Road to Tokyo…のようで違う話。〜東京オリンピック・五輪サッカー観戦日記〜第6話 ああ運命!ドッキドキ抽選会ver(2021.4.21)

前話第1話はこちら↓】

 

 

 

4月21日(水)

 

大阪…というか住んでいる京都にも再び緊急事態宣言が出るとか言われ始めている。まぁ、是非はともかく……。

 

それはともかく、今日は遂に東京五輪の抽選会である。

 

 

オリンピックが予定通り有観客で開催された場合、一応チケットの権利を手放してはいない私にとっては需要な一日である。私のチケットはまだ「7月25日の札幌ドームでの試合」に過ぎない。どの国が、どのチームがくるのか、言い方は悪いが、その当たり外れの差は大きい。

上に貼ったロシアW杯の時は、友人に誘われたのもチケットを確保したので、抽選会が終わって既に決まった対戦カードから選ぶ作業だった。今回は違う。ここからのくじ引きで全てが決まるのだ。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210424124331j:image

 

 

まず、オリンピックの試合システムはワールドカップとは少し形式が違う。

日本戦が割り当てられるA組と同時キックオフが原則の第3戦は別として、基本的に第1戦と第2戦はグループ毎に固定の会場が割り当てられる。そもそも、試合自体が…わかりやすくいえば高校サッカー高校野球のように「第1試合、第2試合」みたいな形で行われるので、チケットも試合単体での販売ではなく、1枚のチケットで2試合を観戦できるシステムなのだ。

第3戦ともなると話は変わってくるが、私は第2戦の札幌ドームでのチケットを持っている。その為、札幌開催のグループに入った4チームすべての試合を1日で観られるのだ。だから、単純計算をすると、組み合わせのシード枠の関係もあって1チームは優勝候補と言えるチームを観られる計算になる。そう思えば五輪サッカーグループステージのチケットというのは意外とお買い得なのだ。

 

ちなみに、この時点で私はどこのグループがどこの会場で試合するかはまだ把握していない。日本戦ではない(=A組ではない)事は分かっているが、それ以外はわからないので抽選結果が出た時点ではまだ喜べないのだ。

そんな中で友人に16:28(抽選会32分前)に送ったLINEがこちらである。

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210424130237j:image

 

……まずは第1ポッドの抽選。ここは別に特にドキドキする必要もない。…わぁ、日本がグループAの一番上に…。

 

A 日本

B 韓国

C アルゼンチン

D ブラジル

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210424130517j:image

 

 

ここまではくじ運とはやや異なる話。抽選会の本番はここからだ。抽選会が終わるまでどこが札幌会場になるのかはわからないので、まずは落ち着いて日本の組み分けを注視しよう。

 

 

ポッド2の対象はメキシコ、ドイツ、ホンジュラス、スペインの4チーム。ただし、ポッド4にアジア2つと欧州2つが配属されている為、大陸バランスの観点からメキシコとホンジュラスは日本か韓国の組、ドイツとスペインはアルゼンチンかブラジルの組に入る事が最初から決まっていた。

 

……要するに、日本はメキシコorホンジュラスの構図になった。だが、この二択は「or」で片付けられるほど拮抗した二択ではない。

ホンジュラスが弱いとまで言うつもりはないが、出場16チームの中で力が劣る事は否めない。一方、メキシコと言えばW杯で確実にベスト16には進んでくる北中米の強豪。去年フル代表で日本がコテンパンにされたのは記憶に新しい。そして何より、五輪代表のメキシコというチームは毎回狂ったように強いのだ。思えば2012年ロンドン五輪、準決勝に駒を進めた日本は1-3でメキシコに敗れ、そしてメキシコは最後にブラジルを潰して金メダルを獲得した。それこそ、オリンピックに限れば主力が来れない事も多い欧州列強よりも強いと言ってもいいかもしれない。

 

そんな二択のていをなしていない二択……日本はA組だ。メキシコとホンジュラス、先に名前を呼ばれた方が同組である。

 

 

 

A 日本メキシコ

B 韓国ホンジュラス

C アルゼンチンスペイン

D ブラジル、ドイツ

 

 

 

(以下略)

 

 

 

3枠目に関してはアフリカ勢orニュージーランドの組み合わせ。オーバーエイジで誰を呼ぶか次第ではエジプトとコートジボワール辺りは怖い。南アフリカも不気味な相手ではあるが、初戦で南アフリカというのは初戦でメキシコを引くよりは良かったかも。

 

 

 

A 日本メキシコ南アフリカ

B 韓国ホンジュラスニュージーランド

C アルゼンチンスペインエジプト

D ブラジル、ドイツ、コートジボワール

 

 

 

さぁ、問題はここからである。第4ポッドのチームはフランス、ルーマニアサウジアラビア、オーストラリアの4チーム。だが地域バランスの観点からサウジアラビアとオーストラリアと同組にはなれない。その為、最初からフランスとルーマニアの二択なのだ。

 

 

 

もう一度言う。

 

 

 

フランスとルーマニアの二択だ。

 

 

 

ルーマニアが弱いとは言わない。

欧州に揉まれて出場権を獲得としたルーマニアが弱いなんて事はまずない。

 

 

 

だがもう一択がフランスなのだ。

 

 

 

フランスなのである。

 

 

 

特にこの世代にタレント揃いまくってると噂のフランスである。

 

 

 

確かに五輪は招集に強制力がないから、例えばキリアン・ムバッペ招集は難しいだろう。

 

 

 

だがこの世代のフランスは2軍3軍でも狂ったメンツが揃っている。

 

 

 

なぜ二択でこんなエグい事になるのだ。

 

 

 

先にフランスと呼ばれれば日本が悲鳴をあげる。

先にルーマニアと呼ばれれば韓国が慟哭する。

 

 

 

 

 

 

さぁ、どっちだ。

 

 

 

 

 

 

えらいひと「ふらんす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ちょっとRさんが灰になっていた時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めた時には抽選は終わっていた。

問題はここからである。私の持つ札幌のチケットがどのグループのものなのか、だ。

 

日本戦ではない事はわかっている。なのでB、C、D組のどこかだ。

C組は見たい。スペインアルゼンチンは見たい。D組も見たい。ブラジルドイツも見たい。

 

だがB組ならちょっとリアクションに困る。

改めて振り返ろう

 

f:id:gsfootball3tbase3gbmusic:20210428203202j:image

 

現実になっとるやないか。

ここからは死活問題である。頼む。来てくれ、来てくれCかD…!

 

 

 

司会「ぐるーぷB、いばらきかしますたじあむ、ぐるーぷC、さっぽぉろ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「っぁあぁぁぁぁっしゃぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!スペインアルヘェェェェェェン!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中ではずっと爆音BGMが流れていました。

もちろんマンデーフットボールのスペインのあの曲です。

 

 

 

テンテテンテテンテンテンテンテン

テンテテンテテンテンテンテンテン

テンテテンテテンテンテンテンテン

テンテテンテテンテンテンテン

テンテンテンテンテテン

テンテンテンテンテテン

 

 

 

 

 

 

 

 

日本クッソ死の組やんけ(少し目が覚めた)

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、そもそもやるのかどうか、やったとしても観客は入れるのかどうかわからないけど、とりあえず一つの歓喜を味わいました。

 

 

私が見るカードはスペインvsエジプト、アルゼンチンvsオーストラリア。

…国民でもないのに、エジプトとオーストラリアのワールドカップとオリンピックを両方現地で見守る日本人そうそうおらんやろ……。

 

 

 

つづく。