G・BLUE〜ブログとは名ばかりのものではありますが...ブログ。〜 メインメニュー

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20180407204004j:image

   

主な連載企画

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com

www.rrr3k.com


   

 

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

 

Twitterアカウント

twitter.com

 

 Instagramアカウント

www.instagram.com

   

 

   

 

Compensation〜J2第32節 横浜FCvs大宮アルディージャ マッチレビュー〜

J1もJ2も相変わらずカオスになりましたなあ

 

どーもこんばんは

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J2リーグ第32節、横浜FCvs大宮アルディージャの一戦です。

 

 

 

J2も残り試合がどんどん少なくなり、自動昇格枠、並びにプレーオフ圏内を巡る争いが激化しています。そんな中、2位横浜FCを勝点差2で追う5位大宮との直接対決がここに実現しました。勝って2位の地位を固めたい横浜FCと、他会場の山形の結果次第では勝てば2位に浮上出来る大宮。間違いなく今後を左右する一戦です。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915184039j:image

 

 

ちなみに、今夏の横浜FCは戸塚区制80周年記念ユニフォームを3試合で着用。今日はそのユニフォームで戦う最終日です。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915183358j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915183352j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234709j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234713j:image

 

 

本日の会場は神奈川県横浜市ニッパツ三ツ沢球技場です。

ラグビーW杯の都合で日産スタジアムが使えない事から横浜F・マリノスも昨日三ツ沢で試合をしていたので、2日連続のJリーグ開催となりました。昨日のマリノスサンフレッチェ広島との直接対決だったので、2日連続のJリーグ開催どころか2日連続の上位直接対決ですね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915184301j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915184306j:image

 

 

大宮は元々堅いチームですし、横浜FCも持ち味はカウンター攻撃という両者のチームスタイルや、何よりも敗北は最も避けたい直接対決という背景もあってか、前半はやや大宮ペースながらも両チームとも慎重さが伺える立ち上がりとなり、引き締まったゲームとして進んでいきます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234734j:image

 

 

しかし時間も経ち、試合がオープンになり始めると今度は横浜FCが持ち味のサイドを活かしたカウンター攻撃でチャンスを作る場面が増えていきます。レアンドロ・ドミンゲスのスルーパスから松尾佑介らが抜け出すロングカウンターの場面は増えたものの、なかなかシュートまでは持って行けず、両チームとも隙を見せない形で前半を終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234757j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234754j:image

 

 

前半は慎重な展開となった試合でしたが、後半になると試合は一気にオープンな展開に。横浜FCも大宮もサイドでのスピードを活かして両者チャンスを作り合う一進一退の展開になり、ここに来て試合は急激にスリリングになり始めていきました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234809j:image

 

 

70分台になると、大宮にも横浜FCにも決定的なシーンが。特に75分の戸島章の決定的なシュートはGK笠原昂史のファインセーブに阻まれ、どちらも勝点3を求める戦いは目まぐるしく攻守が移り変わる中終盤戦へ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234825j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234828j:image

 

 

終盤、横浜FCは斉藤光毅、大宮はロビン・シモヴィッチにダヴィッド・バブンスキーとそれぞれの切り札を投入して決勝点になりうるであろう先制点を果敢に狙いに行きます。しかし激しい攻防戦もゴールという結果には結びつかず試合は終了。白熱の上位対決は0-0の引き分けに終わり、また横浜FCの連続無敗記録は14試合に伸びました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234852j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234849j:image

 

 

勝点差の詰まった上位同士、非常に見応えのある白熱した試合展開でしたね。横浜FC、大宮両チームのストロングポイントというものも随所に見られていましたし、前半を見た感じではちょっと静かな試合になるのかなー…とも思いましたが、後半はかなり両者アグレッシブな攻撃を繰り広げた事で、手に汗握るスリリングな展開になったと思います。J2ながら、非常にレベルの高いと言える一戦でしたね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915234909j:image

 

 

【うれしはずかしじゅんいひょうのこーなー】

 

