G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

 

 

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

 

Twitterアカウント

twitter.com

 

   

 

   

 

海外ド音痴、ロシアに翔ぶ。〜英語もまともに話せない私のロシアW杯観戦記〜第12話 シベリア鉄道の夜


www.rrr3k.com

   

 

カザン空港での奇跡的な体験を終えた私達は、カザンにあるクレムリンに観光に赴いた。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001325j:image

 

テレビなどでこの景色を見た方も多いのではないだろうか。

ちなみにZとAの間で一体化しているのが私である。

 

この日は天気も抜群に良く、ほどほどに過ごしやすい暖かさ。クレムリンの内部には入らなかったが、少し進むとそこには抜群のロケーションが広がっていた。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001540j:image


f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001656j:image


f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001544j:image


f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001548j:image

   

興味はないだろうが、一応補足しておくと宇佐美ユニを着ているのが私である。

ちなみにフランスvsオーストラリアはガンバの倉田秋のユニで観戦していた。

市立吹田サッカースタジアムで初の公式戦となった、2016年の開幕戦で購入した11番のユニフォーム。まさか翌年から10番になるとは知らずに…。

 

 

 

この日のイベントは大体終了。

翌朝にはカザンでの2泊3日の滞在を終え、カザンを後にする事になる。

 

結局2日間の夕食、そしてこの日の朝食ともなったペニメリを食して準備を済ませた後、チェックアウトを行った我々はカザン・パッサルジスキー駅へと向かった。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708001203j:image

 

モスクワの回でも述べたが、ロシアはありとあらゆる建築物が芸術的な形状になっている。

例えば地下鉄なら、それがローカルな駅でも思わず写メを撮りたくなるような作りになっているのだ。

そんな景色にうっとりできるのも束の間。ここからは寝台列車で20時間、ほぼ丸一日の戦いである。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708002027j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708002050j:image

 

相変わらず狭い車内だ。

このサンクトペテルブルクに向かう20時間の旅はやはり過酷だった。

試合会場への移動目的なら、FIFAによって無料となるこの寝台列車は大体形状は同じである。

だが小さな違いというものはチラホラあって、例えばこの20時間の電車の中には、なんとコンセントが一つもなかった。これはかなりキツかった。しかもこの電車は人なんか住めそうもないど田舎を突っ切るような道を進み、そんな道に入ればWi-Fiはあっても全く効かないのだ。

   

スマホの充電を節約する意味でも、そういう環境下なら諦めて極力スマホは使わなくてもいいかもしれない。

だがこの日は少し事情が違った。

6月18日。そう、大阪北部地震が発生した日である。

 

このニュースを知ったのはカザンの宿、ロシアの時間で深夜2時だった。

もちろん、地震を体感した人達の感じた恐怖とは比べ物にも、比べようもないが、大阪北部という近場、そして普段住んでいる京都での大地震を経験していないというどこか全く種類の違う恐怖を常に感じていた。

知り合いや友人はみんなTwitterなどに出てきていたし、家族とも連絡は取れていたためそういう心配はなかったものの、言葉にしづらい不安はずっと付きまとっていたし、余震もずっと続いているという話だったのでなんとか情報を集めたかった。

 

結局、コンセントもなければ電波も貧弱貧弱貧弱である以上どうしようもないので、友人とマリオカートに興じ、後はひたすら眠って気を紛らす。

関西で地震の余波が多少落ち着いた頃、我々は20時間に及ぶ長旅を終えてようやくサンクトペテルブルクの地に辿り着いた。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708002957j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708003022j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708003038j:image

   

どこまでも、とにかくどこまでも続く美しい街並み。

旅はクライマックスを迎えようとしていた。

 

つづく

 

   

 

おまけ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180708003134j:image

 

おそロシア

 

   

 

   

 

   

閉塞感PART2〜J1第16節 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪 レビュー〜

行きつけと言えるカフェに東口激似の店員がいる。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、W杯も終わりまして、今日からいよいよJ1リーグが再開します!

 

改めて、前半戦のざっくりした動向は下のブログをご覧ください。

 

 

www.rrr3k.com

 

そんな2ヶ月ぶりとなるJ1のマッチレビューはもちろん我らがガンバ大阪、このカード、サンフレッチェ広島vsガンバ大阪です!

