G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com


   

 

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

 

Twitterアカウント

twitter.com

 

 Instagramアカウント

www.instagram.com

   

 

   

 

5分間の輝き〜Jリーグワールドチャレンジ2019 川崎フロンターレvsチェルシーFC マッチレビュー〜

マッチレビュー何気に久々。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビューJリーグワールドチャレンジ、川崎フロンターレvsチェルシーFCの一戦です!

 

 

 

親善試合とは百も承知とは言えども、世界の強豪と戦う、その姿を観られる貴重な瞬間が今年も訪れます。Jリーグ2連覇中の王者川崎と、プレミアリーグ3位でヨーロッパリーグを制したチェルシーの一戦…。チェルシーからすれば、チームのレジェンドであるフランク・ランパード監督就任で新たな船出となるチームの大事なゲームです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719211914j:image

 

 

4年前、親善試合とはいえボルシア・ドルトムントに0-6で敗れた苦い経験を持つ川崎。あの時のリベンジとは違いますが、あの頃より確実に進化した姿を見せる事は出来るのでしょうか。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719195000j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719195003j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225052j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225049j:image

 

 

本日の会場は神奈川県横浜市日産スタジアムです。2002年日韓W杯決勝戦開催のスタジアムとして知られている他、チェルシー、そしてランパード監督やダビド・ルイスセサル・アスピリクエタといった選手にとっては2012年のクラブW杯でコリンチャンスに敗れて後一歩で世界一を逃した悔しい思い出のあるスタジアムでもあります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719214348j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212019j:image

 

 

前半、川崎には連戦疲れ、チェルシーには移動疲れもあるのか、両チームともシンプルにポゼッション率を高めていきながらチャンスを見つけようとしていく展開が続いていきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225146j:image

 

 

しかし時間が経過するとどんどんチェルシーがボールを握るようになり、また個人能力でチャンスを切り開く力はやはりチェルシーが川崎よりも数段上。川崎もゴール付近にまでは何度かボールを運ぶまでは出来なかった訳ではないものの、試合はチェルシーペースの時間が続いていきました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212050j:image

 

 

とはいえチェルシーもそこまで決定的なシーンを作り出せたか、といえばそうではなく、川崎も守備陣がそこは良く踏ん張って耐え切り、前半は結局スコアは動かず、0-0で後半に向かいます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225127j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225130j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212251j:image

 

 

後半、プレシーズンという事で両チームともに複数の選手を交代。特に川崎は2列目より前を総替えして後半に挑み、ワントップにはレアンドロ・ダミアンという個で対抗できる選手を配置。一方チェルシーオリヴィエ・ジルーなどを投入して後半に突入しますが、基本的に試合の大局は前半と同じように進んでいきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212116j:image

 

 

いくらプレシーズンとて、川崎とチェルシーの力の差はやはりあったのか、随所にチェルシーが鋭い攻撃を見せて試合をチェルシーペースで展開していきます。しかしなかなかチェルシーもやはり決定的な場面までは作れず、試合は終盤戦へ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212125j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225210j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225212j:image

 

 

しかし川崎は83分に中村憲剛を投入。ここから一気に試合は川崎のペースへと運ばれていきます。まず85分、中村の展開から馬渡和彰のクロスをL・ダミアンのヘッド。これはポストに阻まれ、そのCKから得たシュートチャンスもGKウィリー・カバジェロの好セーブに阻まれます。しかし87分、こぼれ球を拾った中村の柔らかいクロスをL・ダミアンが頭で合わせて遂に先制!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225240j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225237j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719212237j:image

 

 

試合はこのまま、試合終了間際のゴールが決勝点となって川崎が勝利。たとえ親善試合とは言えども、川崎にとっては欧州の強豪相手に価値ある勝利となりました!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225259j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225303j:image

 

 

チェルシーからすれば長旅の疲れ、そしてオフ明けまもなく、ランパード体制が始動してすぐ…という事もありますから、この勝利を鵜呑みにする事は出来ない事は言うまでもないでしょう。とはいえ、その状況でも個々の力に差がある事は事実ですし、そんな中で中村を投入してから訪れた僅か5分の川崎の時間の間に決勝点をもぎ取って見せた事は、川崎に強者たる勝負強さが身につき始めている事の表れといっても良いのではないでしょうか。