J2第32節

ジェフユナイテッド千葉2-1水戸ホーリーホック

ヴァンフォーレ甲府1-1柏レイソル

ツエーゲン金沢2-2FC琉球

栃木SC0-1アビスパ福岡

アルビレックス新潟1-1東京ヴェルディ

京都サンガFC2-0FC町田ゼルビア

ファジアーノ岡山2-0FC岐阜

レノファ山口FC2-1愛媛FC

徳島ヴォルティス1-1V・ファーレン長崎

横浜FC0-0大宮アルディージャ

鹿児島ユナイテッドFC0-3モンテディオ山形

 

1位 柏レイソル(63)

2位 モンテディオ山形(57)

3位 横浜FC(56)

4位 京都サンガFC(55)

5位 水戸ホーリーホック(54)

6位 大宮アルディージャ(54)

7位 ファジアーノ岡山(52)

8位 ヴァンフォーレ甲府(50)

9位 徳島ヴォルティス(50)

10位 ツエーゲン金沢(47)

11位 V・ファーレン長崎(47)

12位 東京ヴェルディ(45)

13位 アルビレックス新潟(42)

14位 レノファ山口FC(36)

15位 愛媛FC(35)

16位 FC琉球(35)

17位 ジェフユナイテッド千葉(34)

18位 アビスパ福岡(34)

19位 FC町田ゼルビア(32)

20位 鹿児島ユナイテッドFC(30)

21位 栃木SC(25)

22位 FC岐阜(24)

 

 

 

上位対決が多かった事もあって上位チームで勝利を収めたのは山形、京都、岡山のみ。このうち山形は横浜FC対大宮が引き分けに終わった事で自動昇格圏の2位に浮上し、京都は6試合ぶりの勝利を手にして自動昇格戦線に踏みとどまりました。自動昇格圏の望みがあるのは岡山、プレーオフ圏の望みがあるのは金沢、長崎まで…という見方が妥当でしょうか。

下位争いは千葉、福岡と予想外の低迷を強いられている2チームが勝利した一方、19位町田以下の4チームはいずれも敗北。現実的には、鹿児島、栃木、岐阜で残留の一枠を争う構図になりそうです。

 

 

 

サンガ的には引き分け一番ありがたい。

ではでは(´∀`)

 

 

 

 

年下には年下がいるもんで〜ラ・リーガ第4節 FCバルセロナvsバレンシアCF マッチレビュー〜

フライデーナイトJリーグってちゃんと結構な有名どころ連れてきてくれるのがいいよね

 

どーもこんばんは

 

いつまでもミーハー心は忘れたくないと思いながらサッカー観てます。

 

 

 

さてさて、本日のマッチレビュースペイン、リーガ・エスパニョーラ第4節、FCバルセロナvsバレンシアCFの一戦です。

 

 

 

やっぱり今年も優勝候補筆頭であるバルサと、なんやかんやでそれなりに強いバレンシアとの注目のカードではありますが、ここまでの4試合で共に1勝1分1敗とイマイチ波に乗れないシーズンに。両チーム苦しい台所事情だったりもする中、特にバレンシアは先日、マルセリーノ監督を解任。そんな中で迎えるこの一戦をどう乗り越えてくるでしょうか。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060402j:image

 

 

余談ですが、今日が初陣となるバレンシアアルベルト・セラーデス新監督は元々バルサカンテラで育ち、トップチームでも活躍した方です。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060326j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060333j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060331j:image

 

 

本日の会場はスペイン、バルセロナエスタディオカンプ・ノウです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060352j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060349j:image

 

 

ヨーロッパサッカーにおけるメインステージと言っても過言ではないこのスタジアム。カンプ・ノウは2022-2023シーズンを目処に10万5000人収容の屋根付きスタジアムに改修する事が決定しており、その設計コンペで日本の日建設計が当選した事でも話題になりましたね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060419j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060422j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060424j:image

 

 

試合はいきなり動きます。2分、右サイドでカルレス・ペレスのパスを受けたフレンキー・デ・ヨングが中央に折り返すと、アントワーヌ・グリーズマンがスルーしたところにアンス・ファティが飛び込んでバルサがいきなり先制。