 

   

 

レヴィー・クルピ新体制で臨んだ今年のガンバは序盤から不振に陥り、いい試合と悪い試合の差が激しい波のある状態を続けた結果前半戦を終えて降格プレーオフ圏内の16位。

柿谷曜一朗獲得失敗をはじめ、中断期間中の補強も上手くいかず結局矢島慎也泉澤仁を放出しただけという体たらくで言いたい事は色々ありますが、とりあえず試合が始まったら応援するのみ。信じるしかありません。

それでは両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718183950j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718183954j:image

   

ガンバは長らく戦線離脱していたアデミウソンが復帰。

一方、現在絶好調のファン・ウィジョはアジア大会の韓国代表メンバーにオーバーエイジ枠として召集されたため8月後半の試合の殆どを欠場する事が決まったので、それまでに1つでも多く勝点を積まなければなりません。

一方の広島は前半戦を絶好調で首位独走中。その勢いと強さを2ヶ月のブランクが空いた後半戦でも維持できるかどうか。中断期間前のあの強さが本物かどうか問われる一戦です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718184500j:image

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718191052j:image

   

おそらくこの試合に向けてクルピ監督始め、ガンバの皆さんは色々なゲームプランを立てていた事でしょう。

そのゲームプランは開始8分に木っ端微塵に砕け散ります。

 

 

 

ファビオ退場。

 

   

 

いきなり一人少なくなり、ガンバはファン・ウィジョガンバにとってはまさに日本vsコロンビアの逆パターンとなったこの試合、もう完全にこの瞬間から広島ペースになってしまった試合はガンバは広島陣内に攻め込む事すらままならなくなってしまいます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718220805j:image

   

結局26分、右サイドからの和田からのドンピシャのクロスに頭で合わせたのは現在得点王のパトリック。

ガンバほとんど反撃の狼煙を上げる事が出来ないまま41分には、同じような流れで今度は青山のセンタリングから再びパトリックが頭で合わせて2-0。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718214029j:image

   

広島に移籍した今でもInstagramでW杯の時には日本代表ユニを着込みながら宇佐美貴史のタオルを掲げる姿をUPしてくれたパトリック、東口がW杯直前に負傷した時はわざわざ復帰を願う投稿をしてくれるなど、今なおガンバへの愛を示してくれているパトリックに2点も叩き込まれてしまいコレといったチャンスもないまま前半が終わります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718214045j:image

   

後半もほとんど試合の流れは変わりません。

広島がペースを落とし始めた事もあってボールを回せる時間こそ少し増えたものの、クルピ監督就任時に掲げた「攻撃サッカーへの回帰」とはなんだったのかと言いたくなるほどの低い位置でのボール回しに終始。3点目を取られてもそれは変わらず、高い位置をとって裏のスペースを狙う意識を見せていたのも倉田と米倉だけで、しかも悲しい事にその米倉の背後のスペースを突かれて4-0。

前半が終わった時点で勝てる気配を感じれない展開ではありましたが、消化不良というよりも消化開始もしていないような中断明け初戦でした。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718214058j:image

   

基本的に私は、決して即刻クルピ監督を解任してくれと思っている派ではありません。

もちろん今日の敗因の責任の全てが監督と思っているわけではありませんが、それでもさすがに今日の采配には疑問しかありませんでした。

 

前半8分という早い時間にファビオが退場し、CBの補充のため選手交代を余儀なくされた事でゲームプランが大きく崩れる計算外があった事は事実です。それに前半8分ともなると、今日動きの良い選手、良くない選手の判断がつきにくいでしょうから、誰を下げるべきかの判断も難しい事も理解しています。

そんな状態であるなら尚更、今のガンバで一番得点の期待が出来るファン・ウィジョを下げたのは明らかに間違いだったと言えるでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718220826j:image

   

その他にも今日の交代策には疑問の残るものばかりでした。

ウィジョや長沢など、前線にセンターフォワード系の選手を置かないと今のガンバの攻撃は回らない状態です。まずこの理由からもウィジョを下げたのはわからないし、セカンドトップタイプのアデミウソンをワントップに置いた事も機能しなさそうなのは前半戦のガンバを見ても明らか。

そのアデミウソンを下げて食野を入れると、いくら今日のガンバで唯一前への推進力を見せていたとはいえMFの倉田をワントップに置いたのもよくわからないし、尚且つポジションチェンジしたばかりの倉田をすぐに下げて、これまた1.5列目タイプの中村を投入した事も疑問でした。

今日唯一得点の匂いを感じさせた倉田を下げた事も一つの疑問ですが、倉田やアデミウソンにしても食野にしても中村にしても、ウィジョを残しておくか交代枠のどこかで長沢を投入していればだいぶやり易さは変わってきたと思います。