この後に続く神戸vsバルサマリノスvsマンCにも注目です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225329j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190719225326j:image

 

 

ハロー夏風邪。

ではでは(´∀`)

 

 

 

 

ヨーロッパビッグクラブ日本ツアー全試合マッチプレビュー!(川崎フロンターレvsチェルシーFC、FCバルセロナvsチェルシーFC、ヴィッセル神戸vsFCバルセロナ、横浜F・マリノスvsマンチェスター・シティ)

帰りは夜行バスでも行きは新幹線で行きたい…。

 

どーもこんばんは

 

さてさて、J1リーグは7月20日の第20節を終えると2週間の中断期間に突入します。

そしてその中断期間は欧州各国リーグもプレシーズンという事で、Jリーグチームvsヨーロッパ強豪クラブの試合が例年以上に多く組まれているのです!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234037j:image

 

 

…そこで今回は、今夏予定されているJリーグチームvsヨーロッパ強豪クラブの試合のマッチプレビュー的な事を行なっていきます!

それではスタートぉぉぉ!

 

 

 

7月19日19:00@日産スタジアム(横浜)

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019

川崎フロンターレvsチェルシーFC

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190717170528j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190717170518j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234052j:image

 

 

川崎フロンターレ基本データ

所属→明治安田生命J1リーグ

創設年→1997年

ホームタウン→神奈川県川崎市

ホームスタジアム→等々力陸上競技場

主なタイトル→J1リーグ優勝(2017、2018)

メインスポンサー→富士通(日本・総合ITベンダー)

監督→鬼木達(3年目)

 

チェルシーFC基本データ

所属→プレミアリーグ

創設年→1905年

ホームタウン→ロンドン西部チェルシー地区

ホームスタジアム→スタンフォード・ブリッジ

主なタイトル→プレミアリーグ(6回)、FAカップ(8回)、UEFAチャンピオンズリーグ(2011-2012)など

メインスポンサー→横浜ゴム(日本・タイヤ&ゴムメーカー)

監督→フランク・ランパード(新任)

 

【みどころ】

昨季のプレミアリーグでは開幕ダッシュに成功したものの、年末年始辺りから急激に失速して優勝争いから脱落したチェルシー。しかしそれでも、リーグでは異次元の強さを見せたマンチェスター・シティリバプールに次ぐ3位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグも制して最終的には良い形でシーズンを終える事が出来た。だが、今季は補強禁止処分を喰らってしまい、更に追い討ちをかけるようにマウリツィオ・サッリ監督が電撃退任。そして絶対的エース、エデン・アザールレアル・マドリード移籍まで決まってしまった。

そんな中でチェルシーの指揮を新たに執る事となったのがチェルシー史上最大のレジェンド、フランク・ランパードである。チェルシーファンなら「いつかは」と誰もが望んでいた状況が今年、一つ実現された。これをチェルシーにとっての悪夢にしない為にもチーム作りという意味で川崎戦は大きな意味を持つだろう。

川崎にとっては、風間八宏前監督時代から続けてきて、完成の域に到達しているポゼッションサッカーを見せつける良い機会と言える。そもそもパスサッカーが途上だった頃に行われたボルシア・ドルトムント戦は0-6の惨敗だったが、あの時よりも完成度・戦力ともに充実した今なら、勝機も見えてくる。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234104j:image

 

 

7月23日19:30@埼玉スタジアム2002

Rakuten CUP Supported by スカルプD

FCバルセロナvsチェルシーFC

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234118j:image

 

 

FCバルセロナ基本データ

所属→リーガ・エスパニョーラ

創設年→1899年

ホームタウン→カタルーニャ州バルセロナ

ホームスタジアム→カンプ・ノウ

主なタイトル→リーガ・エスパニョーラ(26回)、コパ・デルレイ(30回)、UEFAチャンピオンズリーグ(5回)、FIFAクラブW杯(2009、2011、2015)など

メインスポンサー→楽天(日本・IT企業)

監督→エルネスト・バルベルデ(3年目)

 