更に7分には、今度は左サイドからファティがボールを持つと今度はファティの折り返しにデ・ヨングが合わせ、開始から10分足らずでバルサが2点をリードします。

この2点に絡んだFWアンス・ファティはなんと16歳。新星の活躍でバルサが幸先良い出足。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060455j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060458j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060451j:image

 

 

一時はバルサの支配率が8割を超えるなど完全な劣勢に立たされたバレンシア。しかしバレンシアも裏への抜け出しなどを上手く活かし、チャンスはごくごく僅かだったとはいえ対バルサ戦というでの工夫は見られました。そして27分にはロドリゴのスルーパスに抜け出したケヴィン・ガメイロがGKアンドレテア・シュテーゲンとの1対1を制して1点差にします。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060510j:image

 

 

とはいえ、その後もバルサは特に危なげなくゲームを進めていって前半は終了。バルサの1点リードで後半に進みます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060529j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060526j:image

 

 

後半開始早々の51分、エリア外からグリーズマンが強烈なミドルシュートを放つと、今日が古巣との対戦となるGKヤスパー・シレッセンが弾いたボールがポストに当たり、そのこぼれ球に上がっていたジェラール・ピケが詰めていて3点目。バレンシアの反撃の狼煙を打ち消すような追加点を奪います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060546j:image

 

 

更にファティに替えて怪我から復帰したルイス・スアレスを投入すると61分、アルトゥールのパスを受けたスアレスがエリア外から一瞬の隙を突き、ほぼノーステップでゴールに叩きこみ、投入してからファーストプレーでゴールを奪ってからで4-1。おまけに82分にもスアレスがシュートを叩き込んで遂に5点目まで獲得。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060646j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060649j:image

 

 

結局試合はその後もバルサペースで進んでいき、バレンシアは最後の最後に途中出場マキシ・ゴメスが1点を返すのが精一杯。それぞれの悩みを抱えた2チームの対戦はバルサが5-2で快勝を収めました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060705j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060709j:image

 

 

結局のところ、試合の大勢は開始10分で決まってしまいましたね。そんな中でも16歳のアンス・ファティのプレーはやはり際立っており、また味方を活かす動き方にも長けているグリーズマンと組んだ事でペレスも含めて伸び伸びとプレー出来ている印象を浮かべました。

思えば、バルサ黄金期を築いたメンバーもシャビ・エルナンデスダニエウ・アウベスアンドレス・イニエスタといった選手がバルサを去り、リオネル・メッシジェラール・ピケセルヒオ・ブスケツらも気がつけば30歳を過ぎている中、良くも悪くも昨今のバルサは大型補強重視の側面もあったせいか黄金世代以降でレギュラーメンバーに定着したカンテラ組といえばセルジ・ロベルトくらい。Jリーグでプレーするイサク・クエンカやセルジ・サンペールなどバルサを去った選手も多くいる中、例年よりも世代交代が活性化されている今季のバルサというのは成績以上に歴史の転換点としての意義のあるシーズンを過ごせる事になるのかもしれません。

そういう意味でも、その先頭としてファティに懸かる期待は大きいのでしょう。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915060720j:image

 

 

パナスタには今話題の氣志團さんが。

ではでは(´∀`)

 

 

 

 

BAN BAN BAN !!!!〜J1第26節 ガンバ大阪vsサガン鳥栖 マッチレビュー〜

ああああああ阪神ノーノー喰らったああああ

 

どーもこんばんは

 

 

 

さてさて、本日のマッチレビュー明治安田生命J1リーグ第26節、ガンバ大阪vsサガン鳥栖の一戦です。

 

 

 

第25節終了時点で14位のガンバと16位の鳥栖の勝点差は僅かに1。もし今日鳥栖に敗れる事になれば、降格圏に転落してしまうというこの状況で、ガンバにとっても鳥栖にとっても文字通りのサバイバルゲームという状況になりました。勝利以外に求められるものは無いのはどちらも同じでしょう。残留争いを占う、運命と表現するのに相応しい一戦が始まります。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212548j:image

 

 

他会場ではノエビアスタジアム神戸ヴィッセル神戸vs松本山雅FCの直接対決もあり、更に昨日や昼の試合で清水エスパルスベガルタ仙台が勝利している為、この試合の重みは更に大きくなっています。