あくまで素人目ではあるので現場には現場の考えがあるでしょうから、所詮素人の遠吠えでしかありませんが、閉塞感の原因はそういうところなのかな、なんて思ってしまいました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180718220656j:image

   

 

上位広島は中断期間中に韓国キャンプを張って攻撃を習熟させてきたそうです。

他のチームもキャンプを張るなり、補強をするなりしてこの後半戦を迎えてきました。

一方のガンバは一切補強ナシ。取ろうとしたか取ろうともしていないのかは別として「?」とは思ってしまいますよね。フロントはお金はあるみたいな言い方をしていましたが、それなら逆に「金ないから補強できないよぉぉ」と言ってくれた方が納得も出来ます。

かといって16位なのにキャンプなどでクルピサッカーを落とし込もうとしている訳でもありませんでした。ガンバのホームタウンである大阪北部で地震が起こった計算外の要素はあるにせよ、キャンプの予定も別に地震が起こる前から一切ありませんでしたし、うーん…としか感じません。

   

いや、別にオフでもずっとキャンプしろ!練習しろ!とは一切思ってません。休むのも大切です。仮にキャンプの予定が地震の影響で断念とかなら、それは仕方ないとなりますから。

ですがそれが練習やキャンプをする事しかり、補強する事しかり、この16位という状況を打破しようとする姿勢が今のフロントに一切見えない事が疑問に感じます。

例えば2012年は、結果的に降格したとはいえ中断期間に沖縄キャンプを張り、岩下敬輔家長昭博レアンドロを獲得するなど何かを変えようとする姿勢は見せてくれていた訳ですから。

試合が終わった後のささくれた感情のまま無理矢理な気分でこの文を書いているので無茶苦茶な文章になっていると思います申し訳ない。

 

次戦は5戦負け無し中のホームでの試合。

信じて祈る事しか出来ない私達に喜びをください切実に…。

 

ではでは(´∀`)

   

 

   

 

   

 

   

 

   

独断と偏見による、2018FIFAワールドカップ ベストゴールTOP30 1〜10位

深刻なW杯ロス

 

どーもこんばんは

 

深刻…。

 

本日からJ1も再開でございます。

ガンバさん大丈夫かしら…

いや、むしろ大丈夫じゃないと困るわけで。

マッチレビューは更新する予定ですのでしばしお待ちを!

 

さてさて、そんな状況の中今回も前回の続きでロシアW杯ベストゴールTOP30を発表していきます!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180716214914j:image

   

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

 

前回、前々回の11〜30位は此方からご覧ください!

ではオーラス、TOP10行ってみましょう!

 

www.rrr3k.com

 

第10位

アンヘル・ディ・マリア

(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)

6月30日17:00 フランス1-1アルゼンチン 41分

 

www.youtube.com

   

 

第9位

ルイス・スアレス

(ウルグアイ/FCバルセロナ)

6月25日18:00 ウルグアイ1-0ロシア 10分

 

 

www.youtube.com

   

 

第8位

乾貴士

(日本/レアル・ベティス)

6月24日20:00 ベルギー0-2日本 52分

 

 

www.youtube.com

   

 

第7位

ナチョ・フェルナンデス

(スペイン/レアル・マドリード)

7月3日21:00 ポルトガル2-3スペイン 58分

 

www.youtube.com

   

 

第6位

ルカ・モドリッチ

(クロアチア/レアル・マドリード)

6月21日21:00 アルゼンチン0-2クロアチア 80分

 

 

www.youtube.com

   

 

第5位

リカルド・クアレスマ

(ポルトガル/ベシクタシュ)

6月25日21:00 イラン0-1ポルトガル 45分

 

 

www.youtube.com

   

 

第4位

クリスティアーノ・ロナウド

(ポルトガル/レアル・マドリード)

6月15日21:00 ポルトガル3-3スペイン 88分

 

 

www.youtube.com

   

 

第3位

トニ・クロース

(ドイツ/レアル・マドリード)

6月23日21:00 ドイツ2-1スウェーデン 95分

 

 

www.youtube.com

   

 

第2位

ナセル・シャドリ

(ベルギー/ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)

7月2日21:00 ベルギー3-2日本 94分

 

 

www.youtube.com

   

 

第1位

ベンジャミン・パバール

(フランス/VfLシュツットガルト)

6月30日17:00 フランス2-2アルゼンチン 57分

 

 

www.youtube.com

   

 

以上がベストゴールTOP30になります!

あと4年待つのがつらいお……。

 

ではでは(´∀`)