたが埼玉スタジアムはチケット完売の超満員。とはいえ試合は勝った方はACL出場圏内の可能性を残せるし、敗れた方は残留争いに巻き込まれかねない中々にサバイバルみのある一戦となりました。

神戸の三木谷浩史会長も観戦に訪れたこの試合、果たして勝つのはどちらになるのやら。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923185022j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923185020j:image

   

立ち上がりから良い出足を見せたのは浦和。神戸は今のチームの悪い流れが出ているのか違いの作れるイニエスタ不在が響いているのか、ボールを繋げてはいるもののチャンスには殆ど繋がる事の出来ない展開が続きます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201928j:image

   

一方の浦和はボールこそ持たれているものの落ち着いて対応し、マイボールになれば無駄なく攻め込んでいくスタイルでチャンスを何度も演出。23分にはルーズボール青木拓矢がグラウンダーのミドルシュートを放って浦和が1点先制。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201937j:image

   

その後も試合を思い通りに進めていたのは浦和の方で、ポゼッションサッカーの悪い癖を露呈し続ける神戸を嘲笑うかのように前線へと攻め込んでいく浦和は42分にも柏木陽介の見事なパスに抜け出した興梠慎三が流し込んで追加点を奪ってそのまま前半終了。浦和の2点リードで折り返しました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201949j:image

   

後半が始まっても中々攻め込むきっかけを作れない神戸。そこでここ数試合で好調の古橋亨梧を投入しようとしましたがその矢先、高橋峻希のイージーなミスから武藤雄樹にシュートを打たれ、キム・スンギュが懸命に手を伸ばすもののボールはそのままゴールに入り後半の早い時間で3点ビハインドを喫します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201958j:image

   

結局のところ神戸はその後も攻撃の糸口を一向に掴む事の出来ないまま悪循環だけが深まっていき、76分には長澤和輝に決められて4失点。試合は4-0のまま終了し、浦和が満員の埼玉スタジアムで勝利を掴みました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923202013j:image

   

浦和はとしては完璧と言っていい試合でしたね。攻守に置いてバランスよく連動しており、崩れゆく神戸に対してほぼほぼ完璧なゲームプランを遂行出来たのではないでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923202036j:image

   

一方の神戸はボールを持つ事は出来ていたものの、違いを生み出せるイニエスタの不在はかなり大きく、さらにはポドルスキもかなり低い位置でプレーしていましたから持ち味を殆ど出せていませんでした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201847j:image

   

そうこうしているうちに浦和に押し込まれていき、三田や郷家もズルズルと下がっていく始末。個人的には、結果的に長沢とウェリントンの2トップにしてしまった事が失敗で、イニエスタが居なくとも三原なり古橋などを入れて最初から4-1-2-3や4-2-3-1にすればもう少し違ったかなーとも思いました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201825j:image

   

ともかく、これで4連敗となってしまった神戸はACL圏内争いよりも少し残留争いの方を考慮しなければならない事態になったかもしれませんね。もはやどこがどこに勝てばいいのかの星勘定も訳分からなくなってきたJ1リーグ、はてさてどうなる事やら…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923201913j:image

www.rrr3k.com

   

ではでは(´∀`)

   

 

   

 

   

 

   

そろそろマネ、サラー、フィルミーノの3人にMSNとかBBC的な名前付きそう〜プレミアリーグ第5節 リバプールvsサウサンプトン レビュー〜

何年か振りくらいにテンプルランやったらそこそこ面白かった。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、日付も変わりまして、またまたマッチレビュー更新です。本日のカードはプレミアリーグリバプールvsサウサンプトンです。

 

www.rrr3k.com

   

開幕5連勝を飾り、同じく開幕5連勝のチェルシーに得失点差で下回って2位ではあるものの、これ以上のないスタートを切る事が出来たリバプール先日のチャンピオンズリーグでもパリ・サンジェルマン相手に見事なゲームで勝利を収め今まさに絶好調。開幕6連勝にも期待がかかります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233130j:image

www.rrr3k.com

   

一方のサウサンプトンは1勝2分2敗となんとも言えない立ち上がりで現在13位。今年こそはヨーロッパリーグ出場圏内に入る為にも、リバプールの連勝を止める事で勢い付きたいところ。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923001156j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922232031j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233028j:image

   

リバプールは先日のチャンピオンズリーグからスタメンを2人変更。また前線の配置を少し弄ってきましたね。

サウサンプトンはチーム得点王のダニー・イングスが今日は欠場の為、シェーン・ロングがセンターフォワードの位置に入ります。開幕から未だリーグ戦での出番の無い吉田麻也はベンチスタートです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233014j:image

   

立ち上がりから戦前の予想通りリバプールが攻め込む展開。サウサンプトンもそこまではプラン通りで、時折隙をついて鋭いアタックを仕掛けようと試みるもののやはり先制点はリバプール10分にシャキリのシュートがサウサンプトンDFに当たって軌道が変わったボールが更にサウサンプトンDFのフートに当たってゴールイン。オウンゴールで試合が動きます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233144j:image

   

サウサンプトンも何とかして攻めようと前への推進力を強めて行き、実際にチャンスは何度か訪れましたが試合の主導権を握るまでには至らず。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923190412j:image

   

逆に21分にはCKからジョエル・マティプに頭で合わせられてリバプールが追加点。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922235545j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922233350j:image

   

シャキリマティプ今シーズン初スタメンを飾った2人がユルゲン・クロップ監督の期待にそれぞれ応えてリードを2点に広げます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922234033j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011130j:image