【みどころ】

今年もそうだし、プレシーズンのみならずクラブW杯を含めて、日本の地でJリーグクラブvs欧州ビッグクラブの対戦が行われた事は何度かある。しかし、日本国内で欧州のビッグクラブ同士が対決する機会というものは過去を見ても殆ど無いのではないか。そういう意味でも、いくらプレシーズンマッチとは言えども日本でFCバルセロナvsチェルシーという、UEFAチャンピオンズリーグで幾度と無く伝説とも呼ばれる名勝負を演じてきた2チームの戦いを日本で観られるのはとても貴重な機会だと言えるだろう。

バルサと言えばメッシ!というイメージが来るのは仕方ない事だが、恐らくリオネル・メッシを始め、ルイス・スアレスフィリペ・コウチーニョといった南米勢はコパ・アメリカの兼ね合いで来日しない事が濃厚。しかしその代わり、このチェルシー戦はバルサにとって19-20シーズン最初のゲームとなる為、今季からバルサに加入したフレンキー・デ・ヨング、そしてアントワーヌ・グリーズマンといった選手のバルサデビュー戦となる可能性は高い。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234127j:image

 

 

7月27日18:00@ノエビアスタジアム神戸

Rakuten CUP Supported by スカルプD

ヴィッセル神戸vsFCバルセロナ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234141j:image

 

 

ヴィッセル神戸基本データ

所属→明治安田生命J1リーグ

創設年→1966年

ホームタウン→兵庫県神戸市

ホームスタジアム→ノエビアスタジアム神戸

メインスポンサー→楽天(日本・IT企業)

監督→トルステン・フィンク(1年目)

 

【みどころ】

この試合の最大の見所は何と言っても、バルサアンドレス・イニエスタの再会…この部分になるだろう。イニエスタという選手がバルサでどのような存在だったかという事など、もはやこの場で説明する必要もない。それだけに世界中の注目が注がれる試合になるだろうし、イニエスタにとってもバルサにとっても、そして観客にとってもエモーショナルな空間になる事は間違いない。ダビド・ビジャも元バルサで、スペイン代表時代の同僚も多くいる為、試合そのものよりオフ・ザ・ピッチに目が行く事になるのかもしれない。

試合としては、チームとしてバルサ化を進めようとしている神戸が、所謂本家相手にどういうサッカーを見せるかが争点となる。楽天というパイプもあるので、良い意味でフレンドリーマッチ」という言葉が似合う試合となるのではないだろうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234154j:image

 

 

7月27日19:00@日産スタジアム(横浜)

GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019

横浜F・マリノスvsマンチェスター・シティ

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234346j:image

 

 

横浜F・マリノス基本データ

所属→明治安田生命J1リーグ

創設年→1991年

ホームタウン→神奈川県横浜市

ホームスタジアム→日産スタジアム

主なタイトル→J1リーグ(1995、2003、2004)、ナビスコ杯(2001)、天皇杯(1992、2003)

メインスポンサー→日産自動車(日本・自動車メーカー)

監督→アンジェ・ポステコグルー(2年目)

 

マンチェスター・シティ基本データ

所属→プレミアリーグ

創設年→1880年

ホームタウン→マンチェスター

ホームスタジアム→エティハドスタジアム

主なタイトル→プレミアリーグ(6回)、FAカップ6回)など

メインスポンサー→エティハド航空(UAE・航空会社)

監督→ジョゼップ・グアルディオラ(4年目)

 

【みどころ】

シティ・フットボール・グループが株主としてマリノスに参入してから早5年。エリク・モンバエルツ監督体制を経て2018年から就任したアンジェ・ポステコグルー監督が率いるチームは今、Jリーグで面白いサッカーをするチームとしての評判が高まっている。そして、マンチェスター・シティはまさしくマリノスの目指すサッカーの延長線上の頂点に位置するチームと言えるだろう。稀代の名将、グアルディオラ監督が率いて、昨季は圧倒的な強さで国内3冠を達成した彼らとの戦いは、いくらプレシーズンマッチとて得るものは大きいはず。

シティもまた、コパ・アメリカの影響でセルヒオ・アグエロ、エデルソン、ガブリエル・ジェズスといった選手の不参加が決定しているが、それでも日本をW杯で悪夢へと導いたケヴィン・デ・ブライネを始めとした、中盤やDFラインのシティのサッカーを支える面子の多くが来日を果たす。両チームのスタイル的にも見応えのある試合になるのでは。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716234356j:image

 

 

ガンバvsマルセイユってどこ行った…?