両チームスタメンです。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914182421j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914182418j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212600j:image

 

 

先日のルヴァン杯準々決勝で機能したという事もあり、今日は3-1-4-2からリーグ戦では約4ヶ月振りとなる4-4-2システムを採用。最後に4バックで挑んだ相手が鳥栖というのも何の因果か…。

また、藤春廣輝が怪我から復帰して左サイドバックで先発出場を果たし、スペイン代表経験のあるアスレティック・ビルバオのレジェンド、マルケル・スサエタもベンチ入りしています。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212718j:image

 

 

本日の会場は大阪府吹田市パナソニックスタジアム吹田です。

近年のガンバvs鳥栖の試合ではホームチームの勝率が高く、実際に第11節に鳥栖のホームで行われた試合では敗北を喫しています。パナスタでの鳥栖戦は3連勝中。このホーム側が勝つ流れを維持する事が出来るのでしょうか。

また、試合前には1998〜1999年、2006〜2009年までガンバ大阪に在籍し、2008年度の天皇杯勝戦での決勝ゴールなど印象的なゴールを多く決めてサポーターに愛された播戸竜二氏の引退セレモニーが行われました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212704j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212707j:image

 

 

立ち上がりは鳥栖がかなり積極的に攻め込んでいきます。GK東口順昭のファインセーブで失点は免れたものの開始早々の福田晃斗の強烈なシュートに始まり、開始10分は鳥栖の猛攻にさらされる時間が続きました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235440j:image

 

 

しかしその鳥栖の猛攻が過ぎた辺りからは今度は試合はガンバのペース。4-4-2というシンプルなシステムにした事で各々のポジションが整理された事もあったのか、20分台はガンバのチャンスの時間が続いていきます。15分にはCKのこぼれ球を遠藤保仁が拾って上げたところを小野瀬康介のヘディング。25分には宇佐美貴史のパスを倉田秋ミドルシュートしかもどちらも鳥栖に阻まれゴールならず。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235455j:image

 

 

その後は一進一退の展開となり、ポゼッションをベースのガンバ、カウンターをベースとする鳥栖の色が濃く反映されたような形となった為、チャンスを作ったのは鳥栖の方が多かった印象。とはいえ、前半はどちらとも言えない流れのまま0-0で終えます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235548j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235551j:image

 

 

後半開始早々、ガンバは倉田と宇佐美が惜しいシュートを放って立ち上がりのペースを掴んだかのように見えました。しかし鳥栖が52分に安庸佑を下げて小野裕二を投入してきた辺りから、試合は一気に鳥栖スペースへと傾いてしまいます。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235519j:image

 

 

鳥栖が一気に押し込んできた事でガンバは重心がかなり後ろに向いてしまい、バックラインでパスを回そうとすれば鳥栖金崎夢生金森健志らが猛烈なプレッシングを展開し、そしてすぐさま攻撃に繋げてくる事で立て続けに決定機を許します。なんとか東口のセーブやポスト、クロスバーなどで失点は免れますが、ガンバとしては心臓が追いつかないシーンが連続。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914235941j:image

 

 

すると今度は、自分達の時間で得点を取れなかった鳥栖のペースが落ち始めます。そこでガンバはアデミウソン渡邉千真、そして新加入のスサエタを投入。すると84分、途中出場のアデミウソンが左サイドから絶妙なクロスを入れると、同じく途中出場の渡邉千真がバックステップから難しい体勢でのヘディングシュート!!これがゴールネットに吸い込まれ、ガンバが欲しかった…本当に欲しかった先制点をGET!!!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914214053j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000235j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000227j:image
f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000231j:image

 

 

歓喜に沸くパナスタ!スサエタの初仕事は渡邉千真の祝福だった!しかし8月の悪夢を見たガンバにとって問題なのはここからです。恐怖のアディショナルタイム…しかし今日は上手く時間を使いながら、何とかアディショナルタイムの4分間を耐えきり、見事ガンバが7試合振りの勝利!!運命の残留争い直接対決を制しました!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914214045j:image

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000255j:image

 

 