   

さらに前半アディショナルタイムにはシャキリのFKのこぼれ球をモハメド・サラーが詰めて押し込み、3-0とリバプールからすれば完璧な試合運びで前半終了。強ぇなぁ…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922235524j:image

   

後半に入ってもファン・ダイクの負傷退場というアクシデントこそあったものの優勢に試合を運んだのはリバプール3点リードしている余裕もあってか前半ほどガンガン攻めという訳ではありませんでしたが、しっかり主導権をキープし、サウサンプトンに攻め入る隙を与えません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923010943j:image

   

終盤には連続波状攻撃から最後はサラーがゴールネットを揺らします。結局これはオフサイドでノーゴールとなり、後半は追加点は奪えませんでしたがリバプールが3-0と危なげなく快勝を収めました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011009j:image

   

90分を通して今のリバプールの状態の良さ、強さをまざまざ見せつけられた試合となりましたね。リバプールは一度カウンター攻撃が始まれば、サラー然りサネ然りフィルミーノ然り、確実にフィニッシュで終わらせる事の出来る人材が揃っています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011043j:image

   

まさしく波状攻撃という言葉のよく似合うチームで、今日の幻の4点目はその象徴とも言えるシーンだったのではないでしょうか。 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011114j:image

   

リバプールもそうですしチェルシーも絶好調ですから、マンチェスター・シティ独走で進む事も予想されたプレミアリーグにも、面白い展開が待っているかもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180923011100j:image

   

ではでは(´∀`)

 

   

 

   

 

   

9号線大渋滞〜J2第34節 京都サンガFCvs栃木SC レビュー〜

一回鼻毛を抜き出すと終わるタイミングわからへん

 

どーもこんばんは

 

汚い出だしになってすいません……

 

さてさて、本日のマッチレビューはJ2リーグ京都サンガFCvs栃木SCです!

 

www.rrr3k.com

   

ここ3試合勝利がないとはいえ、庄司、金久保、ジュニーニョ、カイオら新戦力が機能した事もあって8月以降というくくりで見れば3勝3分1敗とチーム状態は上向いているとも言えるサンガ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922180651j:image

   

西日本豪雨の影響で順延された福岡戦が組み込まれた事で3連戦となるサンガですが、この3試合で一つでも多くの勝点を奪い、なんとしても残留争いで優位なポジションに移りたいところ。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922174820j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922174818j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922180541j:image

   

今日も3バックでスタートするサンガ。

ベンチに控える岩崎悠人やレンゾ・ロペス、田中マルクス闘莉王といった流れを変えられる選手をどこで使ってくるのかもポイントです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922180534j:image

   

今日の対戦相手、栃木SCとは前半戦のアウェイでの対戦で1-3の敗北。これが布部陽功前監督のラストゲームとなってしまいましたね。あの頃から向上した部分を見せて欲しい一戦です。

 

www.rrr3k.com

   

前半、サンガはボールこそ保持出来ているものの栃木のブロックの前に攻撃の活路を見出せない展開。対する栃木は手数をかけずにサンガ陣内に攻め込んで何度もチャンスを演出。その結果18分には福岡将太に決められてあっさり先制点を許します。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922191556j:image

   

時間が進んでもその展開はなかなか変わらず、27分にはこの日が栃木でのデビュー戦となる新戦力外国人、アレックスにゴールを決められて0-2。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922191602j:image

   

2点ビハインドを背負ったサンガは、前半の終盤になるに連れて少しずつチャンスを得るようになるものの1点を返すには及ばずそのまま0-2で前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922220856j:image

   

後半、サンガはジュニーニョを下げて闘莉王を投入してツインタワー状態に。59分には小屋松を下げてレンゾ・ロペスを投入し、実質トリプルタワー状態にして反撃を試みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922220909j:image

   

しかしやはり、ボールは保持出来ているものの栃木の守備ブロックは「先制したら強い」というデータ通りに強固でサンガはやや強引にシュートにシュートを打つしかなく、崩し切れない展開が続いて…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922220940j:image

   

カイオ、闘莉王、レンゾ・ロペスから成る3トップ、トリプルタワーも身長192cmのパウロンを中心にしっかりケアされてしまい、ボールポゼッションこそ60%を超えていたにも関わらず1点も返す事の出来ないまま0-2で敗れてしまいました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922220956j:image

www.youtube.com

   

今日は栃木のDFラインが抜群に統率されていましたね。先制点を奪って以降完全に割り切った形で試合を進めており、効率の良いサッカー、集中を切らす事のない試合を90分間通じて披露していたと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922221025j:image

   

サンガが良い展開を作れている時というのはカイオやレンゾ・ロペスが中央で自由に動けている時です。そういう意味ではセンターフォワードタイプを3人も揃えた事で、3人とも動きが少し窮屈になってしまっていたように感じて、トリプルタワーは少し機能していなかったかなと。仕方ないね、京都は高さ制限あるからね…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922221036j:image

   

ともかく明日の熊本、讃岐の結果次第では再び最下位に転落してしまう可能性もある状態になってしまいました。新戦力も絡んできた8月以降はサンガも悪くない流れですから、この流れを手放さないようにして欲しいのですが…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922221052j:image

   

現在1試合消化試合の少ないサンガにとって、順延分である次の福岡戦、そしてその次の熊本との直接対決は何としても勝たなければならない試合となってしまいましたね…。何とか信じて祈るのみです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180922221114j:image

   

ではでは(´∀`)