ではでは(´∀`)

 

 

 

 

京都サンガ2019夏、補強プラン大予想

どこかのタイミングで亀岡のスタジアムの視察( )行っとこ

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、明治安田生命J2リーグは先週から後半戦が始まり、休みなくシーズンを戦っている最中です。ここで第22節終了時点での順位表を確認してみましょう。

 

1位 京都サンガFC(40)

2位 モンテディオ山形(40)

3位 柏レイソル(40)

4位 大宮アルディージャ(39)

5位 水戸ホーリーホック(39)

6位 ヴァンフォーレ甲府(36)

7位 ファジアーノ岡山(34)

8位 ツエーゲン金沢(32)

9位 横浜FC(32)

10位 V・ファーレン長崎(31)

11位 徳島ヴォルティス(31)

12位 アルビレックス新潟(29)

13位 東京ヴェルディ(29)

14位 FC琉球(28)

15位 レノファ山口FC(26)

16位 FC町田ゼルビア(25)

17位 ジェフユナイテッド千葉(24)

18位 愛媛FC(23)

19位 アビスパ福岡(20)

20位 鹿児島ユナイテッドFC(20)

21位 栃木SC(20)

22位 FC岐阜(16)

 

 

 

1位 京都サンガFC(40)

 

 

 

1位 京都サンガFC(40)!!

 

 

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716225023j:image

 

 

いつ以来だ!いつ以来の首位だよ!!まさかまさかのサンガさん首位だよ!!!

開幕から好調を維持していたサンガは5月辺りから更に深く好調のギアを入れ、第22節で山形との1位2位直接対決を制すると遂に首位に浮上してしまいました!!

 

…とはいえ、首位とは言えども勝点は2位山形、3位柏と同点の40。更に4位大宮、5位水戸との勝点差も僅かに1点差ですから、次節西京極で行われる大宮戦に敗れれば大宮に抜かれるどころか最悪5位まで落ちる可能性があるなど一瞬たりとも気が抜けない状態です。(勿論、どれだけ負けても順位が落ちない順位にいた去年より楽しいのは言うまでもないけど)

恐らくこの大混戦はシーズンの後半まで続いていく事でしょう。それはサンガが多分首位独走状態になる可能性は低い代わりに、仮に少し負けてもそう簡単に上位争いから陥落する訳でもないとも言えます。そこで重要なのが夏の補強です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716225326j:image

 

 

思い返せば昨年、サンガが何とか巻き返してJ2残留を決めた要因には夏場の庄司悦大、ジュニーニョ金久保順、カイオ、黒木恭平などの大量補強の効果が大きかったと思われます。要するに、夏の補強というものは大きな意味を持っており、「○○を獲得した事で成績が飛躍的に上がった」という事も「○○が退団したから一気に失速した」という事も起こりうる、まさしくJリーグの行く末を占うキーポイントの一つですし、いくら今季が好調と言ってもサンガだってこれは考えなければいけない立場です。というわけで今回は、後半戦に向けてのサンガの補強プランを考えていきたいと思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716040216j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716223530j:image

 

 

まず、今季のサンガは非常に好調で、ベストの形と呼べるスタメンを固まりつつあるので無理に即戦力を補強する必要というものは無いでしょう。財政状況が必ずしも良いという訳ではないですからね…。

では、ポジション毎に考察していきます。

 

 

 

①GK&DF

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716223559j:image

 

 

GKに関しては補強の必要性は無いでしょう。前半戦は清水圭介が守護神を務めて好調を支え、ここ2試合は加藤順大が2試合連続での1-0勝利に大きな貢献を果たしました。更にここにU-20ワールドカップで評価を高めた若原智哉もいるので、GKに関してはノータッチで問題ありません。

一方、バックラインに関しては少し補強も要るかな、というのが正直な感想です。サイドバックは不動の存在となりつつある黒木恭平、バックアップに冨田康平が居て、本多勇喜も元は左SBなので補強の必要は無いですが、反対の右サイドバックには補強の必要性を感じます。

このポジションは現在、石櫃と本来は中盤の福岡慎平の2人で回していて、しかも福岡は本来は中盤の選手。福岡を本来の中盤でプレーさせる為にも、石櫃が既に35歳でいつどうなるかわからないという事も含めて、今夏サンガが多めにお金を使うとしたら右SBに当てるべきと考えます。