はぁー……良かった……。

何と言っても今日の試合は守備陣の奮闘というところが一つポイントでした。鳥栖のハイプレスに苦しみ、低い位置でのパス回しを奪われてチャンスを作られてしまった点はこれから改善していって欲しい部分ではありますが、それでも結局重要なのは最後に点を許さないという事で、GK東口や三浦弦太キム・ヨングォンの両CBは勿論、井手口陽介や今日復帰した藤春らのハードワークで耐え切り…何というか、むしろある意味で鳥栖相手に鳥栖っぽい勝ち方だったようにも思います。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000315j:image

 

 

また、今日からリーグ戦で4-4-2に戻した事も一つのポイントではありましたが、やはり3-1-4-2よりも役割がハッキリしているポジションではあるので、やっている選手側もシンプルでわかりやすいのかな、とは思いましたね。特に井手口は遠藤と組ませる事で井手口の良さが活きていたと思いますし。ただ、3-1-4-2が悪いとも思わないので、相手によって使い分ける事が出来るような状況に出来れば一番良いのではないでしょうか。

そして決勝点はアデミウソン渡邉千真と途中出場の2人が演出してみせた事もチームを勢い付かせる事でしょう。特に渡邉は今季、怪我や出場機会の減りなどもあって苦しいシーズンだったと思います。しかしあのゴールシーンに至るまでの動きや、あの体勢からのヘディングシュートは正しくベテランの技…とでも言えるものでしたね。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914212831j:image

 

 

【うれしはずかしじゅんいひょうのこーなー】

 

J1第26節

清水エスパルス3-2名古屋グランパス

浦和レッズ1-2セレッソ大阪

北海道コンサドーレ札幌1-3ベガルタ仙台

大分トリニータ2-1湘南ベルマーレ

鹿島アントラーズ2-0FC東京

川崎フロンターレ2-0ジュビロ磐田

横浜F・マリノス3-0サンフレッチェ広島

ガンバ大阪1-0サガン鳥栖

ヴィッセル神戸2-1松本山雅FC

 

1位 FC東京(53)

2位 鹿島アントラーズ(52)

3位 横浜F・マリノス(48)

4位 川崎フロンターレ(44)

5位 サンフレッチェ広島(43)

6位 セレッソ大阪(43)

7位 北海道コンサドーレ札幌(39)

8位 大分トリニータ(39)

9位 ヴィッセル神戸(32)

10位 清水エスパルス(32)

11位 名古屋グランパス(31)

12位 ガンバ大阪(31)

13位 湘南ベルマーレ(31)

14位 ベガルタ仙台(31)

15位 浦和レッズ(31)

16位 サガン鳥栖(27)

17位 松本山雅FC(24)

18位 ジュビロ磐田(18)

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000802j:image

 

 

注目された首位FC東京と2位鹿島の直接対決は鹿島が勝利した事により、首位FC東京と2位鹿島の勝点差は僅かに1に。広島に12試合振りの黒星を付けた横浜FMも首位との勝点差を4に縮めた為、ここに来て優勝争いも混戦になってきています。

一方、もはや混戦というよりカオスになったのが残留争いです。下位陣では神戸、清水、G大阪、仙台が勝利。特に清水は名古屋との直接対決を制し、神戸は17位松本、G大阪は16位鳥栖を退けた為、15位と16位の差は再び4に広がったものの、9位から15位までの7チームが勝点31〜32の中に詰まり、更に11位〜15位の5チームが勝点31で並ぶという大変恐ろしい状態になっています。また、開幕前には優勝候補にも挙げられた浦和がここに来て15位に転落。本格的に残留争いに巻き込まれる事になりました。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190915000746j:image

 

 

さぁ、ガンバ大阪いよいよ次節は大阪ダービーです!

現在4連勝中と好調のセレッソ相手で、累積警告により小野瀬康介を欠くという厳しいシチュエーションではありますが、今、ここで大阪ダービーを制する事…昨季もこの時期に大阪ダービーを長居で制しました。きっと残りのシーズンに抜群の影響を与えうる事でしょう。9月28日、ヤンマースタジアム長居にて14:00キックオフ!!

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20190914221048j:image

 

 

サンガも勝った!今日の阪神の事は忘れた!

ではでは(´∀`)