センターバックに関しては本多と安藤淳のコンビが機能しているとは言え、序盤はレギュラーだった上夷克典が思っていたより出場機会を伸ばせなかった事、田中マルクス闘莉王は3バックなら機能するけど4バックならやはり難しい事を考えれば、上夷を一旦レンタルに出してCBのバックアッパーを獲得するのは有効な手かもしれません。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224347j:image

 

 

②MF

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224426j:image

 

 

既にサンガは7月15日の時点でガンバ大阪から元日本代表の藤本淳吾期限付き移籍での獲得を発表しました。プレースタイル的にも藤本は今のサンガのポゼッションスタイルに馴染める選手ですし、今のサンガであれば左のセントラルハーフでのスタメン、或るいは庄司悦大の欠場時にアンカーでゲームメイク…といった、藤本の持つパスセンスやチャンスメイク能力を活かした活躍に期待したいところです。今のサンガはスタイル的には藤本にも合ってると思いますし、石櫃や闘莉王、更にはホペイロの松浦紀典氏といった名古屋時代の同僚や、ガンバ時代の知り合いもいるので適応にもそこまで時間はかからないでしょう。プレースキッカーの選択肢が増えた事も重要なポイントです。

元々このポジションには庄司、福岡、重廣卓也、金久保順らが居て宮吉拓実もこのポジションで起用可能ですので、結構高いレベルで選手が揃っているのでこれ以上補強の必要は無いでしょう。後はレナン・モッタが覚醒したら完璧なんだけど…。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224534j:image

 

 

③FW

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224710j:image

 

 

一美和成、仙頭啓矢、小屋松知哉の3トップは破壊力というよりもユニットとしての完成度が高く、今季のサンガのポゼッションサッカーを完成させる上で重要な役割を担っています。ポストプレーが出来る一美を中央に配し、そこに仙頭と小屋松のカットインを始めとした機動力を活かす…この形はある種、サンガの十八番パターンになっているとも言えるでしょう。

しかし、この形は強みを十分に発揮しているのでこのまま続けていくべきポイントではありますが、同時にこの3トップへの依存度が日に日に高くなっているのも事実です。一美に関しては大野耀平、闘莉王エスクデロ競飛王とバックアッパーがある程度確立されていますが、仙頭と小屋松への今のサンガの依存度は相当高く、これ後半戦にどっちかバテるんじゃなかろうか…とすら思うほどのフル稼働っぷり。両ウイングに関しては宮吉をウイングに配置するか、或いは中野克哉の覚醒を待つ余裕は無くはないですが、今のままではこの2人のどちらかが離脱を余儀なくされた時にピンチが訪れる可能性はあります。無論、これは弱点では無く、仙頭と小屋松のパフォーマンスが良いからこその悩みでもあるのですが…。

現在サンガが未だに交渉中の状態になっているレンゾ・ロペスに関しては、復帰したとしてもポストプレーなどの能力に欠けるので今季のサンガでのスタメンはプレースタイル的に厳しいと言えるでしょう。ただストライカーとしての能力は昨年も証明した通りなので、復帰すればビハインド時のスーパーサブとしては重要な存在になれると思います。

また、サンガファンが不安視している「一美がレンタル元のガンバに復帰するかもしれない」という件に関しては、今のガンバはFWの枚数が多く、恐らく一美にとっても近い将来のガンバにとっても、少なくとも今シーズンはサンガでプレーさせた方が得策と考えていると思うので、今年に関しては復帰の可能性は少ないのではないかと。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224727j:image

 

 

…というように、既に藤本を獲得したサンガが更に獲得するとすれば右サイドバックウイングフォワードのバックアッパーの2ポジションと言ったところでしょう。とはいえスタイルは固まり、それで好調を維持している訳ですから、昨年のようなショック療法的な選手補強よりも現状維持かつ最低限の補強で良いと思います。

久し振りに自動昇格を狙える今シーズン…昇格出来れば、新スタジアム元年をJ1で迎えられます。令和最初のJ1昇格チームになる為、サンガがこの夏どう振る舞うかに注目です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224800j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190716224757j:image

 

 

JR。

ではでは(´∀`)